86 本庄サーキット 開発テスト →  長野美食倶楽部!

2015年09月16日(水)

 















 昨日は、雨の合間を縫って、

86 を 本庄サーキットに持ち込み、開発テストをやっておりました。

(じつは、いままで、3回も雨でリスケになっておりました・・・・・・)






















で、メンバーは・・・・・、


こちらのお方と・・・・・・、

















こちらのお方でございます!

















そうです! これが噂の ダブル匠・・・・(笑)
















そんでもって、テスト内容は、











こちらと・・・・・・、


















こちらの・・・・・・、

















オイルの最終仕様確認!

(そうです、いよいよ、最終仕様!!)
























いや~、ついに完成しましたよ~!

究極の FR用ミッションオイル & FR用 2つ目のLSD オイルが!!














それから、こちらの開発も、まだまだ、続いてますね~。

































で、調子に乗って、6セッションも走ってたら、





このタイヤが・・・・・、


















こんなに、なっちゃいました・・・・・・・。





















ちなみに、今回のテストには、足回り関係がなかったので、

田中ミノルのリクエストにて、RE-71R の内圧に関して、

徹底的に、テストを行ったのであります!



(近々、ブログアップしてみたいと思います。

あっ! REV SPEED の発売後ですよ・・・・!!)

















それから、それから、

昨日の最終セッションは、なんと、

田中たった一人の走行だったのであります。

(完全貸しきり状態!!)







 (最終ラップは、PIT に入った時のラップタイムです)









しかし、まぁ~、几帳面?な ラップタイムですよね~(笑)























で、テスト終了後!


長野県、某所まで移動して、

某社の H氏 & A氏 と、

美味しいものをいただいてきました!!



















いや~、もう秋ですよね~。

遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

(しかし、まぁ~、とっても、濃い一日 で、ございました)










さぁ~、早く、開発のレポートを佐藤さんに提出しなければ・・・・・・・・。

BILLION
開発テストの内容公開! 

2015年02月13日(金)


76a04c82802p16




















今日は、ずっと・・・・、

先日の開発テスト (86 & 本庄ね!) レポートを作っておりました。



















でも、まぁ~、開発テストって、基本、極秘ですよね・・・・・・・。






だって、どのメーカーが、



いま、何を開発しているか・・・・・・とか、

どこまで進んでいるか・・・・・・・とか、

どんなやり方で、開発をしているか・・・・・・・というのは、



当たり前だとは、思いますが、秘密ですよね・・・、やっぱり。











でもね・・・・、これを秘密にしちゃうと、

佐藤さんが、どれほど、田中を 「こき使って」 いるか、

きっと、みなさんには、伝わらないと思い (笑)

349fa29da931














先日、行いました 本庄テストの内容を 公開してみたいと思います!

(勇気あるでしょ!!)













まず、テストは、2015年2月10日 本庄サーキットにて、

田中 & 3名 で行いました!







d9c57f7def4


(一番右のお方は、某メーカーの開発のお方でございます)

(お付き合いありがとうございました!!)









で、田中も佐藤さんも、元々はレース界出身ですので、

レーシングカーの開発と同じスタンスで、

ガッツリと、スケジュールを立てて、テストを行うのですが、



まぁ~、佐藤さんは、欲張りなのであります・・・・・・。ハイ。







このテストでは、主に、



○ ミッションオイル (BILLION OILS FR 専用 ミッションオイル)

○ LSD オイル (BILLION OILS FR 専用 機械式 LSD オイル 80w-140)

○ ブレーキパッド (ZONE 86 専用 サーキットパッド)




の評価がメインだったのですが、











佐藤さんが作ったスケジュールは・・・・・、












なんと・・・・・・、












こんな感じでした・・・・・・・。








79cb3acdf65

(ありえない・・・・・)














では、順番に解説しましょう!








まずは、ミッションオイル。


最初に使用する(通称、ベンチマーク) は、

FR用 ミッションオイル として、とっても評判の良い 某外国製の高級オイル。





このオイルで、2セッションを走り、

温度変化によるシフトフィールの変化 をコメントします。




また、このタイミングに、

その後、評価が的確に行えるように、クルマのセットアップを行います。

(この日は、内圧調整だけで、開発テストに突入でした)








で、フラッシングを行い、

試作品である T4(コード205) に交換。








dec32ce4da6









このオイルは、2年に及ぶ開発によって、

現在のところ リリースに一番近い試作品です。

(でも、まだ、やらなければならないことが、あるんです!)






