TMダンパー SPEC2 噂の真相!

2019年01月31日(木)






さぁ~、いよいよ、田中ミノル 念願のプロジェクトが、
スタートするまで、秒読み段階となりました!!




そう! 田中の夢だった、
完全内製のTM-SQUAREダンパーキットが、
あと少しで、リリースされるのであります!!!




では、詳しくお伝えしましょう!




足回りのセットアップには、かなりの自信を持っている
田中ミノル & TM-SQUARE ではありますが、
我々には、大きな問題点がありました・・・・・。




その問題点とは、「納期」であります。




元々、TM-SQUARE のダンパーキットは、
スーパーGT時代に、
同じ釜の飯を食ったダンパーエンジニアの高橋和行氏に、

スイフトスポーツに完璧に適合する
「田中が考える理想の減衰力とフリクションにてダンパー を作って欲しい」
と、製造を依頼したのが約10年前。




以降、たくさんのダンパーキットを、
ZC31S & ZC32S オーナーのみなさんに、ご購入いただきました。




でも・・・、

プロジェクトがスタートして数年は、良かったのですが、
高橋さんの人気は、どんどん上昇し、
スーパーGTや、スーパー耐久に参戦している
多くのレーシングチームが、「高橋ダンパー」
使用するようになったことから、我々のダンパーを組む時間がなくなり、

元々、月に2台分だった生産量が、
2ヶ月に1台分となり・・・・・・、
3ヶ月に1台分となり・・・・・・、

最長、オーダーを受けて、 9ヵ月後に 納品ができたという
お客様もいらっしゃいました・・・・・。
(本当にお待たせしました)




まぁ~、いくら、田中自慢の  減衰力とフリクション を誇る
「高橋ダンパー」とは言え、やはり、9ヵ月後の納品では、
とっても、心苦しかったので、以降、受注をSTOPしていたのが現状です。




それでも、みなさんから、多数の引き合いをいただきましたので、
高橋さんに相談して、

「高橋さんが監修して、弊社の社内でダンパーを組めるようにして欲しい」

とお願いしたところ、快く承諾いただき、
今回のプロジェクトがスタートしました!




そうです、「ダンパーを完全内製で組み上げたい!」という田中の夢に、
大きく一歩、近づいたのであります!!




それから、高橋さんの指示にて、弊社、南町田ベース内に設備を入れ、
複数回、泊りがけで高橋先生に、指導に来ていただきました。
(シーズンオフとは言え、かなり、強引に時間を作っていただき、
ありがとうございました!!)




そして、阿部ちゃん & コダマ君 にて、
何度も組み上げては、ダンパーテスターでチェックして、
またバラシを繰り返し、 徹底的に、技術を導入いただきました。




やっぱ、昔の仲間は、イイね~!  あざ~す!!




鬼コーチぶりを発揮! (笑)




でも、ポイントとなる部分は、ガッツリ教えていただきました!




やっぱ、職人技でしたね~!!




真剣にレクチャーを受ける 阿部ちゃん & コダマ君




最初は悪戦苦闘の阿部ちゃんでしたが・・・・・、




やっぱり、レーシングメカニック!




あっという間に、スペシャルテクニックを習得!








でもって、今年の1月中旬に、
やっと、高橋先生のお墨付きをいただくことが出来たのであります!!




ですから・・・、
これから販売する、TM-SQUARE ダンパーキット SPEC2 は、
すべて、南町田ベースにて、一から組み上げるシステムとなります!




ちなみに、SPEC1 に使用している部品の中には、
もう入手できないものが多々ありましたので、
今回の内製を機に、使用するパーツも、リニューアルして製造するのが、
TM-SQUARE ダンパーキット SPEC2 となります。




でもって、SPEC2 の細部を
ちょっとだけお見せしますと・・・、こんな感じでございます!!




シリンダーはカッコイイのですが・・・、




容器が給食のときみたい・・・・・(笑)




こちらも、小学生のとき、音楽室で見た、鉄琴のようです・・・・(笑)




で、なんと・・・・、




ダンパーオイルも、BILLION OILS!  もちろん、作りました!!




