TM-SQUARE
日光テスト081211

2008年12月11日(木)

今、日光サーキットから帰ってきました。

今日は、ZONEブレーキパッドの開発で大変お世話になった、ARVOU(アルボー)さんの

走行会に便乗して、トーションビームの最終確認テストを行なってました。

途中、長谷川(弊社開発)が、ブッシュを反対向きに組んで、

望月さん(トーションビームの設計&製作者)に、こっぴどく怒られる事件はありましたが、

結果は◎。とっても良いテストとなりました。

では、このトーションビームの開発秘話を少しばかり。

FFと言えば、なんといっても、リアのロール剛性アップです。

しかし、田中の脳裏には、JTCCでみんなが使っていた、あの大根より太いスタビライザーの

イメージが強く、剛性を上げるといっても、かなり頑丈な物を作らなければなりません。

そこで、まず思いついたのが、トーションビームの下側開口部にスチールプレートを溶接して、

トーションビーム自体を強固なスタビライザーにするという方法でした。

この作戦で、リアのロール剛性はとんでもなく上がり、驚異のフロント接地を実現できました。

が、しかし、「ちと硬すぎる・・・」。サーキットでは抜群でも、ストリートの乗り心地が

あまりにも厳しい・・・・。

ということで、ほんの少しソフトな部分を持たせるため、この溶接部を、約40本のボルトナットで

固定するという戦略に出たのでした! こうすれば、ボルトの数でセットアップもできることになります。

「オレって、天才?」と、独り言をいいながら、本庄サーキットを連続で10ラップ。

最初は、狙い通り少しマイルドになり、十分にフロント接地も確保されていました。

これはいける!と思ったのもつかの間、ロール剛性はどんどんダウンしていく・・・、おかしい・・・・。

多少想像していたことではありますが、たった10ラップで、ボルトはすべて緩んでしまいました。

ZC31Sのトーションビームは、想像をはるかに超えてたわんでいるようです。

もちろん、リアのスタビライザーを強化する方法は、他にもいろいろありますが、やはり硬さが

調整できなければ、楽しくありません。

そこで、トーションビーム内に溶接にて固定されている純正のスタビライザーをくり抜き、

そこにスタビライザーのみ交換可能なブラケットを溶接する手法を取りました。

この方法だと、サーキットでリアのスタビライザーを交換するのに5分もあれば十分です。

最初にトーションビームを交換しなくてはならないことは、少々手間&コストがかかりますが、

交換後は、サーキットでセッティングに合わせて、瞬時にリアのロール剛性を変えられるメリットは、

やっぱ大きいと田中は思うのです。

サスペンションパーツの中でも、これほどまでに違いを感じられるパーツは他にはないと思いますので、

マニア?の方には、ちょ~、おススメの一品です。