HYPERCO は、やっぱ スゴイ!(匠の日編) ②

2010年04月30日(金)


 

 

いよいよスタートですね、

ゴールデンウィーク!

 

 

 

でも、田中は、5/2~5/4までの

4連休に向けて、今日も明日も仕事なのです。

 

 

 

 

 

さてさて、今回も、

スイフト & オー〇ンズ ダンパーの

リアスプリングのお話です。

 

 

 

 

 

前回、車高 -30mm なら、

TM ストリートスプリングがお奨めと書きましたが、

 

 

 

今日は、

 

もっと車高を下げたい!

もっと高いレートにしたい!!

 

 

というニーズのお話を。

 

 

 

 

スイフトのリアサスペンション は、

セパレートタイプのため、

スプリングの長さが、とっても重要です。

 

 

 

 

 

なぜなら、ダンパー全長が長くて、

スプリングが短いと、ジャッキアップ時に、

遊びが出てしまいます。

 

 

 

 

 

そこで、車高が落ちて、

全長の長い、プログレッシブ タイプが、

使用されるケースが、多いんです。

 

 

 

 

でも、ドライブフィールは、

前回書いたように、良くありません・・・。

 

 

 

 

 

そこで、HYPERCO スプリングの

登場となるのですが、

HYPERCO スプリング は、シングルレート タイプなので、

 

 

車高を落とすには、全長の短いスプリングを

使用するしか手がありません。

 

 

 

 

そうです、シングルレート タイプの

メリットは、素晴らしい乗り味 となり、

デメリットは、スプリングが遊ばないように、

全長の長いスプリングを入れると、

車高が落ちないことなんです。

 

 

 

 

こんなとき、

リアダンパーが、全長調整タイプなら、

ダンパー短くすることができますので、

短いスプリングを装着しても、遊びが出ません。

 

 

 

 

 

でも、オー〇ンズ ダンパーのように、

全長調整ができないタイプでは、

車高のために、短いスプリングが装着できません。

 

 

 

 

そこで!

 

 

ダンパー本体には無加工で、

ショートストローク化ができる、

TM オリジナルの

ショートストローク化 アタッチメント さえあれば、

設定車高と、レートチョイスの選択肢が、

グッ、グッと増えるのです。

 

 

 

 

たとえば、HYPERCO

ID65 7インチ のチョイスなら、

 

 

 

 

レート         最低車高(純正比)

275ポンド(4.9k)     -34mm

350ポンド(6.3k)     -28mm

400ポンド(7.1k)     -24mm

450ポンド(8.0k)     -22mm

(ショートストローク化 アタッチメント 65タイプ使用時)

 

 

 

 

 

HYPERCO

ID60 6インチ のチョイスなら、

 

 

 

レート         最低車高(純正比)

350ポンド(6.3k)     -54mm

450ポンド(8.0k)     -48mm

500ポンド(8.9k)     -46mm

550ポンド(9.8k)     -44mm

600ポンド(10.7k)    -42mm

(ショートストローク化 アタッチメント 95タイプ使用時)

 

 

 

 

 

そして、

 

TMサーキットスプリング(6.3k)のチョイスなら

 

 

 

ショートストローク化 アタッチメント

65タイプ使用時で、-38mm

95タイプ使用時で、-58mm

の最低車高(純正比)となります。

 

 

 

 

 

もちろん、上記の最低車高から、

スプリングシートの位置を変更して、

車高を上げることは可能ですが、

スプリングにプリロードがかかりますので、

最低車高近辺で使用するか、

車高を上げたとしても、最低車高から、

+10mmぐらいの設定にすることを

田中は、お奨めしています。

 

 

 

 

 

p1170516_s

 

 

 

必要なパーツは、

 

 

 

スプリング 2本

ショートストローク化 アタッチメント (65または、95タイプ)

オリジナルスプリング アタッチメント

 

 

 

となります。

 

 

 

 

 

 

でね、先日の 「匠の日」 に、

田中と、ガッツリ打ち合わせを行い、

 

 

 

