• tm-sq ボディーワーク
  • tm-sq サスペンション
  • tm-sq ブレーキパッド
  • tm-sq エンジン
  • tm-sq クーリング
  • tm-sq エキゾースト&インテーク
  • tm-sq 駆動系
  • tm-sq ホイール
サイト内検索 :

トーションビーム

少し前の話になりますが、FFのレーシングカーは、GrAからJTCCへと、大きな進化を遂げた時代があります。その中でも、一番激変したことは、リアサスペンションの剛性です。FFはタイヤの消耗とともに、どうしてもアンダーステア傾向が強くなる特性を持っており、GrAではフロントサスペンションを中心に、アンダーステア対策が行なわれていました。しかし、完全な解決策がないまま、時代はJTCCへと突入します。 そして、JTCCで大きな進化があったのです。それは、リアのスタビライザーを大幅に強化し、コーナリング時、アクセルオンでのロール量を大幅に減少させる、といった手法でした。
FFのアンダーステアは、コーナー出口で増大する傾向があります。これは、コーナリング中のアクセルオンで「外側のリアタイヤ」に荷重が移り、対角線上にある「内側のフロントタイヤ」が浮き上がり、接地が弱くなってしまうからです。そうです、このことが原因で、アンダーステアを誘発していたのです。

スタビライザー そこで、リアのスタビライザーを強化し、リアのロール量を抑制。これでフロント接地を確保する、といったセットアップが主流となり、ほとんどの車輌で採用されました。このセットアップにより、クリッピングポイント付近から、フロントの接地感が薄れることなく、安定したグリップを発揮するようになったのです。また、トラクションに影響することなく、コーナリング時のロール剛性が上がったことから、高速コーナーが速くなり、ラップタイムも大幅に向上しました。

TM-SQUAREのトーションビームは、この手法を採用し、リアサスペンションのロール剛性を上げるため、純正では交換ができないリアスタビライザーを交換できるように改良を加えました。そして、剛性の違う4種類のスタビライザーからのチョイスを可能とし、サーキットレイアウトや、セットアップに合わせて、リアのロール剛性を変更できる仕様としました。これで、コーナリング中の減速区間も加速区間も、安定したフロントグリップが確保できますので、ドライバビリティが大幅に向上します。そうです、FFのサスペンションは「リアが命」なのです。

TM-SQUAREトーションビームの製作は、JTCCのスペシャリスト、Mライン代表の望月氏に依頼しました。職人が作る生粋のレーシングテイストを体感して下さい。

※本製品は、ZC31S専用になります。


ダンパーエンジニア 高橋 和行 氏 プロフィール


ZC31S用 トーションビーム&スタビ


TMTB-B00801
商品名 : TM-SQUARE トーションビーム&
      スタビセット ZC31S用
品番 :
価格 : 150,000円(税込)

※トレーリングアームブッシュは新品打ち換え
 済みとなります
※ご購入の際は、ご希望のスタビラーザーを
  ご指定ください。
  28φ の場合 ⇒ 品番:TMTB-B00828S
  32φ の場合 ⇒ 品番:TMTB-B00832S
  35φ の場合 ⇒ 品番:TMTB-B00835S
  38φ の場合 ⇒ 品番:TMTB-B00838S
  40φ の場合 ⇒ 品番:TMTB-B00840S

※すべてZC31S専用品となります。

個数 

カゴに入れる


純正トーションビーム下取りシステムとは

ZC31S 交換用スタビライザー


TMHC-SRB-B60

商品名 : ZC31S 交換用スタビライザー
品番 :
価格 : 30,000円(税込)
※ZC31S専用品となります。
個数 

カゴに入れる


PRICE
スタビライザーの適合

田中ミノルBLOG 「トーションビーム ZC31S」 関連記事リスト







TM-SQUARE発信のハイエースブランドです(200系)。




「匠工房」とは、(株)ミノルインターナショナルが販売する製品を、現役レーシングメカニックが、ハイクォリティ&リーズナブルプライスにて装着してくれる、スペシャル工房です。




3月21日更新!

さぁ~、今夜は、鈴鹿 ツインのドラテク 編 です。......
(続きを読む...)




「勝手に道場破り」とは、全国のサーキットに、ノーマルエンジンのTM-SQUARE 2号車を持ち込み、勝手に走って、勝手に試して、そのデータを、勝手にみなさんにお伝えするという、開発とデータ取りを兼ねた、壮大なプロジェクトなのです。