TM-SQUARE ZC32S リアキャンバーシム 正式リリースです!! ①

2016年09月23日(金)

 

いや~、やっと、

TM-SQUARE 「ZC32S」 リアキャンバーシムの

リリースが、 「スタンバイOK」 となりました!

 

 

923-1




現在、WEBサイトも、製作中となりますが、

本日から、数回に分けて、WEBの内容を少し・・・・(ホントは全部・・・・笑)、

リークしながら、キャンバーシムのことを徹底解説してみたいと思います。











まず、キャンバーシム というパーツは、

どんなパーツなのか・・・・、アウトラインから解説しますと、








(以下、WEB文章の抜粋です)








FF特有のアンダーステアを減少させるためには、

リアのトーイン調整は、非常に有効な手段となります。

 

アンダーステアが強い場合は、リアのトーインを少なくすることで、

コーナリング中(特に進入部分)に、リアが回り込んでくれ、

アンダーステアを抑制します。

なお、このセットアップは、走行抵抗が減少することから、

ストレートスピードにも、影響 を与えます。


また、トーションビーム式のサスペンションでは、

ストロークによるキャンバー変化がほとんどありません。

 

よって、クリッピングポイント近辺では、タイヤの外アタリ

(タイヤの外側のみが接地している状態)が強くなりますので、

コーナーにおいて、タイヤのグリップを

有効活用するためにも、キャンバーが必要となります。



TM-SQUARE リア キャンバーシム は、

通常トーションビーム式のサスペンションでは、調整の行えない

トーイン値 & キャンバー値 の両方を変更できるよう

ダブルテーパーのシム(2方向にテーパーになっているシム)を

リアハブとトーションビームの間に装着するセットアップアイテムです。


車輌の状況や、セットアップに合わせてチョイスできるように、

キャンバー値、トーイン値が異なる組み合わせにて、

ZC32S では4種類のキャンバーシムを設定しました。






といった感じとなり、

アイテム バリエーション & プライスは、以下のとおり です。

 

 

 

 

 

 

923-2

 

商品名 :キャンバーシム 並盛(トーイン 0°40’レス)

品番   : TMCS-C01903

価格  : 35,000円(税込)

素材   : スチール製 (カラー:ブラック)

付属品 : M12キャップボトル8本 M12ワッシャ8枚

M10キャップボトル4本 M10ワッシャ4枚

 

 

 

 

 


923-3

商品名 : キャンバーシム 並盛(トーイン 1°00’レス)

品番  : TMCS-C01904

価格  : 35,000円(税込)

素材   : スチール製 (カラー:グリーン)

付属品 : M12キャップボトル8本 M12ワッシャ8枚

M10キャップボトル4本 M10ワッシャ4枚

 

 

 

 

 

 

 

923-4

商品名 :キャンバーシム 大盛(トーイン 0°40’レス)

品番   : TMCS-C01901

価格   : 36,000円(税込)

素材  : スチール製 (カラー:ゴールド)

付属品 : M12キャップボトル8本 M12ワッシャ8枚

M10キャップボトル4本 M10ワッシャ4枚

 

 

 

 

 

 



923-5

商品名 :キャンバーシム 大盛(トーイン 1°00’レス)

品番   : TMCS-C01902

価格   : 36,000円(税込)

素材  : スチール製 (カラー:シルバー)

付属品 : M12キャップボトル8本 M12ワッシャ8枚

M10キャップボトル4本 M10ワッシャ4枚

 


となります。









では、詳しく説明しましょう!!







TM-SQUARE リア キャンバーシム(ZC32S) は、


変更できる キャンバー値 が2種類 (並盛仕様 & 大盛り仕様)

また、変更できるトーイン値 が、2種類

(0°40’レス仕様 & 1°00’レス仕様)

の組み合わせにより、合計4アイテムをバリエーションしました。





※トーインは、左右のトーインを合算した「トータルトー」の表記となります。



ですから・・・・、


たとえば、並盛キャンバーシム(トーイン0°40’レス)を装着すると、

トーイン値 & キャンバー値の変化量は、


装着前よりキャンバーが、1°25’ネガ方向に変化し、

トーインが、0°40’レス方向に変化したアライメント値となります。






そうです、ポイントとなるのは、

装着前のアライメント値から、

上記のとおり、アライメントが変化しますので、

装着前のアライメントをしっかり把握しておくことが、

とっても重要なのであります。ハイ。











ちなみに、弊社デモカー(TM 5号車/ZC32S 2型)による

実測値(キャンバーシム装着後のアライメント)は、以下のとおりです。









※  トーションビームには、製造上の公差がありますので、

純正状態でのアライメントは、すべての車両で同一ではありません。

よって、装着後のアライメント値は、上記と同一にならない場合があります。

※ 上記の数値は、車高40mm ダウンでの計測値です。

※ 純正車高では、上記数値からトーが、0°20’ マイナスになります。

(トーインが減る方向です)










また、キャンバーシムの装着により、

リアキャンバーがネガティブ方向に変化しますので、

タイヤの上端部がフェンダー内に収まりやすくなり、

ハブセンターならびに、タイヤの下端部は、外側に張り出します。



タイヤ/ホイールの各部の位置は、下記のとおり変化します。











※ 上記の数値は、計算上の数値で、実測とは異なる場合があります。

※ +表記 → タイヤが外に出る

-表記 → タイヤが内側に入る  となります。












いかがでしょうか?

なんとな~く、キャンバーシムが、どんなパーツなのか、

わかってきましたでしょうか??






まぁ~、超簡単に、ザックリ説明すると、

ZC32S スイフトのリアに装着すれば、通常では調整/変更できない 

リアキャンバー と、リアトーイン を同時に、

変更できてしまうパーツなのであります。ハイ。








では、次回は、

リアキャンバー と、リアトーイン を変化させることに、

どんな メリット・デメリット が発生し、

そして、どのようにして、セットアップに生かすことができるかを 

じっくり解説したいと思います!!








なんだか・・・・、

解説マニアになりそうな・・・・、予感が・・・・(笑)









あと・・・・、匠の日でも、もちろん対応可能です!