HYPERCO
TM ダンパーキット Type TD モニターレポート! Mさんの場合!!

2019年07月01日(月)






本日は、TM-SQUARE ダンパーキット Type TD を
モニター装着いただいた、

スイフトマイスター決定戦では、とっても有名な、
あの ZC32S オーナー様(Mさん)から、
インプレッションをお聞きしましたので、
みなさんにも、内容をおご紹介したいと思います。




ちなみに、車両 & 用途 & セットアップ は、


車両        ZC32S

用途        サーキット & ストリート 

セットアップ    Fスプリング ID65-06-0650
          Rスプリング ID65-05-0600




となり、こちらも装着されております!












そうです!
HYPERCO PERCH が、装着されております!!




▶ よくわかる! パーチェ の解説!! ①

▶ よくわかる! パーチェ の解説!! ②

▶ よくわかる! パーチェ の解説!! ③

▶ よくわかる! パーチェ の解説!! ④




また、車高等のセットアップは、こんな感じでございました。




















でもって、インプレッションは・・・!


足が動く 素直に動く  →  非常に乗りやすい

特に動き始めが、スムーズなことから、外輪に荷重が安定して乗る

結果、コーナーの入口、軽いブレーキング時に、ステアリングが重くなる
(今まで、他社のダンパーでは、感じることがなかった)

切り替えしでのレスポンスが向上した(FSWショートのB3コーナー)
フロントのグリップが高く、フロントの入りが格段に向上

縁石を乗り越えるとき、以前よりハイレートにもかかわらず衝撃は小さい
(F 550 → 650  R 600 → 600)



とまぁ~、非常にシンプルですが、
サーキットを走っている方なら、とっても、わかりやすい 
インプレッションだと、田中は思います。




また、減衰調整による クルマの変化も、教えていただきました!




減衰力調整  


F 7戻しから、5戻しに調整すると、
フロントのレスポンスが大きく向上するが、
そのスピードのままでは、コーナーの真ん中で、
グリップが続かなくて、U/Sになる。
(2クリックでも、明らかに大きな違いを感じる)

R の減衰は、F から、-1 ~ -2 レベル で、マッチングする
R の減衰を上げると、コーナーのボトムで、U/S バランス  
R の減衰を下げると、入口は良く曲がるが、ボトムで、O/S  バランス 


いやはや、細かなところまで、チェックいただいて、あざ~す!!
まったく持って、田中と同コメントでございます!




また、ストリートに関する 
乗り味、乗り心地に関するコメントは・・・、




ストリート

0~40km/h & マンホールで、以前は、弾かれていたが、
現行ダンパーは、凸凹どおりクルマが動くので乗り心地が向上している。

足が動く →  曲がる → タイヤが使えている。

明らかにタイヤが鳴かなくなっている。

高速のインターチェンジで、楽に曲がる。




といった、コメントをいただきました。




まぁ~、PERCH が装着されているとは言え、
交換前のダンパーにも、
同条件で PERCH が装着さ れていましたので、
TM-SQUARE ダンパーキット Type TD なかなかの高評価!
ではないでしょうか?




ということで、ZC32SオーナーのMさん!
詳しく、とってもマニアックな、インプレッション 
本当にありがとうございました!!




しかし、マニアックだ・・・・(笑)









本ブログにてご紹介した製品等のお問い合わせは、こちらのフォームから!!
(お送りいただいた内容は、本ブログには掲載されません)

※送信後、3営業日以内に返信が無い場合、メールアドレスの入力誤りや、送信エラー等の可能性があります。その場合は、恐れ入りますが mail@tm-square.com までご連絡をお願い致します。