TM-SQUARE
TM-SQUARE ピロアッパーマウント 発売開始!

2010年09月30日(木)

みなさん、大変お待たせしました。

 

TM-SQUARE ピロアッパーマウントが、発売開始となりました!

 

 

お値段は、

 

¥18,000(税込)です。

 

 

WEBページも、大出君の頑張りで、

本日アップすることができました!

 

 

TM-SQUARE  ピロアッパー ページへ

 

 

 

もちろん、お近くのTM-SQUARE 商品取扱い店でも、

ご購入可能となる予定ですが、

 

現時点では、弊社、代理店への案内も、まだ行えていませんので、

おそらく、来週後半ぐらいには、問題なく購入いただける予定です。

 

 

また、

TM-SQUARE ピロアッパーマウント には、オプションパーツが存在します。

 

 

 

オプションパーツ①  スラストシートセット

 

これは、ステアリングを切ったときに、

異音がすることを防止するためのシートです。

 

オーリンズダンパーへは、必須アイテムとなりますので、

オーリンズダンパーへの装着の場合は、必ずご使用下さい。

 

もちろん、オーリンズダンパー以外でも、

スプリングのストロークをより、スムーズにしてくれますので、

絶対とは言いませんが、装着した方が、田中は良いと思います。ハイ。

 

 

スラストシートの解説は、こちら。

 

 

お値段は、3枚セットで、¥1,000

 

左右に使用しますので、1台分なら、¥2,000(税込) となります。

 

 

ID65 タイプと、ID60 タイプの2種類がバリエーションされています。

(すいません、ID60 タイプは、もう少々、リリースに、時間がかかりそうです)

 

 

オプションパーツ② ピロアッパー専用カラー オーリンズ タイプ

 

こちらのオプションパーツは、オーリンズダンパーで、スプリング交換を

行っているユーザーの必需品です。

 

 

 

特に、スプリングにプリロードが、4回転以上かかっていない場合は、

ピロアッパーの交換により、車高が、少し上がってしまいます。

 

 

この車高の変化を防止するパーツです。

 

 

詳しい説明は、こちらを!

 

 

 

お値段は、2個セットで、¥2,800(税込) です。

 

 

 

オーリンズ純正スプリングで、車高がオーリンズの推奨値に、

セットされている場合は、不要ですので、ご注意を!

 

 

 

オプションパーツ③ ピロアッパー専用カラー トラスト タイプ

 

 

こちらは、TM-SQUARE ピロアッパーマウント を

装着すると、トラストダンパーの手動減衰力調整の調整部分が、装着できなくなることを

防止するパーツです。

 

 

詳しい説明は、こちらを!

 

 

 

お値段は、こちらも 2個セットで、

 

¥2,800(税込) です。

 

 

室内から、ダンパーの減衰をコントローラーにて

調整するパーツは、同時装着できませんので、ご注意下さい。

 

 

 

以上、オプションパーツを含め、フルラインナップとなりましたので、

みなさんのご注文、お待ちしておりま~す!

 

 

 

TM-SQUARE
ドラテクライヴ in タカスサーキット!

2010年09月29日(水)

10月11日(祝)に、開催される、

ドラテクライヴ in タカスサーキット。

 

たま~に、「午前中だけなんですね?」 って、

言われるんですが、そんなことは、ありません。

 

午後は、スイフトonly走行会となりますが、

いわば、ドラテクライヴのフリー走行です。

 

もちろん、田中は午後もサーキットで、

みなさんと一緒に、フリー走行を楽しみます。

 

とーぜん、気が付いたことは、どんどんレクチャーしますよ~。

 

それに、同乗走行も、参加いただいた方、

全員の同乗を目指して、全開で行います。

 

 

ということで、

今日は、田中が、シミュレートした、内容を

リークしたいと思います。ハイ。

 

 

まずは、朝一番に、ドライバーブリーフィングを行い、

安全に、安心して一日を過ごしていただくために、

ルール、心構え、一日のスケジュール等を

説明し、それから、トレーニングに入ります。

 

トレーニングは、2種類用意してあり、

はじめに行うトレーニングは、こんな感じです。

 

 

 

e38389e383a9e38386e382afe383a9e382a4e383b4e38388e383ace383bce3838be383b3e382b01

 

 

 

① 第2コーナー出口で、一旦停止

② 「GO」 の合図で、スタート!

