2018.10.01 FSWショート 6号車 車載動画!

2018年10月06日(土)

 

 

 

 

さぁ~、今夜は、先日のオイルテストで、

FSWショートを走行したときの車載動画でございます!

 




でね!

今回の車載動画を編集してくれた 弊社、コダマ君との

とっても、ドラテクのキモになる やり取りがあったので、ご紹介しましょう!







じつは、オイルテストでの BESTタイムのラップを

抜粋して、編集をコダマ君にお願いしたいのですが、







コダマ君

「社長、BESTラップは、引っ掛ってるので、

もう少し、速いタイムが出たかも知れませんね!」







と言っていたので、その車載動画を見ると・・・・・、





田中

「どこも、引っ掛ってないよ・・・・・」 







となりました。

(コダマ君は、FSWのライセンス所持者で、自分のクルマでも走っています)





ちなみに、この動画を見て、

もし、タイムロスしている・・・・・、と思ったら・・・・・、

それは、ドラテク的に、かなりイケていないと、田中は思いますよ~!!







では、両者の見解がまったく違う

FSWショート TM-SQUARE 6号車の 車載動画をどうぞ!















コダマ君、FSWショートの最終コーナーは、

田中が走ってるところが、レコードライン です!!







田中のレッスンを受けたことがある方なら、

きっと、全員 知ってますよね~(笑)









2018 ハイパーミーティング 予選 TM 6号車(ZC33S) の動画!

2018年03月24日(土)



 

 

 

みなさん こんにちは!

ユーチューバー 見習いの 田中です。

 

 

 

 

 

で、本日は・・・・・、

ユーチューバーとしての技術は、必要とされませんが、

ドライバーとしての技術が、必要とされる (賞味期限は切れてるかも・・・・)

ハイパーミーティング2018 5Lapレース 予選 の 車載動画でございます。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、見所は・・・・・・、

 

見所①

裏ストレートとエンド  4 → 5速

最終コーナー進入   5 → 4速

最終コーナー立ち上がり  4 → 5速

 

と、とっても忙しいシフトワーク 

(TM ECU 解析事業部! 早く回転リミッターのアドレス見つけてくれ!!)

 

 

見所②

 

ダンロップコーナーのクルマの曲がり

(やっぱ、キャンバーシムって、凄いパーツなんですよね~!)

 

 

見所③

 

1コーナー立ち上がりの 太く重厚な TURBOサウンド!

(さすが! 競争自動車 配管事業部 製!!)

といった感じでございます。ハイ。

 

 

 

 

 

 

それでは!

TC2000  1分05秒273  の車載動画を どうぞ!!

 

 

 

 

 

 

昨年 12月の スーパーバトル から、進化してますよね~!!

 

 

開発、頑張ります!

2018-02-02 鈴鹿ツイン ZC33S(6号車) 車載動画

2018年02月20日(火)

 

 

 

さてさて、今夜は、

鈴鹿ツイン & ZC33S(6号車) の車載動画でございます。ハイ。

 

 

 

 

 

 

 

SA京都ワンダー S田さん が 愛して止まない?

 

 

 

 

 

 

鈴鹿ツイン の Gコースは、

コーナーの数が少ないので、何度も何度も、同じコーナーを 

繰り返し 練習できるところがイイですよね~。

 

 

 

 

 

また、コーナーの数が少ない分、

各々のコーナーをハイレベルにつながないと

タイムが出ないところが、とっても、楽しい部分だと田中は思います。

 

 

 

 

 

 

 

でもって、セットアップは・・・・・、

 

 

 

タイヤ          KUMHO V700 (NEWコンパウンド)

             F:245-40-17 (USED)    R:215-45-17 (USED)

内圧           F:2.6 R:2.6 (温間)