いや~、美しい・・・。




シムは、間違えて組まないように・・・・・、




高橋さんの奥様に、準備していただきました!!  あざ~す!




これは、リアですね・・・、たぶん・・・。




正立ですから、やっぱそうですね!!




ホントにちょっとだけで、すいません・・・・・(笑)




あっ、そう言えば、ピストンは、
部品(既製品)を購入するのではなく・・・・・・、

田中のニーズに合うように、
オーダーメイドで作っていただきました!!




この中に、ピストンが・・・・!




なんだか、オーダーメイド感 タップリのダンボール箱・・・(笑)




やっぱ、これは、お見せできません・・・・・・(笑)




いや~、TM-SQUARE オリジナルダンパー 
それも完全内製の SPEC2 みなさん、いかがでしょうか?




もちろん、これからは、
社内でオーバーホール対応も可能となりますので、
きっと、メチャ便利に、かゆい所に手が届く対応になると、
田中は思いますよ~!!




また、 SPEC1 ダンパーに関しては、
構成部品の中に、もう、入手できないものがあることから、
オーバーホール対応を終了させていただくことになりました。




でも、SPEC1 のカートリッジ(ダンパー単体のASSY)は、
あと数セット在庫がございますので、カートリッジ交換の対応は、
在庫がある限り、継続予定でございます。




そして、SPEC1 → SPEC2 へのバージョンアップ
(こちらもカートリッジ交換 & リアブラケットの追加購入が必要)
も、可能となっておりますので、
詳細等は、お問い合わせいただければ、ありがたいです。

(ただ・・・、まだ、 SPEC2 のプライスが決まっていないので、
バージョンアップのプライスが決まるのは、SPEC2 のプライスが、
決まってからとなります)




要するに、 SPEC1 ダンパーをバラして、内部の部品を交換する 
オーバーホール 対応は終了しましたが、カートリッジの交換や、
SPEC2 へのバージョンアップへの対応は継続となりますので、
SPEC1 ユーザーのみなさん、どうぞよろしくお願いいたします。




では、最後に、TM-SQUARE ダンパー工房
通称、「匠D工房」を動画にてご紹介したいと思います!









ということで!
近々、ZC33S & SPEC2 ダンパー のモニター募集
予定していりますので、乞うご期待でございます!!




その前に、 SPEC2 の販売価格、決めなきゃですね・・・・。

もちろん、SPEC2 ダンパーは、

ZC31S
ZC32S
ZC33S

3ラインアップにて、リリース予定となりますが、
あまり高くならないように、頑張ります!!(笑)

そして、一日でも早く販売がスタートできるように、
シッカリ準備したいと思います。




希望的観測として、2月末、
いや・・・、3月には、スタートできるよう頑張ります!




以上、TMダンパー SPEC2 噂の真相! でした!!

本日は、ダンパーテスターにて、全数チェック!

2019年01月30日(水)






本日は、コダマさんが、社内で組み上げたダンパーを
高橋さんの工場に持ち込み、全数チェックしております。




でも、まぁ~、
あの ウン千万円のダンパーテスターを
こんなに長い時間、使ってたら、
恐ろしい請求が来るんじゃ、ないかと、
少々、心配になってきました・・・・・。




ということで、コダマさん、
とっとと、帰ってきて下さいよ~!!(笑)




いや~、ホント、あと少しで、スタートでございます!!!

いよいよ、始まりますよ~!!(笑)

2019年01月29日(火)






先ほど、TM-SQUARE 配管事業部の某社長が来社され・・・、








待望の量産試作品を納品いただきました!




そうです!
TM-SQUAREメンバーズの会報をお届けした みなさんは、
ご存知かと思いますが、TM-SQUARE のNEWダンパーを
現在、制作しております。




でもって、本日、配管事業部から、届いたのは、
ZC33S用のブラケット(フロント)でございます。








いや~、いよいよですね~。




あとは、リアに使用する 小さな部品が数点、出来上がると・・・、
ZC31S、ZC32S、ZC33S と、一気にNEWダンパーが登場する
予定でございます!




