TM-SQUARE インテークBOX (ZC32S) 形状決定!

2017年02月22日(水)


p138


















いや~、やっと、最終的な 形状が決まりました!












fecc2aadcf2













やっぱり、これぐらい、時間と、お金をかけないと、

納得できる仕上がりにならない・・・・・・、という・・・・・、




この性格を 改善する必要があると 強く感じた・・・・(笑)

新製品 誕生の瞬間で、ございます・・・・・・・・・・・。

(まだ、型の段階ですが・・・・・)












で、佐藤さん!

量産品は、あと、どれぐらい かかるの??







2ヶ月・・・・?

それとも、3ヶ月・・・・・??







何とか、5月ぐらいには、

デリバリーをスタートさせたんだけどなぁ・・・・・。










そして、TM のインテークが出るまで、買わない!

と、超長期間お待ちいただいた みなさん!!


あと少し、あと少しで、お届けできそうですので、

もう、少しだけ、お待ちくださいね!!!!!




発進! ZC32S!! in FSWショート

2013年11月29日(金)


 

 

いや~、間に合いました(笑)

格別にキレイな富士山を見ながら、

 

 

 

 

 

 

本日の開発テストは、スタート!

 

 

 

 

 

 

もちろん、匠 お二人は・・・・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

完全徹夜・・・・・・。

だって、タッシーのところから、クルマが戻ってきたのが、

昨夜の11時ですからね・・・・・。

(配線トラブル勃発でした・・・・・)

 

 

それから、FSWショートのセットと、走行準備で、

作業終了は、午前5時!!

いや~、ホント お疲れ様でした。

 

 

そして、本日、サーキットでの 最初の作業は・・・・・・、

 

 

 

 

 

 

 

だって、サーキットまでの 約100km が、LSD の ナラシ だったものですから・・・・・。

(事前に準備していた、秘密の 試作品ですよ~~!)

 

 

 

もちろん、使用したオイルは、

一部の方は良くご存知の こちらのボトルに入っている

スペシャル ミッションオイル (そうです、FF LSD 専用品!!)

 

 

 

 

 

 

それから・・・・・、

マイナートラブル連発の中、

容赦のない セットアップ メニュー !

 

 

 

 

 

 

 

結局、西日が眩しい時間まで、

みっちりと・・・・・(しかし、元気になりました!!)

 

 

 

 

 

 

 

そして、匠のお二人は・・・・・・、

いつもと変わらず、黙々と作業を行う 阿部ちゃんと、

 

 

 

 

 

 

スーパー ヨロヨロ の 佐藤さん・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

山盛りのトラブルを ものともせず、

ちゃっかり と、メニュー のすべてを やっつけて

無事帰ってまいりました。ハイ。

 

 

 

ということで!

匠 二人には、今夜、ぐっすり寝てもらって、

明日の 「匠の日」 は、パーフェクトな体調にて、みなさんを お待ちしております!

 

 

 

テストの詳細は、明日の 「匠の日」 に!!

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、2週間で、ここが、スイフト で、埋め尽くされるんですよね~!!

ピロアッパー専用 ダンパーカラー完成!

2010年09月15日(水)


p15



待ちに待った、

ダンパーカラーが、できてきましたよ~。









まず、これが、オーリンズ用。







74df65b7f8







これが、トラスト用です。






fd5f7c1e9a






素材は、もちろん、ステンレス!




このカラーがあれば、車高が、7mm上がってしまう、

オーリンズダンパーにも、


減衰調整のクリックが装着できなかった、トラストダンパーにも、



TM-SQUARE の ピロアッパーマウントが、バッチリ装着できちゃうんですよね~。



スラストシートは、もう手元にあるし、これで、オプションパーツを含め、

リリースの準備が整いました。



あとは、オプションパーツの、取説を作れば、いよいよリリースです!

