ZC31S 専用 TM-SQUARE 新製品 リリースのお知らせ!

2014年02月21日(金)


 

今夜は、TM-SQUARE 発

ZC31S 専用 の 新製品 のお知らせです!





じつは、ずっと前から、

TM ダンパー(ZC31S用) の 新仕様 を開発しており、

いよいよ、このたび 製品化 となりました!!










発売当時から、現在、販売分まで、

田中的には、まったく減衰力に不満がない、TM ダンパー。

(あれだけ、開発にお金と時間を使えばねぇ・・・・・笑)








また、今までに、180ポンドから 1200ポンドまで のスプリングを

デモカーに、使用しましたが、

まったく持って、減衰力に変更が必要とは、感じませんでした。





でも、ひとつだけ、気になっていたこと、があったのであります。













それは・・・・・・・・、




















リアダンパーの 「長さ」 です。







スイフト の場合、リアサスペンション は、トーションビーム 式となり、

スプリング と ダンパー は、セパレート の状態で装着されますよね?






ですから、



① スプリングレート

② スプリング の レングス



で、車高が決まってしまいます。





よって、ハイレート に、なるればるほど、

低い車高を維持するには、短い スプリング が必要となります。














そこで、問題となるのが、 ダンパー の長さ なのであります。




だって、ダンパー 全長が長いと、



ハイレート の短い スプリング を装着したり、

スプリングシート を車高が下がる方向にセットすると・・・・・、



ジャッキアップ 時に、スプリングの遊びが 発生してしまうことがあるからです。









ということで、TM ダンパー の 新仕様 では、

リアダンパー を より ショート 化 させたのであります。










サイズ的には・・・・・、





18

 

 

 

 

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇最短            最長


通常品   ダンパー長         440mm         480mm

新仕様   ダンパー長         420mm         460mm


※ ダンパー 長の 最短⇔最長 の調整は、ブラケット (黒い ケース 部分)により行います。

※ 最短/最長ともに、ダンパー が伸びきっている時の サイズ です。











また、ストローク量は、





通常品   ストローク量        130mm

新仕様   ストローク量        110mm






となります。

 

 

 

要するに、現行ダンパーを 20mm ショートストローク化 させたものが、

新設定となりました。


※ リアダンパー のみの変更となり、フロントダンパー は、変更しておりません。









213



(右が、新仕様  左が、通常品 です)














でもって、

ショートストローク 化の メリット は、





〇 短いスプリングが、装着できる

ハイレートスプリングが、装着できる

より低い車高に、設定できる

プリロードによる、セットアップが可能になる









また、デメリット は、





× 長いスプリングでは、プリロードがかかってしまう

× 高めの車高設定では、プリロードがかかってしまう

× リバウンドストロークが、少なくなってしまう

(乗り心地が、大きく悪化します・・・)







となります。















田中が思う、

このTM ダンパー 新仕様 (ショートストローク ダンパー)

と、マッチングが良い スイフト ユーザー さんは・・・、






① かなり、サーキット寄りの ハイレート & 低めの車高設定


② 車高 によっては、ジャッキアップ 時、スプリング が遊んでしまう


③ リア の リバウンドストローク を 短く設定したい





といった感じとなり、









具体的には、



チョイスされる スプリングレート(リア) が、




〇〇〇〇〇700~800ポンド 以上 (12.5k 以上)


〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 +


設定する車高 600mm 以下
(路面 ⇔ フェンダーアーチ 間)






あたりですと、ショートストローク 仕様の方が、マッチング する可能性が高くなります。










また、700ポンド以下の スプリング を ご使用の場合は、

たとえ、設定車高が低めであっても、

乗り心地をはじめ、デメリット が多くなりますので、

圧倒的に、通常 ストローク 仕様が、マッチング します。

(この場合は、まったくもって、ショートストローク仕様 を オススメ しません)
















また、マッチング に関する 詳しい お問い合わせは、




TEL   03-5706-1888 (月~金 9:00~19:00)

メール  mail@tm-square.com




まで、お気軽にご連絡下さい!















そして、気になるプライスは・・・・・・、










新規購入の場合


TM ダンパー & HYPERCO スプリング & スプリングアタッチメント 

の フルキット で、¥334,000 となります (通常品の ¥4,000 アップ です)。







また、「いつも、在庫がない・・・・」 で、有名な? 

TM ダンパーではありますが、

なんと! 新仕様 を含めて 現在、在庫があります!!

(高橋さん、シーズンオフ に頑張りました!)










そして、








TM ダンパー ユーザーの場合


もちろん、オーバーホール の タイミング 等にて、

ショートストローク 化 への変更が可能です。

お値段は、通常の オーバーホール工賃 + 4,000円 (2本分) となります。





※ ショートストローク 化 への変更は、ダンパー を バラ して、

内部に パーツ を組み込みますので、 オーバーホール 時が オススメ です。



※ オーバーホールの基本工賃 (ウエアリング / シール 含む)は、

¥12,000/1本 (リアダンパー) となります。

 

 

 

さすが、TM ダンパー!

オーバーホール 時に、ストローク 量まで変更できるなんて、

なんて ステキ なんでしょう!   (・・・、自我自慢)










TM-SQUARE ダンパーキット WEB サイト










以上、

TM ダンパー ショートストローク 仕様 (リア専用品) 

発売のお知らせでした!






※ ちなみに、リアダンパー のみの販売は、行っておりません。

 

 

 

 

2015年8月追記

 

本製品は、ZC32S にも適合確認が取れておりますので、

ZC31S同様、ショートストローク仕様としてご使用いただけます。