• tm-sq ボディーワーク
  • tm-sq サスペンション
  • tm-sq ブレーキパッド
  • tm-sq エンジン
  • tm-sq クーリング
  • tm-sq エキゾースト&インテーク
  • tm-sq 駆動系
  • tm-sq ホイール
サイト内検索 :

ZONE ブレーキパッド RT


ZONE ブレーキパッドRT は、1POT タイプのキャリパーをターゲットに、IN側(キャリパーピストン側)のバックプレートに、より高剛性の鋼材を使用することで、コントロール性 & ブレーキタッチを向上させたブレーキパッドです。


スイフトの ブレーキ キャリパー は、1POT タイプ (別名、片持ちタイプ) と呼ばれる形状をしています。ブレーキペダルを踏むと、フルードの圧力でキャリパー内のピストンが押し出され、ブレーキパッドがローターを挟み込み、その摩擦によってブレーキが効くという構造になっています。(下図参照)


1POTキャリパー
1POTキャリパー構造

ZONE ブレーキパッドRT は、スイフトの 1POT ブレーキ キャリパー(別名、片持ちキャリパー) をターゲットに、より高剛性の鋼材をIN側(キャリパーピストン側)のバックプレートに使用することで、コントロール性 & ブレーキタッチを向上させたブレーキパッドです。


1POT タイプのキャリパーでは、ブレーキペダルを踏むと、フルードの圧力でキャリパー内のピストンが押し出され、ブレーキパッドがローターを挟み込むことから、その摩擦によってブレーキが効くという構造になっています(下図参照)。


RT解説図①

また、この 1POT タイプ は、構造がシンプルで、コスト的にはとっても有利ですが、スポーツドライビングにおける 高温、高踏力の状況が連続すると、デメリットが発生する可能性があります。


この状況にてバックプレートがわずかにでも歪むと・・・・・、

ピストンが当たっているブレーキパッド中央部分の摩材は、強くローターに押し付けられますが、歪みにより圧力の低くなった両端の摩材は、ローターに強く押し付けられません。


RT解説図②

こうなると、ハードブレーキのたびに、摩材の中央部分のみ磨耗が進むことから、バックプレートの歪み(反り)や変形が、どんどん大きくなってしまいます。

また、この状況からブレーキを離すと、変形していたバックプレートが、元のフラットな状態に戻ることで、摩材の中央部分に空間ができます。このブレーキパッドの偏磨耗は、ブレーキのストローク量を増大させ、非常にタッチの悪いブレーキとなるばかりか、踏力変化により、ローターとの接触面積が変化しますので、コントロール性も悪化します。


RT解説図③

そして、この状況が連続すると、バックプレートの歪み(反り)は、さらに大きくなり、最終的には、バックプレートが反ったまま、元の状態に戻らなくなってしまいます。すると、ブレーキパッドの磨耗が進んだ状況では、バックプレートから摩材が剥がれるというトラブルも発生してしまいます。
(※以上の理由から、ブレーキパッドは、残厚 5.0mm 以下では使用できないと、製品にも明記されています)

ZONE RT ちなみに、ピストンがない外側のブレーキパッドは、キャリパーの「2本の爪」でガッチリと、ホールドされていますので、ほぼ均等に、ブレーキパッドに圧力が、かかりますので、これらの問題は発生しません。





そこで! ZONE では、高温、高踏力の状況でも、ピストン側ブレーキパッドの歪みや変形を大きく抑制できるように、ピストン側のバックプレートのみ、通常の鋼材より圧倒的に硬い鋼材を使用して、テストを行いました。

結果、通常のバックプレートと比較して、数々のメリットを確認することができました。



メリット1  ブレーキタッチが ◎ !

ピストン側バックプレートの歪みや変形を大きく抑制したことにより、ブレーキタッチが大幅に向上しました。また、バックプレートの鋼材が硬くなったことで、単純に、ピストンがバックプレートに、「めり込まない」ことも、タッチに影響しています。


メリット2  同摩材での比較にて、ほんの少し、効きが強くなる!

