TM ストリート ブレーキパッド リニューアルのお知らせ!

2016年11月11日(金)


p122


















TM メンバーズのみなさんには、先行販売を行いました、

TM ストリート ブレーキパッド が、いよいよ、正式リリースとなりました!!






cd7dff54782

(ZC31S)





1584739b1f3

(ZC32S)









で、今までの TMストリートとの違いは、





① バックプレートのカラー

② シルク印刷のロゴ

③ ビビットイエローのパッケージ






となり、摩材、バックプレートの材質は、同じとなります。







981bfb27034












でもって、最大のこだわりは、

TMのロゴが、キャリパーの爪の間から、バッチリと見えることです!






2579892af153


402a1b9cb36




この主張が、たまりません!!











ちなみに、TM ストリート ブレーキパッド が、

どのようなブレーキパッドなのか、

サクッと、おさらい しておきますと・・・・・・、










用途           ストリート & ワインディング (※サーキットでは使用できません)

摩材の種類       ノンスチール材 (もちろん、ノンアスベスト)

対応ロータ温度     0~450℃

品番/適合       TMBP-ZC392F2   ZC31S(F) ZC11S/21S(F) ZD21S(F)

ZC71S(F) ZC72S(Rドラム車のフロント)


TMBP-ZC398R2   ZC31S(R) 


TMBP-ZC399F2   ZC32S(F) ZD72S(F) ZC72S(Rディスク車のフロント)


TMBP-ZC399R    ZC32S(R)






また、開発を行った場所は、


一般道(街乗り)

高速道路

箱根のワインディング



をメインに、何種類もテスト摩材を持ち込んで、走行テストを行いました。





で、開発における

最重要ポイントは、フロント/リアの効きの合わせ込みなのであります。




要するに、フロントの効きと、リアの効きを合わせ込むことで、

田中が考える 理想的なブレーキング時の姿勢になるように、

セットアップされているのであります。




ですから、ZC31S と、ZC32S では、

前後の液圧、キャリパーの容量、マスターバックのセッティングといった、

ブレーキシステムが違うことから、

まったく異なった 摩材の組み合わせになっております。




まぁ~、このあたりが、

TM-SQUARE らしさ、なんだなぁ~と、勝手に思っております・・・・・(笑)









それから、走行中に、「キィー音」 が発生しないように、

細心の注意にて、摩材を選択しましたが、

以下の場合は、まれに、「キィー音」 が発生してしまいます。




① ブレーキパッドが吸湿している場合 (雨天後のドライブ等)

② ブレーキローターに発生した溝のエッジにパッドが干渉している場合




①に関しては、パッドが少し温まり、水分が摩材から抜けると音は消滅します。

しかし、②の場合は、パッドの角を削る等の対策が必要となります。

詳しくは、こちらの ZONE サイト にて、ご確認ください。







田中の経験上、ノンスチール材で、軽いブレーキを踏んだときに、

大きな 「キィー音」 が発生する場合、かなりの確立で、

ローターに発生した溝の外周側で、ブレーキパッドの側面が擦れており、

ブレーキパッド摩材の上部(ローターの外周側)側面が、

少しだけ、ボロボロと摩材が崩れたようになっていると思います。


(また、この症状では、ブレーキの効きが、かなり強く出てしまいます)





そんなときは、パッドの角を削っていただくと、

きっと、「キィー音」 は、解消すると思います。ハイ。












ということで!

佐藤さんの発案にて、

ビビットイエロー & シルク印刷ロゴ へと進化した

(もちろん、お値段は据え置き!!!)



TM ストリート ブレーキパッド を みなさん! 

どうぞよろしくお願いしま~す!!










TM ストリート ZC31S  WEBサイト


TM ストリート ZC32S  WEBサイト



















TM-SQUARE
TM発! ZC32S 初パーツは、コレです!

2012年10月24日(水)


いつも、田中のブログを読んでいただいている方は、

最近、よく耳にすることがある 「箱根開発」 と言うキーワード。

 

 

 

じつは、今年のはじめから、

水面下で、ZC32S 用 パーツの開発を進めていたのです!

