クムホ V700 1セット目 終了です。

2010年08月20日(金)

4月のハイパーミーティング前に

投入した、V700 1セット目 が終了しました。

 

 

p1230911

 

 

サーキット走行 合計6回。

ストリート走行 約10,000km。

(今年の夏は、イベントで、走りました・・・・・)

 

 

田中的には、

「マズマズかな」 と思っています。

 

 

だって、この時期の路面温度を

考えれば、冬の倍は減りそうな勢いですからね~。

 

 

 

予断ですが、TMのデモカーは、

みなさん、ご存知のとおり、

ガッツリと、キャンバーが付いてますよね。

 

F -4.5~-5.8

R -3.5

 

 

でね、よく聞かれるのが、

タイヤの内ベリの話し。

 

 

いくら田中が、サーキット走る人なら、

これ位のキャンバーでも、

内ベリなんてしないと言っても、

なかなか信じていただけないので、

証拠写真を!

 

 

 

 

 

p1230901

 

 

これが、左フロント。

 

左側がタイヤの外側。

右側がタイヤの内側となります。

 

確かに、角の部分は、内側が、

少々丸くはなっていますが、

タイヤとしての磨耗は、やっぱ外側が強いです。

 

ということは、このキャンバー角でも、

まだ足りないと、いうことになります。

 

 

また、たいていのサーキットは、

右回りですので、左フロントは、

外側が磨耗しやすいものです・・・。

 

 

 

ということで、お次の写真は、

内ベリしやすい右フロント。

 

 

 

p1230886

 

 

 

左側が、外側で、

右が、内側です。

 

 

確かに、左フロントに比べると、

若干、内側の磨耗が多いですね。

 

 

ま~、コレを内ベリと言うか、言わないかは、

個人の主観によって、

違ってくると、思いますが、

田中は、問題ないレベル だと思います。ハイ。

 

 

 

 

それより、

田中が、少々気になったのは、

外側から、2つ目のブロックの磨耗が

多いことです。

 

 

 

p1220684

 

p1230899

 

 

 

 

田中の想像では、

ケーシング剛性が強く、

(特にショルダー部)

 

トレッドセンターの剛性が、

ショルダー部に負けてるかな?

といったところだと思います。

 

まぁ、たいした問題点ではありませんが・・・・・・・。

 

でも、V700のケーシング剛性は、

ハンパじゃないですよね~。

 

 

レーシングタイヤと比較しても、

十分勝負できる

脅威の剛性です。

 

 

ま、でなけりゃ、あのタイム、

出ないですよね~。

 

 

 

では、V700 のグリップ力に驚かされる

車載をご紹介しましょう!

 

 

時は7月、

場所は、筑波1000、

(そうです、REV SPEED の取材時です!)

 

クルマは、TM 2号車、

ドライバーは、大井とか言う、

少々クルマの運転がウマイらしい オッチャン。

 

1コーナーのコーナリングスピードが、

圧巻です!

 

 

では、ジックリと、どーぞ!

 

 

V700のご注文、お問い合わせは、

こちら まで!

 

AD08 vs クムホ V700 の比較

2010年06月08日(火)

昨日は、開発テストのため

FSW にいました。

 

 

dvc00034

 

 

 

何を開発していたかというと、

冷却系の、某パーツです(笑)。

 

 

使用したのは、

ノーマルエンジンの2号車。

 

 

 

dvc00035

 

 

 

昨日は、気温も高かったので、

ウインドウダクトも、

バッチリ装着して、テストに挑みました。

(車内は、驚くほど涼しく、快適、快適)

 

 

 

dvc000371

 

 

 

でね、この冷却系のテストと平行して、

タイヤの比較も行ったんです。

 

 

 

ハイパーミーティングに、

クムホ V700 を投入し、

グリップの凄さは確認していましたが、

いったいどれぐらい違うのかという、

比較テストは行えませんでしたので、

 

冷却系のテストの合間に、

バッチリ比較テストを行いました。

 

 

比較対象は、国産タイヤメーカーの中で、

人気 No1 の AD08 。

 

 

実際、田中も、ハイパーミーティング前までは、

使用していたタイヤです。

 

 

で、結果の方は・・・・・、

 

 

 

 

ベストラップも、アウトラップも、約2秒・・・・・。

 

 

 

 

昨日は、路面温度も高く、

全体的なグリップレベルも低かったのですが、

V700 の圧勝でした・・・。

 

 

 

 dvc000401

 

 

 

何が違うって、

も~、誰が乗っても、

意のままに、クルマを操れるという感じです。

 

 

AD08 だと、タイヤの限界を迎える近辺では、

少々、ナーバスな部分があり、

それをねじ伏せてタイムを出すには、

多少のテクニックと、経験値が必要です。

 

