ZC32S 強化 エンジンマウント との セット が、オススメ!!

2016年02月09日(火)


2回にわたってお届けしました

強化エンジンマウントの マニアックなブログ・・・・・、

お楽しみいただけたでしょうか?



(エンジンマウントの解説でとしては、

かなりのボリュームでしたよね・・・・笑)






そして、今回は、オプションパーツのご紹介です。







スイフトが大好きな 田中ですが、

ZC32S のシフトフィールは、はじめて乗った時から、かなり苦手・・・・。

(ZC31S は、まったく 気にならないのになぁ・・・・・・・)







だからこそ、型まで作って、

強化エンジンマウント をリリースしたのですが、



じつは、TM-SQUARE には、ZC32S の開発をはじめた当初から、

このシフトフィールを改善するために、密かに使用されていた試作品があります。








それが、!

本日、ご紹介する シフトカラー なのであります!!








こちらの商品は、いったい・・・・、どんなものなのか?

気になりますよね~(笑)





では、カンタンに、解説したいと思います。










まず、スイフト(ZC32S) の シフトレバー周辺の写真を見てください!







f21d71850c









写真の白いプラスティックが、

シフトレバー ベース と呼ばれるパーツとなり、

カンタンに言うと、シフトレバーをホールドしている部分なのであります。




そして、スイフトの場合、シフトレバーと、ミッションケースは、

2本のワイヤーでつながっており、シフトレバーを操作すると

このワイヤーによって、ギアが変わる仕組みになっています。

(FF は、ほとんどが、このパターンですね!)









でね! シフトレバー ベース は、

ボディに、4箇所 が固定されているのですが・・・・・、


問題は、シフトレバー ベース が、リジットに固定されておらず、

ゴムブッシュによって、フローティングマウント になっていることです。






be11c4482e











また、シフトワイヤー の ブラケット (ミッションケース上に、シフトワイヤーを

固定するためのブラケット) にも、ゴムブッシュ が使用されています。







5111309d79



5180bb19ed









もちろん、室内へノイズが入ること等、

快適性は、ゴムブッシュ の方が高くなりますが・・・・・、






シフトレバー ベース は、ギアチェンジのたびに、グラグラと動き、

シフトワイヤーが、引っ張られたり、押されたりするときも、

動く量が、力の入れ方で変化する・・・・・・。




結果、ムニュッ とした シフトフィール に、なっちゃうんです・・・・。















そこで!


これらのゴムブッシュの変わりに、

カラーを金属で作って、リジット にしちゃったんですね~!!








31ad58757f


2e83bdfc4a


7cd1678843















すると・・・・・、

カチッ とした、田中が大好きなシフトフィールに、

変身するのであります。ハイ。












で、お値段は・・・・・・・、


6,500円!





fbbbcf4c63














ただ、一点、注意事項があります。





この TM シフトカラー は、


強化エンジンマウント と同時装着されると、

「も~、抜群のシフトフィール!!」
となり、

メリットが山盛り! で、デメリット と思えることは、見あたりません。






しかし、純正エンジンマウント との組み合わせでは、

冷間時に、ギアの引っ掛かり を発生させるという デメリットがあります。







これは、純正エンジンマウントにより、

エンジン/ミッションが大きく動いている状態にて、

シフトワイヤーのみが、カチッ と、リジットな状態で、

ギアチェンジの指示を伝えると・・・・・、

ギアの引っ掛かり を発生させてしまうことが、あるんですよね・・・。

(特に、冷間時 & 2速に入れるタイミング で、田中は感じます)





まぁ~、ムニュッ としているものに、

カチッ としているものを組み合わせると マッチング が悪く、


ムニュッ としているものに、

ムニュッ としているものを組み合わせると、

マッチング が良いということ、なんですよね~。

(やっぱり、純正は徹底的に、このあたりの合わせ込みを行いますから・・・・)






そして、この引っ掛かり感は、ある程度、ミッションオイルが温まると、

大きく抑制することから、純正エンジンマウント との組み合わせにて、

この シフトカラー をご使用される場合、



冷間時に、この特性をしっかり理解して、

優しくシフトチェンジされる方には、オススメ しますが、


少々、ミッションが入りにくい冷間時でも、力任せに、ガリガリ と、

ギアを入れるタイプの方には、あまり オススメ しません。

(だって、ガリガリ すると、ギアに良くないですから・・・・・)





純正エンジンマウント との併用の場合は、

上記のこと シッカリ 理解した上で、ご使用下さいね。





もちろん、ミッションが温まってからの シフトフィールには、自信アリアリでございます。











ちなみに、やる気になれば、

DIY 装着も可能な商品となりますので、








TM-SQUARE 強化エンジンマウント を装着される みなさん!

他社製 強化エンジンマウント を装着されている みなさん!

そして、冷間時、優しい シフトチェンジ が可能な みなさん!







TM-SQUARE シフトカラー (ZC32S用) を

どうぞ よろしく お願いします!!















TMメンバーズのみなさん!


明日までなら、会報でご案内した

「アレ!」 も、間に合いますよ~!!













PS  ZC31S オーナーの みなさんへ!


「なんで、32用だけ作るんだー!!」 と言われそうですが・・・・、

じつは、ZC31S は、シフトレバー ベース も、シフトワイヤー ブラケット も、

リジットで固定されております・・・・・。 だから、シフトフィールが、良いんですよね(笑)