86/BRZ 専用 M/T オイル TL70 発売です!

2016年06月22日(水)


p1


















予想より、少々時間が、かかってしまいましたが、


BILLION OILS から、ついに!

86/BRZ マニュアル トランスミッション 専用 オイル

TL70 が、リリースされました!! 









いや~、86/BRZ 乗りのみなさん!

本当に、お待たせいたしました!!










では、この BILLION OILS TL70 の詳細を ご紹介しましょう!!








まず、このオイルの特徴は、



① 油温に影響されることなく、

低温域から高温域まで、「究極のシフトフィール」 を実現!


② ストリートも、サーキットも、 完全対応 の 

マニュアル トランス ミッション 専用 ミッションオイル!


となります。





まぁ~、平たく言えば、


一般的なギアーオイルのように、

ミッション/LSD(デフ)共用ではなく、


「マニュアル トランス ミッション 専用油」 として、

徹底的に、86/BRZ にて、開発を行い、


「究極のシフトフィール」 を追い求めた オイル なのであります。ハイ。







2014/03/24  FSW ショート

2014/04/16 FSW レーシング

2014/04/23 FSW レーシング

2014/05/13 FSW レーシング

2015/02/13 本庄サーキット

2015/09/16 本庄サーキット

2015/11/18 本庄サーキット

2016/03/16 岡山国際サーキット(レーシングカー)

2016/04/24 岡山国際サーキット(レーシングカー)









で、どうして、この「究極のシフトフィール」 を

実現できたかと言いますと・・・・、


2つ の秘密があります。








秘密①


超優秀な 増摩擦剤 (摩擦係数調整剤) の採用!






ミッションオイル にとって重要なことは、摩擦係数を低減させ、

潤滑性能を向上させることだけではありません。

なぜなら、摩擦係数が低過ぎると シフトチェンジ にて、ギア を

同期させることができず、ギア が入りにくくなってしまうからです。

よって、ミッションオイル には、油膜がある程度 薄くなると

「摩擦係数を上昇させる」といった性能も必要となるのです。


(そうです! ただ、ツルツルと滑るだけのオイルでは、シフトフィールは向上しません!!)






この摩擦係数の変化を

「指を机の上で滑らせること」で、表現するならば・・・、


たとえば、机の上に、一滴の水があり、

その水滴の上に指を置き、そのまま前方に滑らせると、


①  最初、指は軽々と机の上を滑る

②  一定の距離を移動すると、少し重くなる

③  大きな抵抗とともに、指は完全に ストップ する


といった動きになると思います。





9133ee168e





これを潤滑油的に表現すると、


①  机と指の間には、厚い油膜(水膜)が存在するので、摩擦が少ない

②  油膜(水膜)が、徐々に薄くなり、ある程度の摩擦が発生

③  油膜(水膜)が、完全になくなり、大きな摩擦が発生


となります。



そして、マニュアル トランスミッション にて、シフトフィール を向上させるには、

上記② の状況が、安定して継続することが、大きな ポイント となります。


要するに、油膜が一定 レベル まで薄くなると、ある程度の摩擦を発生させ、

もし、それ以上に油膜が薄くなった場合は、反対に大きな摩擦を発生させることなく、

潤滑させることで、同じ摩擦のままキープさせることが、重要となるのです。




机と指でたとえるなら、②の状況から、油膜(水膜)が薄くなっても、

③の状況に移行せず、ずっと②の状況で、キープ し続けることが ポイント となります。

(指の動きは少し重くなりますが、その後、そのままの重さで動き続ける イメージ です)



そこで、この性能を確保するために登場するのが、増摩擦剤(摩擦係数調整剤)となります。



この添加剤の仕事は、油膜がある一定の薄さになると、摩擦を発生させ(増摩擦)、

その後、油膜がより薄くなっても、それ以上、摩擦が強くなることを抑制(摩擦調整)し、

同じ摩擦を キープ することです。





5ed4003501





上のグラフのように、この添加剤がうまく機能すると、シフトチェンジ において、

安定した摩擦を発生させることができますので、シフトフィール が大幅に向上するのです。


また、増摩擦剤(摩擦係数調整剤) の配合により、たとえ油膜が薄くなっても、

摩擦係数を一定に維持する効果がありますので、シフトフィール の向上だけではなく、

「ギアを守る」といった部分にも、アドバンテージ があります。












秘密②


超優秀な 「粘度指数 205」 の採用!