 

でも、V700 は、グリップがあるだけではなく、

アクションを起こした瞬間から、

切り込んでいくタイミングに

ラグがないので、

まさに、意のままに運転できる

すご~く、扱いが簡単なタイヤです。

 

 

 

イメージ的に2秒の内訳は、

 

ブレーキング/トラクション性能で、約0.4秒。

 

横方向のグリップレベルで、約1.2秒。

 

そして、扱いやすいことから、失敗しないので、

ラップが安定することで、0.4秒 というのが、

FSWでの、田中のイメージです。

 

 

走行後の表面も、

「すご~く、良い顔してました」 

 

 

 

dvc000501 

 

 

 

運転が簡単で、グリップも高く、

構造(ケーシング剛性)もしっかりしていて、

磨耗状態も理想的・・・。

 

 

 

クムホ V700 は、

やっぱり、只者じゃ、ないです。

 

 

 

 

そんなに、褒めちぎって、

販売を開始したからでしょう? って??

 

 

 

間違ってもらっちゃ、困ります。

 

販売を開始したから、

褒めちぎったのではなく・・・・・・・、

 

 

使ってみて、大好きになったから、

販売を開始したんですよ~。

 

 

 

では、ジックリ 動画でご確認下さい。

 (雑音が強く、音がわかりにくいです・・・、すいません・・・・)

 

 

 

AD08 

 

 

 

 

 

 V700

 



 

 

 

ね、驚くぐらい違うでしょ?

 

 

 

田中は、このパフォーマンスに

ゾッコン & メロメロ です!

 

 

タイムアタッカーのみなさん、

使わないと、クムホユーザーに

簡単にやられちゃいますよ~(笑)。

 

 

 

ご注文、お問い合わせは、

クムホ V700 専用フォーム にて、

お願いしま~す。

クムホタイヤ(V700)販売開始のお知らせ! ④

2010年05月27日(木)

今日は、スイフトに適合する

V700 のサイズについてのお話です。

 

 

 

まだまだ、サイズバリエーションが

少ないV700ですが、

16インチなら、適合するサイズがあります。

 

 

通常、16インチでの

タイムアタックの定番といえば、

215-45-16 ですよね。

 

このサイズ、ネオバAD08なら、

外径は、600mm となります。

 

 

これを元に、

クムホV700で適合を取るなら、

225-45-16 が、バッチリです。

(ちなみに、215-45-16は、設定がありません・・・)

 

 

V700 の 225-45-16 では、

外径が、602mm ですので、

約2mm、大きくなるレベルです。

これだと、スピードメーターの狂いや、

ブレーキの効きに関しても、問題がありません。

 

 

実際にスイフトに装着してみると、

フロントは、楽勝。

 

 

 

問題のリアも、こんな感じです。

(215 17インチ と、225 16インチの比較です)

 

 

(AD08 215-40-17  7.5J +43)

p1190846

 

 

(V700 225-45-16  7.5J +46)

p1190824

 

 

確かに幅は、10mm強、225の方が太いですが、

17 VS 16インチ ということもあり、

ほぼ、同じぐらいの納まりです。

 

ホイールのオフセットが3mm違うことと、

16インチタイヤの方が、サイドウォールが、

ラウンドしていることも、納まる理由です。

 

 

また、車高を上げていくと、

よりスペースが出来ることは、言うまでもありません。

 

 

(純正比 -60mm)

p1190821

 

 

 

(純正比 -40mm)

p1190836

 

 

 

このテストは、

2号車で行いましたので、

大盛りキャンバーシム装着状態での

マッチングとなります。

 

 

そう、キャンバーシムさえ装着すれば、

225-45-16 の4本履きは、可能なのです!

(車高も下げてくださいね)

 

 

 

もちろん、205-45-16 も、

装着は可能ですが、タイム狙うなら、

やっぱ、225-45-16 だと田中は思います。

 

 

あと、15インチも設定があります。

 

現在、主流の、

195-50-15

195-55-15

なら、バッチリ、設定があります。

 

 

 

でも、17インチは、少々厳しいです。

215-40-17  225-40-17 の設定がなく、

 

近いサイズだと、

235-40-17 (外径614)

205-40-17 (外径595)

となります。

 

205は、問題ないと思いますが、

235は、外径も、幅も、ちょっと厳しいですね・・・。

(でも、トライフォースは、確か 235・・・・・)

 

 

ちなみに、ハイパーミーティングで、

田中は、

225-45-16 4本

205-45-16 2本 を持ち込みました。

 

これは、エンジンチューニングが長引き、

事前にクムホタイヤで、

シャシーをセットアップする時間がなかったので、

 

フロント 225-45-16

リア   205-45-16

で走り出し、オーバーステアなら、

すぐに、225-45-16 の4本履きへ

交換する段取りでした。

(クルマでセットアップする時間がなかったので・・・・・)

 

理由は、ただそれだけ。

 

セットップできるなら、

躊躇なく、225-45-16 の4本履きを

チョイスしていたと思います。ハイ。

 

  

以上、とってもマニアな

スイフトのタイヤチョイスの話でした!

