• tm-sq ボディーワーク
  • tm-sq サスペンション
  • tm-sq ブレーキパッド
  • tm-sq エンジン
  • tm-sq クーリング
  • tm-sq エキゾースト&インテーク
  • tm-sq 駆動系
  • tm-sq ホイール
サイト内検索 :

添加剤

① FTソフトマター

富士フィルム㈱が開発した 特殊な分子構造を持つ 「FTソフトマター」 は、エンジン内部に潤滑の厳しい部分が発生すると、そこへ集結し、摩擦面の間隙に入り込み吸着します。さらに、その場で超分子構造を形成し、摩擦係数が非常に低い潤滑膜を形成することから、この潤滑に一番厳しい部分をピンポイントに守ってくれます。

② 有機モリブデン

金属同士が激しく擦れ合う境界潤滑領域で、ハイレベルな潤滑被膜を形成することによって、強力な潤滑を行ってくれるのが、モリブデン化合物です。有機モリブデンは、境界潤滑領域で、二硫化モリブデンへと変化し、ガッチリ金属表面に潤滑被膜を形成します。

③ 清浄分散剤

エンジンオイル内には、酸化を受けて発生する酸化物や、燃焼によって発生した、蒸気、亜硫酸ガス、窒素酸化物によって生成された炭化物が混入します。これらは、やがてスラッジとなり、エンジン各部に付着します。そこで、清浄剤により、錆びや腐食の原因になるこれらの酸化物質を中和します。また、分散剤により、スラッジ等を包み込み、オイル内に浮遊させ、底に沈まないようにします。

④ 耐磨耗剤

エンジン内部には、ピストンリングと、シリンダー等、金属と金属が接触する部分が多く、磨耗が促進されます。そこで、Zn DTP と呼ばれる磨耗防止剤により、各部品の磨耗を大幅に抑制してくれます。

⑤ 流動点下降剤

超低温域(-20℃以下)での流動性を向上させるために、処方される添加剤です。
寒冷地でのエンジンスタートを容易にします。

⑥ 酸化防止剤

エンジンオイルにとって、冷却はとても重要な性能です。
常温から、120~150℃まで、エンジンオイルの温度は変化しますので、高温域では、酸化を受け、酸化生成物を生じます。これらの酸化防止に効果のある添加剤が配合されています。

⑦ 消泡剤

空気が存在する条件下で、エンジンオイルが激しくかき混ぜられると、泡を生じます。この泡が原因で、油圧が下がり、エンジン各部に送られる油量が減少し、多くの問題が発生します。そこで、ジメチルシリコーンをはじめとする、オイルに溶けない、消泡剤を配合することにより、気泡が割れやすい環境を作り、安定したオイルの供給を可能としました。

⑧ 粘度指数向上剤

常温から超高温まで、粘度変化が少ない(粘度指数が高い)状況でエンジンオイルを長期間安定して使用するため、極々少量の粘度指数向上剤(ポリマー)が使用されています。




TM-SQUARE エンジンオイル 「M16A」の特徴




 商品名 : M16A
 品番 : TMOL-V02901
 価格 : 10,800税込)
 規格 :5W-40(SAE粘度部類)
     100%化学合成油
 内容量:4.5L

 個数 

カゴに入れる


田中ミノルBLOG 「エンジンオイル M16A」 関連記事リスト







TM-SQUARE発信のハイエースブランドです(200系)。




「匠工房」とは、(株)ミノルインターナショナルが販売する製品を、現役レーシングメカニックが、ハイクォリティ&リーズナブルプライスにて装着してくれる、スペシャル工房です。




4月7日更新!

いままで、スイフトのみにて、テスト販売を行っておりました、......
(続きを読む...)




「勝手に道場破り」とは、全国のサーキットに、ノーマルエンジンのTM-SQUARE 2号車を持ち込み、勝手に走って、勝手に試して、そのデータを、勝手にみなさんにお伝えするという、開発とデータ取りを兼ねた、壮大なプロジェクトなのです。