なに? エンジンがない??  Vol.2  (笑)

2017年01月26日(木)


p1-116











みなさんに、たくさん、 イイね! をいただいたので、

調子に乗って、第二弾です(笑)!!











M16A エンジンを 徹底的にチューニングすることで、

我々が、学んだこと・・・・・・、



それはね・・・、



どうしても、改善しなければならない、部分が、

M16A エンジン には、あるんですよ・・・・・・。








その どうしても、越えなければならない 最大の壁 とは・・・、

吸入できる空気量をいかに増やすか・・・、でした。









要するに、M16A エンジン を

過激にエンジンチューニングする時、



最大のウィークポイントとなるのは、

空気がエンジンの中に、一定レベル以上、入らないことなのです。




(だから、M16A エンジンでは、高回転域でパワーを出すようなカムが、

まったくマッチングしないのであります・・・。だって、カムが機能する

回転域になったら、空気が入らないのですから・・・・・)









で、4号車のエンジンは、どうしたかと言いますと・・・・・、



某自動車メーカーのレーシングエンジンを設計している

すんごいところに、エンジンを持ち込み、


シリンダーヘッドを切り刻み、

インテークポート近辺にどれだけ肉厚があるかを計測。





そして、どこをどう削り、どこをどう埋めれば、

吸入空気量がどれぐらい増えるかという シミュレーター を

使用しながら、ファンネル、スロットルボディ、インマニ、インテークポートという 

空気が通過するトンネル内の形状を決定しました!

(いや~、あるんですよ、そんな、夢のようなソフトが!!)









そしたらね・・・・・、


な、な、なんと!

純正形状より 51% も、流れる空気量が、増加したのであります!!

(いや~、エンジンって、そうやって、作るのね・・・・・・・)











でも、まぁ~、まったく、販売できない ものであっても、

徹底的に、限界を追い続ける こと こそが、

TM-SQUARE の美学なのであります・・・・・・・・・・・(笑)













ということで!






b130d1d4092









外観だけでも、ご飯3杯は、イケますが、

内部の形状を見たら、あと、5杯ぐらい おかわりできそうな

インテーク トンネル (2) のお話でした!!