 

 

 

記念すべき、

TM-SQUARE による、ZC32S 初パーツは・・・・、

 

 

 

 

そのパーツとは・・・・・・、

 

 

 

 

なにかと言うと・・・・・、

 

 

 

 

TMストリート ブレーキパッド For ZC32S なのであります。

じゃじゃん!!

 

 

 

 

1

 

 

 

 

いや~、本当のことを言うと、かなり苦労しました・・・・・・・・・・。

 

 

まずは、純正ブレーキパッドで、

街乗り & ワインディング を ガッツリと走り、

徹底的に、ダメ出しを 行いました。

(いつもの田中ミノル式 開発スタイル ですね・・・・)

 

 

 

 

2

(純正 フロント)

 

 

 

 

 

31

(純正 リア)

 

 

 

ZC31S では、マスターシリンダー/マスターバックの特性により、

 

1) ブレーキバランスがかなり、フロント寄り

2) フロントブレーキの初期制動力が強すぎる


といった、ブレーキ特性でしたが、

 

 

 

ZC32S は・・・・・・・、

ブレーキは、大きく進化しては いるものの

 

1) ブレーキシステムにより、フロントの初期の効きが、大きく抑制されている

2) 奥での効きは、ある程度あるが、初期/中期の効きが弱い

3) 31 より、リアの効きが強くなっており、リアのロータ温度も、シッカリ上昇する


とうのが、田中のイニシャルコメント。

 

 

 

特に、高速道路等の軽いブレーキングでは、

初期が弱く、田中はとっても不安を感じるんですよね(良く言えばマイルドですが・・・・・)。

 

 

このように、まったくもって、

ZC31S とは、ブレーキパッドに求められるニーズが違うことから、

ZC31S のデータが生きず、ゼロから開発をスタートさせました。

 

 

ZC32S の一番重要なニーズ、

それは、初期制動力 を適度に立ち上げながら、

奥での効きをコントロールすることです。

 

 

でも、これが、なかなか難しかった・・・・・。

 

 

初期/中期 の効きを上げると、奥が強くなり過ぎたり、

また、どうしても、制動力を強い方向に振ると、

ダストが多かったり、鳴きが発生したり・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

まぁ~  一筋縄には、いきませんでした・・・・・。

 

 

では、今回製品にならなかった、

一部のパッドをお見せしましょう!

 

 

 

 

コード TM-A

41

(初期、奥とも、全体的に効きが足りない
ローター温度が、400℃近辺になると、効きはかなり落ちる)

 

 

 

 

 

コード TM-B

5

(初期/中期は、少し足りないが、奥の効きは、問題ないレベル
タッチ悪し  摩材に剛性感がない)

 

 

 

 

 

コード TM-A2

6

(初期、中期での効きはOK  弱い踏力での効きは◎  踏力50%位までは◎
しかし、奥が効かない・・・・・・)

 

 

 

 

 

コード TM-C

71

(初期/中期 の効きは、かなり強い  奥も少し強い
ブレーキ鳴きあり ローターに攻撃性があると思われる)

 

 

 

 

コード TM-D

8

(全体的に、効きは純正比 30~40% UP
初期/中期では、効きが少し強すぎる  効きに、バイト感 ザラザラ感がある)

 

 

 

というように、何度も、何度も、試作を作り、

何度も、何度も、箱根にて開発テスト を繰り返し、

 

 

 

 

9

10

11

12

13

14

15

(時には、夜まで・・・・・・・)

 

16

(車輌提供 REV SPEED)

 

 

 

あらゆる手段と、材料を 駆使したところ、

できちゃったんですよね~。

 

 

 

 

 

ZC32S に、BEST マッチする

会心のストリートパッド が!

 

 

最終仕様の 田中コメントは、以下のとおりです。

 

 

踏力と効きのバランス、コントロール性、高温安定性、タッチ とも、◎

まさに、踏んだら、踏んだ分だけリニアに効く、いかにも ZONE らしい マッチング

初期/中期の 効きもシッカリ 必要な分だけ 立ち上がる

リアのブレーキもシッカリ使用できるバランス

ダストは、ほぼ純正パッド並み

鳴きは、発生せず(シム非装着の状況下)

ローター温度の変化に対して、効きが変化しない

 


自分で言うのもなんですが、かなりの完成度だと思います。ハイ。

ちなみに、最終サンプルの MAXのローター温度は、こんな感じでした。

 

 

17

 

 

ということで、

 

TM ストリート ブレーキパッド ZC32S 専用品は、

 

 

摩材名        税込プライス

フロント     99F          ¥10,000

リア       99R           ¥8,000

 

 


にて、今週木曜日に、入荷予定となりますので、

今週中には、デリバリーがスタートすると思います!