BILLION OILS TL70 は、「205」 という、非常に高い 「粘度指数」 を誇ります。


「粘度指数」が高い と聞くと、オイルの粘度が強く、ドロドロと硬いイメージを持ちますが、

それは、「粘度」が高い という状況であり、「粘度指数」 とは、まったく意味が異なります。


「粘度指数」とは、温度の変化に対して、粘度がどれぐらい変化するのかを

数値化したものとなり、実際には、40℃および、100℃でのオイル粘度を計測し、

この2点における粘度の差(変化量)が大きいと、「粘度指数」は、低く(小さく)なり、

粘度の差が小さいと、「粘度指数」は、高く(大きく)なります。








b0f572655c



dca1aba9fa



40℃での粘度が高く、100℃では粘度が低い(温度により粘度が大きく変化する)

→「粘度指数」が低い



40℃と、100℃での粘度があまり変わらない(温度により粘度が大きく変化しない)

→「粘度指数」が高い





(一般的に、グループ1と呼ばれる鉱物油がベースの場合、粘度指数は、約 「100」~「120」

化学合成油がベースとなると、「130」~「180」 といったように、温度による粘度変化が、

少なくなると、この「粘度指数」は、高くなります)







そして、BILLION OILS TL70 の 「粘度指数 205」 は、非常に高く、

40℃ と、100℃ での粘度が、あまり変わらないことを意味します。


ということは、温度変化に対して、油膜の厚さが大きく変化しないことから、

秘密① の 増摩擦剤 (摩擦係数調整剤) が、安定して作用してくれるのです。










いかがでしょう・・・・。

なかなかの秘密でしょ? (笑)






では、本日開通しました 

BILLION OILS TL70  の WEB 広告文章 (開発現場から) を 

抜粋してお届けしましょう!!









TL70型ミッション に完全適合する ミッションオイル は、かなり難しい・・・・・。

開発を スタート させた直後に、本気で悩みました。


なぜなら、低温域にて、TL70型ミッション 最大の難関である

1、2速の入りを良くするには、低粘度の オイル を使用しなければならない。



しかし、その粘度で、サーキット をはじめとする スポーツドライビング を行うと、

今度は油温の上昇により、カンタン に2速の入りが渋くなってしまいます。



反対に、サーキット 走行にて、快適に2速へ入るように、少しでも粘度を上げると、

コールドスタート 時に、1、2速の入りが悪くなります・・・。



要するに、常温から超高温まで、

(弊社が行った サーキットテスト での油温は、110~135℃)

「究極の シフトフィール を実現する」という目標は、かなり ハードル が高いものでした。



そこで、この「シフトの入りには、どのような要因が関与するのか?」

といったことを粘度の部分だけではなく、

あらゆる方向から、潤滑油の スペシャリスト たちと強力なタッグを組んで、

ひとつひとつ テスト を行い解明していきました。



まず、十数 アイテムにおよぶ他社製品の比較から テストはスタート。

ベースオイルの選択では、オイルの種類

(たとえば、一言で エステル油といっても、かなりの種類があります)、

配合 バランスは、もちろん、ときには質量や分子量まで変化させて

シフトフィールを確認。


また、徹底的な粘度指数へのトライに、既製の パッケージ添加剤ではない

独自配合の添加剤群の使用。


そして、絶妙の シフトフィールを生み出した

最新鋭の増摩擦剤(摩擦係数調整剤)との出会い等々、気が付けば、

2年以上の歳月が経過していました。



このように、時間的な リミットを設定することなく、

「解からないことは、解かるまでやってみる」、

「変化があれば、必ずその理由を理解する」といった、

まさに、“コスト度外視”による開発にて、

BILLION OILS TL70 ミッションオイル は、誕生しました。






油温に影響されることなく、

低温域から高温域まで、変化しない

「究極のシフトフィール」






この性能がどれほどまで、ドライバビリティを向上させるか、

ぜひ、みなさんに、お試しいただきたいと思います!



そして、田中ミノルの「執念」を感じ取っていただければ、幸いです!!









いや~、またまた、マニアックな WEB と なってしまいました・・・・・・(笑)









86/BRZ 専用 M/T オイル 

BILLION OILS TL70  の WEB サイトは、こちら!!