オー〇ンズ ダンパーに、

TMサーキットスプリング(6.3k) を

装着された方がいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

その方から、

お礼のメールをいただきましたので、

ちょこっとご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

以下、ユーザー様からのメールです。

 

 

 

25日、匠の日にオリジナル サーキットスプリング(リア用)とオー〇ンズDFV専用

ショートストローク化アタッチメントを取り付けしてもらった〇〇です。

本日、早速、箱根まで走りに行って来たので感想を送ります。

今回、リアスプリング交換の目的はTM SQUAREのダンパーキットの発売を

待ちきれずに買ってしまったオー〇ンズDFVの不満解消の為です。

私はバイクでオー〇ンズを装着していた時の好印象があったので車でも

オー〇ンズなら満足させてくれるだろうとTMダンパーを待ちきれずに導入して

しまいました。しかし実際は全く満足出来ず駄目でした。理由はリアのスプリングが

やたらと柔らかく、加速時にフロントの接地感が全く無くなってしまい、楽しく走る事が

出来ないからです。そこで今回のハイパコとショートストロークアタッチメントと

オリジナルスプリングアタッチメントのSET導入となった訳です。

結果は私の予想以上の変化でした。勿論、良い方向への変化です。

まず感じたのはハイパコのインプレッションとしてよく見かける『フラットライド』ですね。

箱根へ向かう途中の高速道路での印象は正にフラットライドのそれで、シートから

感じるインフォメーションが今までとは大違いです。

使い古した表現ですが まるで路面を舐めるような感じです。突き上げ感も皆無ですね。

スプリングレートがオー〇ンズのノーマル4kgf/mmから倍近く高い7.3kgf/mmに

なっているとは思えないほどの乗り心地良さと安定感が際立ちます。

この安定感と乗り心地は一般道でも全く変わらず箱根の峠道でも今までの様な

加速時の接地感の無さから解放されて気持ちよく走る事が出来ました。

ただ問題なのはリアが良くなり過ぎてしまったせいか、フロントにバタバタ感を

やたらと感じてしまい、『フロントも替えたら気持ちよさ倍増だな…』とか思いながら

時間を忘れて走りに集中してしまいました。

スイフトオーナーは私のように先急いでオー〇ンズDFVを導入してしまった人が

多いと思います。そしてネジ式車高調整故のスプリング交換が ほぼ不可能という

ジレンマに苦しんでいる人は多いのではないでしょうか。

しかしTM SQUAREのオリジナル サーキットスプリングSETさえ導入すれば一気に

不満解消間違い無しです。もっとTM SQUAREで積極的に宣伝すれば、

オーリンズオーナーは幸せになれるんじゃないかな~と思いますよ。

長くなりましたが感想は以上です。

それと取り付け時に走りの匠たる実さんのアドバイス、本当に参考になりました。

HPに書いてある通り、実さんって本当にスイフトが好き…というか愛しているんだ

なって伝わってきましたよ。また取り付けして下さったメカニックの匠である望月さん、

阿部さん(漢字あっていますよね?)、丁寧な仕事をありがとう御座いました。

次回、フロントスプリングの交換の時もよろしくお願いします。

良い製品の開発、ありがとう御座いました。

 

 

 

 

 

 

 

いや~、すごい内容でしょ?

あまりに嬉しくて、田中のブログで、ご紹介しました。

 

 

 

 

 

 

スイフトのサスペンションチューニングは、

やっぱ、リアが重要ですよね。

 

 

 

 

 

 

これからも、

そのことが、徐々に解明されて、

近い将来、スイフト いや、FFの

サスペンションチューニングのトレンドに

なるように感じている、今日この頃です。ハイ。

 

 

 

 

 

 

では、次回は、車高バランスの話しを少し。

 

 

 

 

TM-SQUARE
HYPERCO は、やっぱ スゴイ!(匠の日編)

2010年04月28日(水)


今回の 「匠の日」 では、

HYPERCO のレート相談を多数お受けしました。

 