ということで!
みなさん! 乞うご期待!!

いや、超ご期待!!! でございます。




だって、今度のダンパーは、
田中の夢だった、「あの」プロジェクトですからね~!




本件、詳しくは、準備が整ったら、ご紹介しますね!!
いや~、楽しみだ!!!

エンジン
ECU ZC33S AT モニターさん レポート Part.1

2019年01月29日(火)






先日、TM-SQUARE ZC33S ECU のモニター募集にて、
神奈川県某所より、ご来店いただきました、ZC33Sオーナー様から、
早速、インプレッションが届いておりますので、ご紹介したいと思います。




まずは、書き換え直後のインプレッションから!




本日はECU書き換え対応ありがとうございました。
パワーになれてしまう前に書き換え直後のインプレをご報告します。

帰り道は東名高速を使いました。

アクセルのレスポンスは良くなっています。
バイクではモード切替でレスポンスやパワーが変えられますが、
同様な効果があり、ストリートからスポーツに切り替えた感覚です。
(バイク乗りにしかわからないと思いますが)

ノーマル同様にアクセルを踏むと、加速感が明らかに良くなっていて、
ブーストの立ち上がりも素早くなりました。
追い越し時の加速も申し分ないほど良くなりました。

ゆっくり流している時は何ら変わらずですが、
そこからちょっとアクセルを踏むと、トルク感が上がっていて、
加速時のアクセルの踏む量も少なくなったように感じます。

それから、急加速時はトラコンの介入がすぐに入りますので、
オフにして楽しみました。

先ずは速報まで。
細かいインプレは改めて報告させていただきます。




いや~、早々のインプレ、本当にありがとうございます。

また、その後、ワインディングに行かれたようで、
そちらのインプレも、ご紹介したいと思います。








今朝、箱根を走ってきました。インプレをご報告します。

アクセルレスポンスはかなり向上しています。
オートマ特有のもたつきが解消されています。
ブーストの立ちあがりが素早くなっています。
アクセルにリニアにブーストが立ち上がります。

0発進もアクセルを強く踏めば「ドン」と力強く発進し、
すぐにトラコンが介入します。
コーナーの立ち上がりが気持ちよくなりました。
短いストレートでも素早い加速で、ノーマルよりブレーキの負担が増えました。
ノーマルパッドでは不安になります。

4000回転以上での伸び切り感が良くなっていて、
6000回転手前までストレスなく回転が上昇します。

オートマなので6000回転手前でシフトアップされてしまいますが、
高回転域でパワーが上がっているせいか、
1→2速にシフトアップする際、ロックアップが遅れるような感覚
(2速に切り替わった瞬間に滑っているような感覚)を覚えました。

同じルートをスポーツ走行した場合、燃費は10%程度悪化しています。
これはブーストアップに伴う燃料噴射量が上がっているためと理解しました。
一般道でブーストをかけなければノーマル同等の燃費でした。

ECUの総評としては、
車のポテンシャルを最大限引き出すセッティングになっていると思います。

NAで同等のパワーアップをした場合、
エンジン内部に手を入れなくてはならないため、
5倍以上のコストがかかると思います。
ターボ車ならではのメリットだと思います。

ノーマルで物足りないと感じている方にはECU書き換えはお勧めです。
私はこのマップのまま乗り続けたいと思いますが、
欲を言えばマップの切り替え(ノーマルとチューンド)が出来れば、
なお良いかと思いました。
(マップ切り替えはバイクでは普通になってきていますよ。)

しばらく走ってみて再度インプレをしたいと思います。




細部にわたり、インプレッションを
本当に、 ありがとうございました!




コメントのように、TURBOエンジンは、
ECUで速くなる割合が、NAより大きいので、
エキゾーストを含めた、ECU MAP DATA 解析は、
ZC33S チューニングのポイントになりますよね~!




ということで!
正式リリースに向けて、頑張りたいと思います!!




ZC33S オーナー様、ありがとうございました!!!










2019.02.06 追記




インプレッションを追記いただきましたので、
掲載させていただきます!!