また、スペック & お値段は、以下のとおりでございます。




動粘度40℃ 72.29 mm2/S

動粘度100℃ 14.15 mm2/S

粘度指数 205

粘度 75w-90

API GL-4

100%化学合成油


86/BRZ に 容量ピッタリ! 2.2L

¥11,000(本体価格)



(もちろん、在庫も、ありますよ~!!)









ちなみに、ミッションオイルの成分に関しましては、

先日、一足先にリリースをスタートしました MT-520 と、現在は、同一となります。


詳しくは、先日の ブログ

FR マニュアル トランスミッション 専用油 BILLION OILS MT-520 発売です!
にて!










ということで!


サーキットでも、ストリートでも、

そして、低温でも、高温でも、

「究極のシフトフィール」 という、極上の ドライバビリティ と、


4速ギアをはじめ、とってもデリケートな TL70型 ミッションを

ガッツリ守ってくれる BILLION OILS TL70 を みなさん! どうぞよろしくお願いします!!

TM-SQUARE
オートポリス で発生した 油圧計トラブルの原因 !

2016年06月15日(水)


2016 勝手に 「道場破り」 in オートポリスにて

発生した、油圧系のトラブル・・・・・・・・・・・。





エンジンを オーバーホールして、

原因を探ってみると、2箇所、不都合がありました。






トラブル①



シリアスなレベルではありませんが、

メタル にキズが入っていました・・・・・・。






トラブル②



オイルポンプのリリーフバルブ に、引っ掛かりがありました・・・・・・。

(規定値以上に油圧が上がったときに、オイルをバイパスさせるラインが、

いつも、少し開いた状態になるトラブルです・・・・・・)


だから、油圧が、3k ぐらいまでしか、上がらなかったり、

通常の圧力まで上がったりしていたのですよね・・・・・・・・・・・。









以上のように、油圧低下の直接的な原因は、

オイルポンプのリリーフバルブ でしたので、


まぁ~、結論から言えば、「もう1日、走れたかも・・・」 となりますが、


「自走で帰ってくること」 も、道場破り には、重要なテーマですので、

今回の判断は、正しかった と思います。ハイ。




また、今回、使用したエンジンは、10万キロ以上走っているエンジンを

ベースに作っていますので、オイルポンプ ASSY (21,700円) は、

交換しておけば良かったと、いまさらながら、思います・・・・。ハイ。













でも、大問題は、メタルのキズです!



だって、オイルのライフも、油量も、シッカリと管理している状況で、

メタルにキズが入るということは・・・、走行中、オイルのデリバリーが、

途絶える瞬間があったと言うことですからね・・・・。







もちろん、今回、使用したエンジン には、

TM-SQUARE オイルパン バッフルプレート (SPEC1)  が、装着されておりますが、

オートポリスを リミット ぎりぎり の アタックモードで走ると、

それでも、不十分な状況が発生していることに、驚きました・・・・・。









ちなみに、オートポリオスと言えば、日本で一番 油圧に厳しいサーキット ・・・。


GT でも、スーパー耐久 でも、ワンメイク でも、

間違いなく、油圧の厳しさ No1 のサーキット なのであります。







その理由は、長く強烈な 「G」 + 高回転 といった図式です。


また、特に、スイフトのエンジンは、右コーナーに弱く・・・・・、

(オイルが、片寄りやすいんです・・・)