みなさん、サスペンションには、

かなり興味があるようで、

セットアップの方向性や、

「こんな感じにしてみたい!」 という、

好みの話は、

やっぱり、膝を突き合わせて、

トコトン行うことが、必要なんだな~ と、

改めて思いました。

 

 

「匠の日」 は、田中も比較的時間がありましたので、

商品の購入の有無に関係なく、

ガッツリと、田中が知りうる限りの

情報をお伝えしたことは、言うままでもありません。

 

 

でね、その中で、数人が、

実際に、田中との話に、共感していただき、

交換作業を行っていただきましたので、

今日は、そのあたりのお話を。

(すいません、今回もスイフトのお話です・・・)

 

 

 

 

まず、

間違いなく、装着率 スイフト No1 を誇る

オー〇ンズダンパー。

 

 

でもね、リアの動きに、

みなさん、どうやら不満が多い ご様子。

 

ギャップを乗る越えた後とか、

アクセルON の瞬間とかに、

リアの動きが、少々不安定になり、

その動きが、フロントに悪影響を与えている

というコメントを、多数、お聞きしました。

 

 

 

誤解を恐れずに、書きますが・・・・・、

 

これは、ダンパーの減衰セットが悪いとか、

ダンパー単体に問題があるといったことでは、

ないと思います。

 

(天下のオー〇ンズさん なんですから、

そんなことはありません)

 

 

この症状で、一番問題になっているのは、

田中は、リア スプリング だと思います。

 

 

 

ご存知のように、スイフトのリアは、

ダンパーと、スプリングが、別々に装着されている

セパレートタイプ。

 

 

ということは、バンパーが一番伸びきった状態でも、

スプリングに遊びを発生させるわけには、いきません。

(遊びがあると、スプリンが脱落する可能性がありますから・・・)

 

 

でも、車高はある程度、下げたい・・・。

 

 

このニーズの中で、

スプリングをマッチングさせると、

プログレッシブタイプ となってしまいます。

 

 

プログレッシブタイプは、

初期のレートがスゴクやわらかく、

ある一定のストローク量で、規定のレートに達します。

 

 

だから、1G になる荷重で、

やわらかいレートの部分が大きくストロークすることから、

車高が下がるんです。

 

でもって、この部分のストロークが大きいことから、

スプリングの自由長を長く設定できるので、

ジャッキアップしても遊ばないという状況が

作れるのです。

 

 

でもね、スイフトのリアって、コーナーウエイトが、

たった、200kg しか、ないんです・・・。

 

 

だから、どうしても、走行中に、

規定レートより、低いレート域に、入ってしまうんです。

 

 

もはや、これは、

スプリングのクォリティーがどうの という前に、

プログレッシブタイプ の宿命です。

 

 

 

で、これをどう改善するか。

 

 

方法論は、2つあります。

 

 

 

① TM オリジナル ストリートスプリング に交換する

 

 

 

2008_nov27-01511

 

 

 

このスプリングは、プログレッシブタイプではなく、

最初から、荷重とストロークが正比例する

シングルレートタイプのスプリングです。

 

だから、ストローク中に、レートが変化しません。

ですので、この不安定な動きを大きく抑制してくれます。

 

でも、車高をある程度下げるために、

レートは、かなり低めの設定となっています。

 

レート : 185ポンド(約3.3kg/mm)

 

でも、この数字を見ると、

みなさん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と、

なるようですね。

 

確かに、数字的には、

交換前のオー〇ンズ純正品より、

かなり、やわらかくなるイメージです。

 

フワフワした感覚を改善したいのに、

レートを下げるということは・・・・・・・・、

やはり抵抗があると思います。

 

 

でも、田中は断言しますが、

交換後のフィーリングは、ストローク量が、

確実に小さくなります。

 

イメージ的に、以前のレートから、

30%ぐらい、レートアップしたフィーリングとなります。

 

 

その秘密は・・・・・・・・・・、

 

 

TM オリジナル ストリートスプリング は、

シングルレートのスプリングだからです。

 

 