 

 

 

クムホ V700 専用オーダーフォーム 

 

 

 

※ 今週末の 「匠の日」 では、

  BBS + V700(225-45-16 と、205-45-16) が、

  現地にありますので、気になる人は、マッチングも確認です。

 

  自分のクルマに装着して、フェンダークリアランス等、

  ぜひご確認下さい!

クムホタイヤ(V700)販売開始のお知らせ!③

2010年05月26日(水)

では、今日は、構造のお話を。

 

 

ご存知のように、タイヤの構造は、

スチールワイヤーや繊維による

構造部分が、存在します。

 

それを、ゴムでサンドイッチして、

荷重や、コーナリングフォースに

対応し、タイヤの変形を最適な状況にします。

 

 

一昔前は、構造を強くするとなると、

スチールワイヤーや繊維による

構造部分を強くする手法が主流でした。

 

 

住宅で言うところの、

柱を太しくたり、柱の数を増やすことで、

荷重に対応する、いわば、在来工法。

 

 

でもね、最近は、硬くて密度が高くても、

しっかりグリップする、ゴムの出現で、

壁により、強さが確保できる、

ツーバイフォー的な考えが出来るようになったのです!

 

 

密度の高いゴムを使用すると、

構造が荷重に負けることなく、シッカリとしますので、

トレッド面をいつも良い状態で、

路面に押し付けることが可能となるのです。

 

 

じつは、この効果は、絶大で、

ある面、密度の高いゴムを使用する

最大のメリットかも知れません。

 

特に、トレッド面の剛性が強く、

発熱しても、ゴムがヨレないことは、効果絶大!

 

 

だから、連続ラップでも、

安定してタイムを刻むことが可能となるのです。

 

 

そのひとつの証として、

クムホV700 の空気圧は、

1.7~1.9k ぐらいで十分なんです。

 

(ちなみに、ハイパーミーティングでのアタックは、

冷間1.5k スタートでした!)

 

 

この空気圧は、

ツーバイフォーの発想だからこそ、

可能なんだと田中は思います。ハイ。

 

 

 

 

韓国製タイヤ = 安いけど・・・・・

 

というのは、もう、昔の話しなんですね。

 

 

 

ガンバレ、国産メーカー!!

 

 

p1170033

クムホタイヤ(V700)販売開始のお知らせ!②

2010年05月24日(月)

では、今日は、

クムホタイヤ(V700)販売開始ということで、

昨今のタイヤトレンドのお話を。

 

 

まず、昔は、ハイグリップタイヤと言えば、

ソフトコンパウンド が、

一世風靡 した時代があります。

 

 

レーシングカーのQF専用タイヤに代表される、

トリモチのような、ベタベタしたコンパウンド を使用し、

路面にゴムを貼り付けて、走らせるようなタイヤでした。

 

 

その延長の考えで、ラジアルタイヤも

ツメで押したら、型が付くような、

ソフトコンパウンドが主流となりました。

 

 

 

 

ちょっと、複雑な話しなのですが、

昔のソフトコンパウンドは、

ゴムの密度が低いタイプとなります。

 

 

ラジコンの世界で、スポンジタイヤがあるように、

ゴムの密度を下げて、ゴムの粒子を動かし、

発熱させることで、

トリモチの様な、ベタベタ感となるのです。

 

 

でも、数年前から、このトレンドは大きく変わりました。

 

 

たとえばの話しですが、

レーシングタイヤの通称で、

ソフト ミディアム ハード 等がありますよね。

 

昔は、ツメで押したとき、

コンパウンドの固さは、必ず、

ソフト → ミディアム → ハード の順番でした。

 

 

でもね、今は、みんな同じぐらいなんです。

 

 

理由は、ゴムの密度が高くても、

グリップするゴム(コンパウンド)が、出現したからです!

 

 

だから、

ソフト ミディアム ハード という通称も、

ゴムの固さが、

ソフト → ミディアム → ハード とは、

ならない場合があります。

 

現在のレーシングタイヤでは、

一番グリップするのが、ソフト。

あまりグリップしないのが、ハード と呼ばれています。

 

要するに、グリップ力 = ゴムの固さではなく

タイムが出るのが、ソフト。

あまりタイムが出ないのが、ハードという

呼び名となっているんです。

 

 

この流れが、現在、ラジアルタイヤにも

やってきています。

 

 

私が知りうる限り、

ミシュラン ハンコック クムホ の一部の

ラジアルタイヤが、まさに、この流れだと思います。

(注 田中の勝手な想像です・・)

 

 

だから、「カチカチ」 なのにグリップする

なんて、一昔前では、考えられなかった減少が

起こっているのです。

 

また、ゴム密度が高く

ゴムが固いと、構造面で大きなメリットもあるんです。

 

 

次回は、このあたりのお話を

お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

p1160866

 

 

 

クムホ V700 専用オーダーフォーム 

クムホタイヤ(V700)販売開始のお知らせ!