あっ、もちろん、フラッシングを行う理由は、

前のオイルが残っていて、

的確に判断ができなくなることを 嫌うからであります。ハイ。

(テスト時、フラッシングは、次に使用するオイルにて必ず行います)










で、今度は、86 ワンメイクレースで実績のある、他社品 D に交換。










こちらも、ガッツリ評価して、


お次は、T4(コード305) に交換。







これが、今回持ち込んだ、BILLION OILS の新しい タイプの試作品です。

まぁ~、ひと口に 言えば、低温時の粘度を下げたタイプですね。

(あっ、言っちゃった・・・・・・)






ちなみに、ミッションオイルに関しては、

ベース オイルの選択や、添加剤配合に関しては、すでに開発が終了しており、

現在、粘度設定の最終段階でございます。ハイ。









そして、最後に、T4(コード405) に交換。

(こちらも、BILLION OILS の試作品です)








5e664d70647








で、各項目を10段評価としたポイント表と、各種コメントを記入して、

決定した、ミッションオイルの 田中評価は、



他社品 A   <   T4(コード305)  <  他社品 D  <  T4(コード205)  <  T4(コード405)




といった順位となりました。




でもって、各オイルを 0.5L 抜き取って、成分分析をかけて、

オイル内にどれぐらいの金属が混入しているかを確認します。


(そうです! この分析で、内部の磨耗状況が、明確にわかるのであります!!)





















同様に、LSD も・・・・・・、

まずは、ベンチマーク FR-780 (80w-250) を使用。




こちらは、すでに、開発済みの 

FR 機械式 LSD 専用 デフオイル です。 










でもって、フラッシングして、

75W-140 (コード BR120) に交換。

(BILLION OILS の試作品であります!)

4349ed8d0181















またまた、フラッシングして、

75W-140 (コード BR140)
に交換。

(こちらも、BILLION OILS の試作品です!)

3dcebaa1ec92














で、最後に、より的確な評価になるように、

もう一度、ベンチマークに戻すという徹底ぶり・・・・・。


さすが・・・、Sato Style・・・・・・。







そして、田中が思う 

FR 機械式 LSD 専用 デフオイル の評価ポイントは、

なんと言っても、安定した、トラクション性能です。



温度変化に強く、超高温になっても、

リニアに、そしてシッカリ、LSD ディスクが、ロックできるかどうかを中心に、

各項目ごとに、ポイントとコメントを記入して、決定した田中の評価は、







75W-140 (コード BR140)  <  75W-140 (コード BR120)  <  FR-780 







という結果となりました。


(いや~、改めて、FR-780 の凄さを再確認したのでありました・・・・・)

(まだまだ、頑張らなくては・・・・・・・・。)
























そして、そして、ブレーキパッドは・・・・・・、






まず、ベンチマークは、

86/BRZ ワンメイクレース で、実績のある 某社製のブレーキパッド使用。

(いったい、今まで、何セット買ったんだろう・・・・・・笑)











それから、

F IP327   R 152S

(共に、ZONE の試作品) に交換。










でもって、お次は、


F RS275   R 152S に交換。

(もちろん、ZONE の試作品  リアは、KEEPです) 






f121c2f43410










ここから、怒涛の ZONE 試作品攻撃。





F RS275   R RS224





F RS224   R RS224





F RS224   R RM3


(R RM3 は、予定にはなかったのですが、試作品を持ち込んでいただきました!)





と、続きました・・・・・・・・・・。

c12ed5ad91111














もちろん、こちらも、ポイント表によって、細かく各項目を評価。


ちなみに、今回のテストで、BEST の組み合わせは、

最終セッションの F RS224   R RM3 でした。



RM3・・・・・、凄すぎる・・・・・・!)












そうだ!ブレーキパッド開発に関しては、

パドック動画がありますので、どーぞ!

 

 

 

 

 

150210 パッドテスト ①

 

150210 パッドテスト②

 

150210 パッドテスト ③

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁ~、



ミッションオイル

LSD オイル 

ブレーキパッド




といった、3つのアイテムを同時進行で、

次から次へと、センサーの感度を Max にして、

評価するのですから、

本当に、フラフラになってしまいました・・・・・・・・。









おまけに、7セッション 130 Lap ですからねぇ・・・・・・・・・・・。









ということで、本日のブログは、

弊社の開発現場と、佐藤さんの欲張り具合を みなさんにお伝えいたしました!










