2020 スイフトマイスター決定戦 人物伝 ファイル①

2021年01月15日(金)

さてさて、今回から数回、
2020 スイフトマイスター決定戦 人物伝 と題して、

スイフトマイスター 2020 の戦いが、どのように繰り広げられたのかを 
6名のスイフトマイスターと、各クラスで表彰台に立たれた方を中心に、
ご紹介したいと思います。

まずは、参加 7台 となりました、NA-0クラスから始めましょう!!

NA-0クラス は、LSDも、スーパーハイグリップタイヤも、NGとなり、
どちらかと言えば、入門カテゴリー的な位置づけなのですが・・・、

今回のエントリーリストを見ると・・・、
あり得ない お二方のお名前が・・・・・(笑)

まずは、2016年大会で、NA-1 クラスにもかかわらず、
オーバーオールで優勝した 大田煤(スズオタ)選手。

いや~、あの優勝は、本当にインパクトがありましたよね~。

物(パーツ)ではなく、腕と練習量とセットアップで、
ここまでのタイムは出せる!! 

ということを証明した、素晴らしい オーバーオール優勝でございました。

(2016年 当時の写真です)

そのスズオタ選手が、わざわざ LSDを取り外し、
純正デフに交換して、挑んだ 2020 スイフトマイスター決定戦!

そして、この奇襲攻撃を知っていたかのように、
パドックにて、スズオタ選手の隣に車両を停めたのは・・・・・・、

2017年大会で、OPENクラスにて、オーバーオール優勝した 
すぎやん選手!!!!!  

(こちらも、2017年 当時の写真です)

これは、主催者の「仕込み」ではなく、
まさに、運命のいたずらなのであります!!

すぎやん選手と言えば、2017年大会にて
初出場でスーパーラップのあのプレッシャーを見事に跳ね除けた、
強い心臓を持つ若者ですから、イベントが始まる前から、
このNA-0 クラスは、異様な雰囲気が漂っておりました。ハイ。

まぁ~、なんといっても、

過去に、優勝経験があるドライバーが参加したことのない NA-0 クラス に、
この2名が参加しているのですから・・・・・、

ご両人にとっては、イコールコンディションでのガチンコ勝負!

他の NA-0 クラスの参加者にとっては、
まさに、大迷惑な状況で走行はスタートしたのであります。

そして、フリー走行(WETコンディション)では、

NA-0 クラス  1位   大田煤(スズオタ)選手   42″361
NA-0 クラス  2位   スポタン 選手       42″656
NA-0 クラス  3位   すぎやん 選手       43″204

といったリザルトとなり、QF(WET → セミDRYコンディション)に突入!
で、リザルトは・・・・・・、

NA-0 クラス  1位   スポタン 選手       41″825
NA-0 クラス  2位   すぎやん 選手       41″967
NA-0 クラス  3位   大田煤(スズオタ)選手   42″197

と、大接戦!!!

そして、この難しいコンディションの中、
スポタン 選手 QF 1位 は、お見事!!

でもって、この上位 3台による スーパーラップ決戦の結果、
2020年 NA-0 クラス のスイフトマイスター決定戦は、
以下の順位となりました。(ラインのみ ほぼDRYのコンディション)

NA-0 クラス  優勝   大田煤(スズオタ)選手   37″077
NA-0 クラス  2位   すぎやん 選手       37″528
NA-0 クラス  3位   スポタン 選手       37″689

(出走台数により、上位2名のみ表彰)

QF結果から、かなりタイムは拮抗してますので、クルマの性能差は、ほぼ互角!!


そんな中、スーパーラップで、2位 以下を突き放した 
スズオタ 選手 の順応力は、ピカイチ でしたよね~。

でも、見て下さい!
スーパーラップスタート前の 3選手の表情を!!

左 すぎやん 選手   中央 スポタン 選手   右 スズオタ 選手

やっぱり、勝負事はこうじゃなきゃ!!

