TM-SQUARE TRANSPORT ハイエース ダンパー①

2014年07月30日(水)

本日は、ハイエース ダンパー の 記念すべき 第1回目。

 

 

ストローク ストッパー



ハイレート トーションバー

 

と、試作を作り、いよいよ、ダンパーに着手!

 

 

まず、試作品を作るにあたり、田中が出した 減衰リクエストは、

 

① 基本的な減衰は、かなり弱め

 

② リバウンド側に関しては、ハイスピードは弱め ロースピードは少し減衰を持たせる

 

③ 可能な限りフリクションロスを低減する

 

といった、感じの内容でした。

 

 

そして、完成した、

TM-SQUARE TRANSPORT ハイエース用

試作品 Ver.1 の走行コメントは・・・・・、

 

 

 





 

 

 

試作品 Ver.1

 

車両      スーパー GL (3.0L ディーゼル ナローボディ)

タイヤ     195-80-15 バン用 ラジアル

車高      F/R 2インチ ダウン

 

※ テストでは、ダンパーのみでリバウンド側の動きを抑制できているかを

確認するため ストロークストッパーは、効かない位置にセット

※ 表記されている 数字は、-10 であれば、一番強いところまで締めて、

そこから10クリック 弱めた位置を意味します。

(試作品の減衰は、20段調整式)

 

 

 

積荷 「ゼロ」 での コメント

 

フロント は、減衰が強いほうが、レスポンス / コーナリング 性能とも向上

しかし、乗り心地的には、少々、減衰の強さを感じる。

乗り心地と、性能の妥協 ポイント は、 -8 ~ -10 あたり。

リア は、強くすると、乗り心地が悪くなり、アンダーステア が強くなる

積荷がない状況では、フルソフト が、一番良い

 

BEST な減衰 セット   フロント -8 ~ -10     リア -20 (フルソフト)

 

 

 

積荷 250kg でのコメント

 

積荷があっても、フロントに適合する減衰は大きく変化しない

リアに関しては、積荷があると、減衰が強くても、乗り心地が悪くならないばかりか、

ある程度強い方が、安定感が増し、乗り心地も良くなる。

 

BEST な減衰セット   フロント  -8 ~ -10   リア  -5

となりました。

 

 

 

リアに関しては、ローダウン(重心位置が下がっている)にて

かなりのレベルまで到達していたこともありますが、

なんと、一発目から 超ハイレベルな試作品となりました。

 

 

問題は、フロントの動きを抑制した時の乗り心地です。

ということで、試作品 Ver.2 では、乗り心地の向上を狙って、

フロントの動き始めの減衰を抜いてみることにしました。

(そもそも、これが、回り道のスタートだったような気が・・・・・・・笑)

 

 

でもって、試作品 Ver.2 コメントは・・・・・・・・、

 

 

 





 

 

 

試作品 Ver.2

 

 

積荷 「ゼロ」 での コメント

 

①   フロント  -10    リア  -20(フルソフト)

ゴツゴツ感が強く、乗り心地が、かなり悪い

また、乗り心地の割りには、リバウンド側にも動く

 

 

②   フロント  -18    リア  -20(フルソフト)

ゴツゴツ感は、多少改善されるが、

ピストンスピードが速いと、ゴツゴツを感じる

 

 

③   フロント  -22    リア  -20(フルソフト)

ゴツゴツ感は、OK レベル

コーナーでの 安定性 ↓

フロント レスポンス ↓

リニア感 ↓

リバウンド側への動きが大きくて、NG

 

 

④   フロント  -26   リア  -20(フルソフト)

ゴツゴツ感は、解消

リバウンド方向への動きが大きく、超カンタンに、リバウンド側に動く。

かなり、フワフワ感が強い

 

 

 

 

総評

 

ピストンスピードが速いと、ゴツゴツ感が強く、

それを解消するレベルまで減衰を下げると、

レスポンス、リニア感とも、大きく悪化する。

 

 

減衰を弱くした状況では、コーナーリングの限界スピードが低く、

高速道路のギャップで、フワフワと純正ダンパーのように大きくリバウンド側に動く。

 

 

この試作品は、バンプ側/リバンプ側ともに、初期がカンタンに動くことがNG

特に、リバウンド側の動きが十分に抑制できていないことと、

ピストンスピードが速くなると、バンプ側で急激に減衰が立ち上がることも、NG でした。

 

 

難しいですね・・・・・・。

 

 

ハイエースの場合、フロントの初期減衰を弱く設定すると、

コーナーが遅くなるばかりか、乗り心地まで、悪くなるという結果となりました。

つづく!