③ 影山コーナー/グッチャンコーナーをレーシングスピードで通過

④ S字コーナーは、スロー走行

⑤ グリップエンドコーナーは、加速しながら進入し、出口では、レーシングスピード

⑥ ストレートエンドで、フルブレーキ&シフトダウン

⑦ 加速しながら、最終コーナーを通過し、第1コーナーは、レーシングスピード

⑧ 第2コーナー手前で、減速を開始し、その後、列の最後尾へ

 

といった、トレーニングです。

 

 

トレーニングのポイントは、

 

1) レーシングスピードからフルブレーキが踏めること  

     (上級者は、シフトダウンの精度も同時にトレーニングできます)

     じつは、これがホント、重要なんです。

     サーキットを走るときに、一番重要なこと、

     それは、自信を持ってフルブレーキが踏めること、まさに、基本中の基本。

     

     だって、自信を持って減速できるからこそ、

     いろんなことに トライ できるんですから。

 

 

2) 難しいコーナーは、まず、加速状態からはじめること   

     

     タカスを走ったことがない田中ですが、コース図から、難所は、

     グリップエンドコーナー と、トップスピードコーナー です。

     (タカススペシャリストのみなさん、そうですよね?)

 

     これらのコーナーは、まず、加速状態からはじめれば、

     きっと怖くありません。

     だから、両コーナーの手前に、減速区間を設け、

     しっかりとレイアウトを把握してから、攻めていただこうと。

 

 

 

田中は、コースでみなさんの走りを見て、

必要に応じて、個別にレクチャーを行う予定です。

 

そして、今回のドラテクライヴ の最終目標は、

「ブレーキリリースにより、クルマを曲げる感覚が芽生えること」 です。

 

 

安全に、そして、安心して、田中と一緒にサーキットデビューして、

上記の感覚の 「カケラ」 でも、つかむことができれば、

今後の運転技術は、飛躍的に向上すると、田中は思うんですよね~。

 

 

まだまだ、エントリーには、空きがありますので、

勇気を持って、エントリーしてみてください!

 

もちろん、ノーマル車輌でも十分楽しめますよ~。

 

それでも、今回はちょっと・・・・、と思ってる方は、

ぜひ、見学だけでも来てください。

 

 

 

エントリーは、こちら。

 

 

 

また、スイフト以外の車輌も、同時募集ですので、

ぜひぜひ、この機会に!

 

すでに、数台、スイフト以外でも、

エントリーいただいていますので、

午前中だけにはなりますが、田中の ドラテクライヴ 

ぜひ一度、ご賞味ください!

 

 

ドラテクライヴで、みなさんにお会いできること、

楽しみにしてま~す!!

TM-SQUARE
「匠の日」 BBQ  番外編  片山さんの・・・・・、 

2010年09月27日(月)

 

 

先日、ちょっと、田中がいじった、

片山さんの軍手・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

本人から、激しい抗議がありました。

 

なにやら、この軍手は、新品状態から、手首の部分が緩くなっているらしく・・・、

決して、セコく、長期間使用しているのでは、ないようです。

 

でも、たかが、こんなレベルのことで、

ここまで抗議しないといけないものなんでしょうかね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心が狭すぎます・・・・・・(笑)

 

TM-SQUARE
緊急告知! for 新型スイフト 試乗記!!

2010年09月25日(土)

いつも、オフィシャルブログを

見ていただいて、ありがとうございます。

 

 

今日は、緊急告知があります。

 

 

じつは、先日試乗してきた、

新型スイフトのインプレッションを

REV SPEED との連動企画として、

 

田中のプライベートブログ

みんカラ にて、

掲載することになりました!

 

 

 

 

e382a4e383b3e382abe383bc

 

 

 

 

題して、

田中ミノルの 「新型スイフト試乗記」。

 

 

さぁ~、本日、午前10時に、

アップされますので、

みなさん、どうぞ、ご覧くださいね!

 

 

 

田中ミノルの みんカラ ブログ。

 

 

 

以上、緊急告知でした!

