TM-SQUARE ZC32S リアキャンバーシム 正式リリースです!! ④

2016年09月30日(金)


 

 

さぁ~、今回は、キャンバーシム解説の最終回!



930-11

 



ということで、ドラテクを交えた話を少々・・・・・。



まず、リアトーイン と、

アンダー/オーバーのバランスに関して、おさらいすると・・・・・・、




① リアトーイン値 が大きい  →  アンダーステア バランス が強い

② リアトーイン値 が小さい  →  アンダーステア バランス が弱い

③ リアトーアウト       →  オーバーステア バランス になる可能性がある



となります。






そして、このアンダー/オーバーとは、

コーナーのかなり前半部分のバランスとなります。




たとえば・・・・、

3速から、2速にシフトダウンを行って、

ヘアピンコーナーに進入するならば・・・・、


ステアリングを切り始めた瞬間から、

クリッピングポイントの手前あたりまでのバランスが、

このトーイン値の変更で、変化します。



リアトーイン値が、バッチリと、セットアップされていると、

ステアリングの切り始めから、クリップの直前までの区間にて、

リアがクルッと回り込んでくれるけど、

オーバーステアにはならないという、

絶妙なバランスになるのであります。ハイ。


(もちろん、アンダーステアが抑制されますので、

ステアリングを切る量も少なくなります)






ただ、アンダーステアを大きく抑制しようと、

あまり大幅にリアトーインを少なくすると、

ステアリングを切った瞬間に、急にリアが軽くなり、

唐突なオーバーステアとなる

とっても、危険なセットアップになりますので、

リアトーイン変更後は、必ず安全が確保できる場所にて、

バランスの変化を事前に確認してくださいね。









また、リアキャンバーに関しては、






① リアキャンバー値が大きい 

→ コーナリング中、リアのグリップが高い

→  アンダーステア バランス になりやすい



② ネガティブキャンバー値が小さい 

→ コーナリング中、リアのグリップが低い

→  オーバーステア バランス になりやすい





となりますので、

こちらも、車両のバランス、使用用途、使用タイヤ、

そして、ドライバーのニーズに合わせて、

リアキャンバーをセットアップする必要があります。






また、リアキャンバーが、

アンダーステア/オーバーステア に関与するのは、

3速から、2速にシフトダウンを行って、ヘアピンコーナーに進入する場合、

ステアリングを切り始めた瞬間から、クリッピングポイントの先まで

(場合によっては出口近くまで)

と、かなり広範囲にて、キャンバー値によりクルマのバランスが変化します。


(特に、ステアリングを切った瞬間と、

クリップ付近の最大Gがかかる部分では、キャンバー効果は大きいです)










そして、そして、TM-SQUARE のキャンバーシムは、




トーインがレスになる部分で、アンダーステアを抑制し

キャンバーがネガになる部分で、オーバーステアを抑制するという

2つの違う方向(テイスト)を同時に変更するパーツとなりますので、

バランスがとっても重要です。





ですから・・・・、

現状のアライメントを確認し、どのシムを装着すると、

どんなアライメントになるかをシッカリ想定してチョイスすること。


また、現状のバランスから、どれぐらい変化させたいのかを

シッカリ考えてチョイスすることが、何よりも重要なのであります。









ちなみに、誤解を恐れずに、

なんとな~くのシムチョイスのパターンをご紹介すると・・・・、








現行のアライメント   Fキャンバー  1°00’ネガ  

Rキャンバー     1°00’ネガ 

Rトーイン       IN 0°50’

車両バランス     アンダーステア(中)

ステージ       ストリート



チョイス  →   並盛  & トーイン 0°40’レス 仕様 









現行のアライメント   Fキャンバー  3°00’ネガ  

Rキャンバー      1°00’ネガ 

Rトーイン        IN  1°00’

車両バランス     アンダーステア(大)

ステージ       ミニサーキット



チョイス  →   並盛  & トーイン 1°00’レス 仕様 

(アンダーステアの量によっては、並盛 & トーイン 0°40’レス仕様)







