勝手に「道場破り」 Vol 7  in  FSWショート (ドラテク編)

2011年05月27日(金)

 

 

では、本日は、告知どおり、ドラテクを!

 

コースは、A1 B3 C2 といった、走行会や、スポーツ走行で、

一番メジャーな、レイアウトで、お話しますね。

 

 

15

 

 

 

このレイアウトは、①②③ の A1 区間

⑤⑥⑦⑧ の B3 区間

そして、⑨⑩ の最終コーナー の 3つによって、構成されています。

 

 

じつは、各々の区間によって、求められることが違い、

とっても、奥の深い、コースなのです・・・・・・。

 

 

さすが、関谷校長 監修コース ですね。

(田中も、コースの監修には、かかわっていたりします・・・・・・・)

 

 

 

 

では、はじめましょう。

 

 

まず、3速全開で、ストレートの右側を走り、①コーナーを目指します。

①コーナーは、減速と、ステアリング、どちらが先かと訪ねられれば、

 

ステアリングの方が、先です。

(BIG パワー車は、もちろん、減速の方が先です)

 

 

ですから、クリップに向けて、ステアリングを切った瞬間に、

減速開始(3速のままです)。

 

ここのブレーキのポイントは、あまりフロントをダイブさせないようなイメージで、

「ツー」 っと、かける感じです。

 

 

で、①コーナーのイン側をクリップするのですが、

セットアップ編で、書いたように、

インの縁石を利用するかどうかは、使用しているスプリングレートで、違ってきます。

 

縁石に乗っても、弾かれないレベルなら、ガッツリと縁石を利用し、

弾かれて、クルマが不安定になるなら、イン側の縁石には、タッチしないラインをとります。

 

 

 

そして、クリップ直前あたりから、

田中は、アクセルをON (全開じゃないです)。

 

このアクセルの意味は、クルマを前のめりの状態から、

水平に保つためのアクセルです。

 

この①~②の区間で、クルマが前のめり過ぎると、

挙動が不安定(オーバーステア)となり、速く走ることができません。

 

ただ、アクセルが入ることから、クルマは、より外にラインを取ることになりますので、

①コーナーのクリップから、②コーナーのイン側に向けて、かなり直線的なラインとなります。

(①コーナーのクリップから、②コーナーのクリップを直線でつなぐようなラインです)

 

すると、②コーナーは、ライン的にはかなりタイトとなりますが、

このラインの方が、圧倒的に、①コーナーのボトムスピードが上がります。

 

 

 

そして、②コーナーの手前で、アクセルOFF と同時に、

短いブレーキング & 3 → 2 へ、シフトダウン。

 

 

このブレーキで発生する、フロント荷重により、

ライン的には厳しい、②コーナーを 「クルッ」 と、曲がります。

 

曲がったら、また、少しアクセルに足を乗せますが、

 

②コーナーの出口は、コース中央あたりで、何とかこらえて、

再び、減速と共に 2速のまま ③コーナーのクリップを目指します。

 

 

でも・・・・・、

この ③コーナーの出口は、ありえないぐらいの上りとななっており、

アクセルオンのポイントが、少しでも遅れれば、そのラップのタイムは、

絶対に望めません・・・・・・・・・。

 

 

ですから、アクセルON が、遅れないようなラインを取ることが、とっても重要。

間違っても、進入優先で攻めると、0.5秒は、タイムがダウンしてしまいます・・・・。

 

また、このコーナーは、コースの中で、一番スピードが落ちるコーナーで、

2速を使用すると、かなり回転も低くなります。

 

おまけに、すごい上りとなりますから、

ボトムスピードを保ちつつ、アクセルを開けるタイミングが遅れないように、

細心の注意が必要なのです。

 

なお、このコーナーのイン側の縁石は、低いので、使用してもOK です。

 

 

 

それと・・・・、

このコーナーには、やっぱ、LSD が必要不可欠となります。

 

だって、こんな、シチュエーションで、イン側のタイヤが空転したら、

やっぱ、好タイムは望めませんからね・・・・・・。

 

21

 

 

でもって、お次! B3  コーナーに向かいます。

ここで、田中が思うことは、⑤コーナー のラインがとっても重要だと言うことです。

 

⑤コーナーは、なんとな~く、いつまでも曲がっていて、

ハンドルを切るタイミングもわかりにくく、コースの先も見えづらい・・・・・・・。

 

だから、ここは、男らしく? 

