• tm-sq ボディーワーク
  • tm-sq サスペンション
  • tm-sq ブレーキパッド
  • tm-sq エンジン
  • tm-sq クーリング
  • tm-sq エキゾースト&インテーク
  • tm-sq 駆動系
  • tm-sq ホイール
サイト内検索 :

フロントバンパースポイラー

TM-SQUAREが、ZC33S のフロントバンパーに求めたこと、それは、ダウンフォースの増大と、冷却に必要なフレッシュエアーの導入です。ダウンフォースのキモとなるフロントコーナー部には、カナード形状の突起を造形し、下面で発生するダウンフォースのために、アンダーパネルも後方まで、フラットな部分を延長しました。また、フロントの開口部は、インタークーラーへの風のあたりを考慮され、可能な限り広げられています。



フロントバンパー

フロントバンパー


※ 純正フォグライトは、装着が可能です。
※ 本製品は、FRP製 1ピース品となります。
※ 純正インナーフェンダーも、装着が可能です。
※ 全長は、25mmロングとなります(±30mmまで、保安基準適合となります)
※ セーフティーパッケージ車両の場合、作動に関する保障はございません。
  また、装着には、グリル部の網加工が必要となります。



ダウンフォース発生メカニズム フロントバンパー編①

「タイヤハウス内の圧力を減少させるべし」


ダウンフォース最大の敵は、タイヤハウス内の圧力上昇です。
走行中、フロントバンパーの下を通過した空気の一部は、直接フロントタイヤに当たり、タイヤハウス内の圧力を上昇させ、クルマが浮き上がろうとする力(リフト)が発生します。 そこで、このリフトを抑えるために、タイヤハウス内の圧力上昇を抑制することが、とても重要となるのです。

フロントバンパー

図のように、走行風(水色のライン)が、タイヤを直撃することで、タイヤハウス内の圧力が上がり、車体を持ち上げようとする力(リフト)が働いてしまいます。リフト の発生は、車体を地面に押し付けようとする力 (ダウンフォース) の大敵であり、いくら他の部分で有効なダウンフォースを得ても、打ち消されてしまいます。

そこで、このリフト を抑制する「キモ」は、いかに効果的に、タイヤハウス 内の空気を抜くことができるかどうかです。

そのためには、下図のように、車両前面に当たった風を横方向に流し、流速を上げてフェンダーアーチの前方で一気に剥離させることが有効となるのです。

フロントバンパー

このように、フェンダーアーチの前方で風を一気に剥離させると、この風にタイヤハウス 内の空気が、赤い斜線箇所(下図)から引っ張られることで、タイヤハウス 内の空気が抜け、圧力が下がります。

フロントバンパー

また、より多くの空気を タイヤハウス 内から引き抜くためには、フェンダーアーチの前方から、できるだけ外側に向かって、角度が付いた状態で、風が剥離する方が有利です。 そこで、TM-SQUARE のフロントコーナーは、特徴的なシルエットとなる 逆R(エグレ)形状になっているのです。

フロントバンパー

フロントバンパー

そして、クルマの前面に当たった空気が車両サイドへと進み始める地点と、最終的に空気が、剥離する地点までの距離を十分にとることも重要で、この距離が長く凹凸が少ないと、ボディに沿って進んだ空気は、流速を上げてフェンダーアーチの前方で、一気に剥離するのです。

フロントバンパー


ダウンフォース発生メカニズム フロントバンパー編②

「一体式カナードによりダウンフォースを発生させるべし」



TM-SQUARE ZC33S フロントバンパー 最大の特徴である一体式カナード。
フロントコーナーにて、有効なダウンフォースを発生させるため装着された片側2枚の一体式カナードは、小型ながら抜群の効果を誇ります。また、カナードにより発生するダウンフォースは、ボディ下面や、ウイングで得られるダウンフォースと違い、とってもマイルド。ロールやピッチングといった、車両側の動きにより、ダウンフォースが大きく変化しないことも、大きなメリットとなります。

フロントバンパー


弊社デモカー塗り分けは、
  カナード & アンダーパネル → ダークガンメタ
  バンパー中央(ガーニッシュ部) →  ライトガンメタ
  グリル(ネット部) → ブラック
の塗り分けとなります。


ダウンフォース発生メカニズム フロントバンパー編③

「アンダーパネルにてダウンフォースを発生させるべし」



ZC33Sのボディ下面は、純正にて広範囲にカバーが装着されていることから、フロントバンパー 下部を フラット な アンダーパネル(床板)で覆い、この純正カバーにつなげることにより、低 ドラッグ にて、大きな ダウンフォース を発生させることが可能となります。

TM-SQUARE ZC33S フロントバンパー は、アンダーパネルと、路面間で発生する この ダウンフォース を有効に活用するために、後方まで延長された 長さ 455mm のフラットパネルを装着。


フロントバンパー


また、アンダーパネル後端には、タイヤの内側に向かう部分が、幅150mmのアップスイープ形状に加工されており、この部分でも、通過する空気の流速を上げ、ダウンフォースを発生させています。


フロントバンパー


フロントバンパースポイラー


  フロントバンパースポイラー

商品名 : フロントバンパースポイラー(ZC33S用)
適合 : ZC33S 専用
品番 : TMDF-A02101
価格 : 129,000円(税込)

※ 純正フォグライトは、装着が可能です。
※ 本製品は、FRP製 1ピース品となります。
※ 純正インナーフェンダーも、装着が可能です。
※ 全長は、25mmロングとなります(±30mmまで、保安基準適合となります)。
※ 白ゲルコート(未塗装)でのお届けとなります。(塗装済み製品の発送は承っておりません)
※ セーフティーパッケージ車両の場合、作動に関する保障はございません。
  また、装着には、グリル部の網加工が必要となります。
※ 本製品は大型商品の為、ショップ様等の業者様宛のみへのお届けとなります。
  ご注文時に、お届け先の指定をお願い致します。


個数 

カゴに入れる


田中ミノルBLOG 「フロントバンパースポイラー ZC33S」 関連記事リスト




イベント告知&パーツのお話をジックリと解説!










現役レーシングメカニックがパーツを装着!




   

全国のサーキットを勝手に走って、そのデータを皆さんにお届けする、壮大なプロジェクトです。