 

 

 

ご注文は、こちらから!

 

(決定するまでは、時間をかけますが、決定してからは、早いですよ~~)

 

 

 

 

そして・・・・・、なんと!

今週末の SA八王子 イベントにて、装着可能となリます!!

(それも、あの超スペシャル工賃 ¥1,000 で!)

 

 

 

しかし、WEB ページ & 代理店 さんへの 案内は、

もう少々、お時間をいただくかと思いますので、

全国のショップさんにて、ご購入いただくのは、もう少し先になってしまいます。

すいません・・・・・。

 

 

 

あっ、TM ストリートは、

ストリート / ワインディング を楽しく走るための ブレーキパッド となりますので、

サーキットには、使用ができません。

 

 

 

サーキットには、ZONE ブレーキパッド をご使用下さいね!

 

 

 

以上、

TM発! ZC32S 初パーツ のご紹介でした!

 

 

 

 

 

TM-SQUARE
ブレーキパッドのウンチク 

2011年09月30日(金)


p17












「ブレーキパッド から見るドラテク!」





という 切り口 (カッコいいなぁ~~) の

アイドラーズマガジンの取材を終え、雑誌も発売されましたので、

田中も、ちょこっと、ブレーキのお話を。


(だって、発売前にネタばらし しちゃ、怒られますから・・・・・・)












紙面でも触れていましたが、

パッドの表面を見ると、そのブレーキパッドが、仕様用途に

マッチングしているかどうかが、わかるんです。

(なんだか、鑑識捜査員みたい!)









まずは、

ストリートパッドを サーキットで使用した場合の画像がこちらです。









7183008251









表面が白くなってますよね?


コレは、炭化といって、ブレーキパッドの中に含まれる一部の成分が、

熱により固まってしまった状態です。



使用したローター温度が高過ぎる場合、このよう症状になってしまいます。



適正ローター温度が低い、ストリートパッドをサーキットで使用すれば、

まず、間違いなく、こうなってしまいます。






ブレーキパッドが、炭化すると、

ストリート走行でも、ブレーキが本来の効きを発揮できないばかりか、

ガリガリと音がしたり、ローターを傷つけ、磨耗させる原因となってしまいますので、

交換が必要となります。







ちなみに、パッドの写真左側が、白いのは、ローターが左側から介入するからで、

介出側は、介入側で削れた 摩材が張り付くことから、あまり白く見えません。










また、適正ローター温度域 以上の温度で、使用すると、

こんな症状も、発生してしまいます。









c382c68b20










この ガタガタ わかります?


もちろん、ローターがレコード盤のようになっていても、発生する症状ですが、

ブレーキパッドが、オーバーヒートしても、発生します。



微妙に、ブレーキパッドのまわりが、白くなっていることからも、

この場合は、使用した環境において、制動力が足りないことから、発生する、

オーバーヒートが原因です。




ドライビングのイメージとしては、

周回を重ねることで、どんどんブレーキの効きが甘くなり、

踏力が上がり、最後には、「まったく止まらない!」 と、

ドライバーがコメントする症状です。















では、次に、こんな表面の ブレーキパッド はと言うと・・・・、










6c8080b933










なんだか、表面が、ガサガサ ですよね・・・・・・・。




こんな場合、理由はふたつ。




ひとつ目は、求められる制動力に対して、ブレーキパッドが効き過ぎています。

本来は、そんなに、強い制動力が必要ないのに、

やたら、オーバースペックのブレーキパッドを装着したことが原因です。



フィーリングは、まさに「カックンブレーキで、止まり過ぎ」 です。

少しでも、強く踏むと、とんでもない制動力となりますので、

ブレーキングが、とてもシビアで、 ヒール&トウ も、

ありえないぐらい、難しくなってしまいます。





ブレーキパッドにおいて、


「大は小を兼ねる」

「オーバースペックの方が良い」


という、考えは、まったく成立しません。

だって、オリンピック選手は、ブカブカのシューズで、競技しないでしょ??







