TM-SQUARE
エアインテークの位置は圧力が高い部分に!

2008年10月08日(水)

田中エアロプロジェクト?は、もちろん、カーボンボンネットも作ります。

最初は、ガッツリとアウトレットの空いたタイプを作ろうと思っていましたが、

ZC31Sの水温は、サーキットでもさほど上がらないことが発覚!

だったら、コスト的にもリーズナブルで作れる、純正形状にしようといきなり路線変更です。

でも、フレッシュエアを導入できるインテークはやっぱ欲しい。

特に、剥き出しタイプのエアクリーナーにすると、ちょうどラジエターの後方に位置するので、

吸入空気の温度が上がってしまいます。でも、インテークさえあれば、確実に吸入空気の温度は下がるハズです。

こうなると、同一体積中の酸素の数が多くなるので、充填効率ってものがよくなります。

これで、パワーが上がるという図式です。

まずは、エアインテークの位置決めからはじめました。

紙で形を作って(工場の中に某社のGTに使用したものがありましたので、ちょこっと拝借)、

一番効率が良さそうなところを探しました。

ちょっとマニアックな話ですが、ボンネットの前の方は、走行中、

かなりの正圧(圧力が高い)なのですが、真ん中あたりは、あまり高くない。

そして、ガラス周辺になると、またまた強い正圧となります。

だから、よく、ボンネットの後ろの部分を少し持ち上げて、隙間を作り、エンジンルームの

空気を抜こうとしている人がいますが、サーキット走行ではまったくの逆効果

(抜けるどころか入ってくる!)ですので、ご注意を。

話は戻って、エアインテークは、できるだけ正圧の強い部分で空けたいので、

エアクリーナとの位置関係を考慮しながらも、ほんの少し前で設定しました。

それから、写真のように純正のボンネットを切って形を作り、サーフェイサーで全体の形を整え、

型取り用とします。

後は、シッカリ型を作って、製品ができるのを待つばかりです。

なんだか、でき上がりが楽しみになってきましたが、スイスポのフロントバンパーを取外した

ルックスって、ターミネーターぽくって、カッコイイですね!

TM-SQUARE
リアバンパーは、こんな感じ です。

2008年10月03日(金)


リアバンパーも、いよいよ、ハードマスターに突入です。

 

計4ヶ所のエアアウトレット(空気の安売りとは訳しません・・・)と、少し後方にオフセットした
ディフューザー形状が、特徴です。(ちょうど、ナンバープレートの下あたりになりますが、
少し後方にディフューザーが飛び出しているのがわかるかと思います)

 

 

 

リアタイヤ後方のエアアウトレットは、リアタイヤハウス内の圧力を抜くのが目的となります。

 

今回のエアロは、インナーフェンダーが装着できる仕様ですので、この部分だけは、
インナーフェンダーに穴あけ加工が必要となります。
ドリルで穴を空け、ハサミか何かでチョキチョキとやってください。

また、ナンバープレート横のエアアウトレットは、かなり大きめなサイズとなっていますので、
リアバンパーが発生するドラッグをうまく抜いてくれます。

スーパー耐久を見ていると、接触等により、リアバンパーが脱落すると、ストレートが驚くほど速くなりますよね。
これは、まさにリアバンパーのドラッグが影響しているからです。
だから、最近のGTカーは、やたらリアバンパーが小さくなり、上部に装着されているのです。

あっ、それから、ASM金山氏のアドバイスで、ナンバープレートを付けたまま、バンパー交換ができるように、
ちょこっと加工が加えてありますので、封印を陸運局までもらいに行く手間も必要ありません。

そして、そして、こんな複雑な形状が、もちろん1ピースでできるハズもなく、当然のことながら、
2ピース構造となっております。あしからず・・・(もう、すでに居直りの領域?)。