現行のアライメント   Fキャンバー  3°30’ネガ  

Rキャンバー     0°30’ネガ 

Rトーイン      IN  1°00’

車両バランス     アンダーステア(小)

ステージ      ストリート/ミニサーキット



チョイス  →   大盛り & トーイン 0°40’レス 仕様 








現行のアライメント   Fキャンバー  4°30’ネガ  

Rキャンバー     1°00’ネガ 

Rトーイン      IN  1°00’

車両バランス      アンダーステア(中)

ステージ      国際レーシングコース



チョイス  →   大盛り & トーイン 1°00’レス 仕様 

(アンダーステアの量によっては、大盛り & トーイン 0°40’レス仕様)








といった感じとなります。








もし、キャンバーシムのチョイスで迷った場合は、



TEL   04-2788-7878 

メール mail@tm-square.com




まで、ご相談くださいね!

(メールの場合、使用タイヤ/サイズ、フロントのキャンバー値、

現在のバランス、使用用途等も、教えてくださいね!!)











ご注意①

アンダー/オーバーのバランスは、サスペンションセット、

タイヤチョイスを含めトータルで考えるもので、

リアトーイン/リアキャンバーだけで、バランスを取る

ものではありません。

 

リアキャンバーは、バランスを取るためのひとつの要素(要因)

であることを十分にご理解いただいた上で、キャンバーシムを

ご使用下さい。また、必ず装着前のキャンバー値を計測し、

装着後のキャンバー値を確認してからご装着下さい。






ご注意②

上記の解説は、弊社デモカーによる走行DATAを元に、

開発ドライバーである田中ミノルの私的な意見として掲載しており、

車両のバランス、安全性を保障するものではございません。

 

キャンバーシム装着後は、安全が確保できる場所にて、

バランスの変化を必ず事前に確認し、もし、オーバーステアバランス

をはじめ、少しでもバランスが不安定な状況であれば、

使用を中止してください。


また、キャンバーシムの装着にて、バランスが変化したことにより

発生したトラブル等に関しましては、田中ミノル および

㈱ミノルインターナショナルは、一切責任を負いませんので、

すべて自己判断にて、チョイスを行ってください。











以上、とっても長くなってしまいましたが、

TM-SQUARE ZC32S リアキャンバーシム の解説でした!!

 

 

 

TM-SQUARE ZC32S リアキャンバーシム 正式リリースです!! ③

2016年09月29日(木)


 

さぁ~、今回は、リアキャンバー の解説です。

929-11


キャンバーに関しては、かなりメジャーなので、

みなさんも、よくご存知だと思いますが、

こちらも、アライメント(タイヤがセットされる角度)の一種となります。


クルマの前方、または後方からタイヤを見ると、

垂直方向に微妙に角度が付いていますよね??



この角度をキャンバー角と呼び、



左右のタイヤが、カタカナの「ハの字」になっている 状態

→ ネガティブキャンバー

 


左右のタイヤが、カタカナの「ソの字」になっている 状態

→ ポジティブキャンバー


となります。







では、そもそも、キャンバーは、なぜ必要なのでしょう?

田中は、キャンバーの必要性には、2つ要因があると考えています。







まず一つ目は、十分なネガティブキャンバーが設定されていないと、

コーナリング中、タイヤが変形する(ヨレる)ことで、

タイヤの接地面が小さくなり本来のグリップを発揮できません。



もし、サーキット等、激しいスピードでコーナリングすると、

タイヤの外側のみ磨耗が進み、外側ショルダー部分が少し

削れるようであれば、やはり、キャンバーが不足している

症状となります。


このような場合は、コーナリング中にタイヤが変形した状態でも、

十分な接地を確保するため、あらかじめネガティブキャンバーを付けて、

対応する必要があります。









そして、二つ目は、クルマがロールすることで、キャンバーが必要になります。

下の図をご覧下さい。



(より解かりやすくするために、ダブルウィッシュボーン式サスペンションにて

解説を行っていますが、トーションビーム式サスペンションでも同じ内容となります)
















