TMダンパー SPEC2 噂の真相!

2019年01月31日(木)






さぁ~、いよいよ、田中ミノル 念願のプロジェクトが、
スタートするまで、秒読み段階となりました!!




そう! 田中の夢だった、
完全内製のTM-SQUAREダンパーキットが、
あと少しで、リリースされるのであります!!!




では、詳しくお伝えしましょう!




足回りのセットアップには、かなりの自信を持っている
田中ミノル & TM-SQUARE ではありますが、
我々には、大きな問題点がありました・・・・・。




その問題点とは、「納期」であります。




元々、TM-SQUARE のダンパーキットは、
スーパーGT時代に、
同じ釜の飯を食ったダンパーエンジニアの高橋和行氏に、

スイフトスポーツに完璧に適合する
「田中が考える理想の減衰力とフリクションにてダンパー を作って欲しい」
と、製造を依頼したのが約10年前。




以降、たくさんのダンパーキットを、
ZC31S & ZC32S オーナーのみなさんに、ご購入いただきました。




でも・・・、

プロジェクトがスタートして数年は、良かったのですが、
高橋さんの人気は、どんどん上昇し、
スーパーGTや、スーパー耐久に参戦している
多くのレーシングチームが、「高橋ダンパー」
使用するようになったことから、我々のダンパーを組む時間がなくなり、

元々、月に2台分だった生産量が、
2ヶ月に1台分となり・・・・・・、
3ヶ月に1台分となり・・・・・・、

最長、オーダーを受けて、 9ヵ月後に 納品ができたという
お客様もいらっしゃいました・・・・・。
(本当にお待たせしました)




まぁ~、いくら、田中自慢の  減衰力とフリクション を誇る
「高橋ダンパー」とは言え、やはり、9ヵ月後の納品では、
とっても、心苦しかったので、以降、受注をSTOPしていたのが現状です。




それでも、みなさんから、多数の引き合いをいただきましたので、
高橋さんに相談して、

「高橋さんが監修して、弊社の社内でダンパーを組めるようにして欲しい」

とお願いしたところ、快く承諾いただき、
今回のプロジェクトがスタートしました!




そうです、「ダンパーを完全内製で組み上げたい!」という田中の夢に、
大きく一歩、近づいたのであります!!




それから、高橋さんの指示にて、弊社、南町田ベース内に設備を入れ、
複数回、泊りがけで高橋先生に、指導に来ていただきました。
(シーズンオフとは言え、かなり、強引に時間を作っていただき、
ありがとうございました!!)




そして、阿部ちゃん & コダマ君 にて、
何度も組み上げては、ダンパーテスターでチェックして、
またバラシを繰り返し、 徹底的に、技術を導入いただきました。




やっぱ、昔の仲間は、イイね~!  あざ~す!!




鬼コーチぶりを発揮! (笑)




でも、ポイントとなる部分は、ガッツリ教えていただきました!




やっぱ、職人技でしたね~!!




真剣にレクチャーを受ける 阿部ちゃん & コダマ君




最初は悪戦苦闘の阿部ちゃんでしたが・・・・・、




やっぱり、レーシングメカニック!




あっという間に、スペシャルテクニックを習得!








でもって、今年の1月中旬に、
やっと、高橋先生のお墨付きをいただくことが出来たのであります!!




ですから・・・、
これから販売する、TM-SQUARE ダンパーキット SPEC2 は、
すべて、南町田ベースにて、一から組み上げるシステムとなります!




ちなみに、SPEC1 に使用している部品の中には、
もう入手できないものが多々ありましたので、
今回の内製を機に、使用するパーツも、リニューアルして製造するのが、
TM-SQUARE ダンパーキット SPEC2 となります。




でもって、SPEC2 の細部を
ちょっとだけお見せしますと・・・、こんな感じでございます!!




シリンダーはカッコイイのですが・・・、




容器が給食のときみたい・・・・・(笑)




こちらも、小学生のとき、音楽室で見た、鉄琴のようです・・・・(笑)




で、なんと・・・・、




ダンパーオイルも、BILLION OILS!  もちろん、作りました!!




いや~、美しい・・・。




シムは、間違えて組まないように・・・・・、




高橋さんの奥様に、準備していただきました!!  あざ~す!