アウト → アウト →  真ん中 で走ります。

 

 

もちろん、アクセルは全開のままですので、フロントタイヤのグリップも薄く、

気持ち的には、インに寄りたいところですが、グッと我慢して、

ひたすら、コースのアウト側を走行します。

 

(現在、発売中のレブスピードで、

片岡先生は、アウト側はNG だとおっしゃってましたが・・・・・・)

 

 

 

ギア的には、スイフトの場合、チューニングECU で、

レブが引き上げてあるものなら、2速キープ。

 

 

ノーマルECU の場合、1型なら、いったん3速にシフトアップ。

2/3型なら、アクセルはレブによって戻されますが、2速キープのほうが速いと思います。

 

 

 

そして、アクセルOFFの状態で、⑥コーナーのクリップを取りに行くのですが、

 

 

 33

 

 

ここのアクセルOFF は、ちょっとした コツ が、必要です。

 

 

もし、ズバーッ と、全開から 全閉にすると、

クルマは、間違いなく、オーバーステアになってしまいます・・・・・・。

 

ですから、注意深く、アクセルを踏み込むときと同じように、

全開の状態から、少し時間をかけて、アクセルを抜いていくのです。

 

それでも、荷重はフロントに移りますから、クルマは、どんどん曲がっていきます。

 

で、ある程度、曲がりだすと、アクセルは、踏み込むほうに変わりますので、

⑥コーナーのアプローチから、アクセルは、

 

全開  →  だんだん閉じる(全閉にはならない)  →  だんだん開く

 

といった感じになります。

 

 

ライン的にも、⑦コーナーでは、コースの真ん中あたりまでしか膨らないようにして、

⑧コーナーにアプローチ。

 

 

アクセルを短く全閉にして、フロントに荷重を移し、

⑧コーナーのクリップを取りに行きます。

 

 

41

 

 

また、⑧コーナーイン側の縁石も、

スプリングレートによって、利用するかしないかを決めますが、

激しく、左から右へ、Gフォースが変化するタイミングで、縁石がやってきますので、

エキスパートになるまでは、ちょっと控えた方が、無難かな と、思います。

 

 

そして、クルマの向きが変わったら、アクセルを踏んで、

⑧コーナーを立ち上がります。

 

 

立ち上がる位置は、アウトの縁石が終わって、

コースの外の地面が掘れているあたりに、立ち上がれれば、BEST です。

 

 

それから、短いストレートを走り、最終コーナーに向かいます。

 

 

51

 

最終コーナー(⑨コーナー)の手前で、ギアは、 3速へ、シフトアップしますので、

ブレーキングと同時に、3 → 2 と、シフトダウン。

 

 

フロント荷重をうまく使用し、⑨コーナーを、「クルッ」 と、曲がります。

⑨コーナーのイン側縁石は、かなり高く、絶対に、タッチは、NGです。

(クルマが壊れます・・・・・・・・)

 

 

このコーナーのポイントは、

 

ブレーキングの位置が、上りになっていることから、コーナーの中にスピードを

持ち込むことが、とっても難しんです。

 

自分では、飛び込んだつもりでも、コースが上っていることから、

コーナーの手前で、減速が終了し、どうしてもボトムスピードが落ちてしまいます。

 

 

でも、それを見越して、思い切って飛び込むと、

今度は、どうしてもブレーキリリースが遅れ、アンダーステア となりやすいコーナーなのです。

 

 

 

ですから、このコーナーのポイントは、思い切って飛び込んで、

ブレーキリリースを早目から行うこと です。

 

すると、上りが効いて、うま~く SPEED が、合ってくれるんですね~。

 

 

こうなると、クリップ付近まで、うまく SPEED を 持って進入できますので、

荷重が効いて、コーナーの中で、「クルッ」 と、曲がって、くれるのです。

 

61

 

 

また、立ち上がりの ⑩コーナーの縁石は、このコースで一番危険な箇所です。

 

向きが変わった状態で縁石に乗っても、まったく問題ありませんが、

コーナーの中で、向きが変わる前に、

強引にアクセルを踏んだ状態 (通称 アンダーステアライン) で、縁石に乗ると、

 

アッという間に、オーバーステアとなり、イン側に巻き込み、

コンクリートウォールに、撃沈・・・・・・・と、なってしまいますので、

くれぐれも、ご注意を!

 

 

 

 

と、いうことで、田中の 36秒2 の動画を どうぞ!!

 

 

 

 

 

 

少々画像は悪いですが、

ドライバーの込みの画像は、こちらでどーぞ!

 

 

 



 

 

 

 

以上、FSWショート の攻略法でした!

勝手に「道場破り」 Vol 7  in  FSWショート(セットアップ編)

2011年05月26日(木)

 

 

先日行った、FSWショートの開発テスト。

 

気温も高く、タイヤもAD08 でしたので、かなり不安ですが、

勇気?を持って、道場破り に登録したいと思います。

 

コースは、A1 B3 C2 

ラップタイムは、36秒2 だったのですが、

もし、道場破りになってない場合は、ご一報いただけますでしょうか?