週末に高速を使って長野方面まで雪道、氷上を走ってきました。
行き帰りの高速は余裕のクルーズコントロールで巡行でしたが、
遅い車を追い越すときなどは余裕が感じられるほどのパワー感でした。

驚いたのは燃費で17km/lも走りましたよ。
リッターバイクの燃費以上でびっくりです。

パワーが上がっている分雪道での走行には気を使って走っていましたが、
慣れてくるとアクセルでラインをコントロールできるようになりました。
以前より微妙なアクセルコントロールができました。
FFなのでカウンターを当てるような走りはないですが、
LSDなしでも楽しめました。

スポーツECUはゆっくり走ればノーマル並みに、
早く走りたい時は豪快にと使い分けができて良いですね。







ZC33S オーナー様、本当に詳しく、ありがとうございました!!

エンジン
ECU ZC33S AT モニター募集のお知らせ!!

2019年01月17日(木)






さぁ~、続々と登場する TM-SQUARE ZC33S パーツ!
今回は、SPORT ECU AT バージョンが登場します!!




こちらの DATA は、

燃料マップ       プログラム変更  
点火マップ       プログラム変更 
可変バルタイ      プログラム変更 
ブースト制御      プログラム変更 
トルクリミッター    プログラム変更 
ブーストリミッター   1.5×100kPa 
REVリミッター     6600rpm (スロットル戻り回転 6500rpm) 
スピードリミッター   300km/h

といった仕様となります。




また、使用できる環境は、

センターパイプ       純正品、または、保安基準適合品
マフラー          純正品、または、保安基準適合品
触媒            純正品限定
インタークーラー      純正品限定
インテーク         純正インテーク、純正エアクリーナー、
              スポーツタイプのエアクリーナー、
              ムキ出しタイプのインテーク、
              各種インテークBOXに対応。
その他           エンジン本体、各種センサー、
              インジェクター、タービン等は、純正品限定

※上記以外の箇所を社外品に交換されている場合は、ご連絡下さい。
※ハイオク ガソリン限定(レギュラーガソリン/粗悪ガソリン使用禁止)

となります。




そして、今回のモニター募集は、
限定3名のみなさんに、お願いしたいと考えており、
モニターさん専用価格は、ECUの脱着、DATAの導入、
PCを接続した状態での 田中試乗、これらすべてをセットにて、
50,000円 にて、お願いいたします!




ちなみに、モニターさんの条件は、

〇 ZC33SのAT車両を所有されていること
〇 車両のスペックが上記の範囲であること
〇 弊社、南町田ベースまでお越しいただけること
〇 DATA導入後の状況をTELまたは、メールにて教えていただける方

にて、お願いいたします。




なお、モニターのお申込みは、

TEL 04-2788-7878(月~金 9:00~18:00)


または、下記メールアドレスから、

タイトル → ZC33S AT モニターの件

にて、ご連絡をいただければ、とってもありがたいです




mail@tm-square.com




以上、TM-SQUARE ZC33S AT 
ECU モニター募集のお知らせでした!!

お待ちしております!!!







2019年1月18日 追記
本モニター企画は、定員にとなりましたので、募集を終了しました。

エンジン
2019 東京オートサロン にて、お披露目!!

2019年01月16日(水)









今回も大盛況だった、東京オートサロン!

世界各国から来場者を集め、
今年もレコードを更新した、スーパーイベントなのであります。 ハイ。




でもって、我らが、TM-SQUARE は、
ZC33Sスイフトのエアロパーツをお披露目いたしました!

やぁ~、ちょうど1年間前にエアロプロジェクトがスタートし、
まずは、徹底的にデザイン画を作り、
田中の空力ノウハウと、熱い思いを ガッツリと詰め込みました。




それから、新車を一台購入して、
(エアロは必ず新車で作る! のが、田中のコダワリ・・・)
今までとは違う 超秘密工場に入庫!!(笑)

モデラーさんに、田中の思い描く ”カタチ” を伝えて、
年末、ギリギリに、モデリングが完成しました。




それから、匠塗装(ショーカーを得意とする塗装の達人!!)
M氏に、お正月返上にて、塗装していただき、
完成したのが、今回、オートサロンでお披露目となった
TM-SQUARE のエアロパーツなのであります!!