ドライバーは、

1G から、スプリングが縮む部分で、

ストロークを感じるのではなく、

 

1G から、縮む距離と、伸びる距離の合計で

感じるんです。

 

 

だから、3.3kg/mm でも、

シッカリとストローク量が抑制され、

あの、HYPERCO 特有のドライバビリティーが

実現できるのです。

 

 

 

このスプリングに交換するとき、

注意しなければならないことは、

車高の設定範囲です。

 

 

WEB サイト で記入しているように、

 

 

最低車高は、ノーマル比 -34mm となります。

 

 

がしかし、これは、ダンパーの長さが、

520mm 以下のショートストロークタイプの場合です。

 

 

たとえば、全長525mmm の

オー〇ンズダンパーに装着する場合、

スプリングに遊びを発生させずに、

車高を設定すると、

純正比 約-30mm となります。

 

 

要するに、車高を -30mm 以上、

下げたい方には、適合しません。

 

 

必要な部品は、

 

TM オリジナル ストリートスプリング

 

の2点のみです。

 

 

 

2008_nov27-02121

 

 

 

もちろん、

TM  オリジナルスプリング アタッチメント を使用しますので、

リア車高の調整も可能となります。

 

 

不安定なストロークを少し抑制するために、

レートを少しだけ、上げたい!

 

車高は、-30mm で十分!!

 

 

 

という方には、

TM オリジナル ストリートスプリングが、

最適だと田中は思います。

 

 

実際、装着された方も、

試運転中、かなりニンマリされて、

たいそう気に入っていただけました。ハイ。

 

 

スイフトのリアは、セパレートタイプの

サスペンションですので、

ちょっと、話は複雑ですが、

 

現在使用中のダンパーキットが、

大変身しますよ~。

 

 

このあたりの、ご質問は、

ミノルインターナショナル 田中宛に、

いつでもご連絡下さい!!

 

mail@tm-square.com

または、

TEL 03-5706-1888  まで。

 

 

 

では、次回は、もっと車高を下げたい方、

サーキットに合わせて、

もっとハイレートにしたい方への、

適合のお話を。

TM-SQUARE
月刊 「匠の日」 ご来場ありがとうございました!

2010年04月26日(月)

今回も大盛況の 月刊 「匠の日」。

 

p1170415

 

 

 

なんと、

土曜日には、サプライズゲスト?の

スイフト王子が登場!!

 

(本当は部品を購入しに来ただけ・・)

 

 

p1170387e58aa0e5b7a5efbc89

p1170410

 

 

風の噂では、王子号は、

筑波1000 の同乗走行で、

41秒台で周回したらしい・・・・・。

(速すぎる・・・)

 

 

 

でもって、匠による作業は、

着々と進行。

 

 

 

片山メカニックは、

 

p1170456_s

 

 

田中のブログによる、

誹謗中傷を 「訴えてやる」 と、

相変わらず元気いっぱい・・・・・。

 

 

 

寡黙な、あべチャンも、

すご~く、丁寧に作業してくれました。

(さすが、APR のチーフ!)

 

 

p1170459_s

 

 

 

でもって、今回はお引越しで、

日曜日のみの望月さんも、

 

リフトもない作業場で、

バッフルプレートを中心に、頑張っていただきました。

 

 

2008_dec05-02984

 

 

そういえば、TMダンパーの納品に来てくれた、

高橋台所サービスの代表、高橋さんも、

有無を言わさず、手伝わされていましたね・・・・・。

 

 

p1170471_s

 

 

 

まぁ~、この方々がいるからこそ、

こんな、楽しいイベントが、

開催できるわけですから、ホント感謝感謝です。

 

 

そして、そして、

ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!

 

 

p1170548

TM-SQUARE
月刊 「匠の日」 通信

2010年04月22日(木)

先日お伝えしたように、今週末は、

月刊 「匠の日」 の開催です。

 

 

前回は、極寒の中での開催でしたが、

今回は、天気も良く、そこそこ、温かい感じですね!

