TM-SQUARE
TM-SQUARE ブレーキライン システム 販売開始!

2020年07月02日(木)

先日のブログでも、チラッと、ご紹介しました
TM-SQUARE の新アイテム、ブレーキライン システム が、
正式に販売スタートとなりました!

そう! 純正のゴムホースを ステンメッシュ製とすることで、
圧力(踏力)による膨張を大きく抑制するブレーキラインでございます。

ということで、今回のブログでは、
TM-SQUARE ブレーキライン システム は、いったいどんなアイテムなのか? 通常のブレーキラインと何が違うのか? どういったユーザーに向けて作られたのか? 等々、ジックリ解説を行いたいと思います。

まずは、TM-SQUARE ブレーキライン システム が使用する
ステンメッシュ ホース部 は、こんな感じでございます。

(テフロンチューブ / ステンメッシュ / 被服 の3重構造です!)

でもって!
最初に、ステンメッシュ製 ブレーキラインに交換することによる 
メリット・デメリット を明確にしておきますと、

メリット

剛性感のあるペダルフィール
コントロール性/リリースコントロール性に優れる
踏力の変化に、効きが追従
ペダルストロークの抑制

メリットは、なんと言っても「剛性感のあるペダルフィール」です。

ステンメッシュ製ブレーキラインは、フルブレーキング時の強い踏力でも、純正ゴムホースのように大きく膨張しません。ですから、ペダルストロークが少なくなり、カチッとした剛性感のあるペダルフィールを実現します。

(まぁ~、この安心感は、やっぱ、たまりません・・・)

また、コントロール性も向上しますので、ABSが介入するギリギリを狙うようなブレーキングも、とってもやりやすくなります。

そして、クリッピングポイントに向かって、ブレーキをリリースするときも、微妙なリリース側の踏力変化に、ブレーキの効きが追従。このリリースコントロール性能の向上は、まさにドラテクに直結する部分となり、大きなメリットとなります。

デメリット

装着にクォリティが要求される
サスペンションパーツ等の変更時に確認(調整)が必要
車高、キャンバー等の変更時に確認(調整)が必要
定期的なライフ管理が必要とされる

そして、デメリットは・・・、
純正のゴムホースより柔軟性が劣ること です。

この特性により、特にフロントに関しては、操舵 & ストローク により、引っ張り/座屈/ねじれ といった、ブレーキラインに無理な力が、装着状況により発生する可能性があります。

もし、的確に装着されていない場合は、
以下のようなトラブルが発生する可能性があります。

このように、操舵 & ストローク により、無理な力が加わる位置で、ブレーキラインを固定してしまうと、ステンメッシュ製ブレーキラインは、一気にダメージを受け、トラブルが発生してしまいます。

また、このトラブルは、ブレーキラインの装着時のみではなく、装着後、その車両の仕様(ダンパー、スプリングレート、キャリパー、アーム、タイヤ、ホイール、車高、キャンバー等)を変更した場合も同様となりますので、その状況に合わせて、ブレーキラインを固定(ブレーキラインの長さ調整等)を行う必要があります。

要するに、ステンメッシュ製ブレーキライン は、
「剛性感のあるペダルフィール」 や、コントロール性/リリースコントロール性に優れる といった大きなメリットがあるのですが、

純正のゴムホースより柔軟性が劣ることから、フロントに関しては、装着時、ならびにセットアップ変更時には、ブレーキライン に、無理な力が加わらないように、長さを調節して固定しなければならないという少々デリケートな部分があるのです。

そこで!
TM-SQUARE ブレーキライン システム では、ステンメッシュ製ブレーキラインのメリットはそのままに、コストとテクノロジーによって、可能な限りこのデメリットとなるデリケートな部分を排除したブレーキラインとなります。

TM-SQUAREブレーキライン システム の特徴は・・・、

剛性感のあるペダルフィール!