これは、リアですね・・・、たぶん・・・。




正立ですから、やっぱそうですね!!




ホントにちょっとだけで、すいません・・・・・(笑)




あっ、そう言えば、ピストンは、
部品(既製品)を購入するのではなく・・・・・・、

田中のニーズに合うように、
オーダーメイドで作っていただきました!!




この中に、ピストンが・・・・!




なんだか、オーダーメイド感 タップリのダンボール箱・・・(笑)




やっぱ、これは、お見せできません・・・・・・(笑)




いや~、TM-SQUARE オリジナルダンパー 
それも完全内製の SPEC2 みなさん、いかがでしょうか?




もちろん、これからは、
社内でオーバーホール対応も可能となりますので、
きっと、メチャ便利に、かゆい所に手が届く対応になると、
田中は思いますよ~!!




また、 SPEC1 ダンパーに関しては、
構成部品の中に、もう、入手できないものがあることから、
オーバーホール対応を終了させていただくことになりました。




でも、SPEC1 のカートリッジ(ダンパー単体のASSY)は、
あと数セット在庫がございますので、カートリッジ交換の対応は、
在庫がある限り、継続予定でございます。




そして、SPEC1 → SPEC2 へのバージョンアップ
(こちらもカートリッジ交換 & リアブラケットの追加購入が必要)
も、可能となっておりますので、
詳細等は、お問い合わせいただければ、ありがたいです。

(ただ・・・、まだ、 SPEC2 のプライスが決まっていないので、
バージョンアップのプライスが決まるのは、SPEC2 のプライスが、
決まってからとなります)




要するに、 SPEC1 ダンパーをバラして、内部の部品を交換する 
オーバーホール 対応は終了しましたが、カートリッジの交換や、
SPEC2 へのバージョンアップへの対応は継続となりますので、
SPEC1 ユーザーのみなさん、どうぞよろしくお願いいたします。




では、最後に、TM-SQUARE ダンパー工房
通称、「匠D工房」を動画にてご紹介したいと思います!









ということで!
近々、ZC33S & SPEC2 ダンパー のモニター募集
予定していりますので、乞うご期待でございます!!




その前に、 SPEC2 の販売価格、決めなきゃですね・・・・。

もちろん、SPEC2 ダンパーは、

ZC31S
ZC32S
ZC33S

3ラインアップにて、リリース予定となりますが、
あまり高くならないように、頑張ります!!(笑)

そして、一日でも早く販売がスタートできるように、
シッカリ準備したいと思います。




希望的観測として、2月末、
いや・・・、3月には、スタートできるよう頑張ります!




以上、TMダンパー SPEC2 噂の真相! でした!!

本日は、ダンパーテスターにて、全数チェック!

2019年01月30日(水)






本日は、コダマさんが、社内で組み上げたダンパーを
高橋さんの工場に持ち込み、全数チェックしております。




でも、まぁ~、
あの ウン千万円のダンパーテスターを
こんなに長い時間、使ってたら、
恐ろしい請求が来るんじゃ、ないかと、
少々、心配になってきました・・・・・。




ということで、コダマさん、
とっとと、帰ってきて下さいよ~!!(笑)




いや~、ホント、あと少しで、スタートでございます!!!

いよいよ、始まりますよ~!!(笑)

2019年01月29日(火)






先ほど、TM-SQUARE 配管事業部の某社長が来社され・・・、








待望の量産試作品を納品いただきました!




そうです!
TM-SQUAREメンバーズの会報をお届けした みなさんは、
ご存知かと思いますが、TM-SQUARE のNEWダンパーを
現在、制作しております。




でもって、本日、配管事業部から、届いたのは、
ZC33S用のブラケット(フロント)でございます。








いや~、いよいよですね~。




あとは、リアに使用する 小さな部品が数点、出来上がると・・・、
ZC31S、ZC32S、ZC33S と、一気にNEWダンパーが登場する
予定でございます!




ということで!
みなさん! 乞うご期待!!

いや、超ご期待!!! でございます。




だって、今度のダンパーは、
田中の夢だった、「あの」プロジェクトですからね~!




本件、詳しくは、準備が整ったら、ご紹介しますね!!
いや~、楽しみだ!!!

TM-SQUARE ピロアッパー ZC33S SPEC リリースです!