TM-SQUARE
新型スイフト 「試乗記」!   By  REV SPEED

2010年09月25日(土)

 ☆ このインプレッションは、

   REV SPEED との連動企画です!

 

 

 

9/16に、ジャーナリストを対象に行われた 新型スイフト試乗会。

でも、この日は、雑誌REV SPEED の校了日と重なり、9月売りには掲載できない・・・・・・。

かといって、10月売りでは速報性がない・・・・・。

 

 

ということで、なんと! 

新型スイフト試乗インプレッションの掲載を、テスター田中ミノルの個人ブログである、

みんカラ で行ってしまうという、REV SPEED の太っ腹企画なのです。

 

新型スイフト の奥の奥を、スイフトマニア田中ミノルが、

バッチリみなさんに、お伝えする(それも、無料で!!)スペシャル企画なのであります。ハイ。 

 

では、はじまり、はじまり~。

 

今回の試乗前に、田中が一番気になっていたこと・・・・・、

それは、事前情報で知っていた、新型スイフトのディメンション(ホイルベースとトレッド)が

大きくなっていることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま~、「世の中の流れ」 なのでしょうが、衝突安全面から、必ずと言って良いほど、

モデルチェンジでクルマは、デカくなります。

そして、そのほとんどで、ステア特性がダサクなります・・・・・。

 

広報資料とやらを見ると、

ホイルベース    +40mm

フロント トレッド  +20mm

リア トレッド    +15mm

全長         +95mm 

全幅          +5mm

フロント オーバーハング   +45mm

リア オーバーハング      +5mm

 

(すべて、31型から大きくなった寸法です)

  前モデルは、31だけではないことは、わかっていますが、

新型もZC が、頭に付く関係で、ZC型とも書けず、旧型という表現にも、抵抗がありましたので、

この表現となってしまいます・・・・。11 21 71 オーナーのみなさん・・すいません・・・・・。

 

 

 

 

正直、ヤバイ香りが、プンプンとします・・・。

 

でも、これまた、広報資料を見ると、車体ねじり剛性は、15%向上とあります。

設計の方にも、ボディー剛性が上がったことは、十分にご説明いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、しかし・・・・・・・・、

これは、田中の独断と偏見ですが、

 

車体ねじり剛性(ボディー剛性) = スポーツ性能として必要な剛性

 

とは、ならないように、感じるんです。

 

たとえばですが、レーシングカーを製作する場合でも、剛性が必要な部分と、

必要でない部分が、あります。

 

スポット増しといった、チューニングでも、どの部分をスポット増しするかには、

かなりのノウハウが、そこには、存在するはずです。

 

ですので、全体の剛性が上がっていたとしても、走るために、いや、速く走るために

必要な剛性というのは、どうも、別じゃないのかなと、田中は思うんです。

 

また、今回は、ディメンションが、大きくなっているのですから、

速く走るために必要な剛性も、今まで以上に、求められることは間違いないし・・・・・。

 

田中が31スイフトを愛して止まない、最大の理由である、「速く走るために必要な剛性感」。

これが、受け継がれているのか否か、この部分が、一番知りたいのでありました。ハイ。

 

 

 

 

 

 

でもって、試乗スタート!

 

 

 

 

 

 

 

まず、運転席に座って思うことは、ダッシュボードが少し高くなったこと。座高の低い? 

田中でも、クルマのすぐ前の視界は、ほんの少しですが、悪くなったような気がします。

(ちっちゃいことは、気にすんな・・・・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーターは、少々アルテッツアのような雰囲気があり、なかなか、洗練されていて、

カッコいいですね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今風にキーレス&スタートスイッチで、エンジンスタート。

ワインディング全開アタックインプレのはじまりです。 (注 もちろん、制限速度内です・・)

 

走り出すと・・・・・、「加速こんなもの・・・・・・・・?」。

でも、まぁ~ 1200cc だし、燃費に振っているんですから仕方ないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンパワーの話は、さておき、本題のシャシバランスのことを。

 

今回、お借りしたのは、XGグレードの5速MT。

ベースグレードのマニュアルモデルです(タイヤサイズ 175-65-15)。

 