2010年05月21日(金)

ハイパーミーティングにて、

田中が使用した、

クムホV700(V70A)。

 

 

p1160511

 

 

 

驚異的なタイムの

立役者になったことから

「どこで購入できるの?」 と、

多くのお問い合わせをいただきました。

 

 

でもね、このタイヤ、

通常のクムホタイヤの販売ルートとルートが違い、

ごく一部の競技系のお店しか

取扱いがないんです。

 

 

ならば! ということで、

田中のレーシングネットワークを活用し、

みなさんが、カンタンに購入できるように、

ミノルインターナショナルで取扱いを開始しました!

 

 

もちろん、取扱いは、

V700の全ラインナップ!

(V700以外のクムホタイヤは取扱いを行っておりません)

 

 

まだ、輸入されて、間もないことから、

ラインナップされている、すべてのサイズで、

在庫OKとはいきませんが、

1/3~半分ぐらいは、日本に在庫があるようです。

 

 

ラインナップ&プライスは、以下のとおり。

 クムホ V700(V70A)


  サイズ  販売価格(税込)     納期
 335/30R18 \55,600  
 305/30R18 \51,600  
 285/30R18 \48,800  
 265/35R18 \44,300  
 245/35R18 \41,200  
 225/40R18 \36,400  
 335/35R17 \45,700   納期未定
 315/35R17 \42,900   納期未定
 275/40R17 \36,300    納期未定
 255/40R17 \33,900  
 245/40R17 \32,300   納期未定
 235/40R17 \30,100  
 205/40R17 \26,300   納期未定
 225/45R17 \28,200  
 215/45R17 \26,400  
 265/45R16 \30,800   納期未定
 245/45R16 \27,800   納期未定
 225/45R16 \25,400  
 205/45R16 \23,600   納期未定
 225/50R16 \22,500  
 205/50R16 \20,200  
 225/45R15 \24,400   納期未定
 225/50R15 \22,300   納期未定
 205/50R15 \17,900   納期未定
 195/50R15 \15,900  
 195/55R15 \15,700  
 185/55R15 \15,300   納期未定
 185/70R15 \14,500   納期未定
 225/50R14 \20,600   納期未定
 195/55R14 \16,600   納期未定
 185/55R14 \15,100   納期未定
 235/45R13 \23,300   納期未定
 215/50R13 \19,100   納期未定
 175/60R13 \11,300  
 185/70R13 \11,900   納期未定

 

 

納期欄が無印のサイズは、

現時点で、日本国内に在庫があるか、

近々に日本国内に入荷が予定されている

サイズとなります。

 

 

また、納期未定と明記されたものは、

設定はあるものの、現在、日本国内に在庫がなく、

次回納期が、明確に決まっていないサイズとなります。

 

 

価格的には、現在、大人気のアドバン AD08より、

少し安いぐらいの設定でしょうか。

 

 

でも、グリップの高さには、

少々驚いていただけると思います。ハイ

 

 

国産ラジアルと比較すると・・・・・、

 

富士で約2秒・・・。

袖ヶ浦で約1秒・・・。

筑波2000で、0.5~0.8秒は、

アドバンテージがあると、田中は思います。

 

 

でも、ゴム(コンパウンド)は、

かなり 「カチカチ」・・・・・。

 

だから、ライフも、なかなかのものなのです。

 

 

ゴムが、「カチカチ」 なのに、

脅威のラップタイムを刻める秘密は・・・・・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後、ジックリ説明していきたいと思います。ハイ

 

 

ワンメイクレース等では、

すでに、人気爆騰 の、

クムホ V700 ラジアルタイヤ。

 

 

タイムアップを狙うなら、

かなり、いい仕事してくれると思いますよ!

 

 

この禁断の、グリップを経験すると、

田中が、ハイパーミーティングで使用した理由が

キットわかっていただけると思います。

 

 

 

なお、販売は、WEB販売のみとなりますので、

ご注文、お問い合わせは、

以下の、注文フォーム にてお願いします。

 

 

クムホ V700 専用注文フォーム  

 

 

タイムを出すなら、クムホ V700 

みなさん、どーぞ、よろしくお願いします。

 

 

メーカーのWEB サイト