 

 

もちろん、田中は、両日とも出席ですが、

作業ができるわけでもなく、

「ヒマ~」 にしてますので、

 

TM-SQUARE をはじめ、

BILLION HYPERCO ZONE の商品に、

少しでもご興味があれば、

ぜひぜひ、遊びに来てくださいね。

 

 

行きつけのお店がある方は、

フラ~っと、遊びに来ていただいて、

商品説明&現物確認といった、

深くてマニアな、情報を持ち帰り、

いつものお店に発注していただければ、OKです。

 

 

なんといっても、

月刊 「匠の日」 最大の目的は、

みなさんとのコミュニケーションにあるんですから!

 

 

特に、ZONE 摩材、HYPERCO のレートチョイス、

そして、車高セッティングに関しては、

すご~くたくさんのデータがありますので、

キット満足していただける、情報が、あると思います。

 

ちなみに、最近クルマを見るだけで、

車高がいくつか、わかっちゃうんですよ~。

 

これって、びょーき なのかも知れないですが、

フロント 625mm

リア   597mm 

とか言っちゃて、計測したら、

誤差は2mm ぐらいだったり・・・。

 

 

ま~、マニアです。

 

 

 

p1150169_s

 

 

 

スイフトは、車高バランスによって、

かなり、ハンドリングが変わってきますので、

ハンドリングに少しでも不満があれば、

ぜひぜひ、田中をとっ捕まえて、

ご相談下さい。

 

 

案外、何にもパーツ換えなくても、

車高と、トーイン調整だけで、

すご~く、良くなったりしますからね~。

 

 

 

もし、バランスの判断に自信がないなら、

田中の試乗も、OKですよ~。

 

クル~っと、町内を一回りすれば、

どのような状況か、すぐにわかっちゃいますから。

 

 

やっぱ、マニアだ・・・・。

 

 

もちろん、田中の診断料は、無料です!

(当たり前か・・・・・)

 

 

 

スイフトなら、ZONE ブレーキパッドも、

その場で交換できるように、

在庫を、バッチリそろえてありますので、

走行会のあるサーキットに合わせ込んだ

摩材をその場で装着することも可能です。

 

 

もちろん、DIY派には、

商品を持ち帰っていただくことも、

後日、指定の場所にお送りすることも可能です。

 

 

 

持ち帰りで思い出しましたが、

土曜日に、ずっと切れていた、

TM ワイドレンジドアミラー も入荷予定です!!

 

 

p11405391

 

 

今のところ、何時に届くか未定ですが、

入荷→検品(少々時間がかかります) のあとなら、

その場で販売することが可能だと思います。

(夕方ぐらいの方が、より間違いないかと!)

 

 

装着は、田中のコーチング付きで、

ぜひ、DIY装着をトライしてみて下さいね。

 

 

TM ワイドレンジドアミラー

 

 

 

まだ、作業予約も、十分入りますので、

「匠」 により、作業をお考えのかたは、

ご予約よろしくお願いします!

 

 

作業予約ならびに、

イベントに関するお問い合わせは、

 

TEL 03-5706-1888

または、

mail@tm-square.com にて、

お問い合わせ下さいね!!

 

 

p1150165_s

TM-SQUARE
東急大井町線 緑ヶ丘 の洋食屋さん

2010年04月21日(水)

今日は、久しぶりにグルメネタを。

 

 

田中がハマっている洋食屋さんは、

東急大井町線 緑ヶ丘駅から、

徒歩3分のところにあります。

 

 

広告、一切なし。

電話番号の登録もなし。

 

そう、常連さんだけが、

足しげく通う、知る人ぞ知る、

お店です。

 

 

 

店内は、いかにも、洋食屋さん。

(あたりまえか・・・)

 

 

p1170223

 

 

 

何でも美味しいのですが、

やっぱ、洋食屋さんの王道(誰が決めたんだ!)、

メンチカツ が、田中はお奨めです。

 

 

注文して、待ってる間に、

オムライス を作ってました・・・。

(これも食べたい・・・)

 

p1170196

 

 

ちなみに、オムライスのソースは、

自家製トマトケチャップと、

デミグラスソースからのチョイスです!

