田中ミノル式 ドラテク道場「これがスイフトの荷重移動だ!」  レポート!!

2019年09月29日(日)

いや~、ホント、中身の濃い 一日でございました。

ご参加いただきました みなさん、
ご見学に来ていただいた みなさん、

本当にありがとうございました。

まずは、午前中枠となる 12台が、早朝の FSW P7 駐車場に集結!

でもって、インストラクション → 走行 といったパターンで、
ガッツリと、荷重移動に特化したメニューに、向き合っていただきました!

また、今回のイベントには、
早朝より、こちらのお方が登場!!

ダンパーを作る側として、「見ておいた方がタメになる」と、
とっても、とっても、志が高い、
元 TDS  現 エレメントスポーツ 代表の 高橋さん なのであります!

また、今回は、ありがたくも、REV SPEED さんに、
取材をしていただきましたので、こちらの方が、ご来場!

でも・・・・、
「オーバーステアを出してみよう!」 
というトレーニングメニューが、どうもうまくできず・・・・、
一度目のトレーニングでは撃沈。
(残念ながら、1mmも、オーバーステアは、出ませんでした・・・)

では、そのときの動画をどーぞ!!

そして、午後枠のレッスンが始まると・・・、

そのレッスンを 後ろから、盗み聞きして・・・・(笑)、

その後の走行では、
見事な、オーバーステアを披露されておりました。ハイ。
(本人談では、ブレーキが強過ぎたみたいです・・・・ホントかなぁ)

また、午後枠では、京都に嫁入りした
TM-SQUARE 4号車(TC2000 02秒台の4号車!!)が、
現オーナーさんとともに、レッスンへ!!

いやはや、遠いところ、ありがとうございます!!

また、他にも、京都からお越しいただいた、
ZC31S オーナーさん や、
富山からご参会ただいた、ZC32S オーナーさん等、
遠いところから来ていただき、本当にありがとうございました。

しかし、まぁ~、スイフトワンメイクで、
荷重移動のみに特化したイベント、
メチャ盛り上がって、楽しく、ホントに、濃いイベントになりました。

そして、誰一人、クラッシュすることもなく、
ご参加いただいたみなさんに、
本当の荷重移動の極意をご理解いただけたのではないでしょうか?

もちろん、限られた時間内でのトレーニングですので、
頭で理解したようにクルマを走らせるには、少し時間を要しますが、
「どうすれば、荷重移動を有効に使用できるか?」ということに関しては、
完璧にご理解いただけたと、田中は信じております。

このお方が、ラバコン 最多 ぶっ飛ばし大賞 を受賞! (笑)

また、田中ミノル式の荷重移動は、
みなさんが、今まで理解したような気になっていた荷重移動とは、
まったく、別物だったのでは、ないでしょうか??

(でも、これが曲がるために有効な 本当の荷重移動なんです!)

講義の中でも話しましたが、本当の荷重移動を理解するには、


遊び場(安全が担保されたスペース/コース設定)

遊び道具(ドライバーの指示に忠実に反応する車両)

遊び方(同乗走行を含め、有効な荷重移動のレクチャー)


この3つが揃わないと、伝わらない・・・、
いや、伝えることができません。

だから、本当の荷重移動を活用するドラテクが、
なかなか浸透しないのではないかと田中は思います。

そういった意味では、
今回は、FSWさんの完全バックアップにて、
上記3つの条件が整った中で、イベントを開催いただけたこと、
FSW のみなさんに、感謝、感謝でございます。

また、FSWのたくさんのスタッフのみなさんに、
サポートいただき、本当に、ありがとうございました。

でも、まぁ~、マジで、強烈に濃い一日でしたが、
みなさんのドラテクに対する 貪欲なまでもの あのテンションと
一緒にレッスンするのは、本当に非日常的な素敵な時間でございました。

ということで!

「また、やりましょう!!」

というか、FSW で常設してくれないかなぁ・・・、あのコース!(笑)
だったら、スイフトに限らず、どんなクルマでも、
本当の荷重移動とドップリ向き合えるコンテンツになるのになぁ~。
FSWさん、マジに、ご一考を!!

以上、田中ミノル式 ドラテク道場
「これがスイフトの荷重移動だ!」 の レポート でした!!

本ブログにてご紹介した製品等のお問い合わせは、こちらのフォームから!!
(お送りいただいた内容は、本ブログには掲載されません)

※送信後、3営業日以内に返信が無い場合、メールアドレスの入力誤りや、送信エラー等の可能性があります。その場合は、恐れ入りますが mail@tm-square.com までご連絡をお願い致します。