直進時、「横G」は、発生しませんので、ボディは傾きません。

よって、左右のキャンバーは、設定された角度どおりとなります。






しかし、コーナリング中、「横G」が発生すると、ボディは傾きます。

(下図は、右コーナー走行中の車両を、後方から見ているイメージ図となります)









外輪                                      内輪







すると、コーナーに対して、外側のタイヤ(左タイヤ)は、

キャンバーが大きくポジティブ方向に変化し、内側のタイヤ(右タイヤ)は、

キャンバーが大きくネガティブ方向に変化します。




このなると、グリップの要となる外側タイヤ(左タイヤ)は、

接地面が減ることから、本来のグリップを発揮できません。

よって、コーナリング中に、外側タイヤを的確にグリップさせるために、

キャンバーが必要になるのです。




なお、このボディの傾き(ロール)は、スプリングレートが低いほど

大きくなりますので、高レートスプリングより、低レートスプリングの方が、

より大きなネガティブキャンバーが必要となります。





そして、セットアップ的に、リアキャンバー値の基本となる考え方は、




① リアキャンバー値が大きい 

→ コーナリング中、リアのグリップが高い

→  アンダーステア バランス になりやすい



② ネガティブキャンバー値が小さい 

→ コーナリング中、リアのグリップが低い

→  オーバーステア バランス になりやすい




となります。


※ ある一定のキャンバー値までは、上記のバランスとなりますが、

あまりにも、キャンバー値が大きいと、リアのグリップが低くなることがあります。










なお、アンダー & オーバーステア バランス の

メリット/デメリットは、以下のとおりです。





アンダーステア バランス の場合


メリット   →  クルマが安定していること

デメリット  →  クルマが曲がりにくいこと




オーバーステア バランス の場合


メリット   →  クルマが曲がりやすいこと

デメリット  →  クルマが不安定なこと







以上のように、リアキャンバーによって、リアのグリップレベルが変化することから、

アンダーステア ⇔ オーバーステア と、クルマのバランスを変化させることが

可能となります。




なお、リアキャンバー値のセットアップには、

フロントのグリップレベルが大きく関与します。


フロントのグリップレベルが高く、オーバーステア バランスの車両では、

リアキャンバー値は、ネガティブ方向が強くなり、

フロントのグリップレベルが低く、アンダーステア バランスの車両では、

リアキャンバー値は、ネガティブ方向が弱くなります。




それに、サーキットレイアウトによっても、リアキャンバー値のニーズは変化します。


高速コーナーが多く、クルマの安定感を向上させたい場合は、

ネガティブ方向が強くなり、


タイトコーナーが多く、クルマが曲がることを優先する場合には、

ネガティブ方向が弱くなります。




要するに、適正なリアキャンバー値は、



現行のブリップバランス

フロントタイヤのグリップ力

サーキットレイアウト




をトータルで考えて、

バランスを取りながら合わせ込む必要があるのです。






いや~、少々複雑な話しになりましたが、

ご理解いただけましたでしょうか??







また、一番大切なことは、

トーインもキャンバーも、現在の数値をしっかり計測し、

どのキャンバーシムを装着すれば、どういったアライメント値になるのかを

事前に、シッカリと想定してから装着することが、何よりも大切なのであります。











ご注意①


アンダー/オーバーのバランスは、サスペンションセット、

タイヤチョイスを含めトータルで考えるもので、

リアキャンバーだけで、バランスを取るものではありません。


リアキャンバーは、バランスを取るためのひとつの要素(要因)であることを

十分にご理解いただいた上で、キャンバーシムをご使用下さい。

また、必ず装着前のトーイン/キャンバー値を計測し、

装着後のトーイン/キャンバー値を確認してからご装着下さい。






ご注意②


上記の解説は、弊社デモカーによる走行DATAを元に、

開発ドライバーである田中ミノルの私的な意見として掲載しており、

車両のバランス、安全性を保障するものではございませんので、

すべて自己判断にて、チョイスを行ってください。











では、次回(最終回)は、ドラテクを含めた

キャンバーシムの詳細をお届けしたいと思います!!