 

 

 

そうこうしている間に、

メンチカツの登場です!!

 

 

 

ジャジャ~ン!

 

p1170206

 

 

デミグラスソースがかかっていても、

食べると、サクサク!!

 

 

 

もちろん、中からは、

お約束の、肉汁が・・・・・・。

 

 

p1170213

(つなぎがないぞ~!)

 

 

いやはや、今回も、やられてしまいました・・・・・。

 

 

 

もちろん、完食したことは、

言うまでもありません。

 

 

p11702192

 

 

いや~、ご馳走様でした!

TM-SQUARE
今週末は、月刊 「匠の日」

2010年04月20日(火)

いよいよ、今週末(4/24-25)は、

第二回 月刊 「匠の日」 です。

 

 

 

e69c88e5888ae3808ce58ca0e381aee697a5e3808de383a1e382bfe383ab-0311

 

 

 

そう、

仕様や効果をデモカーで確認し、

実際に新品の商品を見て、

購入が決まれば、

その場で、「匠」 が取付けを行う スペシャルイベント 

月刊 「匠の日」。

 

 

前回は、かなり盛り上がり、

すご~く、長時間、

作業をお待たせすることなりましたので、

今回は、少々、作業を抜粋して

開催することになりました。

 

 

作業項目と工賃表は、こちら。

 

(ワケアリ品、開発品を除き、商品は定価販売となります)

 

 

 

もちろん、全アイテム、

装着後は、田中の試運転にて、

責任を持って、マッチング確認を行います。ハイ。

 

 

で、今回、登場する 「匠」 は・・・・・、

 

土曜日  片山さん

      あべチャン

      タッシー

の、トリオ。

(あべチャンは、APR の専属メカニックで、GTカーの担当です)

 

 

日曜日  望月さん

      あべチャン

のコンビとなります。

 

 

ですので、ECU の書き換え&バージョンアップは、

恐縮ですが、土曜日のみとなります。

 

だから・・・、ということではないのですが、

今回、ECU 書き換えの方には、

イベントプライスで、対応します!

(金額詳細は、弊社までご確認下さい)

 

 

 

もし、作業がある程度決まっている方は、

ECU 書き換えを含め、

 

mail@tm-square.com

 

まで、メールでご予約いただければ、

お待たせすることなく、作業ができるかと思います。

 

電話の場合は、

03-5706-1888 (ミノルインターナショナル)となります。

 

 

開催場所は、東名高速 横浜町田インターから

約5分で到着する、弊社の物流倉庫です。

 

 

ミノルインターナショナル 町田倉庫のアクセスマップ

 

 

そして、そして、

今回のイベントでの目玉商品は・・・・・・、

ワケアリ品のカーボンボンネットです。

 

 

チラッとお見せすると・・・・・、

 

 

 

e291a0e7b6b2e79baee4b88de8aabfe585a8e4bd93

e291a4e7b6b2e79baee4b88de8aabf

e7b79ae382ade382bae291a8

 

と、いった感じです。

(すいません・・、写真がよくなくて・・・)

 

ま、現物を見て決めていただけますので、

ジックリ観察して、

決めていただければよろしいかと。

 

 

販売価格は、当日のお楽しみです。

 

 

ちなみに、ワケアリ品の、ボンネットは、

複数枚ありますので、

GETできる確率も、かなりあるかと思います。

 

 

別料金になりますが、

クリアー塗装対応も、可能です。

(後日送りとなってしまいますが・・・)

 

 

 

とま~、今回も盛りだくさんです。

 

 

 

その他、月刊 「匠の日」 の

有効利用方法&詳細はこちらから。

 

 

月刊 「匠の日」 の詳しい説明はこちら

 

 

このイベントは、

ミノルインターナショナルの商品

すべてが、ターゲットですので、

もちろん、スイフト以外の車種も、WELCOME です!

 

 

みなさんにお会いできること、

楽しみにしてま~す!!

