• tm-sq ボディーワーク
  • tm-sq サスペンション
  • tm-sq ブレーキパッド
  • tm-sq エンジン
  • tm-sq クーリング
  • tm-sq エキゾースト&インテーク
  • tm-sq 駆動系
  • tm-sq ホイール
サイト内検索 :

サイレンサー SPEC 2(リアピース マフラー)


エキゾーストの開発には、じつに多くの時間を費やしました。
それは、2つのこだわりがあったからです。

ひとつ目は、「音質が上品であること」。
いくら音量規定内であっても、深夜に自宅へ帰るときに、気を使わなければならないようであれば、「上品」とは呼べません。TM-SQUARE が目指した音量&音質は、ストリートでの常用使用域では、“控えめ” に、そして、回転を上げると、 “乾いた心地よいサウンド” を奏でることです。これぞ、年齢の枠を越えて楽しめる、「上品な音質」です。

二つ目は、ユーロテイストのあるリアビューに似合う、2本出しのテール形状です。
軽量化を考えると、「1本出し」 という選択肢もありましたが、スイフトスポーツには、「絶対2本出し」 が、それも通常のスラッシュカットではなく、存在感のあるテール形状であることが、かなり重要だと考えました。

そんな、こだわりの中、音のソムリエ “SACLAM社” とのコラボが実現!  

最新の音響解析設備によって作り上げられる 「上品な音質」 と、もはや 「芸術の域に達した溶接技術」  そして、強烈に、存在感のある 「SACLAMテール」 等々。 いかにも “SACLAM社” らしい、「音とカタチ」 が、そこには存在します。 そんな、こだわりの中、エキゾーストのミュージシャン“SACLAM”とのコラボ企画が実現しました。
“SACLAM”と言えば、輸入車のエキゾースト界では、言わずと知れた「匠」集団です。

また、2013年8月に、「SPEC2」 へと、モデルチェンジが行われ、従来からクリアーしている、近接排気騒音規制(通称96dBルール)に加え、加速騒音規制へも適合となり、2010年4月1日以降に登録されたZC31S(3型)にも、対応となりました。




※ 2010年4月1日以降に登録されたZC31Sは、MT車のみの適合となり、AT車は適合外となります .

※ 2010年3月31日までに登録されたZC31Sは、MT車、AT車ともに適合します。

※ マフラーへは、認証プレートが添付され、保安基準適合証明書が別途発行されます。

※ TM-SQUARE エキゾーストマニホールド との 同時装着時の音量も、基準値内に抑制します。  (ノーマルエンジン、純正センターパイプ 装着時)

詳細を見る SACLAMサイトへ



TM-SQUARE ZC31S(デモカー)のTMサイレンサー音動画



商品名 : TM-SQUARE サイレンサー SPEC 2
品番 : TMEX-G01402
価格 : 183,000円(税込)
保安基準適合品
※注 2010年4月1日以降に登録されたZC31Sは、MT車のみの適合となり、AT車は適合外となります。

個数 

カゴに入れる


田中ミノルBLOG 「サイレンサー ZC31S SPEC2」 関連記事リスト







TM-SQUARE発信のハイエースブランドです(200系)。




「匠工房」とは、(株)ミノルインターナショナルが販売する製品を、現役レーシングメカニックが、ハイクォリティ&リーズナブルプライスにて装着してくれる、スペシャル工房です。




3月21日更新!

さぁ~、今夜は、鈴鹿 ツインのドラテク 編 です。......
(続きを読む...)




「勝手に道場破り」とは、全国のサーキットに、ノーマルエンジンのTM-SQUARE 2号車を持ち込み、勝手に走って、勝手に試して、そのデータを、勝手にみなさんにお伝えするという、開発とデータ取りを兼ねた、壮大なプロジェクトなのです。