 

 

 

 

TM-SQUARE ZC32S リアキャンバーシム 正式リリースです!! ②

2016年09月28日(水)


 

 

TM-SQUARE  リアキャンバーシム のアウトラインは、

前回のブログにて、なんとなく、理解いただけたと、

勝手に思っておりますが・・・・・・・・、

 

 



928-1

 

 

 

ちょっと時間が経てしまいましたので、

おさらいされる方は、先日のブログ を!












でもって、今回は・・・・・・・・・・・、





「じゃ~、リアの トーイン や キャンバー が変化したら、

どんなセットアップになるのよ!」





といった部分をガッツリと解説したいと思います。











では、リアのトーインからはじめたいと思います。








まず、トーイン & トーアウト というのは、

アライメント(タイヤがセットされる角度)

の一種で、左右のタイヤを真上から見たとき、



前方が狭まっている 状態 → トーイン

トー(つま先)が、イン側を向いている 「内股状態」



前方が広がっている 状態 → トーアウト

トー(つま先)が、アウト側を向いている 「ガニ股状態」


となります。






また、この トーイン値 は、角度の表記となり、

1°00’(1度00分) =  0°60’(0度60分)の60進法 が採用され、

トータルトー と呼ばれる 左右のトーを合算した数値で表記されます。





たとえば、 


右(単体)  IN 0°40’(イン 40分)

左(単体)  IN 0°40’(イン 40分) の場合、

左右を合算して、トータルトー

IN 1°20’(イン 1度20分)と、表記されます。





そして、リアトーインは、セットアップ (アンダー/オーバーのバランスを取る)

といった観点では、とっても重要なファクターとなります。


通常、リアトーインは、IN 0°00’(イン 0度0分)から、

IN 1°30’(イン 1度30分) あたりにセットされており、

少しのトーイン値の変更にてクルマのバランスは、大きく変化します。





リアトーインセットの基本となる考え方は、


① リアトーイン値 が大きい  →  アンダーステア バランス が強い

② リアトーイン値 が小さい  →  アンダーステア バランス が弱い

③ リアトーアウト       →  オーバーステア バランス になる可能性がある



となります。




たとえば、とあるクルマのトーイン値を計測したら、

IN 1°00’  だったとしましょう。



そして、このクルマは、バランス的に、

かなり、アンダーステアが強い状態なら、

IN 1°00’  →  IN 0°20’ 


と、トーイン値を小さくすると、アンダーステアは、改善する方向となります。



もちろん、どれだけトーイン値を少なく設定できるかは、

使用タイヤ/セットアップ等、車両のバランスによって変化します。



また、車両のアンダーステア バランスがさほど強くない状況にて、

IN 0°30’  →  OUT 0°30’ 


といったように、大きくトーイン値を変化させてしまうと、

行き過ぎてオーバーステア バランスになることもあります。





要するに、装着前のアンダーステア バランスの強さで、

トーイン値をどれぐらい少なくできるかが決まってきますので、

付き過ぎているトーインを オーバーステア バランスに

ならない領域まで取る(適正な範囲の中で減少させる)

というのが、トーイン値のセットアップポイントとなります。







「じゃ~、どれぐらいのトーイン値に合わせればイイのよ?」

といった声が、聞こえてきそうですが・・・・・・、






このトーイン値は、


サスペンションのセットアップ状況

使用しているタイヤ銘柄&タイヤサイズ

コーナーウエイト(車重の前後バランス)

