TM-SQUARE
TM-SQUARE エンジンオイル 「M16A」 ペール缶 発売のお知らせ!

2015年02月12日(木)


p11


















発売以来、全国のスイフト乗りのみなさんに、

大好評をいただいております 

TM-SQUARE 「M16A」 エンジンオイル。










「M16A」 エンジンオイル の詳細は、こちらから!












そうです!


サーキット & スポーツドライビング 完全対応の 粘度特性 (5w-40)  と、

富士フイルム にて、製造されている FTソフトマター の配合にて、


築き上げてきた、実績と信頼!!




いや~、本当にたくさんのみなさんに、

ご使用いただき、感謝、感謝でございます!















でね!

今夜は、この TM-SQUARE エンジンオイル に、

20L ペールが、バリエーションに加わりましたので、

そのお知らせなのであります!









6128c29a33










20L のペール と言えば、

「量り売り」 が可能となりますので、

オイルフィルターの容量や、オイルクーラーの有無にて、

若干、変化する必要なオイル量に完全対応!!



そうです! 必要な分だけ ご購入いただけますので、やっぱ、便利ですよね~。








ということで、全国の TM-SQUARE 製品の販売店のみなさま、

どうぞよろしくお願いいたします。









また、お値段は、¥47,000(税込み) となり、

すでに、在庫もございます。ハイ。
















とまぁ~、

上記の 商品紹介だけでは、少々、田中のブログっぽくないので、


今夜は、なぜ、TM-SQUARE が、「M16A」エンジン 専用油 に、

5w-40 という粘度特性を チョイスしたか について、お話しましょう!





















スイフトのエンジントラブルで、圧倒的に多い症状

それは、「4番メタルの焼き付き」 です。

(あっ、田中も、もちろん経験者です・・・・・・笑)







で、オイル開発をはじめた時、

とあるレース関係のエンジン開発を行っている重鎮に、

話を聞きに行ったことがあるんです。








そこで、スゴ~く勉強になった ひとこと・・・・・・・、

それは、「ロングストロークのエンジンは、メタルに厳しい」 という内容でした。





要するに、最近は、スポーツエンジンと言えど、

燃費を無視するわけには、いきませんよね。


すると、比較的、低い回転でも、

ある程度のトルクを発生する必要があります。





そうなると、どうしても、ロングストロークの方向となり、

スイフトスポーツの M16A エンジン も、例外ではありません。








たとえば、1600cc のスポーツエンジンと言えば、



B16A (VTECエンジン)

4G92 (MIVECエンジン)

4A-G  等が有名ですが、





ボア × ストローク を 見比べてみると、





ボア         ストローク 

M16A        78.0           83.0

B16A         81.0           77.4  

4G92         81.0           77.5

4A-G         81.0           77.0








要するに、同じ 1600cc でも、

この中では、「M16A」 のストロークが、一番長いと いうことになります。










でね、ロングストロークのエンジンで、

サーキット走行等、高回転を多用すると、

ピストンスピード (ピストンが移動するスピード) が、すご~く速くなってしまいます。



そうです! 同じエンジン回転数でも、ストロークの長いエンジンの方が、

ピストンスピードが速くなってしまうのです。



そして、このピストンスピードには、限界値というものがあり、

限界値に近づくと、ピストンとシリンダー間の抵抗も大きくなってしまうのです・・・・。

(だから、超高回転型のエンジンは、ショートストロークなんですよね・・・)












するとね・・・・・、

この抵抗が大きくなった状況で、加速、減速を繰り返すと、

ピストンを動かすことに大きな力が必要となり、

結果、メタルに大きな負担が、かかるんです・・・・・・。

(だって、強烈に引っ張られたり、押されたりするんですから・・・・)








おまけに、高回転を多用する状況では、

油温はかなり高くなっていますので、

エンジンオイルは、どうしても、粘度低下を発生しやすい状況となり、

油圧は低くなりがちです。







この状況で、大きな 「G」 で、オイルが片寄ったり、

アクセル OFF で、回転が低くなると、

オイルポンプから一番遠い、4番シリンダーに供給される オイル量が減少し、

メタルトラブル・・・・・・・・、となるわけです。













ですから・・・・、


この最悪の状況を避けるために、

そして、いつでも安心して、高回転で走れるように、


たとえエンジンオイルが高温になっても、

「しっかり、油圧がかかる 粘度設定 が、スイフトには、重要だ!」 という考えで、

作り込んだのが、TM-SQUARE 「M16A」 エンジンオイルなのであります。ハイ。









以上、TM-SQUARE が、スイフト専用油 として、

5w-40 をチョイスした理由! でした!!