 

潔く、引き下がりますので・・・・・・・。

 

条件は、ノーマルエンジンのNAで、お願いします。

 

 

 

 

まず、今回の持ち込みは、

 

ホイール         前後 BBS(シルバー市販品)   7.5J 16インチ +46

タイヤ           前後 ネオバ AD08   215-45-16

 

内圧           F:2.7 R:2.9 (温間)

ホイールスペーサー  F 10mm  R なし

リヤスタビ        TMトーションビーム & 38φスタビ

 

スプリング        F:65-07-600   R:60-06-700

ダンパー 減衰     F:MAX 5戻し    R:MAX 8戻し 

ブレーキパッド       F 04M  R 88B 

車高            F 603 R 585 (フェンダーアーチ ~ 地面)

トー             F  OUT 0:15   R    0:00

キャンバー        F  5.8度   R  並盛  

 

といった感じでした。

 

 

走り始めて、思ったことは、オーバーステアが強い・・・・・。

特に、1コーナーの先と、B3 コーナーの中で強い・・・・・・。

 

 

ということで、リアのキャンバー変更。

 

 

キャンバーシムを

並盛  →  大盛り

 

 

にしました。

 

 

 

すると、

オーバーステアは、ピタリと収まり、ラップタイムも上がりました。ハイ。

 

A1 B3 C2  ルートの場合は、やっぱ、大盛り の方が、マッチングしますね。

 

 

 

 

まぁ~、その他の箇所は、大きな問題になるような部分もなく、

開発テスト(とある物の比較)と、いうこともあり、持ち込み状態を KEEP しました。

 

 

 

また、今回の持込みSET では、縁石は利用できません・・・・。

1コーナーのイン側も、B3コーナーの出口イン側(左の縁石)も、

ノータッチで走らないと、タイムが出ませんでした。

 

 

もう少し(あと30%ぐらい)、スプリングがソフトなら、

ガッツリとイン側の縁石を使用したラインになるかと思われますが、

F 600(10.7k)   R 700(12.5k)  では、やはり、縁石に弾かれてしまいますね。

 

 

 

明日は、動画付きで、ドラテク編を解説します!

 

 

 

 

 

 

14

BILLION
VFC-eLM を GRB A型 に、装着する方法

2011年05月17日(火)

今日は、VFC-eLM を

GRB インプレッサ A型 に、装着する方法 をご紹介します。

 

 

たった今、BILLION WEB サイト ユーザーサポートに、

掲載いたしました。ハイ。

 

 

 

配線方法をカンタンに説明いたしますと、

VFC-eLM から出ている配線を

下記のとおり、結線します。

 

 

赤 ・・・イグニッションONにて12V

黒・・・ボディーアース

白・・・専用水温センサー(付属品)

白/黒・・・専用水温センサー(付属品)

緑・・・ECU 「FN1」へ接続

青・・・ECU 「FN2」へ接続

黄・・・ボディーアース

橙・・・スモールライトONで12V

 

 

ECU  「FN1」 「FN2」 の場所は、

こちらでご確認ください。

 

 

 

と、いうことで、

GRB インプレッサ A型 には、

VFC-eLM が、装着できますので、

みなさん、よろしくお願いします!!

 

 

 

 

0342_v011

 

 

 

B型 C型 に関しましては、

確認が取れ次第、WEB サイトに掲載しま~す!

BILLION
5/28-29は、SA 京都ワンダー店で、BIGイベントです!

2011年05月06日(金)

関西圏のみなさん、大変お待たせいたしました。

今月末、いよいよ、TMインテークBOX  が、SA京都ワンダー店に、上陸します。

 

 

 

そうです、TM-SQUARE だけの単独イベント 

名付けて、 「TM コレクション」  in  京都ワンダー  なのであります。

 

 

 

日程は、5月28(土)、29日(日) の両日。

開催時間は、10:00~20:00 

会場は、スーパーオートバックス 京都 WOOW ワンダー シティー 3F 特設会場

となります。

 

 

単独イベント だけに、TM-SQUARE も、ZONE も、HYPERCO も、

今回はスゴイ内容ですよ~。

 

 

 

では、ご紹介しましょう。

 

 

 

 

 

① TMインテークBOX が、驚きのセットプライスに!

 

正式発売前の TMインテークBOX を驚きのセットプライスにて、販売します。

通常価格(というか、まだ正式発売してないちゅーの)、

 

 

インテークBOX    →  ¥58,000

エアインテーク    →  ¥19,000 

 

 

のところ、

先行予約を行っていただけると、

 

 

先行予約特別価格

インテークBOX のみ   →  ¥60,000 (工賃込み!)

インテークBOX + エアインテーク  →  ¥80,000 (工賃込み!)

 

という、ステキなプライスに!!