ダンパー         試作品

ピロアッパー       試作品

スプリング        F:65-06-500   R:65-04-400

車高           F :625  R: 610

キャンバー        F:5.8°ネガ   R:純正状態

ダンパー減衰       F:MAX 5戻し  R:MAX 8戻し

トーションビーム     試作品

ブレーキパッド      F ZONE 10F    R ZONE 89R

ブレーキフルード     試作品

LSD           TM-SQUARE 32用 デュアルコア

ファイナル        ノーマル

エンジンオイル      試作品

ECU           試作品 Ver1.0

ミッションオイル     BILLION OILS FF-730

シフトカラー       TM-SQUARE (ZC32S 用)

内装関係         F レカロ(運転席のみ/助手席外し)  R シート外し

 

 

 

 

 

といった感じでございました。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ~、では、ZC33S (6号車) 

初の鈴鹿ツイン 車載動画でございます!

それでは、どーぞ!!

 

 

 

いや~、この動画の BESTタイム は、

38秒475 となりますが、

 

 

 

 

 

 

 

他にも数回、38秒4 が出ており、

ロガーで解析したとこりろ、リミットのタイムでございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、翌日の同乗走行にて、どでかい発見がありましたので、

今後も開発を進めて、どんどん速いクルマになるように、

精進したいと思います。ハイ。

 

 

 

 

 

ということで!

33オーナーのみなさん!

乞うご期待で、ございまする・・・・・!!

 

 

 

(おっ楽しみに!!!)

 

2017 スーパーバトル TC2000 の 車載動画!

2017年12月15日(金)

 

 

 

 

 

 

 

さぁ~、明日は、田中が一年で一番楽しみにしている

スイフトマイスター決定戦 なのであります!

 

 

 

その 前夜ではありますが、

先週、TC2000 にて開催されました REV スーパーバトル

TM-SQUARE 6号車の車載動画を 公開したいと思います!

 

 

 

 

今回のコンセプトは、

 

足回り & LSD だけで、

どれぐらいのラップタイムを刻めるか といった挑戦でしたので、

 

 

TM 試作 ダンパーキット

HYPERCO スプリング

TM 試作 トーションビーム & R スタビ

TM 試作 ピロアッパー

TM 試作 キャンバーシム

TM 試作 LSD

クムホ V700

 

 

のみのパーツにて、走行しました。

 

 

 

 

でもって、我々の BEST タイムは、 1’06”180  でした。

 

テストの感触から、5秒台に入れる 自信はありました。

でも・・・・、他社と比較すると、パワー系がすべてノーマルでしたので、

我々の戦法的には、

コーナリングでタイムを削る以外、手法がありません・・・・・・・・・・・。

 

 

ですから、徹底的に、サスペンションのセットアップを進めて挑みましたが、

じつは、このやり方が、裏目に出てしまいました・・・・・・。

 

 

 

佐藤さんロガーを駆使し、

 

 

 

 

 

 

 

セットップを進め、大幅にコーナリングスピードを上げてくれましたが、

 

コーナーが、速くなればなるほど、

「制御の介入」 が、大きくなるという なんとも複雑な展開・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、強烈なのは 1ヘアピン 

また、1コーナー、2ヘアピンも、最終コーナーも、

大きく制御が介入する中、

 

それでも、コーナリングスピードの向上を目指して走る

TM-SQUARE 6号車の 車載動画を どうぞ!!

 

 

 

 

 

いや~、ZC33S をコーナリングマシン にするには、

この制御の壁をなんとしても越えなければ、ならないですね・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

以上、TM-SQUARE 6号車

2017 REV スーパーバトルの車載動画でした!!

 

 

TM 6号車(ZC33S) TC2000 TEST! & 参戦表明!!

2017年12月06日(水)

 

 

 

 

先週の水曜日 TC2000 へ

テストに行ってまいりました!