そして、もうひとつ理由は、ブレーキがシッカリ踏めていないことです。


まぁ~、これは、「卵が先か、鶏がさきか・・・・」 的な部分もありますが、

カックンで踏めないからか、それとも、強い踏力のブレーキングが出来ないのか が、

原因となります。


もし、強く踏むと、効きが強すぎるのなら、

それをコントロールするより、適正な制動力のブレーキパッドに交換した方が、

圧倒的に、近道です。















でもって、適正な効きのブレーキパッドは・・・・・・、








f62968f050




f49a337555











こんな感じです。



表面がきれいに溶けて、摩材が流れてますよね?

この状態なら、効きも、リリースコントロール性能も、◎ となります。



ドライバーコメントとしては、


「踏んだら、踏んだ分 効く」

「リリースがとってもカンタンで、入口のアンダーステアが減少した」



となります。


(だから、やっぱり、ブレーキパッドは、使用するサーキットによって、

チョイスが必要なんですよね~)







また、一部 クラック が見えると思いますが、

縦方向の小さなクラックは、問題ありません。


ブレーキパッドを横から見て、

バックプレートと摩材の間に、深いクラックがあると、

摩材が剥がれる危険性がありますが、表面の縦のクラックは、

その摩材が、対応できるローターの上限温度付近ではありますが、

性能には、問題ありません。


ちなみに、この縦のクラックを抑制するために、

ブレーキパッドの中央には、スリット が入っているんですね~。














では、最後に、こんなブレーキパッドは、どうでしょう?









d8d944b4b4









一部の摩材は、溶けて流れていますが、

まったく溶けていない部分もありますよね?



これは、ローターとのあたりが悪い ブレーキパッドです。





原因はいくつか考えられますが、強い踏力で踏めていないということは、間違いなさそうです。


効きが強すぎて、踏み切れないのか・・・・・・・。

ただ、踏む力が弱いのかは、不明ですが、まったく持って、使い切れていない状態です。





また、この摩材が溶けている部分が、ブレーキパッドの上部だけで、

その分のあたりが強い場合は、キャリパーが開いている可能性もあります。








いや~、深いですね。

ブレーキパッドって!!










そうだ!

もし、ブレーキパッドのチョイスに迷っているなら、



現在使用しているブレーキパッドの表面の写真を 

ZONE の お問い合わせメール に、送って下さい。


メーカー名、アイテム名、

使用環境と、効きの感じ も一緒に、教えていただければ、

鑑定士の田中が、バッチリ と、ZONE の摩材チョイス しますので!!

(もちろん、無料です!)








以上、ブレーキパッドのウンチク でした。






ZONE WEB サイト






また、機会があれば、

ブレーキパッドのマニアなお話をご紹介しますね!
















関連情報URL : http://bm-zone.com/

TM-SQUARE
「ストリートメンテナンス」 キャンペーン実施中!

2009年07月31日(金)


現在、

TM-SQUARE  の WEB サイト にて、

「ストリートメンテナンス」 キャンペーンを

実施中です。

 

このキャンペーンは、

TMストリート(ブレーキパッド)の

フロント/リア セット と、

 

img_3978_se58aa0e5b7a5e6b888e381bf1

 

 

スポーツインテークフィルター(純正形状)と・・・、

 

p10303471

 

 

そして、

BILLION  スパーブレーキフルード

 

bbf-01

 

の、3アイテムがセットになって、

お値段、23,000円!!

(通常定価 26,725円)

もちろん、税込で、送料も無料!

 

でもって、

By TM-SQUARE のステッカー 3枚

BILLION のステッカー 2枚

そして、ブレーキグリス までもが、

オマケ として、ついてきます!

 

さ~あ、限定100SET の

「ストリートメンテナンス」 キャンペーン

どーぞ、よろしくお願いいたします!

 

詳しくはこちら

 

 

余談ですが・・・、

 

 

なぜ、BILLION の

スーパーブレーキフルードは、

箱に入っているか、知ってます??