 

 

 

それから・・・、

すでに、TM ECU をご使用中の方には、

 

イベント特権でもある、インテークBOX 専用 ECU データへ 無償にて、

書き換えも行います。

 

 

注  

TMインテークBOX は、既存のTM ECU データ ならびに、

純正 ECU データに、 完全対応していますので、 

インテークBOX のみの交換 で、まったく問題ありません。

 

インテークBOX 専用 ECU データ は、

まさに、田中の趣味で作った データ ですので、

インテークBOX 装着時に、必ず使用しなければならないものではありません。

 

 

 

また、このタイミングに、TM ECU もやっちゃいたい! という方には、

 

 

インテークBOX + TM ECU  →   ¥126,000 (工賃込み!!)

インテークBOX + 

エアインテーク + TM ECU  →  ¥144,000 (工賃込み!!)

 

 

という、スーパープライスで、ご対応いたします。

(もちろん、インテークBOX 専用 ECU データ を 書き込みます)

 

 

 

 

p13604291

インテークBOX

 

 

 

 

 

 

 

 

p13604681m

エアインテーク

 

 

 

数に限りがございますので、

可能な限り、事前予約 をお願いいたします!

(上記プライスは、すべて、事前予約特別価格です)

 

 

 

 

もちろん、

TM ダンパー

ピロアッパー マウント

キャンバーシム

トーションビーム

バッフルプレート

サクラム管

LSD  等々も、たくさん持ち込みます。

(み~んな、オドロキの工賃設定です!)

 

 

 

それから、エアロ/ボンネットも、当日ご成約いただきますと、

塗装、取付け工賃が、ハンパないです・・・・。

 

 

しかし、やりますよね~、S田さんは・・・・。

よく、社内稟議が通リましたよね~。

 

 

 

 

 

② ZONE フェアー 開催!

 

 

強気の? 定価販売が売りの ZONE ブレーキパッド。

でも、今回は、イベントの2日間に、ご成約いただきますと、

なんと、全車種(輸入車、レーシングキャリパー含む)、

20% OFF  なのです。

 

 

ご来店いただき、使用用途、現在使用中のパッド状況を教えていただいた上で、

摩材をガッツリ 田中と打ち合わせ チョイスしていただけます。

 

 

それに、またまた、S田さんの スペシャル工賃が・・・・・・。

 

 

なんと、当日、ご成約いただいた ZONE ブレーキパッドは、

装着時の工賃が、 通常 ¥10,500 のところ、

¥4,200 です(もちろん、フロント/リア のセット価格)。

 

 

 

それに、ブレーキフルードも同時交換の方は、

BILLION のフルードに限りですが、 

 

 

ブレーキパッド フロント/リア  +  フルード交換 で、

な、なんと、工賃が、¥6,300 !!

 

 

マジ ありえない、工賃設定・・・・・・・・・。

 

ZONE が、20% OFF に加え、この工賃設定ですから、

これは、BIG チャンス としか言いようがありません・・・・・・・・。

 

 

 

 

それから、まだあります!

 

これは、スイフト オーナー への企画となりますが、

岡山国際/鈴鹿ツイン/セントラル で、田中が合わせ込んだ、

 

 

F  10F/04M 

R    88B

 

 

という、3点セットで、¥48,000 という すごいセットプライスもあるんですね~。

 

岡山国際  F 10F  R 88B

セントラル F 04M  R 88B

鈴鹿ツイン(Gコース)  F 04M  R 88B

 

で、マッチング ◎ です。

 

 

正直、今まで、ZONE を これほどのプライスでは、販売したことないです・・・。

 

 

 

 

 

③ HYPERCO フェアー 開催!

 

これまた、定価販売が、常識化しつつある、HYPERCO を、

全アイテム 15% OFF で販売します!

 

 

こちらも、ご来店いただき、現在使用中のスプリングに対するコメントと、

セットアップの方向性をお聞かせいただければ、田中が責任を持って

HYPERCO スプリング のチョイスをお手伝いします。

 

 

で、こちらの工賃も、スゴイことに・・・・・・。

 

 

スイフトなら、

 

フロント  通常 ¥19,950 (アライメント付き)   →   ¥10,500

リア    通常  ¥6,300               →    ¥4,200

 

にて、ご対応可能です!

 

 

おまけに、ピロアッパーを同時交換される方は、

な、なんと、この価格(追加工賃 0円!)で、OK だということになりました!!

 

 

また、スイフト以外の車種は、

お手数ですが、お店までお問い合わせくださいね。

(いずれにしても、スゴイ 工賃設定です。ハイ。)

 

 

すべての お問い合わせ、ご予約は、

 

 

スーパーオートバックス 京都 WOOW ワンダー シティー 

 

 

スポーツ担当の 杉田さん 米津さん まで!

 

 

 

 

TMインテークBOX 関西圏 初上陸記念

「TM コレクション」  in  京都ワンダー  にて、

みなさんに、お会いできること、楽しみにお待ちしておりまする~。