 

 

 

p1150243_s

p1150193

 

 

 

 

 

 

ZONE
REV SPEED 取材 in 本庄サーキット

2010年04月19日(月)


おはようございます!

 

またまた、話が前後しますが、

今日は、ハイパーミーティング前に、

本庄サーキットにて行われた、

ZONE マッチング確認のご報告を。

 

 

p11605431

 

 

 

この取材は、スーパーオートバックス浜松 さんの

デモカーに、ピッタリ、マッチングする

摩材を作ることが、使命となります。

 

 

p11605501e3838ae383b3e38390e383bcefbc89

そのアングルは・・・・・、犯罪です・・。

 

 

 

 

プロジェクトの隊長は、

ご存知、ZONE マテリアルソムリエ でもある

鈴木さん。

 

 

 

 

p11606381

p11606471

いや~、今日もファンキーなジーンズです。

 

 

 

そして、マッチングをとるのは、

Z34 & 木下みつひろ 選手です。

 

 

p11606321

この人は、田中もビックリするぐらい、マニア・・・ですね。

 

 

 

テスト&取材は、サクサクと進んだのですが、

なんといっても、Z34の純正ブレーキは、

驚くほど、デカイ!

 

 

p11605941

p11605471

 

 

 

だから、サーキットと言えど、

効きが強い摩材は、必要ありません。

 

 

p11606261

p1160620

 

 

もちろん、SA浜松さんのお家芸、

ノンスチール材で対応します。

 

(なんといっても、鉄分が入っていないので、

ストリートでは、超快適ですから)

 

 

 

途中、何度か、摩材を変更し、

木下 選手からも、バッチリOKをいただきました。

 

 

いや~、今回も決まったな。 と、余韻に

浸っているのもつかの間、

 

ハイパーミーティング明けに、

ストリートの性能面で、

またまた、木下選手から、変更依頼が・・・・・・。

 

 

 

わ、わ、わかりました・・・。

やりますよ、トコトン・・・・・・。

ちゃんと、手はありますから・・・・・。

 

 

 

このパッドができれば、

もちろん、SA浜松さんの専用摩材となりますが、

かなり人気になると思いますよ~。

 

 

だって、複数のマニアが、作っているんですから・・。

ZONE
REV SPEED 取材 in 袖ヶ浦

2010年04月15日(木)


ちょっと、報告が前後しますが、

今日は、ハイパーミーティング直前に行われた、

REV SPEED 取材 のお話を。

 

 

この取材は、現在、よ~くサーキットで

みなさんが使用している、

スポーツラジアル を6種類 持ち込んで、

比較テストを行うという企画。

 

 

場所は、クラブマンレーサーの新天地

袖ヶ浦サーキットです。

 

 

p1160726

p1160727

 

 

でも、某編集長が、

取材内容は、絶対に雑誌が出るまで、

「ブログに書いちゃダメ」 と、

とっても、心の狭いことを言うので・・・、

残念ながら、書けません・・・・・。

 

 

 

ということで、今日は、タイヤテストに便乗して

ZONE の適合確認も行いましたので、

そちらのお話を。

 

 

 

タイヤテストを行った車輌は、

長野の ARMS さんの S15(ターボ)。

 

 

p1160730

 

 

ARMS さんのと言えば、

木下みつひろ 選手が、セットップを繰り返し、

筑波では、ラジアルと思えないタイムを連発する

とっても、ハイレベルなお店。

 

 

じつは、昨年から、ZONE の販売店として、

バッチリ販売していただいてます。

 

 

p1160764

 

 

 

 

でもこの日は、「赤」 のデモカーではなく、

より、ユーザーに近い車輌と言うことで、

社長のマイカー?で、テストを行いました。

 

 

もちろん、ボンネットには、

ド~ン、と、ZONE のステッカー です!

 

 

p1160737

 

 

 

でもって、タイヤテスト中に、

ブレーキパッドも、換えていただき、

 

 

p1160762

 

 

 

バッチリ、適合が取れました!

 

 

p1160767

 

 

 

 

みなさん!

