• tm-sq ボディーワーク
  • tm-sq サスペンション
  • tm-sq ブレーキパッド
  • tm-sq エンジン
  • tm-sq クーリング
  • tm-sq エキゾースト&インテーク
  • tm-sq 駆動系
  • tm-sq ホイール
サイト内検索 :

LIGHT WEIGHT FLYWHEEL

スイフトの魅力。
それは、コーナーでアクセルを踏んだ瞬間に、ダイレクトに反応する、あの「キビキビ感」。
このレスポンスこそ、スイフトの醍醐味であり、最大の楽しさだと、田中は思っています。

CLEAR WAYS TT10F (BBS製 鍛造ホイール)の開発を行ったとき、軽量ホイールが、いかにアクセルレスポンスを向上させるか、身をもって体験し、「まさに、フライホイールを軽量したのと同じ」 と、表現したことがありました。

で、あれば・・・・・・、

① フライホイール自体を軽量タイプにすることで、どれほどのメリットになるのか・・・?
② どこまで、軽量したときに、デメリットが発生するのだろうか・・・・?

上記2点を確認することから、TM-SQUARE クロモリフライホイール の開発が、はじまりました。

もちろん、選択した材質は、強度と粘り強さに優れる、クロムモリブデン鋼(クロモリ) SCM435。

今まで、数社のフライホイールを使用した経験から、試作品のウエイトは、暫定的に4.1kgに設定しました。純正が、7.34kgですから、約45% の軽量となる仕様です。

走行テストを行うと、明らかに、クルマが軽く感じられ、ダイレクトにアクセル操作に反応します。
特に、低速域からの加速は、思わず 「ニヤッ」 としてしまうぐらい、気持ち良いもので、コーナリング中のアクセルコントロールも、よりドライバーからクルマへの指示が、的確に伝わるようになりました。もちろん、軽量フライホイールのもうひとつのメリットである、エンジンブレーキの効きも、格段に強くなりました。

また、フライホイールを軽量したことで発生すると想像していた、クラッチミート時の扱い難さは、皆無。1速/2速 ホールドでの低速 + 中高回転での移動は、エンジンブレーキの効きが強いことに、ほんの少し慣れが必要ですが、あくまでも、慣れの範囲で、ドライバビリティーには、まったく問題が発生しませんでした。

通常のメーカーなら、この段階で、4.1kgの商品を リリース! となるかも知れませんが、徹底的にこだわりたいのが、TM-SQUARE ・・・・・・。

4.1kgで、ドライバビリティーが損なわれないことが、確認できたことから、次の試作は、ディスク部分については、安全マージンを確保しながらも、ディスクから外、リングギアまでの領域を徹底的に攻め込んでみました。そうです、強度が必要とされる部分を残し、「これ以上は、無理!」 という領域まで、軽量化を実施したのです。

そして、2次試作の走行テストを行いました。
結果は、加速、レスポンスといったメリットは、一次試作より強調され、コーナリング中のアクセルコントロールが、より細かく行うことが可能となりました。また、扱い難さといった、デメリットは、一切感じられませんでした。
もちろん、数回のサーキットテスト後に、レッドチェック(極小クラックの有無を確認するテスト)も行い、安全性の確認も取れました。

そう、この2次試作が、今回、リリースされた、TM-SQUARE フライホイールなのです。

LIGHT WEIGHT FLYWHEEL

スイフト史上 最軽量の3.28kg ウエイト。
マシニングにより、削られた この造形美。

正直、軽量フライホイールのメリットを、これほどまで、大きく感じたことはありませんでした。
なによりも、アンダーパワーのコーナリングマシンだからこそ、フライホイールが軽くなった恩恵が、想像以上に大きく、減速から、コーナーの出口までを、「キビキビ」と走り抜けてくれるのだと思います。

まさに、レスポンスの向上で、タイムを削り取り、
発進や、低速走行においては、扱い難さを感じさせない
田中が求める、理想のフライホイールが、完成しました。

軽量フライホイールで、ドライバビリティーを低下させないためのポイント

フライホイール交換時に必要な純正部品

軽量フライホイール



商品名 : 軽量フライホイール
適合 : ZC31S/ZC32S
品番 : TMFW-U02601
価格 : 56,500円(税込)
素材 : クロムモリブデン鋼(クロモリ) SCM435
ウエイト : 3.28kg

個数 

カゴに入れる



田中ミノルBLOG 「軽量フライホイール」 関連記事リスト









TM-SQUARE発信のハイエースブランドです(200系)。




「匠工房」とは、(株)ミノルインターナショナルが販売する製品を、現役レーシングメカニックが、ハイクォリティ&リーズナブルプライスにて装着してくれる、スペシャル工房です。




3月21日更新!

さぁ~、今夜は、鈴鹿 ツインのドラテク 編 です。......
(続きを読む...)




「勝手に道場破り」とは、全国のサーキットに、ノーマルエンジンのTM-SQUARE 2号車を持ち込み、勝手に走って、勝手に試して、そのデータを、勝手にみなさんにお伝えするという、開発とデータ取りを兼ねた、壮大なプロジェクトなのです。