タイヤサイズからも、グリップは、それなりなのですが、田中の予想に反して、

動きはとっても「クイック」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ステアリング操作に対して、キビキビと反応し、クルマのデカさをあまり感じません。

 

それに、当然と言えば、当然ですが、ディメンションが大きくなった分、

限界域でのコントロール性もかなりのものです。

 

「あれ?イメージと違う??」 と、思ったのですが、それには秘密がありました。

 

 

 

 

 

 

それは、ステアリングのギア比です。

 

下のグラフを見てください。

 

 

 

 

 

 

ステアリング操舵角が小さい部分では、ギアレシオがハイギアードに設定されていますよね。

ただ、操舵角が小さいといっても、角度でいうと、中立ポジションから、

右または、左に270度の間は、ハイギアードなのです。

(グラフ左側の点線部分まで)

 

270度と言えば、スポーツ走行中は、すべてこの角度内に、操舵は収まりますので、

要するに、少しのステアリング操作で、大きな操舵になっているのです。

(車庫入れ等で、ハンドルが重く感じないように、後半部分のギア比が変えてあるのです)

だから、ディメンションが大きくなって、クルマの動きが少々ダルになる分を、

 

 

このギアレシオで打ち消していたのですね~。

(なるほど、なるほど・・・・・・、だからキビキビと走るんだ・・・・・)。

 

ちょっと、余談ですが、田中は、31スイフトの電動パワステのフィーリングが、大好物です。

この、ジオメトリーを含めた、電動パワステの完成度は、「奇跡」 と言って良いぐらい、

素晴らしいできばえだと思っています。

 

そしたらね、新型にも、31スイフトと、同じ電動パワステが使用されており、

モーターの搭載位置こそ、少々違いがありますが、「あのフィーリング」 は、まさにそのまま。

これは、嬉しかったですね~。

 

また、リアサスペンションも、31スイフトから変更されています。

これは、トーションビーム自体を強化することで、31スイフトでは、トーションビーム内に

搭載されていたスタビライザーが取り外されています。

 

それでも、トーションビーム本体の剛性を上げることにより、31スイフトに対して、

25%の剛性アップとなっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィーリング的にも、コシがあるのに、しなやかでしたよ~。

これも、なかなか、良い感じです!

 

それに、トーションビームのボディー側の取付け部分に角度を付けて、

左右に「G」フォースが、かかっているときに、外側のタイヤが、トーアウト方向に、

「ずれ込む」 ことも、抑制してるんですよね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オマケに、リアスプリングのレートも、ほんの少しですが、

31スイフトより、ハイレートになっていました。

 

要するに、 「FFは、リアの剛性がコーナリングのキモ!」 と、

田中がいつも言っていることが、新型スイフトでは、実践されているのです。

ね、田中は、嘘つきじゃないでしょ?

 

 

話は戻りますが、このリアの剛性と、ステアリングのギア比で、

確実に、そして、完全に、ディメンションが大きくなったデメリットを打ち消している。

これが、新型スイフトに乗った、田中の印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ならば、買いのなの? 

というと、「スポーツが出るまで、わからない・・・」 、というのが、田中の本音です。

 

なぜなら、今回のバランスの良さは、175-65-15 のコンフォート系のタイヤだったので、

成立したかもしれないと、思っているからです(かなり、うたぐり深い・・・・・・)。

 

 

そうです、

ハイグリップラジアルになれば、どうなるのか?

 

より、ボディーへの負担の大きいサーキットならどうなるのか?

といったことが、未知数だからです。

 

だって、ハイグリップになって、はじめて新型のボディー剛性(速く走るための剛性)が、

理解できると思うんですよね~。

 

ステアリングのギア比も、今回のグリップだから、成立したけど、ハイグリップになれば、

ピーキーになる可能性もありますからね。

 

また、ホイルベースが伸びたことは、良い方向だと思うのですが、

フロントのアーム類の変更で、フロントタイヤが前方に伸びており、

なおかつ、フロントのオーバーハングも伸びているんですから、

このあたりも、かなり微妙かと・・・・・(運転席から、先だけで、+85mmロングですから・・・・・・)。

 

31スイフトの軽快さ、キビキビさは、あのオーバーハングの短さも、大きなポイントだと、

田中は思いますから・・・。

 

 

 

時代のニーズと、時代の流れで進化した、新型スイフト。

今回発売された、スポーツ以外のモデルでは、良い意味で田中の予想を遥かに超えており、

素晴らしい新化を遂げたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、やっぱり、田中もみなさんも、気になるのは、スポーツグレードですよね~。

 

今回の変更点が、スポーツグレードでは、どのような味付けで登場するのか?

