なに? エンジンがない??  Vol.3 (笑) (笑)

2017年01月27日(金)


p135

















ハイ、調子に乗って、第三弾です(笑)!!








インテークトンネルの形状変更で、

吸入できる空気量が大幅に増えた、TM M16A エンジン。







(ちなみに、正真正銘の 1600cc ですから!)








で、吸入できる空気量が決まると・・・・・・、

使用できる回転域が決まります。


(そうです、空気が入れば入るほど、高回転化が、可能なのです)











そして、回転が決まると、カムの形状が、決まるのであります。


(きっと、マニアックな方なら、このロジック ご理解いただけるかと・・・・・・)













で、4号車用に、カムを設計してもらったのですが、

ちょっと笑っちゃうんですよね~。












だって・・・・・、コレですから!!








56afd7b2422




1c2e5db47e3








もし、この写真を見て、思わず笑っちゃった方は、

マニアックレベルが、強烈に高いですね~!(笑)











では、解説しましょう!











カムシャフトって、

高回転域でパワーを出す仕様になればなるほど、

リフト量が大きくなるのですが・・・・・・・・、



このリフト量が、あまりにも大きくなり過ぎると、

シリンダーヘッドの一部と、カムが干渉してしまうのです!






そうです・・・、カムが回ろうとしても、干渉して回れなくなるのです。













だから、この部分を 削って 

カムが回るように、加工されているのであります。ハイ。









26288084af4









どんだけ、リフト量が、でかいんだ・・・・!









でも、こういうこともあろうかと、

5年前に、カムの素材を 30セット も、購入していたことは、

怖くて、経理さんには、言えません・・・・・・・・・・・。

(だって、30セット からでないと、売ってくれなかったんだもん・・・・・・・笑)












ちなみに、どーでもよい話ですが、

レーシングエンジンの業界では、

「ハイカム」 という言葉は、ありません・・・・・。



だって、カムは、排気量と、吸入できる空気量が決まれば、

設計して、削るものですから、カムは、カムで、

「ハイカム」 とは、呼ばれないんですよね~。











以上、田中が4号車のエンジンに注いだ、執着心のお話でした!

(あっ! 今回で最終回です!! ・・・・、たぶん)













ところで、佐藤さん・・・・・、

エンジンがなかなか帰ってこないということは、

あんた、またなんか、エンジン屋さんに、言ったね・・・・・?