 

 

 

(あれ・・? どこかで見たことがあるクルマが・・・・・・笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ド・ノーマル の状態なら、

先日の REV SPEED 取材で、TC1000 を走っていますが、

足回り(ダンパー&トーションビーム)を入れた状態では、

初サーキットなのであります。ハイ。

 

 

 

ちなみに、このテストでは、

 

試作ダンパー

試作トーションビーム

ノーマル デフ

 

でのテストでございました。

では、走行前のインタビューをどうぞ!! (笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって!

第1セッション走行後、あれもこれも・・・・・、

スペシャルオーダー!! (笑)

 

 

 

 

 

 

 

インターバル中のセットアップ動画は、こちらから!

 

 

 

 

 

 

 

 

といった、感じでございました!

 

 

 

 

 

ここで!

突然ではありますが、参戦表明なのであります!!

 

 

 

今週、木曜日 (そうです! 明日です!!) に、

TC2000 で開催される

REV SPEED 主催の スーパーバトル に、

ZC33S (TM 6号車)にて、参戦しようと思っています。

 

 

 

 

まだ、パーツをリリースするかどうかも、

決定していない段階ではありますが、

短期間でベース車両のテイストを確認するには、

やはり、戦いの場が一番ということで、参戦しようと思います。

(とってもスピーディーな試作品の完成は、すべて、このためだったんですね~!)

 

 

 

 

ただ、今回の参戦は、TM の得意技である

サスペンションパーツだけで戦うことにしました!

 

 

 

 

使用する試作パーツは、



ダンパーキット

HYPERCO スプリング

トーションビーム & R スタビ

ピロアッパー

キャンバーシム

LSD

 

の組み合わせで、戦いたいと思います。

 

 

 

 

もちろん、パワー関係は、すべて、ノーマルです。

 

ノーマルエンジン 

ノーマルECU

ノーマルインテークBOX

ノーマルセンターパイプ

ノーマルマフラー  等々・・・・・。

 

 

 

TURBO CAR は、給排気 & ECU で大きくパワーが向上しますので、

超!厳しい戦いになることは、十分に承知です。

 

 

きっと、参加する ZC33S の中で、一番遅いと思います。

 

 

でも、この状態で参加することによって、

TM-SQUARE らしい ZC33S を作るには、どのような手法が良いのか、

きっと、見えてくるような気がして、あえて、パワー関連には、手を入れず、

参戦することを決めました。

 

 

 

 

 

正直、ストリートでのパワー感から、

もう少し、タイムは出るんじゃないの?? と思って、

TC2000 にやってきましたが、

 

本日のタイムは、ノーマルエンジンで戦った

ZC31S や、ZC32S のタイムをまったく持って上回れませんでした・・・・・・。

 

 

 

 

 

では、TC2000 初走行となった

TM 6号車 の車載動画をどうぞ!

 

 

 

 

 

ちなみに、最終コーナーで動きが変なのは、制御(ESP)が介入するためです・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

ということで、みなさん!

 

 

 

TM-SQUARE が挑む、スーパーバトル 2017年 

(そうです! 明日が本番です!!)

 

かなり限られた時間となりますが、

セットアップだけを武器に、頑張りたいと思います。

 

ぜひ、応援してくださいね!!

 

 

2017 REV SPEED ミーティング TM 02秒台 の動画!

2017年04月04日(火)
















TC2000 にて、


NA 1600 スイフトが、


突入した 02秒台 の領域。











今夜は、動画 でございます!












田中ミノル の 全身全霊 どうぞご覧下さい!!










































見どころ (笑)






① アタックラップがはじまるメインストレート

前周のラップタイムを確認し、アタック続行の決断に要した時間 1.5秒



② 1ヘアピン

ロガー上、過去最高の走りでした!



③ DUNLOPコーナー

少々、こもったエンジン音。  This is ダウンフォース!  ですよね~。



④ 最終コーナー

ギリギリの進入スピードに、魂が反応した カウンターステア!






