設計力と、試験規格

2010年03月01日(月)


レーシングカーの

フレーム補強(スポット溶接等)でも、

補強が必要な場所は、決まっています。

 

同様にホイールにも、

強度/剛性の「キモ」 になる部分が、

数箇所あります。

 

BBS では、

緻密な設計力によって、

この強度が必要な部分をコントロールし、

最適な軽量と剛性バランスを実現しているのです。

 

 

そして、その強度を確認する

試験規格においても、

BBS の製品は、

VIAや、JWLが、取り決めている、

試験内容を、より過酷にして、

製品の規格検査を行っています。

 

たとえば、回転曲げ疲労試験では、

規格回転数:10万回転のところを、20万回転以上。

 

半径方向負荷耐久試験においては、

規格回転数:50万回転のところを、

100万回転以上にて、テストを実施。

 

 

これらのテストをパスしないと、

BBS の製品は、

世には出ないのです。

 

 

まさに、高性能商品の裏付けですよね。

 

 

だから、過酷を極めるレースの世界においても、

投入から、10シーズン 同じBBSホイールを

使用しているなんて、

伝説が生まれるんですね。

 

 

以上、BBSホイールのウンチクと

神話の数々でした。

 

 

 

2009_dec10-04363