もちろん、本編の内容、ぜひ、ご内密に・・・・・! (笑)

BILLION
2015 -02-10 本庄サーキット テスト!

2015年02月10日(火)

p142



















いや~、走りました・・・・・・・。

佐藤さんの 言い付けで、なんと、7セッションも・・・。












も~、ヘロヘロでございます。ハイ。










3a79eabbce21













ということで、詳細は、明後日に!













しかし、まぁ~、佐藤さんのメニューは強烈です・・・・・・・。

この欲深さ、まさに、Sato Style・・・・・・。










BILLION
2014 開発テスト in FSW ショート!

2014年03月24日(月)

 













いや~、みなさん、

3連休 いかが、お過ごしだったでしょうか?







田中は、健康的に、

ラティオスと、山歩き に行ってました!


















でね・・・・・、

最初は、良かったんですよ・・・・・・・。





















ところが、歩き始めて、すぐに、やな予感・・・・・・。




















そう言えば・・・・・・、

都内では、すっかり雪も融けていますが、

ここには、まだ、たんまりと・・・・・・・・・・・・・。






と、とりあえず、ラティオス・・・・、

行ける所まで、行こう・・・・・・・・。





















でも、雪は、どんどん深くなり・・・・・・・・・、



















4駆の ラティオスには、まったく、かなわない・・・・・・・。















そして、いよいよ、

2駆 の田中では、進めない 傾斜となり・・・・、

途中リタイヤ・・・・・・、となりました・・・・・・・。












でもね・・・・、素晴らしいトラクションを発揮する 

ラティオス にも、激闘の跡が・・・・・・・・・・・・・・。



















で、あんた、いったい、何をたくさん付けてるの?? 

杉の葉 コレクター??? (笑)














ということで、

最後までは、登れませんでしたが、

一人と、一匹で、健康的に、楽しんできました!






























でもって!

本日は、FSWショート にて、

3ヶ月限定デモカー 初のサーキット走行であります!
























 内容は・・・・・・、















スプリングレートの合わせ とか・・・・・、



















ブレーキパッドの適合 とか・・・・・、











そして、現在開発中の 


BILLION OILS
  FR 用 ミッションオイル
 と、

(本日は、2種類の試作品を持ち込みました!)















BILLION OILS  FR 用 LSDオイル!!


(本日は、4種類の試作品を持ち込みました!)
















ストリートで、ガッツリ開発をかけて、

いよいよ、サーキットテストが、始まったのであります!

(ね、超マジメに、開発やってるでしょ!!)














ということで、86 の詳細 (セットアップの方向性等々) は、

テストレポートをまとめて、ガッツリと、86/BRZ オーナーのみなさんに、

リークしますので、乞うご期待でございますよ~!














86をサーキットで、はじめて走らせた

(ホントは、はじめて じゃないけど・・・・・・笑)

田中のインプレッションは、




「走っていて、まったく、恐怖を感じない FR」 
でしたね~。





本当に、上手に作られた クルマだと、あらためて感じました。
















さぁ~、明日は、大阪出張だ!

ZONE
ブレーキの開発は、奥が 深~い!

2013年04月08日(月)


少々前の話になりますが、

本庄サーキットにて、アドバンフェスタ秋の陣 が

開催されましたよね。

 

 

 

r13960451

 

 

じつは、走行できるイベントということで、

ブレーキの開発テストも兼ねて、走行していました。

 

 

でね、なにをやっていたかというと、

本庄サーキットで、ZONE ブレーキパッドの

05K と 04M の比較をしてたんですね~。

 

 

本庄サーキットは、スイフトで、今までありえないぐらいの周回をしており、

その中で、田中が出した結論は、

 

F 05K  R 88B

 

のマッチングです。

 

 

なんといっても、本庄サーキットで、

一番厳しいブレーキングは、間違いなく、1コーナー。

(だって、車速が高い状況からの フルブレーキングですから)

 

 

その1コーナーに、必要な制動力を合わせ込んだ結果、

F 05K  R 88B のチョイスとなりました。

 

