TM-SQUARE
HYPERCO は、やっぱ スゴイ!(匠の日編)

2010年04月28日(水)


今回の 「匠の日」 では、

HYPERCO のレート相談を多数お受けしました。

 

みなさん、サスペンションには、

かなり興味があるようで、

セットアップの方向性や、

「こんな感じにしてみたい!」 という、

好みの話は、

やっぱり、膝を突き合わせて、

トコトン行うことが、必要なんだな~ と、

改めて思いました。

 

 

「匠の日」 は、田中も比較的時間がありましたので、

商品の購入の有無に関係なく、

ガッツリと、田中が知りうる限りの

情報をお伝えしたことは、言うままでもありません。

 

 

でね、その中で、数人が、

実際に、田中との話に、共感していただき、

交換作業を行っていただきましたので、

今日は、そのあたりのお話を。

(すいません、今回もスイフトのお話です・・・)

 

 

 

 

まず、

間違いなく、装着率 スイフト No1 を誇る

オー〇ンズダンパー。

 

 

でもね、リアの動きに、

みなさん、どうやら不満が多い ご様子。

 

ギャップを乗る越えた後とか、

アクセルON の瞬間とかに、

リアの動きが、少々不安定になり、

その動きが、フロントに悪影響を与えている

というコメントを、多数、お聞きしました。

 

 

 

誤解を恐れずに、書きますが・・・・・、

 

これは、ダンパーの減衰セットが悪いとか、

ダンパー単体に問題があるといったことでは、

ないと思います。

 

(天下のオー〇ンズさん なんですから、

そんなことはありません)

 

 

この症状で、一番問題になっているのは、

田中は、リア スプリング だと思います。

 

 

 

ご存知のように、スイフトのリアは、

ダンパーと、スプリングが、別々に装着されている

セパレートタイプ。

 

 

ということは、バンパーが一番伸びきった状態でも、

スプリングに遊びを発生させるわけには、いきません。

(遊びがあると、スプリンが脱落する可能性がありますから・・・)

 

 

でも、車高はある程度、下げたい・・・。

 

 

このニーズの中で、

スプリングをマッチングさせると、

プログレッシブタイプ となってしまいます。

 

 

プログレッシブタイプは、

初期のレートがスゴクやわらかく、

ある一定のストローク量で、規定のレートに達します。

 

 

だから、1G になる荷重で、

やわらかいレートの部分が大きくストロークすることから、

車高が下がるんです。

 

でもって、この部分のストロークが大きいことから、

スプリングの自由長を長く設定できるので、

ジャッキアップしても遊ばないという状況が

作れるのです。

 

 

でもね、スイフトのリアって、コーナーウエイトが、

たった、200kg しか、ないんです・・・。

 

 

だから、どうしても、走行中に、

規定レートより、低いレート域に、入ってしまうんです。

 

 

もはや、これは、

スプリングのクォリティーがどうの という前に、

プログレッシブタイプ の宿命です。

 

 

 

で、これをどう改善するか。

 

 

方法論は、2つあります。

 

 

 

① TM オリジナル ストリートスプリング に交換する

 

 

 

2008_nov27-01511

 

 

 

このスプリングは、プログレッシブタイプではなく、

最初から、荷重とストロークが正比例する

シングルレートタイプのスプリングです。

 

だから、ストローク中に、レートが変化しません。

ですので、この不安定な動きを大きく抑制してくれます。

 

でも、車高をある程度下げるために、

レートは、かなり低めの設定となっています。

 

レート : 185ポンド(約3.3kg/mm)

 

でも、この数字を見ると、

みなさん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と、

なるようですね。

 

確かに、数字的には、

交換前のオー〇ンズ純正品より、

かなり、やわらかくなるイメージです。

 

フワフワした感覚を改善したいのに、

レートを下げるということは・・・・・・・・、

やはり抵抗があると思います。

 

 

でも、田中は断言しますが、

交換後のフィーリングは、ストローク量が、

確実に小さくなります。

 

イメージ的に、以前のレートから、

30%ぐらい、レートアップしたフィーリングとなります。

 

 

その秘密は・・・・・・・・・・、

 

 

TM オリジナル ストリートスプリング は、

シングルレートのスプリングだからです。

 

 

ドライバーは、

1G から、スプリングが縮む部分で、

ストロークを感じるのではなく、

 

1G から、縮む距離と、伸びる距離の合計で

感じるんです。

 

 

だから、3.3kg/mm でも、

シッカリとストローク量が抑制され、

あの、HYPERCO 特有のドライバビリティーが

実現できるのです。

 

 

 

このスプリングに交換するとき、

注意しなければならないことは、

車高の設定範囲です。

 

 

WEB サイト で記入しているように、

 

 

最低車高は、ノーマル比 -34mm となります。

 

 

がしかし、これは、ダンパーの長さが、

520mm 以下のショートストロークタイプの場合です。

 

 

たとえば、全長525mmm の

オー〇ンズダンパーに装着する場合、

スプリングに遊びを発生させずに、

車高を設定すると、

純正比 約-30mm となります。

 

 

要するに、車高を -30mm 以上、

下げたい方には、適合しません。

 

 

必要な部品は、

 

TM オリジナル ストリートスプリング

 

の2点のみです。

 

 

 

2008_nov27-02121

 

 

 

もちろん、

TM  オリジナルスプリング アタッチメント を使用しますので、

リア車高の調整も可能となります。

 

 

不安定なストロークを少し抑制するために、

レートを少しだけ、上げたい!

 

車高は、-30mm で十分!!

 

 

 

という方には、

TM オリジナル ストリートスプリングが、

最適だと田中は思います。

 

 

実際、装着された方も、

試運転中、かなりニンマリされて、

たいそう気に入っていただけました。ハイ。

 

 

スイフトのリアは、セパレートタイプの

サスペンションですので、

ちょっと、話は複雑ですが、

 

現在使用中のダンパーキットが、

大変身しますよ~。

 

 

このあたりの、ご質問は、

ミノルインターナショナル 田中宛に、

いつでもご連絡下さい!!

 

mail@tm-square.com

または、

TEL 03-5706-1888  まで。

 

 

 

では、次回は、もっと車高を下げたい方、

サーキットに合わせて、

もっとハイレートにしたい方への、

適合のお話を。