• tm-sq ボディーワーク
  • tm-sq サスペンション
  • tm-sq ブレーキパッド
  • tm-sq エンジン
  • tm-sq クーリング
  • tm-sq エキゾースト&インテーク
  • tm-sq 駆動系
  • tm-sq ホイール
サイト内検索 :

TM-SQUARE シフトカラー

強化エンジンマウント

ZC32S スイフトのシフトフィールをよりダイレクトに変化させるパーツ。 それが、TM-SQUARE シフトカラー です。

スイフトの場合、シフトレバーと、ミッションケースは、2本のワイヤーでつながっており、シフトレバーの操作により、このワイヤーを介して、ギアが変わる仕組みになっています。

そして、ZC32Sでは、振動やノイズを抑制するため、数箇所にゴムブッシュが使用されているのです。



              写真①                       写真②                      写真③

まず、シフトレバーの土台となるシフトレバーベース(写真① 白いプラスティック部)は、4箇所をボディに固定しているのですが、そのすべてがリジットではなく、ゴムブッシュによるフローティングマウントになっています(写真②)。また、シフトワイヤーを固定するために装着されているシフトワイヤーブラケット(写真③)にも、ゴムブッシュが使用されています。

もちろん、メカニカルノイズの抑制等、快適性はゴムブッシュの方が高くなりますが、シフトレバーベースは、ギアチェンジのたびにグラグラと動き、シフトワイヤーもゴムブッシュの「タワミ」により動き量が変化することから、「ムニュッ」とした剛性感のないシフトフィールになってしまいます。

TM-SQUARE シフトカラーは、これらゴムブッシュの変わりに、金属製のカラーを使用し、シフトレバーベース(写真④⑤)、ならびにシフトワイヤーブラケット(写真⑥)をリジットに固定することで、剛性感あるシフトフィールを実現しました。



                 写真④                      写真⑤                    写真⑥



ご注意

本製品は、TM-SQUARE 強化エンジンマウントと同時装着されることを前提に開発されている商品となり、純正エンジンマウントとの組み合わせでは、冷間時に ギアの引っ掛かり を発生させることがあります。

これは、純正エンジンマウントにより、エンジン/ミッションが大きく動いている時に、シフトワイヤーが、遊びのないリジットな状態で、ギアチェンジの指示を伝えることが原因です。また、この引っ掛かりは、ゆっくり操作しないと、次のゲートにシフトレバーが入りにくいタイプで、ギア鳴り等が発生する引っ掛かりではありません。

以上のことから、純正エンジンマウントとの組み合わせにて、ご使用される場合のマッチングは、

◎ この特性をしっかり理解して、冷間時に優しく シフトチェンジ される方
× ミッションが入りにくい冷間時でも、力任せにギアを入れるタイプの方


となります。

もちろん、この 引っ掛かりは、ミッションオイルが温まると大きく抑制され、それ以降は、ストリートでも、サーキットでも、とっても「カチッ」とした、剛性感のあるシフトフィールを実現します。


※ 強化エンジンマウントとの組み合わせでは、この冷間時の ギアの引っ掛かり は、発生しません。


シフトカラー

シフトカラー
商品名 : TM-SQUARE シフトカラー
品番 : TMSC-AG3601
価格 : 6,500円(税込)
適合 : ZC32S専用品

個数 

カゴに入れる

エンジンマウント/シフトカラーセット

商品名 : TM-SQUARE エンジンマウント 3点
      +シフトカラー セット
品番 : TMEM-AF3511S
価格 : 78,500円(税込)
適合 : ZC32S専用品
個数 

カゴに入れるweb限定

エンジンマウント/シフトカラーセット

商品名 : TM-SQUARE エンジンマウント 2点
      +シフトカラー セット
品番 : TMEM-AF3512S
価格 : 51,500円(税込)
適合 : ZC32S専用品
個数 

カゴに入れるweb限定

田中ミノルBLOG 「シフトカラー」 関連記事リスト







TM-SQUARE発信のハイエースブランドです(200系)。




「匠工房」とは、(株)ミノルインターナショナルが販売する製品を、現役レーシングメカニックが、ハイクォリティ&リーズナブルプライスにて装着してくれる、スペシャル工房です。




3月21日更新!

さぁ~、今夜は、鈴鹿 ツインのドラテク 編 です。......
(続きを読む...)




「勝手に道場破り」とは、全国のサーキットに、ノーマルエンジンのTM-SQUARE 2号車を持ち込み、勝手に走って、勝手に試して、そのデータを、勝手にみなさんにお伝えするという、開発とデータ取りを兼ねた、壮大なプロジェクトなのです。