REV SPEED 収録 in TC1000!

2017年10月27日(金)

 

 

 

本日は、こちらのお方をはじめ・・・・・、

 

 

 

 

 

REV SPEED のみなさん & サンプロス(動画ね!) のみなさんと、

ド・ピーカンの TC1000 にて、収録をしておりました。

 

 

 

 

で、内容は・・・・・・・・・・、

 

 

 

 

ナイショだそうです・・・・・・・(笑)

 

 

 

 

 

ちなみに、なぜ、田中がテストドライバー?に、

抜擢されたかと申しますと、

筑波サーキットのライセンスを持っていたから らしい・・・・・・・。

(さすが、カモチン・・・・・・・・)

 

 

 

 

でもまぁ~、いろんなクルマに乗れたし(合計5台の乗り比べ!)、

楽しい一日で、ございました!!

 

 

 

 

しかし! 平日にも関わらず、

本日は、たくさんのみなさんが、走ってられましたね~。

 

 

 

なんだか、タイムアタックシーズン 開幕!!

といった感じでございました!

 

 

 

 

REV SPEED のみなさん! 

サンプロス のみなさん!

そして、本日、TC1000  を走行されました みなさん!!

 

お疲れ様でございました。

 

 

 

ということで、

浜松に向かいます!

 

 

 

 

明日、ご予約いただきました みなさん!

どーぞよろしくお願いいたします!!

 

 

2017 GR 86/BRZ Race Rd.8 鈴鹿 土曜日/日曜日! 

2017年10月24日(火)

 

 

 

レポートが遅くなって、すいません・・・・。

(今回は入院していませんよ~!!)

 

 

 

 

連日の雨模様で、荒れに荒れた、

2017 GR 86/BRZ Race Rd.8 in 鈴鹿!

 

 

 

 

まず、クラブマンクラスの予選は、

庄司雄磨 選手が制し、

 

リザルトは、こちら!

 

 

 

 

注目の プロクラス は、

阪口良平選手が予選を制しました!!

 

 

リザルトは、こちら!

 

 

 

 

 

また、スーパーフォーミュラーは、

TOM’S が、1-3位 といった予選結果となりました。

 

 

 

 

 

でも、しかし・・・・・・、

 

日曜日は、みなさんご存知のとおり、

台風さんがやってきて・・・・・、

レース自体が、中止となりました・・・・・・。

 

 

 

いや~、今回から、投入された、

3メーカーの NEW SPEC タイヤのパフォーマンス

見たかったのですが、

 

まぁ~、あの雨じゃ、どー考えてもレースは無理でしたね。

(参加者のみなさん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした!)

 

 

 

 

ということで!

次戦は、12月9~10日 FSWにて開催される

TGRF となります(ハイ、最終戦でございます!)。

 

 

 

 

いや~、1年って、速いなぁ・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

2017 GR 86/BRZ Race Rd.8 鈴鹿 金曜日! 

2017年10月20日(金)

 

 

昨日から、鈴鹿入りしている 田中です!

そう、今週末は、GR 86/BRZ Race Rd.8 鈴鹿 なのであります!!

 

 

(はい、BILLION OILS GR 86/BRZ Race 専用油 のお仕事でございます)

 

 

 

でもまぁ~、

今シーズンの GR 86/BRZ Race は、

強烈な、タイヤ戦争 ですよね~。

 

 

以下、

BS   →   ブリヂストン

DL   →   ダンロップ

GY   →   グッドイヤー

YH   →   ヨコハマ

となります。ハイ。

 

 

 

だって、前半戦(第1戦~第4戦)は、

BSが圧倒的優勢を誇ったものの

DL/GY連合の NEWスペックのタイヤが登場し、

 

第5戦/第6戦 (十勝2連戦) では、GY 平中選手が2連勝!

 

で、第7戦 FSW では、DL のエース 服部選手が優勝!