TM-SQUARE
FSW開発テスト・・・・・の内容 ②

2010年03月19日(金)


いやはや、毎日バタバタしてたので、

なかなか、開発テストの報告ができないですね・・・。

 

でも、今日は、頑張って、ご報告を!

 

BBS の凄さは、先日ご報告したとおりですが、

今回のテストは、他にも、テスト項目がありました。

 

 

このテストは、「ナパック走行会」 の中で、

やってしまおうという、強行作戦。

 

 

もちろん、走行会ですから、

豪華ゲスト人も、た~くさん、来てました。

 

 

p1130977

 

 

まずは、大人気ブロガーの

 

谷口信輝 選手と、

柳田真孝 選手。

 

 

しかし、谷口 選手のブログは、どえらい人気らしいです・・・・・。

 

 

 

それから、エンドレス3人衆。

 

 

p1130985

 

 

なんだか、一番左端の、峰尾選手・・・。

 

 

なんとも言えない、オーラが出てますね~。

 

 

どんなオーラかは、ちょっと言えませんが・・・・・。

 

 

 

ま、余談はさておき?・・、

 

 

今回、開発をかけた、

秘密のサスペンションパーツは・・・、

 

 

 

コレです!

 

 

 

 

 

 

p1130996

 

 

そうです!

ピロアッパーなのです。

 

 

 

なぜ、このパーツを作ることになったかというと、

昨年末の筑波スーパーバトルで、5.8° も付けている、

フロントキャンバーが、足りず、かなりタイヤの

「外アタリ」 が強かったのです。

 

 

イベント後のミーティングで、望月さんと、

トコトン話し合い、出された結論は・・・・・、

 

純正のアッパーマウントが、強烈なGで、変形し、

ダンパーの上部支点が、外側にズレ、キャンバーが戻されているということでした。

 

 

もちろん、純正品は、ゴムとなりますので、

強力な力がかかると、ズレるのは、当然といえば、当然。

 

 

だから、ピロアッパーの試作を作ったのです。

 

 

また、スイフトのストラットをピロアッパーで受けるとなると、

どうしても、装着することで、車高が上がってしまいます。

 

 

このデメリットが、極力発生しない形状で、

試作を作ってもらいました。

 

 

で、走行してみたら、ビックリ!

 

望月/田中ミーティングで、想定していたとおり、

キャンバーが、コーナーリング中に、

戻されることがなくなりました!

 

100R はもちろんのこと、

タイトコーナーで、キャンバーが戻されて発生していた

アンダーステア症状が、解決したのです!!!

 

 

マジ、これはスゴイです。

 

だって、今までは、一旦アンダーステアになれば、

ただ、アンダーステアが、治まるまで、

待つしかなかったのに、それから、ステアリングを切り足せば、

グイグイと曲がっていってくれます。

 

要するに、キャンバーが足りず、

タイヤの角で、走っていた状態から、

強烈な「ヨコG」 の中でも、キレイにタイヤが接地してくれるのです。

 

 

また、ピロアッパーには、もうひとつ、メリットがありました。

 

 

それは、サスペンションの動きはじめの部分で、

今までは、純正アッパーマウントのゴム部がつぶれてから、

サスペンションが、動いていました。

 

しかし、ピロアッパーにすると、ゴムがつぶれることがないので、

荷重の移動量により、リニアにサスペンションがストロークします。

 

 

もう、これは、感動ものです!

 

だって、HYPERCO スプリングに、変更すると、

動きがリニアになって、ドライバビリティーが、

断然上がるように、

 

すごく重要な、サスペンションの動きはじめの部分で、

リニアになるのですから!

 

だから、コーナーへ向かって、ステアリングを切りはじめる瞬間が、

も~、たまりません!