といった、感じでしょうか。








それにしても、賞味期限はとっくの昔に切れてるのに、

田中ミノル 頑張ってるなぁ~(笑)



REV SPEED ミーティング 2017 いよいよ、今週末です!!

2017年03月30日(木)

 

 

 

 

 

ちなみに、イベント当日、

TM-SQUARE のコンテンツは、

 

 

① TM-SQUARE アウトレットセール! (ALL DAY)

② 「匠工房」 REV SPEED ミーティング 特別受注会! (ALL DAY)

③ スポルトライツ 5Lap レース 予選 (9:30スタート予定)

④ スポルトライツ 5Lap レース 決勝 (13:00スタート予定)

⑤ デモカー同乗走行 (14:30スタート予定)

 

 

となります。

 

 

 

イベントの詳細(TM-SQUARE)

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

② 「匠工房」 REV SPEED ミーティング 特別受注会!   は、

 

会場以外の場所からも、ご予約、お問い合わせを可能としましたので、

ぜひぜひ、当日の朝にアップされる 田中の みんカラ ブログ(本ブログ)にて、

ご確認下さいね! (もちろん、こちらも、当日限定となります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、田中は、どーしても、2秒台に入りたい・・・・・・・・。

そのために、空力デバイスを追加し、

そのバランスを FSW & TC2000 で確認し、

V700 と A052 のタイヤ比較テストも、行いました。

 

 

 

 

そう、真冬のアタックより、気温的には、厳しいですが、

夢の 02秒台 を追い求めて、やれることは、すべてやりました。

 

 

ですから・・・・・、

あとは、コンディションがいい状態で、走りたい・・・・、ただそれだけです。

 

 

 

 

 

 

しかし、我々が考えていた以上に、02秒台への突入は、ハードルが高く、

先日のテスト(NEW タイヤ)でも、02秒台へは、入れませんでした・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

だから、あとは本番で、

どれだけ、田中からアドレナリンが出るか・・・・、ですね、たぶん。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、先日のテスト

A052 の NEW タイヤでのアタック動画をどうぞ!!

(V700は、温まりきりませんでした・・・・・・・・・・・・・・・)

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっ~ん、頑張ってんだけどなぁ~。

これじゃ、02秒台 には、入れないんだよなぁ・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

ということで、みなさん!

ぜひ、当日は、現地で田中を応援してやってくださいね!!

 

 

 

 

 

頑張ります!!!

 

 

 

2016 スーパーバトル TC2000 の 動画!

2016年12月13日(火)

p125







今夜は、2016 スーパーバトル の

車載動画 を UP したいと思います。







まず、クルマの仕様は・・・・・、








エンジン


1600cc NA  チューニングエンジン (試作品)

エンジンオイル TM-SQUARE M16A

インテークBOX (試作品)

エキマニ (試作品)

センターパイプ (試作品)

サイレンサー (試作品)

触媒 (試作品)






サスペンション


ダンパー  TM-SQUARE  (市販品)   F: 5戻し   R: 8戻し

スプリング  HYPERCO   (F 1200ポンド + PERCH   R 1100ポンド + PERCH )

ピロアッパーマウント  TM-SQUARE  (市販品)

トーションビーム  TM-SQUARE (市販品 スタビ32φ)

キャンバーシム  TM-SQUARE  大盛り トーイン 1°00’レス仕様 (市販品)






ブレーキ


ローター  (純正品)

キャリパー (純正品)

ブレーキパッド    F ZONE 10F RT    R ZONE 04M

ブレーキフルード   ZONE  ZF-031






駆動系


TM-SQUARE LSD  デュアルコア (市販品)

ミッション (純正品)  

ミッションオイル BILLION OILS FF-730

ドライブシャフト (純正品   グリスは、BILLION OILS MFX6080 使用)

ファイナル (試作品)