 

そしたら、第8戦では、YH が、NEWスペックを投入し、

谷口選手が、2年ぶりに優勝!  と、

まぁ~、まさに、タイヤ戦争 勃発状態なのであります。

 

 

で、このまま、YH 有利な状況で、

 

 

 

 

 

終盤戦を迎えるのかと思ってたら・・・・・・・・、

 

今回の鈴鹿で・・・・・、

 

 

BS & DL/GY 連合が、NEWスペックを投入するという 

まぁ~、いかにタイヤメーカーが、ガチなのかを 

思い知る展開となっております。ハイ。

 

 

 

BS

 

 

DL/GY 連合

 

 

 

おまけに今回は、連日の雨模様・・・・・・。

強烈にトリッキーな戦いが、繰り広げられております。

 

 

 

そして、本日の占有走行の順位 & ラップタイムは、こんな感じでございます。

 

 

 

 

プロクラス

 

 

 

クラブマンクラス

 

そして、そして、今回の GR 86/BRZ Race の場内解説は・・・・・・・、

 

 

あの、悪名高い・・・・・・・・・・・、

 

 

田中ミノル さん なのであります! (笑)

 

 

 

ということで!

ご来場予定のみなさん!!  お楽しみに!!!

 

 

 

また、参加者のみなさん!

非常に残念な?お知らせで、すいません・・・・・・・(笑)

 

 

TOM’S さんに、行ってきました!

2017年10月18日(水)

 

 

 

 

先日、所用があり、

TOM’S さんに、行ってきました!

 

 

 

じつは、最近、

 

 

ショールーム と、

車両展示スペース と、

来客用応接 と、

オフィース を

 

大幅にリニューアルされたのですが、

マジにかっこ良かったですね~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、舘さんと打ち合わせを行い、

その後に、お蕎麦をご馳走になりました!

 

 

 

 

 

 

 

しかし、まぁ~、舘さんの 

まったく年齢を感じさせない 斬新なアイデアと、

あの行動力には、本当に脱帽ですよね~。

 

いやはや、今回の訪問も、たくさんのパワーをいただきました。ハイ。

 

 

 

 

 

ちなみに、株式会社ミノルインターナショナル のルーツって、

TOM’S さんにあるって、みなさん、ご存知でした??

 

 

 

 

じつは、イギリスから帰ってきて、

レーシングドライバー 田中ミノル のマネージメント会社 として

立ち上げた 株式会社ミノルインターナショナル でしたが、

 

その数年後に、自動車パーツメーカーとして、

冷却系部品 の販売を始めたとき (そう! BILLION の創成期!!)

 

TOM’S さん の事務所内の机を 20,000円/月 でレンタルして、

今のビジネスが、スタートしたのであります。

 

でもって、約3年間 TOM’S さんにお世話になって、

その後、 等々力&尾山台近辺に、事務所を借りて、

現在の南町田ベースに、引っ越してきたんですね~。

 

 

 

ですから、TOM’S さん には、特別な思いがあり、

TOM’S さん の旧事務所には、たくさんの思い出があります。

でもまぁ~、ビジネスなんてやったことがない

レーシングドライバーが始めた会社は、

今、思い出せば、笑っちゃうことの連続でしたね~。

 

(だって、納品書を書くのが大変なので、

請求書だけじゃダメなの?って、代理店さんに、お願いしに行ったぐらい、

まったく、ビジネスをわかっていなかったのですから・・・・・笑)

 

 

 

 



初心忘れるべからず!

 

 

 

TOM’S さん を訪ねるたびに、

田中が心に刻む フレーズです!!

 

 

 

舘会長 をはじめ、TOM’S のみなさん!

こんなに、わからんチンの田中に、事務所を貸していただき、

本当にありがとうございました!!

 

 

 

以上、遠い昔のお話でした!!!

 

 

TM-SQUARE インテークBOX ZC32S!

2017年10月17日(火)

 

 

職人さんによる少量生産のため

なかなか、在庫が確保できなかった、

TM-SQUARE インテークBOX ZC32S

 

 

 

このたび、やっと、ある程度の数量を、在庫することができましたので、

ブログにて、詳細の解説を行いたいと思います。

 

 

 

 

まず、形状的には、こんな感じでございます。

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです!

徹底的に、純正のインテークBOXを解析し、

ZC32S SPEC では、BOX部分を 2ピースとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由はね・・・・、

 

ZC32S の純正インテークBOXは、かなり良くできていて、

まず、吸入空気の温度が、とっても低いのです。

 

これは、センサーを付けて、マジで驚きました。

 

だって、エンジンルーム内から空気を取り込んでいるのに、

外気温 + 5℃ ぐらいの吸気温度になるのですから・・・!

