2017-01-19 匠工房 駆動系を ゴッソリ と!

2017年01月19日(木)


p13










本日、ご紹介する ZC31S オーナーさんには、

駆動系をガッツリ、リフレッシュいただきました!










64b67280d82













なんと、ご依頼いただいた項目は・・・・・、









ミッション OH  (純正2/3速ギア交換、各種ベアリング交換)

LSD OH (TM LSD SPEC1 の OH でございます)



be086dddba3








ミッションオイル交換 (BILLION OILS FF-730)

シフトワイヤー交換 (純正品)

フライホイール交換 (TM-SQUARE)



b080ef4b434









クラッチカバー (TM-SQUARE)

クラッチディスク (TM-SQUARE SPEC2)

レリーズベアリング (純正品)


ドライブシャフト交換 (TM-SQUARE SPEC2)


4821f241ea5











とまぁ~、まさに、ガッツリ と、リフレッシュ いただきました。












で、阿部ちゃんによる 作業終了後、田中試乗を実施。



いや~、駆動系って、少々地味なイメージですが、

シッカリ手を掛けることって、やっぱ、重要なんだなぁ~と、

改めて感じるぐらい 上質な乗り味になっておりました。ハイ。










ということで!

ZC31S オーナー様 

匠工房のご利用、ありがとうございました!!


(お引取りをお待ちしております!)

TM-SQUARE
TM-SQUARE 強化クラッチディスク SPEC 2 登場!

2015年06月17日(水)


p16











今夜は、TM-SQUARE 新製品 のお知らせであります!

(正確には、マイナーチェンジ モデル の登場です)









発売以来、みなさんに、ご好評をいただいております

ZC31S の 強化クラッチ。









そうです!  


圧着力 を 一般的な強化クラッチと、純正クラッチの中間となるように、

新規レートのダイヤフラムスプリングを採用し、

純正比 20% UP を実現した クラッチディスク と、

スポーツタイプ の ライニングを使用した クラッチディスク  のセット

TM-SQUARE 強化クラッチ が、マイナーチェンジしたのであります!!










※ 圧着力とは・・・・。


クラッチディスク は、クラッチカバーとフライホイールの間に挟まれています。


クラッチをつないだ状態では、クラッチカバーのダイヤフラム(スプリング)により、

クラッチディスク は強く押し付けられており、これらから発生する摩擦にて、

エンジン動力が、ミッションへと伝わります。


そして、このクラッチカバーが、クラッチディスクを 押し付ける力 を 「圧着力」 と呼びます。


もちろん、圧着力が高いほど、大きなパワーに対応できますが、

クラッチを踏む力が必要となり、クラッチが重くなります。 













それでは、何がマイナーチェンジしたのか、詳しく説明しましょう!!






まず、変更となった部分は、






クラッチカバー   →   今までと同じ製品です

クラッチディスク  →   SPEC 2 へ 変更しました







そうです、マイナーチェンジしたのは、「クラッチディスク」 のみです。



でもって、クラッチディスク の 何が変更になったかと言いますと・・・・・、










この部分に・・・・・・・・、







da91c7f581












波型ディスクスプリングを追加したのであります!







9804a41350


















理由は・・・・、



「半クラッチ領域のコントロール性を向上させるため」 なんですね~。



じつは、この波型ディスクスプリング、

純正クラッチディスク には、装着されているのですが、

よりダイレクトなフィーリングを求められる スポーツ対応品には、装着されていない・・・・・・。







イメージで解説すると、

半クラッチ から、クラッチをつなげる瞬間、



波型ディスクスプリング なし の方が、半クラッチ領域が狭く

波型ディスクスプリング あり の方が、半クラッチ領域が少し広く




なります。









だったら、


よりスポーティーな 波型ディスクスプリング なし の方がイイ!


となるのですが・・・・・・・、






じつは、スイフト (特に ZC31S) は、クラッチペダルを踏んで、

クラッチカバーを押すまでの間に存在する 各パーツに、

あちこちで、「タワミ」 が発生してしまうのです・・・・・・・・・。








ですから、クラッチカバー の 圧着力を向上させると、

この 「タワミ」 が、より大きくなってしまい、


その状況で、クラッチディスク を 

半クラッチ領域が、少ないタイプに交換すると、

非常にデリケートな クラッチミート となってしまうのです。














そこで!!

TM-SQUARE クラッチディスク SPEC 2 では、

純正同様 の 波型ディスクスプリング を採用し、

より扱いやすい仕様に、変更した次第でございます!












このTM-SQUARE クラッチディスク SPEC 2 の登場にて、

強化クラッチでありながら、クラッチミート の操作性が、より簡単となりましたので、

ストリート派にも自信を持ってオススメできる製品なのであります。ハイ。





また、もちろん、ライニング部は、

高温対応のハイグリップ スポーツタイプ を採用していますので、

吸排気 & ECU による パワーアップにも、サーキットの連続走行にも、とっても安心です。
















ただ・・・・・、デメリットもあります・・・・・。















それは、価格が、¥2,000 アップ になりました。

(すいません・・・・・)














詳しくは、こちらで!

(TM-SQUARE 強化クラッチ WEB サイト)














以上、TM-SQUARE 強化クラッチディスク SPEC 2 のご紹介と、

クラッチに関する プチウンチク でした!!