テフロンチューブとステンメッシュにて、膨張を抑制したブレーキラインは、やっぱ、純正のゴムホースとは別世界のタッチとコントロール性能でございます。ハイ。

安全性の高いストラットへの固定方法を採用! (フロント)

操舵やストローク、そして、ブレーキラインのスライド時も、被覆にダメージを受けにくい安全性の高いストラットへの固定方法を採用しました!!

タイラップ等の簡易固定では、車検に通らなくなった昨今。
この安全性に優れる仕様にて 新基準車検対応! となりました。

ブレーキラインの長さ配分を自由に調整可能! (フロント)

操舵やストロークにて、ブレーキラインに負担がかからない位置に固定できるように、キャリパー/ストラット間(A)と、ストラット/ボディー間(B)の長さ割合を自由に調整可能な仕様としました。

また、調整部分も、スリーブ & クリップ を使用し、利便性と安全性を向上。上記(A)/(B)の配分は、このスリーブ & クリップを移動させることで、自由に調整可能となります。

ちなみに、純正ブレーキホースには、この長さ調整機能はなく、車高やキャンバー等のセットアップ変更時は、あくまでも、ゴムホースの柔軟性による対応となります。

ストラット固定部のスライド量を自由に調整可能! (フロント)

スリーブ & クリップをスライドさせることで、ストラット固定部のスライド量も自由に調整可能となります。

スライド量 小
スライド量 大

この部分に、適正なスライド可能な領域を作ることで、安全性がより向上します。

リアのブレーキラインは、2ピース

リアは、純正と同様に、キャリパー側、トーションビーム側 の2ピースとなります。

リアのブレーキラインには、長さ調節/スライド量の調整機能はありません。
(リアは、車高の変動に対するラインの調整等は不要です)

ZC31S/ZC32S/ZC33S 各々が専用設計!

もちろん、3アイテムとも、安心の専用設計でございます!

ZC31S 専用品

ZC32S 専用品

ZC33S 専用品

いや~、いかがでしょうか?

各部にコストをかけることで安全マージンを増大させ、
車両の仕様に応じて、各部の調整を可能とし、
最適な状態で装着できる TM-SQUARE ブレーキライン システム!

ちなみに、お値段は・・・・、

TM-SQUARE ブレーキライン システム ZC31S 専用品

 フロント 1ピース (ストラット固定部に長さ調整機能あり)
 リア   2ピース
 車検対応製品保証書 付属

34,000円(税込)

TM-SQUARE ブレーキライン システム ZC32S 専用品

 フロント 1ピース (ストラット固定部に長さ調整機能あり)
 リア   2ピース
 車検対応製品保証書 付属

34,000円(税込)

TM-SQUARE ブレーキライン システム ZC33S 専用品

 フロント 1ピース (ストラット固定部に長さ調整機能あり)
 リア   2ピース
 車検対応製品保証書 付属

34,000円(税込)

商品ページはこちら

また、3アイテムともに、純正品より、リバウンドストロークが長いサスペンション(純正品より長いダンパー)には、装着ができませんので、ご注意下さい。

なお、装着 & 使用中に注意していただきたいことは、

① 技術力のあるお店で的確に装着すること
② 装着後、定期的にブレーキラインの状態を確認すること
③ セットアップ変更時は、必要に応じて各部の長さを調整すること

となりますので、メリット・デメリットを十分に理解した上で、
ステンメッシュ特有のメリットを 
TM-SQUARE ブレーキライン システム にて、ご体感下さい!!

以上、TM-SQUARE の新製品 
ブレーキライン システム のご紹介でございました!!

本ブログにてご紹介した製品等のお問い合わせは、こちらのフォームから!!
(お送りいただいた内容は、本ブログには掲載されません)

※送信後、3営業日以内に返信が無い場合、メールアドレスの入力誤りや、送信エラー等の可能性があります。その場合は、恐れ入りますが mail@tm-square.com までご連絡をお願い致します。