TM-SQUARE
リアトーイン (セットアップ) の ウンチク!

2014年10月24日(金)

p1



























昨日、アップした、





キャンバーシム 大盛り (トー少なめ)





の解説を書いて 思ったのですが、







リア トーイン に関する ウンチクは、



スイフト限定の話ではなく、どのクルマにも共通した部分ですので、



もっと、突っ込んだ 部分を・・・・・・・・、



書きたくなりました・・・・・・。













ということで!!



今夜は、リア トーインによる セットアップの お話です。



(マニア過ぎる・・・・・・・笑)



















まず、トーイン & トーアウト というのは、



アライメント(タイヤがセットされる角度)の一種で、







タイヤを真上から見たとき、





前方が狭まっている 状態   →   トーイン



前方が広がっている状態   →   トーアウト  





となります。









まぁ~、語源的には、





トーイン  →   トー(つま先) が、イン側を向いている 「内股状態」



トーアウト  →   トー(つま先) が、アウト側を向いている 「ガニ股状態」





ということになります。

















この トーイン値 は、角度の表記になっており、



トータルトー と呼ばれる 左右のトーを合算した数値で表記されます。











たとえば、





右  イン 0°20’(イン 20分)



左  イン 0°20’(イン 20分) 





の場合、左右を合算して イン 0°40’(イン 40分) と、表記されます。









また、1°以下の単位は、



0°60’(0度60分)  =  1°00’(1度00分) の 60進法 が採用されています。



























あと・・・・、どうでもよい話ですが・・・・・、



トーイン のイメージって、とっても、地味な感じですよね~(笑)







同じ、アライメント ジャンルの中でも、



キャンバーは、見た瞬間に、「ガッツリ付いているなぁ~」 って、わかるのに、









9228dbaabf











トーインは、見ただけじゃ、「かなり攻めてるね~」 とは、わからないですもんね・・・・・。













でも・・・・・・、



セットアップ (アンダー/オーバーのバランスを取る) といった観点では、



リア トーイン は、とっても、とっても 大きな ファクターなのであります。ハイ。



















そして!!



リア トーイン によって、



アンダー/オーバーのバランス を変化させるために、



理解しておかなければならない 基本中の基本は・・・・・・、





(テストに出ますよ~  笑)















① リアトーイン値 が大きいと、アンダーステア方向となる



② リアトーイン値 が小さい、または、トーアウト になるとオーバーステア方向となる

















ということです。



























では、具体的に説明しましょう!









FF  FR MR 4WD 等、エンジン搭載位置 & 駆動方式 は変われど、



純正車両における リアのトーイン値は、だいたい、





イン  0°30’ ~  1°30’ (イン 30分~1度30分)





アタリではないかと、推測します。



(もちろん、一部の車両では、上記以外のトーイン値の場合もあります)

















たとえば、とあるクルマのトーイン値を計測したら、



イン  0°30’ だったとしましょう。













そして、このクルマは、バランス的に、



かなり、アンダーステアが強い状態なら、





イン  0°30’  →  イン  0°20’ に、



トーイン値を小さくすると、アンダーステアは、改善する方向となり、







反対に、このクルマのバランスが、オーバーステアなら、





イン  0°30’  →  イン  0°40’ に、



トーイン値を大きくすると、オーバーステアは、改善する方向となります。





















ということで、田中ミノル式 トーイン有効活用方は、











1) 現在 アンダーステア バランス の場合



多過ぎるトーイン(付き過ぎているトーイン)を 



オーバーステアバランスにならない領域まで取る (ゼロに近づける)。



※ 走行抵抗が減少することから、ストレートのスピードも、UP します!









2) 現在 オーバーステア バランス の場合



少な過ぎるトーイン(ゼロに近いトーイン)を 



リアの動きが安定するまで付けていく (インの数値を大きくする)。



※ FR / MR の場合、トラクションも、強くなります! 



※ 走行抵抗が増加することから、ストレートのスピードは、DOWN します。











となるのであります!!



























ただ、これらトーイン値におけるセットアップは、



その時々のクルマの バランスに合わせ込みながら



変更するものですから・・・・・・・、







アンダーステアを抑制するために、



イン  0°45’  →  イン  0°10’ といった感じに、



大きく変更したら、反対に オーバーステア になったり、







イン  0°45’  →  イン  0°00’ に、セットしても、



元々のアンダーステアが強過ぎて、



まだまだ、アンダーステアのバランスが改善できない・・・・、



なんていうことも、よくある話しなのであります。









もちろん、アンダー/オーバーのバランスを取るのは、



サスペンションセット、タイヤチョイスを含め トータルで考えるもので、



リアトーインだけで、バランスを取るものではありませんので、



そのあたりお間違いなきように、お願いしますね。

























また、このブログの内容、使用した数値は、



すべて、田中ミノル の 私的な見解(思い込み)であり、



必ずしも、みなさんのクルマに、適応、適合するとは、限りません。







そして、リアトーインは、少しの変更で、



アンダー/オーバーのバランスが大きく変化する領域がありますので、



もちろん、すべての変更は、自己責任にて、



そして、その車両に詳しい方と、ご相談の上、行ってくださいね。







なお、トーイン値 の変更後は、



車両の特性が、どのように変化したかを 安全な場所で確認してから、



通常走行/スポーツ走行を行って下さい。



















以上、とっても マニアな 



リアトーインにおける セットアップのお話でした!



















そして、より深いお話は、こちらの サイト から!!





↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





ちょっと、マニアな、トーイン解説 ①



ちょっと、マニアな、トーイン解説 ②