また、それは、味付けだけで、名車31スイフトを超えられるのか?

とっても気になります。

 

なんと言っても、31スイフトは、ハイグリップタイヤでも十分なボディー剛性を持ち、

絶妙なオーバーハング量と、シビレルぐらい優秀な、電動パワステ&サスペンションジオメトリーで、

コーナーをキビキビ走るんですからね~。

 

 

 

 

 

田中が、新型を買うか、買わないか、いや、新型のパーツを作るか作らないかは、

新型のスポーツが出てから、決めたいと思います。ハイ。

やっぱり、乗ってみないと、楽しいかどうかは、わかりませんからね~。

 

 

 

 

 

 

 

もし、これから登場するスポーツモデルの、フロント オーバーハングが、

ガッツリ短くなった専用デザインで、

ディメンションに負けない、速く走るためのボディー剛性が確保されていて、

ハイグリップでも、ステアリングがピーキーにならなければ、間違いなく買うと思いま~す。

(えっ?言いたいこと言ってる?? すいません・・・)

 

 

 

 

 

 

ま、決断は、スポーツがリリースされてからですね。

今回、試乗の機会を与えていただいた、REV SPEED に感謝です!

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、田中の新型スイフト「試乗記」 でした。

 

TM-SQUARE
明日から開催! 月刊 「匠の日」

2010年09月24日(金)

明日、明後日は、

月刊 「匠の日」 の開催なのです。

 

 

もう、みなさん、

よ~くご存知だとは思いますが、

月刊 「匠の日」 というのは、

 

ミノルインターナショナル の物流倉庫(東京都町田市)にて、

現役バリバリのレーシングメカニックが、

購入商品の取付けや、サスペンションの

セットアップを行ってくれる スペシャルイベントなのです。

 

 

もちろん、両日とも、田中は、現地にいますので、

スプリングレートや、ブレーキの摩材、

車高、アライメントの数値等、

ジックリ打ち合わせを行いながら、

ニーズに合わせた、チョイスができると、

思いますよ~。

 

 

作業は、

信頼できる、レーシングメカニックが、

レーシングカーと、同等のクォリティで、

行ってくれます。ハイ。

 

 

 

 

そして、今回の 「匠の日」 では、

もうひとつの スペシャルイベントも同時開催です!

 

それは、初開催となる

TM-SQUARE BBQ 大会!!

 

そうです、みんなで、バーベキュー で、盛り上がろうという企画なのです!

 

開催は、9/26 (日曜日)。

BBQ スタートは、正午~午後7時までの 耐久BBQ となりますので、

途中参加も、早期退散も、オールOK!。

(予約も不要!)

 

 

食材は、すべて弊社でご用意しますので、

みなさんは、好きなだけ、焼いて(DIYです)、

好きなだけ、食べていただければよろしいかと。

 

 

エントリー代はひとり ¥500!

(18歳未満 無料!)

(飲み物は、100円の自販機で、各自で購入お願いします)

 

 

 

なんと言っても、

スペシャルメニューは、田中が自ら調理する 

関西名物の 「ねぎ焼き」 ですかね~。

言っときますけど、絶品です!!

 

 

 

今回の 「匠の日」 は、

BBQ を日曜日に開催する関係で、

土曜日の予約は、かなり空きがあります。

 

 

 

ですから・・・・、

商品を見て、気に入ったら購入/取付け ということも、

予約無しで可能ですよ~!

 

 

もちろん、ECUの書き換えも、

バージョンアップも、オールOKです!

 

 

 

(新型スイフトの裏話も、ぜひ!)

 

 

 

なんだか、楽しくなってきた、今月末の 「匠の日」。

みなさんのお越しを、お待ちしております~!

 

 

「匠の日」 の詳しい説明

 

 

開催場所は、こちらです!