ですから、ジェットコースターから先は、油圧にとっては、

まさに地獄なのであります。



だって、ヤバイぐらいに、強い 「G」 が、ずっと続き、

おまけに、全開 & 高回転ですからね・・・。





それに、油圧系のトラブルは、ラップタイムにも、大きく左右されるのであります。



もちろん、ラップタイムが速くなればなるほど、この 「G」 は、加速度的に増加し、

エンジン回転数も、アクセルの全開率も、上がることから、エンジン(油圧)にとっては、

強烈に厳しい状況となってしまうのです。





そういった意味では、今回は、



2分15秒台のラップタイム・・・、

通常より回転リミットを引き上げたECU・・・、

高回転を多用するクロスミッション・・・



と、条件的にもかなり厳しかったと思います。






そして、まぁ~、関東圏なら、

TC2000 の最終コーナー あたりが、油圧が厳しい 名所? となりますが、

やっぱ、オートポリスのジェットコースターから先は、まさに、別格 なんですね・・・・・。

改めて今回のアタックで、思い知らされました・・・・。ハイ。








では、なぜ、


右コーナー

強烈な 「G」 が長く続く

全開 & 高回転



にて、油膜切れが発生するのか・・・・、を解説したいと思います。






それは、オイルポンプにて、エンジン各所に送られたオイルが、

「G」 により、エンジン内部の側面や、窪みに貼り付くことから、

オイルパンに戻ってくるまでの時間が、長くなり・・・・・・、



この状況で、アクセル全開 & 高回転 の状態が続けば、

オイルの吐出量は、ずっと、Max をキープしていることから、

オイルパン内の油面が下降してしまいます。




そうです、こうなると、たとえ、オイルが片寄らないように、

オイルパン内に作られた仕切り板 (オイルパンバッフルプレート) があっても、

そこに戻ってくるオイルの量が少ないことから、

オイルパン内の油面は、下がってしまうのです。




そして、油面が下がると、ストレーナ(オイルの吸い込み口)から、

エアが入り込み、一気に油圧が低下・・・・・・・・・。


結果、メタルに十分なオイルを届けることができないことから、

油膜切れにより、メタルにキズが入ってしまうのであります。ハイ。









また、スイフトが、右コーナーで、油圧系トラブルが発生しやすいのは、

オイルパンの形状と、深い関係があります。



fb2816ef61




この写真は、オイルパンの後方、正面から撮った写真なのですが、

右側は深く、左側は浅くなっていますよね??



そうです、だから、右コーナーでは、

「G」 にて、オイルは、矢印の方向に引っ張られ、

ストレーナのある、オイルパンの深い部分に、

溜まりにくくなることから、エアを吸っちゃうのであります。










そこで!

TM-SQUARE では、4号車に搭載した

あのエンジンにて、徹底的に学んだ、














オイルパン バッフルプレート SPEC2 をリリースすることにしました。


(だって、まぁ~、回転域も、「G」 も、強烈でしたので、

徹底的な油圧管理が、必要不可欠だったのであります!!)









SPEC1 から、進化した特徴は、2つ!







進化①




クランクシャフトとオイルパンの間にセットされるプレートが、

エンジンに対して水平から、地面に対して水平へと、変更されました。






4382137e3e

9a5ddadb2d






まぁ・・・、かなり細かなことですが、

スイフトのエンジンって、少し前傾した状態でクルマにセットされますので、

エンジンに対して水平にセットされたプレートと、実際の油面とは、

必ずしも同じアングルにはならないのです。


そこで、SPEC2 では、より効率よく、エンジンオイルを

オイルパン内に閉じ込めておけるよう

このプレートを、地面に対して水平になるように、セットしました。












進化②







より、エアを吸い込まないように、ストレーナの形状を変更しました。






e13696c28e




これが純正のストレーナ形状となりますが、

油面が一瞬でも、金網の中のパイプ部分まで低くなると、

そこからエアを吸ってしまいますので・・・・・、




こんなカタチに加工しました。





af035e5fe8


29c8f44a2b


137f091a2e

(左 純正品   右 TM オイルパン バッフルプレート SPEC2)








そうです、金網の上部は、金属板で覆われていますので、

オイルは、ストレーナー下部からのみ、取り込まれます。


すると・・・、「G 」や、エンジン回転で、少々、オイルパン内の油面が下っても、

エアを吸い込みにくい 構造となるのであります。ハイ。







みなさん、いかがでしょうか?

数々のレーシングエンジンを 世に送り出している

いかにも、スーパーエキスパートらしい発想ですよね~~!!







ちなみに、

TM-SQUARE オイルパン バッフルプレート SPEC2 は、

すでに、在庫も、OKだったりします!!








b920216c24



TM-SQUARE オイルパン バッフルプレート SPEC2 (ストレーナー付き)

¥45,000(税込)


(ZC31S / ZC32S  共通品)








また、匠工房でも、装着が可能となっており、

工賃込みのプライスは、

¥67,000(税込) となります。


※ オイル代 別途。

※ 作業は一日で終了します。









ということで!