 

 

走行後の田中のコメントも、

 

「フロントキャンバーは、もっと減らせる」

「フロントのスプリングレートも、もっと下げられる」

 

というものでした。

 

 

そうです、今までは、純正アッパーのゴムの動きでステアリングレスポンスが悪く、

それを補うために、大きくキャンバーを付けたり、フロントスプリングのレートを上げたり、

時には、フロントタイヤの空気圧を、3k まで上げたりして、対応していたのですが、

この部分が、リニアに動けば、すべては、解決なのです。

 

 

オマケに、動きはじめが、リニアになったことから、

乗り心地まで、向上してしまいました。ハイ。

 

 

いや~、製品化までには、

まだ、やらなければならないことが、たくさんありますが、

これは、絶対、リリースしたいパーツのひとつですね~。

 

 

それも、装着をカンタンにし、極力、車高変化を発生させず、

コスト的にも、リーズナブルな、固定式(キャンバー調整ができないタイプ)で、

リリースしたいと思っています。

 

 

みなさん、乞うご期待ですぞ!!

 

 

p1130936

 

 

 

TM-SQUARE
明日は、開発テストです。

2010年03月10日(水)

明日は、FSW にて、

スイフトの開発テストです。

 

じつは、明日は、「ナパック走行会」 が、

FUJI で行われ、

田中は、その走行会に呼ばれていますので・・・・・、

 

 

走行会以外の時間に、

テストをやっちまおうという コンタン です。

 

 

で、明日のメニューは・・・・・、

 

 

 

① トレッドの比較テスト

今後、ホイールのオフセットを変更するときように、

データ取りです。

 

もしかすると、フロントキャンバー ガッツリ仕様の

オフセットとか、出るかもしれないですね~。

 

 

② BBSホイール評価

 

ホイール交換のみで、いったい、どれぐらい、

ストレートとコーナーに違いが出るのか、

デジタルに、データとして、計測したいと思います。ハイ。

 

ちなみに、このテストが、明日のメインとなります。

 

 

③ とある部品の比較/評価

 

サスペンション関連の、とある部品の

試作ができてきましたので、

純正と比較してみたいと思います。

 

もし、コレがうまくいったら、すぐにリリースしますね。

サーキット派は、もちろん、ストリート派にも、

メリットがある部品ですよ~、コレは!

 

リリース予定価格 ¥18,000 (2個) です。

 

リーズナブルプライスなのに、

かなり体感できるパーツになる予定です。

(テストの結果が良ければですが・・・・・)

 

 

④  リア ダンパーブラケット評価

 

コレは、開発品と、量産品で、

ほんの少し、

リアダンパーブラケットの形状を変更しましたので、

問題がないかの確認テストです。

 

ま、物理的には、問題ないのですが、

みなさんがご使用になられる前に、

確認しておこうと思います。

 

 

⑤ ブレーキフルード(開発品)評価

 

まだ、これはどうなるかわかりませんが、

新しい材料で、ブレーキフルードを作りました。

 

その、試作フルードでの、はじめての走行となります。

 

予想では、究極のペダルタッチになる予定です。

(これは、BILLION のテストですね)

 

 

とま~、今回のテストも盛りだくさん!

それを、イベント以外の時間に、

やっちまおうというわけですから、

明日は、早朝から、

かなり忙しい一日になってしまいそうです。ハイ。

 

 

もちろん、イベントでは、同乗走行も行いますので、

ほとんど、1日クルマに乗ってるような、パターンですね。

 

 

テスト結果は、また、ブログで、ご紹介しますね。

 

 

「ナパック走行会」 参加のみなさん、

明日はど~ぞよろしくお願いします!!

 

 

 

p1010816

 

 

望月さんも、よろしくお願いしま~す。

TM-SQUARE
アウトスペックさんの走行会(午後編)

2009年07月03日(金)

午前中で、

アルファの摩材適合が取れたので、

無理を言って、

TM-SQUARE 1号車で、

午後から走らせていただきました。

 

今回から、

TM-SQUARE は、夏仕様の

インテークBOX  を装着!!