 

 

map

TM-SQUARE
今月の 「匠」 は、この人たちです!

2010年09月21日(火)

 

 

猛暑の中、開催した

昨月の匠の日・・・・・・。

 

 

 

 

 

あまりのも暑さで、田中もラティーも、バテバテでしたが、

今月末は、ずいぶん、過ごしやすいかと思われます。

 

 

 

 

でもって、今回の匠は、

 

暑くても、忙しくても、トラブルがあっても、何も言わず、もくもくと仕事をする職人、

アベちゃんと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでも、かんでも、クレームを付けたがる、片山さん で、お届けしたいと思います。

 

 

 

 

(写真のタイトルは、メンタルトレーニング!)

 

 

 

でもって、今回は、初の BBQ 開催 !

 

自称 BBQ オタク?の田中が、バッチリと、準備したいと思いますので、

みなさん、朝食/昼食抜きで、ガッツリと食べていってくださいね!

 

また、ラティーは、BBQ なんかやったら、あらぬことになりそうなので、

今回は、お留守番 となりました・・・・。あしからず・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

今月末の25/26日 は、「匠の日 BBQ」。

みなさん、ぜひ、遊びに来てくださいね~。

 

TM-SQUARE
新型スイフト 試乗会!

2010年09月16日(木)

じつは、今日、

新型スイフトの試乗会で、

箱根に行ってました!

 

 

お天気は、雨・・・・・・。

 

 

でも、バッチリと走り込んできましたよ~~。

 

 

 

p1260694m

 

 

 

 

今回の、取材は、

REV SPEED からの依頼だったんですが、

 

スイフトマニアの田中を起用するなんて、

つかへん もなかなか、やるじゃありませんか!

 

 

 

でもって、インプレッションは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

 

 

 

やっぱり書いちゃ、ダメですよね・・・。

 

 

 

でもね、確か、REV SPEED は、今日が校了日。

 

で、どうすんの?

って聞いたら、かなり楽しそうな企画に!

 

 

 

p1260631

 

 

 

 

つかへん なかなかの、アイデアマンだったんですね!

 

 

 

 

ということで、某高級ホテルで、

 

 

 

p1260729

 

 

 

 

マグロ丼をいただき、

 

 

 

p1260728

 

 

 

仙石原の 「すすき」 を眺め、

帰ってきました!

 

 

 

 

 

p1260730

 

 

 

 

なんだか、ジャーナリストな一日でした。ハイ。

 

 

 

さ~て、新型スイフトのインプレッション

いったいぜんたい、どこで行うのでしょうか?

乞うご期待です!!

TM-SQUARE
ピロアッパー専用 ダンパーカラー完成!

2010年09月15日(水)


p15



待ちに待った、

ダンパーカラーが、できてきましたよ~。









まず、これが、オーリンズ用。







74df65b7f8







これが、トラスト用です。






fd5f7c1e9a






素材は、もちろん、ステンレス!




このカラーがあれば、車高が、7mm上がってしまう、

オーリンズダンパーにも、


減衰調整のクリックが装着できなかった、トラストダンパーにも、



TM-SQUARE の ピロアッパーマウントが、バッチリ装着できちゃうんですよね~。



スラストシートは、もう手元にあるし、これで、オプションパーツを含め、

リリースの準備が整いました。



あとは、オプションパーツの、取説を作れば、いよいよリリースです!

ZONE
ZONE マテリアル ソムリエ at SAサンシャイン神戸

2010年09月15日(水)

ZONE マテリアル ソムリエ に、

SAサンシャイン神戸 さんが、

新規加入いただきました!

p1260353

そうです、先日の、訪問は、

ZONE ブレーキパッド

マテリアル ソムリエ のための、

説明会だったのです。

シリアルナンバーは、005

ということは、まだ、全国で、

たったの5店舗しかない、スーパーマニアックな、

お店なのです。ハイ。

今後は、ZONE マテリアル ソムリエ として、

ラップタイム短縮のため、

みなさんのクルマに、ピッタリ マッチングした、摩材を

チョイスいただけますよ~。

関西圏で、ブレーキに悩んでいる方、

ラップタイムに伸び悩んでいる方、

ぜひ、ぜひ、ご活用くださいね!