ピストン側のブレーキパッド摩材が、均一に近い圧力にて、ローター全面に当たることから、 ほんの少しですが、ブレーキの効きが向上します。また、サーキット走行において、ブレーキパッドのセンター部分のみ磨耗が進むことも、大きく抑制されます。


メリット3  コントロール性が大幅に向上する!

ピストン側のブレーキパッド摩材が、より有効に活用できることから、踏力の変化に対して、ブレーキの効きもリニアに変化し、コントロール性を大幅に向上させます。

また、ZONE ブレーキパッド RT は、バックプレートに、高剛性の鋼材を使用するとともに、通常の「プレスによる抜き」ではなく、「レーザー加工」にて、バックプレートを切り抜いています。この製造方法にて、バックプレートの表面は、プレス加工による端面の歪みがなく、非常にフラットな状態で加工できますので、ピストンからバックプレートへ、より均等に圧力が伝達できることも、大きなメリットです。


メリット4  ライフが長くなる!

ZONE ブレーキパッド RT は、鳴き止めシムを装着しないことを前提に、ブレーキパッド摩材を、片側1mm厚く製造しています(TT加工)。この厚みにより、通常品から20%以上ライフが向上します。





ZONE ブレーキパッド RT

※ 本製品は、フロントのみの設定となります。
※ 本製品のバックプレートは、IN側 (ピストン側)のみ、硬度の高い鋼材が使用されています。
  (OUT側のパックプレートは、通常品となります)
※ 本製品は、鳴き止めシムを装着しないことを前提に、ブレーキパッド摩材を 片側1.0mm厚く設定しています。

装着時/使用上のご注意

○本製品を装着される場合は、

    IN側(ピストン側) → IN 印字のブレーキパッド
    OUT側(ツメ側)   → OUT 印字のブレーキパッド

 を必ず装着して下さい。

○本製品を装着される場合は、鳴き止めシムは、絶対に装着しないで下さい。
 また、装着後、試運転を行い、ブレーキに引きずりがないことを必ずご確認下さい。

○本製品を装着すると、ブレーキ鳴きの発生頻度が高くなる場合があります。




ZONE ブレーキパッド RT



ZONE RT

ZC31S
ZC32S

 商品名 : ZONE RT フロント 04M
       ZC31S用
 品番 : M04M-F653RT
 価格 : 19,980円(税込)

 個数  カゴに入れる
 商品名 : ZONE RT フロント 04M
       ZC32S用
 品番 : M04M-F686RT
 価格 : 19,980円(税込)

 個数  カゴに入れる
 商品名 : ZONE RT フロント 10F
       ZC31S用
 品番 : M10F-F653RT
 価格 : 21,060円(税込)

 個数  カゴに入れる
 商品名 : ZONE RT フロント 10F
       ZC32S用
 品番 : M10F-F686RT
 価格 : 21,060円(税込)

 個数  カゴに入れる
上記以外の摩材については、
直接お問い合わせください。
上記以外の摩材については、
直接お問い合わせください。




田中ミノルBLOG 「ZONEブレーキパッド RT」 関連記事リスト







TM-SQUARE発信のハイエースブランドです(200系)。




「匠工房」とは、(株)ミノルインターナショナルが販売する製品を、現役レーシングメカニックが、ハイクォリティ&リーズナブルプライスにて装着してくれる、スペシャル工房です。




3月21日更新!

さぁ~、今夜は、鈴鹿 ツインのドラテク 編 です。......
(続きを読む...)




「勝手に道場破り」とは、全国のサーキットに、ノーマルエンジンのTM-SQUARE 2号車を持ち込み、勝手に走って、勝手に試して、そのデータを、勝手にみなさんにお伝えするという、開発とデータ取りを兼ねた、壮大なプロジェクトなのです。