BILLION VFCⅡ に、限定モデル 登場!

2017年02月20日(月)

p137













発売から、10年が経っても、いまだにニーズがある、

弊社ロングセラー商品の BILLION VFCⅡ 





なんと、当初の設計にて使用した 電子部品のデリバリーが終了し、

新たに、設計を行って、復刻品として、再登場したのが、2013年ですから、

本当に、長期にわたりみなさんに、ご使用いただいており、

感謝、感謝でございます! ハイ。






ちなみに、VFC とは、

ヴァリアブル ファン コントローラー の頭文字となり、

まぁ~、カンタンに言うならば、電動ファンの作動タイミングを

純正以下の温度域にて、任意に設定できる優れものなのであります。









0837ba98002

(写真は、残りわずかとなった、ホワイトケースの既存品です!)










でもって、このたび、ケース部分をブラックに変更した、

ブラックエディション なるものが、数量限定にて、

登場したのであります!!!










276942942f3

79480fca9a4


(内部の構造、ならびに、機能は、既存の VFCⅡ と、同じです)













では、電動ファンコントローラーは、どのようなものか、

少々解説しますと・・・・・・・・・・・、











まず、水冷エンジンの場合、

エンジン内の水温を一定にキープするために、

サーモスタットと呼ばれる部品が使用されています。








サーモスタットの解説は、こちらから!













でね、同じ冷却パーツである 電動ファンの始動タイミングは、

このサーモスタットの開弁温度に、リンクしているのであります。



だって、冷却水の水門番が、熱くなった冷却水を

ラジエターに、送り込んでから作動しないと、

あまり意味がないですからね・・・・・。






ですから、もし、開弁温度の低い、

スポーツタイプのサーモスタットを使用するのであれば、

電動ファンの始動ポイントも、そのタイミングに、合わせることにより、

より、効果的な冷却が望めるのであります。








cab3a74bd95













それから!

BILLION VFCⅡ なら、

電動ファンが2段階で作動するタイプにも完全対応!!





Low 側、High側 と、別々に始動温度が設定できるのであります。









詳しい解説は、こちらから!
















そしてそして、タイムアタックの前後をはじめ、

どうしても、冷やしておきたい場合には、

イグニッションONの状態であれば、

いつでも電動ファンを高速作動させることが可能な、

電動ファン強制作動スイッチが装着されているのであります。









BILLION VFCⅡの詳しい解説は、こちらから!










いや~、なかなかの 優れものでしょ??




やっぱり、エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出すには、

冷却チューニングは、重要だと田中は思いますよ~。










ということで!

以上、BILLION VFCⅡ の解説と、

ブラックエディション 限定発売のお知らせでした!









あっ!

ブラックエディション も、お値段据え置き、

19,000円(+Tax) となりますので、

みなさん どうぞよろしくお願いします!!








BILLION  「VFCⅡ」  復刻しました!

2013年06月10日(月)


 

 

本日は、BILLION の 新製品(復刻品)

ヴァリアブル ファン コントローラー  「VFCⅡ」  のご紹介です。

 

 

 

この商品、今から、4~5年前に、廃盤商品となっていたのですが、

一部のユーザーさんから、「ぜひ、復活して欲しい!」 と、要望があり、

このたび、復刻版として、再びリリースすることになりました。

 

 

 

1-23

 

ということで、

まず、ヴァリアブル ファン コントローラー  「VFCⅡ」 の説明をしますと・・・・、

 

 

純正では、電動ファンの作動温度は、

ECU や、水温スイッチにより、固定されています。

 

この作動温度は、だいたい、90~95℃あたり (Low 側) となり、

車両により、マチマチです。

 

 

 

詳しくは、こちらを!

 

 

 

 

でも、この電動ファンの作動温度は、

VFC を装着すると、任意に変更することが可能になるのです。

 

 

 

 

この温度を任意に変更できると、

サーモスタットの開弁温度に合わせた 電動ファンによる冷却や、

 

サーキット走行前や、走行後の 強制的な冷却 等々、

室内から、アクティブな冷却が可能となるんですね~。

 

 

 

ちなみに、ほとんどの場合、

 

通常の水温 = 電動ファンの始動ポイント近辺

 

であることから、

電動ファンの始動ポイントを低く設定すれば、水温は下がります。

 

(エンジンの発熱カロリーが多く、冷却容量が足りない場合や、

サーモスタットの開弁温度より低い設定温度を除く)

 

 

 

ですから・・・、

 

有効なエンジンパフォーマンスを得たい場合や、

燃費を向上させたい場合 (水温が高いと燃費が悪くなること知ってました?)、

また、エアコンをもっと効かせたい場合、

サーキットのアタック前や、アタック終了後 等、

 

室内から、水温のコントロールができると、何かと便利なんですね~。

 

 

 

 

また、「VFCⅡ」 は、電動ファンが、

HIGH / LOW と、2段階で作動する車両や、

複数の電動ファンが、1 → 2個 と、水温状況に合わせて

作動する場合、

 

この 低速作動  →  高速作動 の始動ポイントが、

各々に設定することが可能となります。

 

 

 

 

それに・・・・、

アクティブ モード (電動ファン強制作動スイッチ) という

機能がありますので、水温に関わらず、瞬時に、電動ファンを高速作動させることが可能です。

 

この機能は、サーキットでは、効果絶大ですよ~!

 

 

 

 

2-21

 

 

BILLION では、現在、「VFC-eLM」 という、

VFC のモデルが、販売されていますが、

 

 

 

VFC-eLM の WEB サイト

 

 

 

すでに、水温計を装着済みの オーナーさんには、

この 「VFCⅡ」 の方が、お値段もリーズナブルで、

センサー等の 追加購入も必要なく、使い勝手が良いかもしれないですね。

(だって、水温計は、2つ要りませんから・・・・・・・)

 

 

 

 

お値段は、¥19,000 (税抜)

¥19,950 (税込)

 

 

となり、本日より、出荷可能となりました!

(かなり、使用できる車種バリエーションも WIDE です!!)

 

 

 

 

 

電動ファンを有効活用し、

車内から水温をコントロールできる 「VFCⅡ」

 

 

 

みなさん、どうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

BILLION 「VFCⅡ」 の WEB サイトは、こちら!

 

 

 

 

3-22