「転ばぬ先の杖」 として、

そして、油圧の厳しいサーキットを安心して走るためにも、


テクノロジーがギッシリ詰まった

TM-SQUARE オイルパン バッフルプレート SPEC2



みなさん、どうぞよろしくお願いいたします!!




(と、最後は宣伝になってしまいました・・・・・・笑)










あっ!

WEB サイト も、完成しております!!

 

TM-SQUARE
TM-SQUARE クラッチカバー & ディスク (ZC32S) 新発売!

2016年06月01日(水)


p11










今夜は、TM-SQUARE の新商品!

クラッチカバー & ディスク  (ZC32S仕様) リリースの

お知らせでございます。ハイ。






38a7b78911










じつは、ZC31S と、 ZC32S のクラッチシステムでは、

構造の一部が、大きく異なります。







クラッチが切れたり、つながったりするのは、




① ドライバーが、クラッチペダルを踏む

↓     ↓     ↓

② 油圧によってレリーズシリンダーが作動する

↓     ↓     ↓

③ クラッチ カバーのダイヤフラム が押される

↓     ↓     ↓

④ クラッチ が切れる




といった、一連の動作によるものなのですが、


ZC31S では、上記 ②と③ の間に、複数のパーツを経由して、

クラッチカバーに力が加わる構造となっています。


ですから・・・・・、


クラッチカバーの圧着力と呼ばれる 

クラッチ カバーが、クラッチ ディスクを押さえつける 力を

強く設定し過ぎると、この ②と③ の間に、使用されているパーツが変形し、

とてもフィーリングの悪いクラッチになってしまうのです。



だから! TM-SQUARE の ZC31S 仕様のクラッチは、

これらパーツの変形により、クラッチのフィーリングが悪化する直前に、

圧着力を設定したのであります。





対して、ZC32S のクラッチは、

上記の ②と③ が、ダイレクイト となりますので、

変形するものが 「ない」 構造となります。


ですから~、

クラッチ カバーの 圧着力は、少々高めでも、問題がありません!




ということで、TM-SQUARE 強化クラッチ (ZC32S) の開発に対して、

田中ミノル のニーズは・・・・、



① 圧着力は、純正の40%アップ近辺とする (約180PS 対応品)

② クラッチペダルの重さは、ドライバーに負担にならないレベル

③ 半クラッチの操作が、純正並みにカンタンなこと

④ クラッチが切れるポイントは、純正と同じ場所であること

⑤ 純正クラッチより、ライフが長くなること



以上の5つです。



まぁ~、これらの開発コンセプトにより、出来上がったのが、

TM-SQUARE クラッチカバー & ディスク (ZC32S) なのであります。







9a3fff89ed1


4529462d01










ですから・・・・、


ECU & 吸排気チューニング はもちろん、

過給器を装着している車両 ( 出力により、適合しない場合もあります ) にも

対応する安心の圧着力と、

半クラッチ領域でも、マイルドでコントロール性、

そして、スポーツドライビング等の厳しい環境下でも、ロングライフを実現しました。






また、クラッチ ディスク は、ZC31S 用の  SPEC2 で学んだ、

ライニングとライニングの間に、純正同様の波型ディスクスプリングを装着!






42f4bb9614






これで、操作がより簡単となりましたので、ストリート派にも自信を持って、

オススメできる仕様にて仕上がりました。

(もちろん、ライニング部は、高温対応のハイグリップ スポーツタイプ を採用しています)







それから・・・・、1点、注意事項があります。






それは、クラッチ カバー  と、 クラッチ ディスク が、

SET でないと使用できないことです。


たとえば、クラッチ カバー は、TM-SQUARE の商品で、

クラッチ ディスク を純正品といった組み合わせでは、

ご使用できませんので、ご注意をお願いいます。









で!!

お値段は、






TM-SQUARE クラッチ カバー

TM-SQUARE クラッチ ディスク   SET    ¥48,000





TM-SQUARE クラッチ カバー

TM-SQUARE クラッチ ディスク   

純正 レリーズベアリング       SET    ¥53,000








となり、在庫も ◎ です!!









WEB ページは、こちらから!










まぁ~、この商品も、機能と快適性を追い求めた、

いかにも、TM らしい 商品なのであります。









ということで!


TM-SQUARE パワートレイン事業部から


TM-SQUARE クラッチカバー & ディスク (ZC32S) 新発売! 

のお知らせでした!!