タイヤ & ホイール


F  BBS RG-R 8.5J  17インチ    BS  RE-71R  235-40-17

R  BBS RG-R 7.5J  17インチ    BS  RE-71R  215-45-17






ボディワーク


TM-SQUARE フロントバンパー (市販品)

TM-SQUARE リアバンパー (市販品)

TM-SQUARE サイドステップ (市販品)

TM-SQUARE リアウイング (市販品)

TM-SQUARE ボンネット (市販品 + 加工)

フェンダー (試作品)

アンダーフロアー (試作品)










といった状態で、

ラップタイムの刻み方は、こんな感じでございました。








PIT OUT

1:11:010     まったくタイヤが温まらず・・・・(路面状況) 

1:11:138     まったくタイヤが温まらず・・・・(路面状況) 

1:14:364     まったくタイヤが温まらず・・・・(路面状況) 

1:11:501     まったくタイヤが温まらず・・・・(路面状況) 

1:05:289     仕方ないので、とりあえずペースアップ

1:03:400     ベストラップ (しかし、まだ、タイヤは完全には、温まらず・・・・)

1:04:710     仕切りなおし

1:03:669     アタックするも、ベストに届かず・・・・・(グリップダウン)

1:10:258     仕切りなおし

1:03:606     アタックするも、ベストに届かず・・・・・(グリップダウン)

PIT IN      










いや~、本当に、路面状況が厳しかったです・・・・・・・。





スタート直後から、路面の一部が、軽~く濡れており、

タイヤが少し温まっては、水分で熱を奪われ・・・・・、の繰り返しで、

完全に温まりきらない状況で、アタックを開始するしか、手がありませんでした・・・・・・。






で、グリップが、ガッツリ来ていない中で、03秒4が出て、

その後も、2回アタックを行ったのですが、

タイヤが完全に温まりきらない状況のまま、タイヤがピークを終了し、

タイムを更新することが、できませんでした・・・・・・・・・。











まぁ~、我々が戦っている相手が、



相対的ではなく、

タイムという 絶対的なものであり、



NAエンジン & コーナーの速さでタイムを出す という スタイルでは、

やはり、コンディションに左右される部分が大きく

今回の路面では、02秒という領域には、入れませんでした・・・。










でも、クルマは、確実に速くなっています!

これは、間違いのない事実です。


でないと、このコンディションで、今までの BEST の 0.2秒落ちである、

03秒4なんて、出せなかった思います。






だから・・・・、悔しいんですよね・・・・・・・・・・・・・。















では、この厳しい路面状況の中で、

どうしても、欲しかったものを 追い続けた、

田中ミノル の 2016年 スーパーバトルの動画を どうぞ!!














やっばいぐらい、頑張ったんだけどなぁ・・・・・・・(悔)






2015 スーパーバトル TC2000 の 動画!

2015年12月10日(木)













先日、TC2000 にて、開催された

スーパーバトル 2015





目標の2秒台には、届きませんでしたが、

我々のすべてを注ぎ込んだ アタック

1分3秒231 の 動画を公開したいと思います。











タイムの流れとしては・・・・、





PIT OUT

1:07:175     まずは、ゆっくりと、1Lap

1:03:231     ベストラップ

1:03:255     ベストに届かず・・・・・

1:12:138     仕切りなおし

1:03:336     ベストに届かず・・・・・

PIT IN

PIT OUT

1:03:524     ベストに届かず・・・・・

1:03:479     ベストに届かず・・・・・





といった感じですので、

まぁ~、いっぱいいっぱい・・・・・、でしたね・・・・。



























コンディション的には、1コーナーに、オイルが出ていて、

おまけに、BEST ラップは、ほんの少し、

タイヤが温まりきっていない感じはありますが、

まぁ~、あっても、0.1秒レベルでしょうねぇ・・・・・・・・・・。






それより、最終コーナーの横風による O/S  が、

やっぱ、一番厳しかったですね。

(イベント当日は、かなり風が強かったんですよ・・・・・・)







では、目標タイムは届きませんでしたが、

今回の状況の中で、全力で2秒台にTRY した、

田中の動画を どうぞ!!



