 

通常、ブレーキフルードは、

缶の状態で売られますよね?

 

箱に入っている秘密は・・・・・・、

 

 

 

「高い焼酎は、箱に入っているから」

という、田中なりのこだわり?があるからです・・。

 

以上、意味不明の自慢?でした・・・。

TM-SQUARE
うれしいメール! TMストリート編

2009年06月10日(水)


今日、うれしいメールが届きました。

 

 

内容は、

 

スイフトに乗り換えてから、ヒール&トウ が、できなくなってしまい、

テクニックに自信を失っていた、ユーザーが、TMストリートを装着したら、以前と同じように、

いや、それ以上の精度で、ヒール&トウ が、できるようになった

 

ということでした。

 

 

 

スイフトは、どうしても、スポーツパッドを入れると、低速での初期が強く、

 

「カックン ブレーキ」

 

になってしまい、ヒール&トウ が、難しくなってしまいます。

 

 

 

 

でも、田中が開発した、TMストリートなら、大丈夫。

 

 

踏んだら踏んだだけ、効くような仕様となっていますので、

思う存分、ヒール&トウ を楽しんでいただけます。

 

もちろん、ヒール&トウ を練習中の人にも、

TMストリートは、最適なブレーキパッドであると、自信を持って、断言できます。

 

でも、こうして、メールをいただくと、

ホントうれしいです!!

 

だって、本気になって、箱根で、一生懸命

開発したんですから、喜びも、ひとしおです。

 

m0271

m0281

m0411

 

 

 

 

 

TM-SQUARE
「TMストリート」 発売開始!

2009年06月01日(月)


 

 

じつは、数ヶ月前から、ストリートパッドの開発をしてました。

(今日は、コンプリートエンジンのことの予定でしたが、

番組?を変更してお伝えしています)

 

 

だって、スイフトのブレーキって、制動力の強い、

スポーツ系の摩材を使用すると、高速域では、安定した制動力を発揮するものの、

低速域では、急激に効きが立ち上がる、いわゆる「カックン ブレーキ」ですよね?

 

 

この「カックン ブレーキ」は、踏力コントロールがシビアになり、

ドライバビリティが、大きく損なわれますので、私は、以前から、不満がありました。

 

 

 

ちょうど、

株式会社ミノルインターナショナルには、

「BRAKING MEISTER ZONE」 という、

とっても「旬」な、ブレーキパッドブランドがあります。

 

 

 

であれば、この開発力と、技術力で、

ストリートで、スイフトにピッタリのブレーキパッドを作ろうと、企画したのが、

「TMストリート」 です。

 

 

 

そうです、「TMストリート」 は、

「TM-SQUARE」 と  「BRAKING MEISTER ZONE」 の

コラボレーションにより誕生した商品なのです。

 

 

 

スイフトだけのために

開発した専用摩材ですので、

 

低速域では、緩やかに効きが立ち上がり、

高速域では、踏力にリンクしたリニアな制動力を発揮!

 

もちろん、

ストリートパッドですので、鳴きやダスト、ライフといった面も、

十分に考慮し製造されています。

 

 

 

ドラテク&スイフト マニアの田中ミノルが、

今までの摩材開発で培ったノウハウを投入し、

徹底的に、スイフトのストリート&ワインディングに、

合わせ込みを行った専用摩材のストリートパッド。

 

 

 

装着後、きっと「なるほどね!」 と

言っていただけると思いますよー。

 

 

 

で、気になるお値段は・・・・・、

 

 

 

 

フロント摩材 TM-92F  10,000円(税込)

リア摩材   TM-98R   8,000円(税込)

 

です。

 

 

 

どうです、リーズナブルでしょ?

 

 

(フロント/リアとも、対応ロータ温度は、450℃ までです)

 


フロント

フロント



リア

リア



摩材面

摩材面



 

 

当然、ZC11S、ZC21S、ZD11S、ZD21S も、

フロントブレーキは、同じキャリパーを使用していますので、

フロントのみ使用可能です。

 

 

 

さあ、田中が、

箱根でテストに明け暮れて作った、「TMストリート」 。

 

 

 

オーダーお待ちいたしております!!

 

 

 

WEBページはこちら。

 

 

img_3952_s