袖ヶ浦は、「サーキットグループ B 」 です。

 

S14/15 のハイグリップラジアルなら、

14B で、バッチリ適合します!

(ノーマルキャリパー/ノーマルローター)

 

 

ということで、早速、ZONE のWEB サイトにも、

袖ヶ浦を追加しておきました!

 

 

ZONE サーキット ランク

 

 

しかし、ここのサーキットは、

タイヤテストするのに、バツグンですね!

 

 

 

p1160773

ZONE
ハイパーミーティング 予選 の 動画!

2010年04月14日(水)

昨夜、田中の プライベートブログ に、

渾身の予選アタックの動画をアップしましたので、

 

ご興味がある方は、ぜひ、です!

田中ミノル プライベートブログ

ZONE
匠は、ホント 凄いですね。

2010年04月13日(火)

 昨年末のスーパーバトルで、

僅差でしたが、NA のトップになることができ、

でも、その栄光に甘んじることなく、

 

じつは、スーパーバトルの直後(12月末)に、

タッシー&望月氏 の匠たちと、

ミーティングをしました。

 

 

内容は、ハイパーミーティング2010 を

どの仕様で戦うかです。

 

 

このミーティングは、約10時間にもおよび、

田中と匠たちとの間で、

時には激しく、時には和やかに、

方法論と、コストについて、話し合いました。

 

 

そして、その時点で、

今回のハイパーミーティングでの仕様は、

すでに決まっていたのです。

 

 

その後、すぐにタッシーが図面を書き、

製作物の発注をかけました。

 

 

それから、約3ヵ月半。

 

 

タッシー は、

勉強用と称したエンジンを一基購入し、

徹底的に勉強してくれました。

 

また、望月さんも、

ピロアッパーの開発や、

クムホタイヤの手配をはじめ、

ハイパーミーティングに向けて、

着々と準備をしていただきました。

 

 

そして、製作物が届いたのは、

4月になってからだったのですが、

タッシーは、たった2日で、エンジンを組み、

ECU 適合を取ってくれました。

 

 

p1160465

p1160525

 

 

そうです、

匠たちは、机上で決定した項目を

100% カタチとして実現してくれたのです。

 

 

p1160393

 

 

通常なら、机上で仕様が決まっても、

組み込む段階で、いろんなトラブル等が出て、

妥協をしなくてはならない部分があったり、

 

机上では、効果があると思われたものが、

実際は、効果がなかったり、

反対に、マイナスのものがあったりと、

 

方向修正や、加工が必要だと思うのですが、

やはり匠は、ハンパじゃありません。

 

 

決定事項のすべてを

キッチリとやり遂げ、イベント当日に

1号車を筑波に持ち込んでくれました。

 

 

 

そして、イベント当日の朝一番に、

「データ的に、5秒4は出る」 と、

言い切りました。

 

 

トラブルにより、金曜日の事前テストでは、

まともに、走ることができなかったにもかかわらず・・・です。

 

 

で、実際走ってみれば、5秒3 ・・・・・。

 

 

ホントこの人たちは、

勝負のすべてを知り尽くしています。

 

 

匠たちの、恐ろしいまでの

データ解析力、一瞬のブレもない自信、

そして、机上の話を確実に実現してしまう実行力には、

改めて驚かされました。

 

 

この匠たちが、いてくれたからこそ、

TM-SQUARE は、今回のイベントでも、

トップに君臨できたのだと思います。

 

 

 ただ、他社製のパーツを組み込んだだけでなく、

ほとんどのパーツを図面から製作したことにより、

今後の商品バリエーションに、

大きく貢献することは言うまでもありません。

 

 

部品開発の「究極の姿」。

 

 

このノウハウこそが、

今回のイベントで我々が手に入れた、

最大のものだったと、田中は思っています。

 

 

リミット いっぱいのものを作ったからこそ、

それにマージンを付け加えることで、

みなさんに、安心して使用してもらえると

田中は思うからです。

 

 

 

いや~、でも、匠はスゴイ!

 

 

 

p11507261