 

 

 

ということは、吸気温度は、

いかに外気をうまく取り込んでも、大きくは違わない・・・・・・・。

 

 

 

そこで、ZC32S SPEC では、フィルター以降の容積を立方体にて、

可能な限り大きく確保する作戦にて、インテークBOXを設計しました。

なぜ、このフィルター以降のエアボリュームが必要なのかを、

解説したいのですが・・・・・・・、

諸事情にて、OPENにできませんこと、お許し下さい・・・・・。

 

 

 

ということで、

TM-SQUARE インテークBOX ZC32S SPEC は、

吸気温度を少しでも下げることと、

フィルター以降のエアボリューム拡大 という

両面からメリットを狙った製品となり、

 

 

 

構成部品は、

 

インテーク BOX本体(2ピース)    × 1

インテークフィルター           × 1

サクションホース(イエロー)      × 1

ホースバンド               × 2

 

※ インテークBOXの素材は、FRP です。

 

 

 

そして、お値段は、85,000円(税込) となります。

 

 

 

 

でも・・・・・、

インテーク BOX のみの単品販売は、行っていないのであります・・・・・。

 

 

 

それはなぜか? と申しますと、

今回は、エアフロ(空気量を計測しているセンサー)の寸前まで、

オリジナル形状としたことから、燃調 (空気とガソリンの割合) が、

大きく変化しました。

 

 

 

ですから、TM-SQUARE の インテークBOXを装着した状態で、

純正の ECU DATA や、他社製の ECU DATA を使用すると、

燃調 が薄い方向となり、トラブルになる可能性が発生しました・・・・・。

 

 

 


詳しくは、こちらのブログを!

 

 

 

 

そこで、TM-SQUARE インテークBOX ZC32S SPEC は、

このインテークBOX に、ECU DATA を完全適合させた、

TM-SQUARE SPORT ECU (インテークBOX専用 ECU DATA) と、

セットでご使用いただく必要があります。

 

 

 

このあたりは、まぁ~、田中も、

汎用性を持たせたい部分ではありましたが、

あまりにもインテークBOXにて、変化した部分が多く、

リスクを犯すわけにはいかないことから、セット販売 ONLY になりました。

 

 

 

また、TM-SQUARE SPORT ECU  と、

インテークBOX と、セットでご購入いただく場合は、

 

 

通常価格

TM-SQUARE インテークBOX    85,000円(税込)

TM-SQUARE SPORT ECU      85,000円(税込)

         合計          170,000円(税込)

となりますが、セットで購入すると、

少々、お安くなり、 135,000円(税込)  となります。

ちなみに、すでに、弊社の ECU を ご使用いただいている場合は、

バージョンアップ対応が可能ですので、インテークBOXとのセットで、

105,000円(税込)  となります。

 

 

 

 



TM-SQUARE インテークBOX の WEB サイトは、こちら!

 

 

 

 

 

 

そして、そして、じつは、入荷量が少ないタイミングでも、

バックオーダーにて、お待ちいただき、

匠工房で、数名のみなさんに、装着しておりました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

(いや~、みなさん! ありがとうございました!!)

 

 

 

 

もちろん、今は、在庫も、◎ となりますので!

ZC32S オーナーの みなさん!  どうぞよろしく、お願いいたしま~す!!

 

 

 

以上、インテークBOX 広報担当 田中ミノル が、お伝えしました!!!

 

 

 

 

BILLION VFCⅡ に、BLACK MODEL 登場

2017年10月13日(金)

 

 

 

 

 

先日、数量限定にて、ブラックエディション なるものが、

登場したばかりではありますが、どうしても、フェイス部分も、

ブラックで統一した、モデルを作りたくて・・・・・・、

 

フェイスを作っていただいている工場に、無理を言って、

BLACK MODEL の登場となりました!!

