• tm-sq ボディーワーク
  • tm-sq サスペンション
  • tm-sq ブレーキパッド
  • tm-sq エンジン
  • tm-sq クーリング
  • tm-sq エキゾースト&インテーク
  • tm-sq 駆動系
  • tm-sq ホイール
サイト内検索 :

スタビライザーの適合


TM-SQUARE トーションビームは、スタビライザーの交換が可能となります。 スタビライザーの硬さは、セットアップや、使用するサーキット、タイヤサイズにより、マッチングが異なりますので、ここでは、開発テストにおけるデータを元に、ドラテクマニア 田中ミノル の個人的な意見としてマッチングデータを表記しています。あくまでも、参考データとしてご活用ください。

スタビライザー径

28φ

32φ

35φ

38φ

40φ

サーキット/16インチ

サーキット/17インチ

ストリートの乗り心地

×

×

サーキット/16インチ とは、サーキット走行を、16インチのラジアルタイヤで行った場合のマッチングデータです。もちろん、28φ、32φも、純正よりコーナリング性能は向上しますが、タイヤのたわみが大きい分、少し硬めの方がマッチングが良いというテスト結果が出ました。

サーキット/17インチ とは、サーキット走行を、17インチのラジアルタイヤで行った場合のマッチングデータです。38φ、40φでは、少しクルマがピーキーに感じますので、あえて△を付けました。 Sタイヤでは、このあたりも、候補に入ってくると思われます。

ストリートの乗り心地 とは、ストリートを快適に走行できるかどうかを判断しました。38φ、40φでは、路面の凹凸がダイレクトに感じるので、やはり乗り心地は良くありません。また、フロントの接地が安定して強くなる分、ちょっとピーキーにも感じます。

もちろん、スタビライザーの硬さは、装着されているリアスプリングのレートによって、左右されます。トータルで適正なロール剛性になるように、スプリングが、やわらか目なら、スタビライザーは、少し硬くてもOKとなり、反対にスプリングが硬ければ、スタビライザーは、そんなに硬くする必要はありません。

また、上記適合時の、車輌スペックは下記のとおりです。

スプリングレート

F スプリング HYPERCO 直巻き 550ポンド (9.8kg/mm)
Rスプリング HYPERCO スイフト専用品 410ポンド (7.3kg/mm)

タイヤサイズ

16インチ 215/45/16 RE11   空気圧(温感) 2.1kg/㎠
17インチ 215/40/17 RE11   空気圧(温感) 2.1kg/㎠

トーションビーム&スタビライザー ページへ戻る >>








TM-SQUARE発信のハイエースブランドです(200系)。




「匠工房」とは、(株)ミノルインターナショナルが販売する製品を、現役レーシングメカニックが、ハイクォリティ&リーズナブルプライスにて装着してくれる、スペシャル工房です。




3月21日更新!

さぁ~、今夜は、鈴鹿 ツインのドラテク 編 です。......
(続きを読む...)




「勝手に道場破り」とは、全国のサーキットに、ノーマルエンジンのTM-SQUARE 2号車を持ち込み、勝手に走って、勝手に試して、そのデータを、勝手にみなさんにお伝えするという、開発とデータ取りを兼ねた、壮大なプロジェクトなのです。