 

でも、本庄サーキットには、他にもブレーキを踏む箇所があり、

そこでのブレーキングは、1コーナーよりやさしいブレーキングです。

 

 

ということで、今回のテスト課題は、

ブレーキの制動力を一番厳しいところで合わせるのではなく、

2番目、3番目に厳しいコーナーに合わせたら、

クルマの旋回性能に、どれぐらいの違いがあるか、

確認しておきたかったからなのです。

(ホント、マニアですよね~)

 

 

 

でもって、まずは、

F 05K  R 88B で走り始めました。

 

フィーリングとしては、「良く止まり、良く曲がる」 です。

 

15ラップぐらい、連続アタックを行いましたが、

真夏の強烈な日差しの中、ラップタイムは安定し、

ブレーキのバランスも、まったく不満がありませんでした。

(当たり前ですよね~、今まで、頑張って合わせ込んだんですから!)

 

 

 

 

そして、

フロントパッドのみ、04M に交換です。

 

 

 

 

r13959941

 

 

 

 

で、走り始めてみると・・・・・・・・、

 

 

 

「やっぱ、止まりませんでした・・・」

 

イメージ的に、05K より、

5m ぐらいは、手前から、ブレーキを開始しないと、

減速が、間に合いません。

(同じところからブレーキを踏むと、踏力が上がりすぎて、

すぐに、フェードしますので、ご注意を!)

 

 

「うっ~ん、やっぱ厳しいか・・・・」とは、

思いましたが、とにかく、連続周回してみることにしました。

 

 

すると・・・・・・、

 

 

「異常に曲がるんです!!」

 

 

1コーナーも、折り返しのヘアピンも、

奥のヘアピンも、最終コーナーも、

ブレーキを踏むコーナーでは、驚くぐらい、クルマが曲がります。

 

 

特に、クリップに向かう途中、

ブレーキリリースの後半での曲がり方は、ハンパない位です。

 

 

結果、ブレーキの開始ポイントは、04M の方が早いにもかかわらず、

ラップタイムは、まったく同じでした。

 

 

いや~、ブレーキパッドって、ホント、奥が深いですね~。

 

 

 

田中のブログを読んでいただいている みなさんなら、

なぜ、04M の方が良く曲がるのか? は、

理解されていると思いますが、

 

ちょこっと、解説すると、

 

タイヤのグリップには、

タテ方向のグリップ(ブレーキ/トラクション)と、

ヨコ方向のグリップ(コーナリングフォースに耐える力)があり、

これら、2つのグリップは、混在させてもOKです。

 

 

たとえば、「10」 というグリップをタイヤが持っていれば、

それを、タテとヨコに割り振って、使用することができます。

 

で、なぜ、04M は、「良く曲がったのか?」を解説すると、

ブレーキをリリースしながら、クリップに向かうタイミングで、

04M は、05Kより、効きがやさしい分、

タイヤのタテ方向のグリップをあまりたくさん使いません。

 

 

と、言うことは、ヨコ方向に使用できる、グリップが多い分、

クルマは、曲がってくれたのです!

 

 

詳しくは、ZONE WEB サイト

タイヤのタテとヨコの関係 参照

 

 

いや~、いつも自分で書いているドラテクですが、

今回のブレーキテストで、まさに、その「キモ」の部分が、

再確認できました。

 

 

今回の 効きと、コーナリングスピードの関係を

図解すると、こんな感じです。

 

 

 

 

e58ab9e3818de381aee5bcb7e38195e291a0

 

 

 

 

 

 

ブレーキの効きに関しては、

「大は小を兼ねない!」 ということを

理解していただければ、嬉しいです!

 

(効きすぎのブレーキパッドで、苦労しながらタイムアタックしている人、

かなりいると田中は思いますよ~)

 

 

 

しかし、ホント ブレーキは、奥が深いですね~。

 

 

 

そして、そのニーズに、対応できる、「ZONE」 は、

タイムアタックの 心強い味方です!

 

 

 

 

new1

 

 

 

 

国産車、輸入車、レーシングキャリパーと、

どんなバックプレートにも、16種類の摩材で完全対応します!!

 

 

 

ZONE WEB サイト

 

 

 

なんだ・・・、

最後は宣伝かよ・・・・(笑)

ZONE
今週から、仕事に復帰です!