 

(工場のみなさん、いつも、無理なことばかりお願いして、すいません・・・・・・)

 

 

 

 

 

(なんだか、ビシッと締まった感じですよね~)

 

 

 

もちろん、機能効能は、まったく同じで、

お値段も、据え置き、19,000円(本体価格) となります。

 

 

また、BLACK MODEL の登場により、

パールホワイト モデル & ブラックエディション は、廃盤となりました。

 

 

 

 

 

では、VFCⅡ というパーツは、

どのようなものか、少々解説したいと思います。

 

 

まず、

VFC = ヴァリアブル ファン コントローラー の頭文字 となり、

ラジエターに装着されている、冷却用の電動ファンを

任意の温度にて、作動させることが可能なパーツとなります。

 

 

でもって、この電動ファンの作動温度と、

エンジンの冷却水水路に装着されている サーモスタットの開弁温度は、

とっても密接な関係があるのであります。ハイ。

 

 

 

 

サーモスタットの解説は、こちらから!

 

 

 

 

そして、このサーモスタットが開弁することにより、

熱くなった冷却水をラジエターに、送り込んでから、

電動ファンが作動すれば、とっても効率の良い、

冷却の図式が完成することになります。

 

 

ですから、もし、開弁温度の低い、

スポーツタイプのサーモスタットを使用するのであれば、

電動ファンの始動ポイントも、そのタイミングに、合わせることにより、

より、効果的な冷却が望めるのであります。

 

 

 

 

 

 

 

それから!

BILLION VFCⅡ なら、

電動ファンが2段階で作動するタイプにも完全対応!!

 

 

Low 側、High側 と、別々に始動温度が設定可能です!

 

 

 

 

詳しい解説は、こちらから!

 

 

 

 

そして、そして、タイムアタックの前後をはじめ、

どうしても、事前に冷やしておきたい場合には、

イグニッションONの状態であれば、

いつでも電動ファンを高速作動させることが可能な、

電動ファン強制作動スイッチも装着されているのであります。

 

 

 

BILLION VFCⅡの詳しい解説は、こちらから!

 

 

 

なかなか、かゆいところに、手が届くアイテムでしょ??

 

 

 

やっぱり、エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出すには、

冷却チューニングは、とっても重要だと田中は思っております。

 

 

 

ということで!

BILLION VFCⅡ BLACK MODEL 発売のお知らせでした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WEB サイトは、こちら!

 

 

 

 

 

 

 

2017 GR 86/BRZ Race Rd.7 SUGO レポート! (なぜ、病院に?)

2017年10月01日(日)

 

 

みなさん、お久し振りです。

 

今週は、GR 86/BRZ Race でして、

木曜日移動にて、仙台に入り、

金曜日から、SUGO で、オイル屋さんを頑張っていたのですが…、

 

 

急に体調が悪くなって…、

金曜日の夜に、仙台の病院に入院してしまいました。

 

 

(緊急にて対応いただきました先生、看護師の皆様、ありがとうございました)

 

 

でもって、本日で、3日目となりますが、

いまだ、退院のめどが立たず……。

 

 

いやはや、ホント、大変でございます。

ちなみに 、金曜日は、あまりにも体調が悪く、

翌日以降に、サーキットに行けない状況も、考えられましたので、

BILLION OILS ユーザーのみなさんに、ご迷惑をおかけしないように、

決勝分まで、デリバリーを終えていたことが、不幸中の幸いでした。

 

 

 

ということで、もう少々、仙台出張? が継続する、田中から、

GR 86/BRZ Race Rd.7 SUGO のレポート? でした!

 

 

ちなみに、決勝レースは、

谷口信輝選手 の 2年ぶりの優勝となったようです!

 

 

谷口さん、おめでとうー!!

 

 

Goo Parts さんに、取り上げて いただきました!

2017年09月26日(火)

 

 

現在、絶賛発売中の Goo Parts 11月号!

 

 

 

今回は、スイフトの特集ということで、

大々的に取り上げていただきました!!

 

 

 

 

 

 

しかし、まぁ~、TM 5号車 が表紙って、

とってもステキでございます!!

 

 

 

 

 

 

 

Goo Parts のみなさん!

ありがとうございました!!

 

NETZ TOYOTA 千葉 イベント! in 袖ケ浦!!