来年こそ・・・・、きっと・・・・・・。





いや・・・・、絶対!!!


REV スーパーバトル 2015 in TC2000  決意表明!

2015年12月01日(火)


















いや~、今週金曜日は、

いよいよ、スーパーバトル (REV アタック) なのであります!









ということで、今夜は、

今年、持ち込む車両の仕様を 解説したいと思います。














まず、使用する車両は、







TM-SQUARE 4号車 (ZC32S) でございます。





















仕様的には・・・・・、












エンジン


1600cc NA  チューニングエンジン (試作品)

インテークBOX (試作品)

エキマニ (試作品)

センターパイプ (試作品)

サイレンサー (試作品)

エンジンマウント (試作品  ←  もうすぐ、リリースですよ~!!)





サスペンション


TM-SQUARE ダンパー (市販品)

HYPERCO スプリング  (F 1200ポンド + PERCH   R 1100ポンド + PERCH )

TM-SQUARE ピロアッパーマウント (市販品)

TM-SQUARE トーションビーム (市販品 スタビ32φ)






駆動系


TM-SQUARE LSD (市販品)

ミッション (純正品)

ファイナル (試作品)






タイヤ & ホイール


F  BBS RG-R 8.5J  17インチ    BS  RE-71R  235-40-17

R  BBS RG-R 7.5J  17インチ    BS  RE-71R  215-45-17






ボディワーク


TM-SQUARE フロントバンパー (市販品)

TM-SQUARE リアバンパー (市販品)

TM-SQUARE サイドステップ (市販品)

TM-SQUARE リアウイング (市販品)

TM-SQUARE ボンネット (市販品 + 加工)

フェンダー (試作品)

アンダーフロアー (試作品)










といった感じの仕様となります。



ですから、ハイパーミーティング からの変更点は、



タイヤ 銘柄      KUMUHO V700   →   BS  RE-71R

リアタイヤ サイズ   215-40-17   →   215-45-17




そして、アンダーフロアーの追加です。

(冷却が厳しくなる分、フェンダーとボンネットを加工しました)













そうです!


エンジンパワーは、前回同様となりますので、

今回のTRY は、アンダーフロアーによる ダウンフォースを活用して、

自己ベストを更新したいと思っております。







ただ・・・・、ダウンフォースの増加に伴い、

ドラッグも増加しますので (あちこちに、穴を開けましたから・・・・・・・)、

昨年より、もっと、もっと、最終コーナーを速く走る必要がありますね。

























そして・・・・・、目標タイムは・・・・・、







1分2秒5!








もちろん、1600cc NA のクルマで、

コーナリングパフォーマンス を武器に、

1分2秒5 を狙うためには、

GOOD コンディション であることは、絶対条件ですね。







低気温

高気圧

低湿度


でもって、路面が良いこと。







そして、そして、匠たちが、セットアップの精度を上げて、

田中が、一発のチャンスを確実に、ものにする

(そうです、今年も、アタック用のタイヤは、1セットのみ!!)




そうすると、もしかすると、出るかもしれない・・・・・・、

1分2秒5 とは、まさに、そんなタイム なんですよね~。

(アタックは、いつも、夢があって、イイなぁ~!)











そして、タイムアタックにて、

あたらなページ(自己ベスト)を開くことができるかどうかは、



あたらなページを開くことに値する プラン と 行動力が、

そこにあるかどうかだと田中は思っていますので、

今年も、一生懸命考えて、全身全霊 て、アタックしてこようと思っています。









いや~、ドキドキしてきた!! (笑)








ということで!

今年も目標が達成できるように、

匠 (阿部 & 佐藤) と、力を合わせて、頑張りますので、

みなさん、応援よろしくお願いします!!



(明日も、TC2000 で、テストです!)