ZONE
スイフト専用! ZONE 「RT」 & 「TT」 発売開始 の お知らせ!! 

2016年01月19日(火)

 

p1-18














先日、モニター販売を行い ご好評をいただきました

ZONE TT





現在、すべての車種にて、

ご要望があれば、対応できるように、準備を進めておりますが・・・・、







その前に・・・・・、






ずっと水面下にて、開発を続けておりました

もうひとつの ZONE ブレーキパッド

ZONE 「RT」 という名前の試作品が、

出来上がったのであります!!






このネーミングの 「RT」 とは、

リジットタイプ の 頭文字 なんですね~。











では、詳しく解説しましょう。










スイフトの ブレーキ キャリパー は、

みなさんもご存知のとおり、

1POT タイプ (別名、片持ちタイプ) と呼ばれる形状をしています。







510a8475a9-2











下図のように、ブレーキペダルを踏むと、

ブレーキフルードに圧力がかかり、

キャリパー内のピストンが押されます。


c2f33f6326-3


















そうです! ピストンが押され、

ブレーキパッドがローターを挟み込むことから、

その摩擦によって、ブレーキが効くという構造になっています。












この 1POT タイプ は、部品点数が少なく、

コスト的には、とっても有利なのですが、デメリットもあります。






中でも、田中がとっても懸念する

ブレーキコントロール & ドラテクに直結する 大きなデメリットは、

ピストン側のブレーキパッドにかかる圧力が、場所によって、異なるという部分です。








bd7100ad87-4










まぁ・・・、システム的に、当然と言えば、それまでなんですけど、

ピストンが当たる ブレーキパッドのセンターは、圧力が高く、

ピストンがタッチしない 両外は圧力が低くなってしまいます・・・。













ちなみに・・・、ピストンが当たらない反対側のブレーキパッドは、

キャリパーの 「2本の爪」 でガッチリと、ホールドされていますので、

ほぼ均等に、ブレーキパッドに圧力が、かかります。







013c58fce7-5
















で、問題のピストン側ですが、

ピストンがバックプレートに当る 中央部の 圧力が高くなることから、








cafb5da254-6









サーキット等、強い踏力 & 高温 といった状況で、連続使用すると、

ブレーキパッドの中央部分のみ磨耗が進み・・・・・、


結果、ブレーキを踏んでいるときに、バックプレートが、反ってしまいます。











0d55759bd8-7












こうなると・・・・・、


ブレーキの踏み始めから

しっかり、摩材がローターに密着するまでの間

ペダルストロークが増大し、非常にタッチの悪いブレーキになってしまいます。









それに、



ピストン側のブレーキパッドが全面で使用できないことから、

高温、高踏力では、本来の効きを発揮できないこと・・・・・。



そして、中央部が磨耗し、ブレーキング中に、バックプレートが反ることで、

ブレーキパッドが薄くなった状況では、摩材が剥がれやすくなること・・・・・・・。

(※ ブレーキパッドは、残厚 5mm 以下では使用できないと、製品にも明記されています)




このあたりも、サーキット走行では、デメリットになりますよね・・・・・。













そこで!!




だったら・・・・・・、

ピストン側のバックプレートのみ

通常の材質より、圧倒的に硬い材質で、

ブレーキパッドを作ったらどうなるのか・・・・?



という、ある面、田中の興味にて、

試作のブレーキパッドを作ってみると・・・・・・・、














これが、なかなか・・・・、



いや! かなり、素晴らしい!!















通常のバックプレートと比較して、






① ブレーキのタッチが素晴らしい!



これは、バックプレートが反らないことも大きいですが、

単純に、ピストンが当たる部分のバックプレートが硬いことで、

ピストンがバックプレートに、「めり込まない」 ことも、影響していると思われます。






② 同じ摩材での比較にて、ほんの少し、効きが強くなる!



ピストン側のブレーキパッド摩材が、ローター全面に当たることから、

ほんの少しですが、ブレーキの効きが向上します。

また、サーキット走行においても、ブレーキパッド のセンター部分のみ

磨耗が進むことも、大きく抑制されます。







③ コントロール性が大幅に向上する!



タッチがよくなることが、大きくコントロール性に関与していますが、

踏力に対して、効きがより、リニアになることも、

コントロール性を向上させています。









といった メリット を テスト ドライバー 田中ミノルは、感じました。











そして、この高硬度のバックプレートが、

アリなのか、ナシなのか、みなさんのご意見をお聞きしたく、


テスト販売というカタチで、

スイフト限定、 04M 10F 摩材 限定にて、

販売をスタートしたいと思います。




※ ZONE 「RT」 は、フロントのみの設定となります。

※ バックプレートは、IN側 (ピストン側) のみ、硬度の高い材質が使用されています。

(OUT側のパックプレートは、通常品となります)








a22ece8c89-8



dd23da400c-9










また、この ZONE 「RT」 は、鳴き止めシム を

装着しない想定で製作しておりますので、

ブレーキパッド摩材を 片側1mm 厚く設定した TT 仕様品 のみとなります。








で、お値段は・・・・・・、





ZONE 「RT」 For ZC31S/ZC32S



フロント 04M 摩材   19,980円

フロント 10F 摩材    21,060円











そして、今まで、モニター販売のみ実施しておりました ZONE 「TT」 も、

スイフト限定、そして、以下の摩材限定となりますが、

テスト販売を行いたいと思います。




※ ZONE 「TT」 は、フロントのみの設定となります。





ZONE 「TT」 For ZC31S/ZC32S



フロント 04M 摩材   18,360円

フロント 05K 摩材    18,360円

フロント 10F 摩材    19,440円











なお、両アイテムとも、鳴き止めシムを装着しないことを前提に、

摩材を片側、1mm 通常より厚く作っていますので、

以下のことに、ご注意下さい!




注意① 

ZONE 「RT」 または、「TT」 装着時、

鳴き止めシムは、絶対に装着しないで下さい。



注意②

装着後、試運転を行い、

ブレーキに引きずりがないことを必ずご確認下さい。














でもって! ご注文は、






ZONE マテリアルソムリエ店

全国の ZONE 取扱店







または、下記の ご購入フォーマット をクリックいただくと、

弊社、WEBサイトより、ご注文いただけます!






ご購入フォーマット













とまぁ~、今のところ スイフトONLY / 摩材限定 となりますが、


ZONE 「RT」

ZONE 「TT」



タイムアタックシーズン真っ只中 ということで、

全国のスイフトオーナーのみなさん どうぞ、よろしくお願いします!!












なんだか・・・・・、

いかにも、田中らしい商品ですよね・・・・・・・(笑)