それでは、写真&動画にて、お届けしたいと思います!




まずは、オートサロン会場にて、大井さん(大井貴之さん)に、
取材いただいた動画から、どーぞ!!!!!









いや~、さすが大井さん、
撮影して、その日の夜に編集してアップしちゃう
このスピードに脱帽でございました!!




そして、田中カメラマンの写真は・・・・、




まずは、フロントセクションから!


























それから、撮影時に収録した 
フロントまわりの動画は、こんな感じです!!












そして、リアセクションは・・・、



























そして、そして、リアまわりの動画は・・・、
こんな感じで、ございます。









ちなみに、発売時期は、フロント、リアとも、
2019年4月~5月 を予定しており、
販売価格は、まだ未定ですが、
ZC32Sから、ちょっとだけ高くなるような気がします(笑)




また、マフラー(右1本出しタイプ)の発売時期は、
2019年3月~4月 で、こちらも価格は、まだ未定ですが、
TMにしては、頑張ったと、みなさんに言っていただける
金額帯を目指して、現在、工場と交渉中となります。




あと、ナイショですが、リアウイングのリリースに向けて、
現在、アイデアを ”カタチ” にしておりますので、
夏が終わる頃には、こちらも、販売を開始したいと、思っております!




ということで、エアロパーツ&マフラーが、
一日でも早くリリースできるように頑張ります!!




以上、2019 東京オートサロンでお披露目となった、
TM-SQUARE エアロパーツ & マフラー のお話でした!!












本ブログにてご紹介した製品等のお問い合わせは、こちらのフォームから!!
(お送りいただいた内容は、本ブログには掲載されません)


エンジン
2019 東京オートサロン で販売するステッカー!

2019年01月08日(火)






さぁ~、いよいよ、今週末は、東京オートサロンですよね~。




今年は、エアロを装着した!
TM-SQUARE 6号車(ZC33S)の車両展示を行う予定ですので、
横浜にある ショーカー ご用達の塗装工場で、
バッチリと、3色塗り分けの塗装をしていただきました!
M社長!  お正月返上にて、本当にありがとうございました!!




で、見栄えは・・・・・・、

エクセレントで、ございます!(自我自慢・・・笑)

いや~、田中が大好きな、ダウンフォース大盛りの
ビジュアルに仕上がりましたよ~!!!
(いや~、ほんと、シアワセ!)




でもって、 東京オートサロン では、
中ホール HALL 5 (WEDSさんのお向かい)にて、
車両展示を行いますが 、

TM-SQUAREメンバーズのみなさんに、昨年末、お送りした、
クリスマスカードをご持参いただければ、
このステッカーを1枚 プレゼントしちゃいますので、
ぜひぜひ、TM-SQUAREブースまでお越し下さいね!!




でね! このブルーミラーのステッカーは、
TM-SQUAREメンバーズ限定&非売品となりますが、
このステッカーと同じサイズ(W150mm)にて、
販売可能な ホワイトと、イエローのステッカーも作っちゃったんですね~。




気になるお値段は・・・・・・、

1枚 →  800円
2枚 → 1,000円 !!


いかにも、算数が苦手なコダマさんが、設定した販売価格ではありますが、
2枚 → 1,000円 の販売価格は、オートサロン限定価格となりますので、
みなさん、ぜひぜひ、この機会に、GETされてはいかがでしょうか??








また、オートサロン会場では、
「匠工房」スペシャル受注会 も開催しておりますので、
こちらも、どーぞよろしくお願いいたします。

あのダンパーも、あのウイングも、あのLSDも、驚愕の あの価格です!
(あのが、多すぎるか・・・・・笑)




ということで、

1月11日(金曜日)
1月12日(土曜日)
1月13日(日曜日) 

は、幕張メッセにて開催される
東京オートサロンにて、みなさんのお越しをお待ちしております!