 

 

p1030186

p1030223

 

なんぐう さん、

良い仕事してますね~。

なんてったて、エアフロ近辺まで・・・、

仕事が細かい!!

 

ちなみに、コレは、某社製のBOX を、

BILLION のスーパーサーモクロスで、

断熱処理をしたもので、

TM-SQUARE の商品ではありません。

 

で、テストメニューもなく

走り始めたのですが・・・・・、 

やれ、スプリングを換えよう だとか、

車高を変えよう だとか、

まったく、予定外なのに、

お手伝いいただいてた

望月さんの 作業は、

どんどん増える 一方。

(すいません、今日はパッド交換だけの

予定だったのに・・・・・)

 

 

ヤレヤレ・・・てな声が聞こえてきそう・・・・・。

ヤレヤレ・・・てな声が聞こえてきそう・・・・・。


 

でも、現在開発中の秘密兵器?も

今回の仕様なら、

かなりイケそうな感じだし、

とっても、収穫の多い一日でした。

 

タイムは、

A-1 B-3 C-2 のコースレイアウトで、

36秒3 が BEST 。

 

さあ、来週は、

筑波2000で、

秘密兵器の最終テストです!!

 

バッチリ、仕様が決まれば、

何を企んでるか、

お話しますね。

TM-SQUARE
レーシングネットワーク ②

2009年07月01日(水)

前回は、片山さんに

ご登場いただいたということで、

今回は、なんぐう さん に、

出ていただきましょう。

 

そう、あの、

「RSなんぐう」 のなんぐう さん です。

なんぐう さん の下調べは、

こちらで!

 

 

現在、TM-SQUARE の

新しいパーツの開発を

なんぐう さん と一緒にやってます。

(どんなパーツかは、もう少しお待ちを!)

 

そんなことから、

先日、ガレージを訪ねたのですが、

 

p1010881

 

やっぱり、想像していたような、

いや、想像以上の事務所が

そこ(横浜市金沢区)にはあったのです。

 

 

まずは、なんぐう さん の

愛読書・・・・・。

 

 

p1010872mozaiku

 

 

「た、たのむから、

BILLION のカタログの上に

置くのはやめてくれ~」

 

 

で、もって、

ゴミ箱には、見たことのない、

栄養ドリンクの空き箱が・・・・・。

 

p1010875

 

あんた、本当にレース関係者??

 

あの、ガライヤが、

その、汚い手によって、

走っているかと思うと・・・・・。

 

スーパーGTのファンが

このサイトを見ると、

きっと・・・・・・・、

悲しむに違いない・・・・・。

 

ということで、

今回も、TM-SQUARE を

支えてくれている?

職人さんのご紹介でした。

 

でも、あんなの飲まなくても、

あなたは、いつも、「元気バッチリ」 でしょ?

 

・・・・・・、な、なんぐう さん・・・・・。

TM-SQUARE
今日は、ナパック走行会 in FUJI 

2009年05月28日(木)

今日は、

ナパック(アフターパーツメーカーの組合)の

走行会が、富士スピードウェイで

ありました。

 

img_1956

 

今回のイベントは、

田中がレーシングドライバー

だったころの監督、

柳田春人さんから、

強引な、いや、強制的な

出動命令があり、

やってきたという訳です。

 

img_1929

 

本日のドライバーは、

田中以外に3名。

 

img_1881

 

みんな、同乗走行で、大忙し。

おまけに、今日は雨だったので、

水しぶきで、視界も悪く、

大変でした・・・。ハイ。

 

img_1942

 

でも、田中はと言うと・・・・・、

同乗走行とう名目で、

開発テストをチャッカリと

やっちまいました。

 

img_1933

 

前回もテストした、「あのパーツ」 は、

もう少し、煮ツメが必要なようです。

 

でもって、

帰りに、今西先生 の工場に寄って、

極秘の打ち合わせ。

(もちろん、誰かは知ってますよね?)