2018年06月14日(木)

 
















先日、チラッとお話しましたが、

TM-SQUARE の新製品

ZC33S ピロアッパー マウント が完成しました!
























まぁ~、試作品は、昨年の末、

タイムアタックを行ったときから 装着されておりましたが、




















このたび、やっと、正式にリリースとなりました!














でもって、お値段は、





32,000円 (税込み)  となります。












ちなみに、製品には、専用レンチも、セットされております。ハイ。

























それでは、ピロアッパーマウント とは、

いったい、どんな感じ部品なのか、

田中が作成しました、解説文章 をどうぞ!









ピロアッパーマウントを装着する最大のメリット、

それは、「コーナリング中にキャンバー角が減少する症状を抑制できること」 です。



純正アッパーマウントは、ゴムブッシュとなっていますので、コーナリング中、

大きなコーナリングフォースを受けると、ダンパーの 装着ポイントが動きます。

この部分が動くと、キャンバーが戻され(キャンバー角が減少)、コーナリング中に

タイヤの接地面も減少することから、アンダーステアが強くなってしまいます。


また、ゴムブッシュである純正のアッパーマウントは、ダンパーストロークにも

悪影響を及ぼします。たとえば、ギャップへの乗り上げや、荷重移動により、

スプリングやダンパーが動く前に、純正アッパーマウントのゴムブッシュが

先に変形してしまうと、サスペンション全体としてはストロークしているものの、

スプリング/ダンパーは動いていないという状況が発生してしまいます。


そして、ゴムブッシュが変形した後に、唐突にスプリング/ダンパーの

ストロークが始まることから、「唐突な硬さ」 を感じることになります。

この症状は、タイヤのグリップをうまく引き出せないだけではなく、

乗り味、乗り心地にも、大きく影響いてしまいます。




TM-SQUARE ピロアッパーマウントは、ゴムブッシュ製の純正アッパーマウントを、

変形しないアルミブロックとし、内部にピロポールを装着しました。


アッパーマウント本体が収縮しないことから、コーナリングフォースによって、

ダンパーの 装着ポイントが動くことが回避できますので、キャンバーが戻されことが

ありません。結果、設定どおりのキャンバー角で、コーナリングできることから

アンダーステアも抑制されます。そして、ストロークの初期段階から、

スプリング/ダンパーがシッカリ動きますので、乗り味、乗り心地を向上させ、

リニアでダイレクトな、レスポンスの良いステアリングフィールを生み出します。



※ 純正のアッパーマウントでは、サスペンションとボディーの間に、

ゴムブッシュが存在するため、走行ノイズや、サスペンションの

上下動により発生するノイズの大部分を吸収します。

しかし、TM-SQUARE ピロアッパーマウントは、アルミブロック製ですので、

これらのノイズを純正アッパーマウント並みに、吸収できない場合があります。



※ 本製品は、純正アッパーマウントを使用できるダンパーには、ご使用いただけますが、

一部のダンパーには、専用のカラーが必要となる場合があります。













いや~、ZC33S オーナーのみなさん

田中のつたない解説で、ご理解いただけましたでしょうか?











また、在庫も、◎ となりますので、ご注文は下記WEBサイトより

どうぞよろしくお願いいたします!!



ZC33S  ピロアッパー マウント










ということで! 以上、

TM-SQUARE の新商品

ピロアッパー ZC33S SPEC リリース のお知らせでした!!










あっ、そうだ!

ZC31S/ZC32S にも、ピロアッパーマウントの設定はありますので、

こちらも、どうぞよろしくお願いいたします。





ZC31S  ピロアッパー マウント


ZC32S  ピロアッパー マウント

 

 

 

<ZC33S> TM-SQUARE ダンパーキット & トーションビーム インプレッション(動画)  by TM-SQUARE TV

2018年05月10日(木)

 

今回は、

ZC33S用 TM-SQUARE ダンパーキット(試作品)

ZC33S用 トーションビーム(試作品)

 

の箱根インプレッション動画です。

 

これを見れば、TM-SQUARE の足に対するコンセプトが、

明確に、ご理解いただけると思いますよ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(TMのデモカーに同乗された方は、きっと、この感覚 ご理解いただけると思いますね~!)

 

 

 

 

 

ということで!

