TM-SQUARE
リアウイングはステーが命!?

2008年08月01日(金)


 

「コンパクトカーのリアウイングは、けっこう難しいよ」。 と、
私の知り合いの、偉大なデザイナーから、1通のメールが届いたのが、かれこれ1年前。
そして、2通目のメールには、スケッチと各所のポイントが・・・。
それも、海外からです。

 

 

ということで、リアウイングは、彼のデザインどおりに作ることにしました(ラッキー!)。

 

 

ポイントは、

① まず、大きいサイズはNG
② 低い位置に装着できること
③ 迎え角が調整できること

ということでした。

 

GTカーとは違い、ウイングをルーフの後端に装着するハッチバックタイプでは、ルーフ上の
比較的整流された空気が勢い良くあたります。よって、小型のウイングでも十分効果はあるということでした。

 

 

また、ルーフを過ぎると空気は急激に下へ向かいますので、
ルーフより低い位置に付けてもダウンフォースが出ることから、可能な限り取付け位置を下にしました。

 

 

これで、アンダーパワーのコンパクトカーでも、ストレートスピードへの影響を最小限に、
効率的なダウンフォースを得ることができます。

 

ご存知のように、FFはブレーキング中のリア荷重がとても少なくなります。
ここで、リアウイングがあると、薄くなったリアの荷重を補ってくれますので、安定したブレーキングができるという算段です。

 

もちろん、リアのブレーキパッドにもある程度効きの強いタイプも使用でき、
ウエットコンディションでは、かなりの効果を発揮してくれます。

 


写真は試作なので、ファイバーです。

写真は試作なので、ファイバーです。



 

そんなこんなで、ウイングプロジェクトは、とんとん拍子に進んだのですが、また、田中の悪い虫が騒ぎ出しました・・・。
以前から、ずっと思っていたのですが、アフターマーケットのウイングはステーがいまひとつカッコ良くない・・・。

 

 

対してレーシングカーのウイングステーは、見ているだけで惚れ惚れするぐらいカッコイイ! 
おまけに、「角度調整の機能も組み込まなければならない」ということで、またまた、今西先生の出番です。

 

 

で、完成したステーがこれです!

 


やっぱり、ウイングはステーが美しくなければ!!!

やっぱり、ウイングはステーが美しくなければ!!!