でも、3選手とも、このプレッシャーと戦うのではなく
しっかりとプレッシャーを受け入れて、
出来ることだけを的確に行うというスタイル(自分自身との戦い)にて、
見事なスーパーラップを見せてくれました!!

スズオタ 選手 優勝おめでとう!!!

そして、すぎやん選手 ぜひ、来年、リベンジに!!

そして、今回、最多(10台)エントリーとなりました NA-1 クラス。

まず、WETコンディションのフリー走行での順位は、

NA-1 クラス  1位   ゆうすぽ 選手       41″778
NA-1 クラス  2位   Kスイフト 選手       42″269
NA-1 クラス  3位   おサルのスイフト 選手   42″303
NA-1 クラス  4位   ソラリョウ 選手      42″706
NA-1 クラス  5位   Kasai-hiro 選手      42″836

連続出場レコード保持者となる ゆうすぽ 選手 
圧倒的な速さでしたよね~。さすがでございます。

で、WET → セミDRYコンディション となった QFセッションになると、
この図式は大きく変化します!!! で、リザルトは・・・・・・、

NA-1 クラス  1位   おサルのスイフト 選手   40″627
NA-1 クラス  2位   Kasai-hiro 選手      40″850
NA-1 クラス  3位   Kスイフト 選手       40″921
NA-1 クラス  4位   丹羽勇 選手        41″023
———————– 以上がスーパーラップ出場 ————————-
NA-1 クラス  5位   ゆうすぽ 選手       41″196

いや~、本当に熾烈な戦いですよね~。

きっと、アタックラップで、ほんの少しリアが出た・・・とか、
内圧が、ちょっとだけ合っていなかった・・・とか、

とっても、些細なことで、この順位が決定したのだと思います。

(いや~、何があったのか、本人に聞いてみたい・・・・!)

でも、この厳しいコンディションの中、
安定した速さにて、QF 1位 通過した おサルのスイフト 選手!  
いや~、さすがでございます。

そして、迎えた 運命のスーパーラップ決戦の結果は・・・・・!

NA-1 クラス  優勝   Kasai-hiro 選手      36″126
NA-1 クラス  2位   おサルのスイフト 選手   36″276
NA-1 クラス  3位   Kスイフト 選手       36″802

といった順位で決着がつきました!

しかし、まぁ~、Kasai-hiro 選手 の勝負強さは、圧巻でしたよね~。

起死回生のQF そして、一発勝負の スーパーラップでも、
QF 1位通過の おサルのスイフト 選手 を0.1秒 抑えて、
初優勝を掴み取ったのは、さすがでございます!!

まぁ~、なんと言っても、Kasai-hiro 選手 と言えば、
ワンメイクドライビングレッスン にて、サーキットデビューし、
スキルアップレッスン で腕を磨き、マイスター戦に挑戦。

でもって、何度も、表彰台には上るものの なかなか頂点には立てず・・・。

しかし、真摯にドラテクと向き合い
荷重移動レッスンに参加したり(飽くなき探究心!!)、
テスト走行に何度も、FSWを訪れたり、
やっぱ、努力の人に、勝利の女神は、微笑むのですね~!!!

Kasai-hiro 選手 優勝 おめでとうございます!!

そして、敗れはしましたが、
このコンディションが刻々と変化する超難しい状況でも、安定した速さを見せた、
おサルのスイフト 選手!!

そして、Kスイフト 選手 の底力は、
現地にいた みんなが認めたのではないでしょうか?

とまぁ~、今回は、NA-0 & NA-1 クラスを振り返ってみました!!

つづく! 

今回掲載しました写真は、

迷い猫さん
NEINさん

に撮影していただいた写真を掲載しております。
(参加いただいた ご本人の写真に限り、ご自由に使用下さい!!)

本ブログにてご紹介した製品等のお問い合わせは、こちらのフォームから!!
(お送りいただいた内容は、本ブログには掲載されません)

※送信後、3営業日以内に返信が無い場合、メールアドレスの入力誤りや、送信エラー等の可能性があります。その場合は、恐れ入りますが mail@tm-square.com までご連絡をお願い致します。