2017年09月25日(月)

 

 

 

大渋滞のアクアラインを抜けて、

昨夜、帰ってまいりました。

 

 

 

一昨日の夕方からリハーサルが、はじまり・・・・・、

 

 

 

 

 

 

 

86 ONLY のイベントはスタート!

 

 

 

 

 

 

 

でもって、内容は・・・・・、

 

 

 

 

 

こんな感じでございました!

 

 

ご参加いただきました みなさん!

ありがとうございました!!!!!

 

2017 スイフトマイスター決定戦 の レギュレーション について。

2017年09月22日(金)

 

 

夏が過ぎ、秋になると・・・・・・、

いよいよ、タイムアタックシーズンへと、突入なのであります。

 

 

 

そして、スイフト乗りの 日本一決定戦 

スイフトマイスター決定戦が、

今年も、FSWショートコースで、開催されるのであります!!

 

 

 

 

 

今年の日程は、

12月16日(土)  でございます。

 

 

 

(きっと、エントリーの受付は、10月末あたりからスタートすると思われます)

 

 

 

でね、最近、

スイフトマイスター決定戦 のレギュレーションについて、

よくお問い合わせをいただきますので、

現段階で決定している内容を、みなさんにお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

まず、スイフトマイスター決定戦 の エントリー募集数は、40台 となり、

以下のクラス分けを予定しております。

 

 

 

オープン

NA-2

NA-1(ZC31S/HT81他)

NA-1(ZC32S)

NA-0

NA-R (ルーキークラス NA-0/NA-1 混走)

 

 

 

でもって、各クラスのアウトラインは、こんな感じです。

 

 

 

 

 

※1 エンジンの内部のチューニングを指します。

 (ハイカム、ポート研磨、ハイコンプピストン等)

 

※2 NA-0 クラスの最低 車両重量は、1020kg となります。

 ZC31S/ZC32S以外の車両重量は『NA-0 市販車-40kg』、『NA-1 市販車-80kg』までとします。

 

※3 NA-R(ルーキー)クラスは、サーキット走行経験2年未満の方 (自己申告)

 

 

 

また、現在検討中なのが、

いよいよ、発表された、ZC33S の専用クラス の設定!

(こちらは、ほぼ決定でございます!!)

 

そして、どーしても、レディースクラス を発足させたい・・・・・・・・。

きっと、3名のエントリーがあれば、

クラスは成立する(いや、成立させる!)と思われますので、

「エントリーしてもイイよ!」 という女性!!

ぜひぜひ、田中まで、事前にお知らせいただければ、うれしゅ~ございます!!!

 

特に、田中のレッスンに参加経験のある 静岡県在住のお3人!

ご連絡お待ちしております。ハイ。

みんカラ の メッセージか、下記のメールアドレスにて、

ご連絡いただければありがたいです!

 

mail@tm-square.com

2017年9月23日 追記

現在、1名の方に参加表明いただきました!!

 

 

 

 

 

 

また、使用可能なタイヤに関するレギュレーションですが、

 

市販ラジアルタイヤで、最大幅235サイズまで使用可能。

レーシングタイヤ、Sタイヤ、各種ワンメイクレース専用タイヤ、

ジムカーナ専用タイヤは、使用禁止となります。

また、サイズバリエーションが広範囲に存在していないタイヤ

(DUNLOP β02 / BS RE-05D 等) も、使用禁止となります。

 

 

もちろん、RE-71R、AD08(R)、A052、V700、ZⅢ、RS-Sスペック、595RS-R(R) 

等の市販ラジアルは、OKとなります。

 

また、今からイベント当日までの間に、

かなり、判断が難しいタイヤが登場する可能性もありますが、

 

田中からの要望は、

 

「タイヤのアドバンテーズで勝負が決まるのではなく

ドライバーの腕で勝負が決まる戦いをお願いしたい」

 

ただそれだけです。

 

 

 

 

 

みなさんの ご理解、ご協力をどーぞよろしくお願いいたします。

さぁ~、今年は、どんな感動的なドラマが生まれるのか!

そして、誰が頂点に君臨するのか!!

そして、そして、レコードタイムはどれぐらい短縮されるのか!!!

 

 

 

いやはや、強烈に楽しみでございます。