サスペンション関連部品の開発、

頑張りたいと思います!!

 

 

ZC33S キャンバーシム 開発中! 

2018年02月13日(火)

 

 

佐藤さんが、毎日、計測ばかりやっていると聞き、

開発スペースを覗いてみると・・・、

 

 

 

 

なにやら、こんな開発品が!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや~、もう形状も決まり、

量産品の試作も出来上がってるんですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゅーことは、あとは、キャンバーの角度と、トーインの角度を

どれぐらいにセットすればよいのか・・・・・・・・、

テストで数値を決定すれば、リリースではありませんか!

 

 

 

 

 

(そうです! キャンバーの角度と、トーインの角度、2つの角度を変化させて、

不安定にならない範囲の中で、ガッツリ曲がるセットアップになるのが、

TM-SQUARE のキャンバーシムなのであります!!)

 

 

 

 

 

 

ということで、ZC33S  オーナーのみなさん

乞うご期待でございます!!

 

TM 6号車(ZC33S) に、トーションビーム装着!

2017年12月04日(月)

 

 

 

 

いや~、凄いペースでございます!

 

 

 

な、なんと!

トーションビームの試作品も、あったりします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

でもって、スタビ径が、どんどん 太くなっている様子・・・・・。

 

 

 

 

なぁ~んだ、

33って、トーションビームの剛性 ないのね・・・・・・・。

 

TM 6号車(ZC33S) に、キャンバーシム装着!

2017年12月04日(月)


 

 

 

 

 

いや~、佐藤さん・・・・・・、

なんで、こんなに、試作が早いの・・・・・・??(笑)

 

 

 

 

 

ということで、今度は、キャンバーシム です!

 

 

 





 

 

 

 

もしかすると、

佐藤さんが、2人・・・・、

いや、3人いるのかも知れない・・・・・・・(笑)

 

2017-08-16 匠工房 トーションビーム & インテークBOX & ECU!

2017年09月05日(火)

 

 

 

 

 

今回は、きっと、今まで 「匠工房」 に、ご来店いただいた回数が、

No1 と思われる ZC31S & ZC32S オーナー様が、またまた、ご来店!!

(栃木県から、ホント毎回、ありがとうございます)

 

 

 

 

 

で、作業の方は、

 

 

 

 

TM-SQUARE トーションビーム & スタビライザー

(スタビ径は、お話の上、32φをセット!)

 

 

 

 

 

そして・・・・・、

 

 

 

 

 

TM-SQUARE インテークBOX

        & 

TM-SQUARE SPORT ECU

(TMエキマニ + TMインテーク仕様)

 

 

 

を投入いただきました!

(ちなみに、インテークBOX は、かなり前に、

バックオーダーを入れていただきました・・・・、あざ~す!)

 

 

 

 

いや~、進化し続けてますね~!!!

 

 

 

 

ということで!

ZC31S & ZC32S オーナー様

今回も、匠工房のご利用、ありがとうございました!!

 

 

2017-07-19 匠工房 フライホイール/クラッチ & HYPERCO/ピロアッパー

2017年07月26日(水)

 












本日、ご紹介するのは、



まずは、都内からお越しいただいた、スイフト ZC32S オーナーさん!



















で、作業はと言いますと・・・・・、















TMフライホイール







TMクラッチカバー & TMクラッチディスク















いや~、あのピックアップの良さと、エンブレの強さ、



気に入っていただけたら、イイなぁ~!



(というか、だんだん・・・、TM色が・・・・・笑)







































そして、こちらも、都内から



スイフト ZC32S オーナーさん に、お越しいただきました!



(現在、3号車 貸し出し中!)























でもって、作業の方は・・・・、














フロント  HYPERCO  ID65-07-0350



リア    TMサーキットスプリング 410ポンド 













TMピロアッパー







ZONE ブレーキパッド





フロント  04M - TT



リア     88R













それから・・・・、













BILLION ブレーキフルード BR5






TM-SQUARE キャンバーシム 並盛 トーイン 0°40’レス











の作業も行いました!













いや~、足回り & ブレーキを中心に、



ガッツリと、仕様変更を ありがとうございました!

























以上、夏、真っ盛りの 匠工房から、



田中ミノルがお伝えいたしました!!