 

 

さあ、今から、

テストのコメントシートを作らなきゃ。

 

ではでは。

TM-SQUARE
筑波2000 テストは・・・・・。

2009年05月21日(木)


 

 

先程、会社に帰ってきました。

 

 

そう、今日は、

筑波2000 で、TM-SQUARE の

パーツ開発 & ZONE の摩材確認でした。

 

 

しかし、今日は、

暑かった・・・。

 

気温30℃ 路温44℃

ですからね~。

 

 

 

でも、ウインドウダクト

お陰で、さほど汗を

かくわけでもなく、

快適に走れましたよー!

 

 

 

まさに、走行会の必需品だと

再確認いた次第です。ハイ。

では、今日の写真を。

 

 

 

 

e38396e383ade382b0e38080090414-003

e38396e383ade382b0e38080090414-006

 

 

 

 

長谷川は、いつものように

意味もなく、走り回り・・・、

バタバタと、走行準備。

 

 

 

 

e38396e383ade382b0e38080090414-011

 

 

 

オオッ、すげ~車高!!

今回の開発パーツに

関係あるのか?

 

 

 

 

e38396e383ade382b0e38080090414-013

 

 

 

 

いえいえ、

長谷川が、リアセクションを

ジャキアップ しただけです・・・。

 

 

 

冗談は、さておき、

今回のパーツは、まだまだ、

手をかけなければならないようです。

 

 

 

 

暑いとは言え、

ラップタイムは、1分10秒台ですから・・・。

 

 

 

DUNLOP コーナーが、

速くなれば・・・、

と思って、勢い込んで、

テストしたんですけどね・・・。

 

 

 

 

ま、もう ひとひねり、

必要なようです。

 

 

高いタイヤが、

また、減っちゃいました。

 

 

 

 

e38396e383ade382b0e38080090414-040

 

 

 

次のテストこそ、

バシッと、タイムが出る

新しいパーツを完成させたいと、

思います。

 

 

ぐぁんばろー!っと。

 

 

 

 

ZONE
明日は、筑波2000 で開発テスト

2009年05月20日(水)


 

 

明日は、あるパーツの開発テストにため、

筑波2000 に出没予定です。

 

 

 

 

 

どんなパーツかはまだちょっと言えませんが、

うまくいけば今年の暮れぐらいには、

リリースができる可能性がある、

 

そう、あるパーツです。

 

 

 

 

その準備のため長谷川は朝から

 

「45分間しか女を愛せない男」

 

のガレージまで外出。

 

 

 

 

誰だか気になる人は、こちら をどーぞ。

 

 

 

 

明日は天気も、なんとか持ちそうなので、

新パーツのポテンシャルを

バッチリと確認してきたいと思います。

 

 

 

 

では、

 

たまたま、今回のテストのセッティングシートが

手元にありますので、

明日のサスペンションの仕様をお伝えしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、スプリングレートは、

 

 

フロント

ID65  7インチ 700ポンド (12.5kg/mm)

リア

ID60  6インチ 700ポンド (12.5kg/mm)

 

 

もちろん、両方とも、ハイパコ です。

 

 

 

で、リアのスタビは、

思い切って、40φで、持ち込みます。

 

 

 

キャンバーは、

 

 

フロントが 3’45 ネガ。

リアは、2’30 ネガです。

 

 

 

あと、タイヤは、

 

ネオバのAD08 。

 

 

 

ブレーキは、

 

フロントが、ZONE の開発品で、

03C と 08H の中間になる摩材。

(もうじき、リリースしま~す!)

 

リアは、ZONE の88B です。

 

 

 

 

 

気温が高いので、

ラップタイムは期待できませんが、

バッチリと、ロガーでデータを取って、

今回の秘密兵器の実力をデジタルに比較したいと思います。

 

 

 

 

さあ、何秒が出るか、

 

 

楽しみです。