2010年02月08日(月)

療養も終わり、

今週から、仕事復帰です!

 

まだ、絶好調には程遠いですが、

仕事は、山積み・・・・・・。

 

ということで、今週から、

元気に?仕事へ復帰しました。

 

 

でね、今日は、

療養中に、思いついた

2つアイデアを実行するため、デザイナーと

いろいろ打ち合わせを行ってます。

 

 

両企画とも、みなさんとの

距離が、ググッと、近くなり、

きっと、楽しい企画になると

思いますね~。ハイ。

(クスクス・・・)

 

 

 

さぁ~、復帰早々ですが、

明日は、本庄サーキットに出張です。

 

Z33用に

ZONE の専用摩材を

取扱いいただいている、

SA浜松の鈴木さんが、

今度は、のZ34用をバリエーションされるので、

その開発テストで、出動となりました。

 

 

マニアな木下みつひろ選手?に、

納得いただけるよう、

また、新しい摩材も作りましたので、

準備は万端!

 

 

病み上がり & 極寒の中

明日も元気に、頑張ってきます!!

ZONE
筑波2000 テストは・・・・・。 ②

2009年05月22日(金)


昨日のブログで、

ブレーキのこと書くの忘れてました・・・。

 

今回の筑波テストへ、

持ち込んだブレーキパッドは、

05K という新摩材。

 

そう、03C と 08H の

ちょうど、中間になる摩材です。

 

で、気になるマッチングは・・・、

◎ でした。

 

筑波2000 & ZC31S の

ラジアルなら、

バッチリ、マッチングします。

 

近々、筑波2000、本庄サーキット、

エビス西、鈴鹿、菅生 あたりを

走行予定の

スイフト乗りのみなさん、

どーぞ、よろしくお願いいたしますね。

 

まだまだ、WEBサイトにも

登場していませんが、

お店や、WEBの注文画面で

「05K」 って、言っていただくと、

ちゃんと、対応できますので。

 

もちろん、スイフトだけじゃなく、

すべてのバックプレートへ

リリースOKです!

 

また、気にされる人は、

気になる?

ホイールの汚れは、

こんな感じです。

 

e38396e383ade382b0e38080090414-046

 

15分×3回 と、

東京から、約70kmの移動での

汚れです。

(長谷川が出発前に、

ちゃんと、掃除をしていたらですが・・・)

 

 

さあ、明日は、

物流倉庫で、会社の

BBQ(バーベキューね)だー。

 

では、また!

ZONE
明日は、筑波2000 で開発テスト

2009年05月20日(水)


 

 

明日は、あるパーツの開発テストにため、

筑波2000 に出没予定です。

 

 

 

 

 

どんなパーツかはまだちょっと言えませんが、

うまくいけば今年の暮れぐらいには、

リリースができる可能性がある、

 

そう、あるパーツです。

 

 

 

 

その準備のため長谷川は朝から

 

「45分間しか女を愛せない男」

 

のガレージまで外出。

 

 

 

 

誰だか気になる人は、こちら をどーぞ。

 

 

 

 

明日は天気も、なんとか持ちそうなので、

新パーツのポテンシャルを

バッチリと確認してきたいと思います。

 

 

 

 

では、

 

たまたま、今回のテストのセッティングシートが

手元にありますので、

明日のサスペンションの仕様をお伝えしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、スプリングレートは、

 

 

フロント

ID65  7インチ 700ポンド (12.5kg/mm)

リア

ID60  6インチ 700ポンド (12.5kg/mm)

 

 

もちろん、両方とも、ハイパコ です。

 

 

 

で、リアのスタビは、

思い切って、40φで、持ち込みます。

 

 

 

キャンバーは、

 

 

フロントが 3’45 ネガ。

リアは、2’30 ネガです。

 

 

 

あと、タイヤは、

 

ネオバのAD08 。

 

 

 

ブレーキは、

 

フロントが、ZONE の開発品で、

03C と 08H の中間になる摩材。

(もうじき、リリースしま~す!)

 

リアは、ZONE の88B です。

 

 

 

 

 

気温が高いので、

ラップタイムは期待できませんが、

バッチリと、ロガーでデータを取って、

今回の秘密兵器の実力をデジタルに比較したいと思います。

 

 

 

 

さあ、何秒が出るか、

 

 

楽しみです。