車両本体の個体差


等々によって、変化しますので、やはり・・・・・、






「必要以上に付き過ぎているトーインを

オーバーステア バランスにならない領域まで取る」



といった、セットアップが必要になると思います。

特に、トーアウトになる場合は、

オーバーステアバランスになる可能性がありますので

十分ご注意くださいね。












ご注意①


アンダー/オーバーのバランスは、サスペンションセット、

タイヤチョイスを含めトータルで考えるもので、

リアトーインだけで、バランスを取るものではありません。


リアキャンバーは、バランスを取るためのひとつの要素(要因)であることを

十分にご理解いただいた上で、キャンバーシムをご使用下さい。

また、必ず装着前のトーイン/キャンバー値を計測し、

装着後のトーイン/キャンバー値を確認してからご装着下さい。







ご注意②


上記の解説は、弊社デモカーによる走行DATAを元に、

開発ドライバーである田中ミノルの私的な意見として掲載しており、

車両のバランス、安全性を保障するものではございませんので、

すべて自己判断にて、チョイスを行ってください。










ということで!

次回は、リアキャンバーに関して、解説を行いたいと思います!!

 

 

 

928-2

 

 

 

TM-SQUARE ZC32S リアキャンバーシム 正式リリースです!! ①

2016年09月23日(金)


 

いや~、やっと、

TM-SQUARE 「ZC32S」 リアキャンバーシムの

リリースが、 「スタンバイOK」 となりました!

 

 

923-1




現在、WEBサイトも、製作中となりますが、

本日から、数回に分けて、WEBの内容を少し・・・・(ホントは全部・・・・笑)、

リークしながら、キャンバーシムのことを徹底解説してみたいと思います。











まず、キャンバーシム というパーツは、

どんなパーツなのか・・・・、アウトラインから解説しますと、








(以下、WEB文章の抜粋です)








FF特有のアンダーステアを減少させるためには、

リアのトーイン調整は、非常に有効な手段となります。

 

アンダーステアが強い場合は、リアのトーインを少なくすることで、

コーナリング中(特に進入部分)に、リアが回り込んでくれ、

アンダーステアを抑制します。

なお、このセットアップは、走行抵抗が減少することから、

ストレートスピードにも、影響 を与えます。


また、トーションビーム式のサスペンションでは、

ストロークによるキャンバー変化がほとんどありません。

 

よって、クリッピングポイント近辺では、タイヤの外アタリ

(タイヤの外側のみが接地している状態)が強くなりますので、

コーナーにおいて、タイヤのグリップを

有効活用するためにも、キャンバーが必要となります。



TM-SQUARE リア キャンバーシム は、

通常トーションビーム式のサスペンションでは、調整の行えない

トーイン値 & キャンバー値 の両方を変更できるよう

ダブルテーパーのシム(2方向にテーパーになっているシム)を

リアハブとトーションビームの間に装着するセットアップアイテムです。


車輌の状況や、セットアップに合わせてチョイスできるように、

キャンバー値、トーイン値が異なる組み合わせにて、

ZC32S では4種類のキャンバーシムを設定しました。






といった感じとなり、

アイテム バリエーション & プライスは、以下のとおり です。

 

 

 

 

 

 

923-2

 

商品名 :キャンバーシム 並盛(トーイン 0°40’レス)

品番   : TMCS-C01903

価格  : 35,000円(税込)

素材   : スチール製 (カラー:ブラック)

付属品 : M12キャップボトル8本 M12ワッシャ8枚

M10キャップボトル4本 M10ワッシャ4枚

 

 

 

 

 


923-3

商品名 : キャンバーシム 並盛(トーイン 1°00’レス)

品番  : TMCS-C01904

価格  : 35,000円(税込)

素材   : スチール製 (カラー:グリーン)

付属品 : M12キャップボトル8本 M12ワッシャ8枚

M10キャップボトル4本 M10ワッシャ4枚

 

 

 

 

 

 

 

923-4

商品名 :キャンバーシム 大盛(トーイン 0°40’レス)

品番   : TMCS-C01901

価格   : 36,000円(税込)

素材  : スチール製 (カラー:ゴールド)

付属品 : M12キャップボトル8本 M12ワッシャ8枚

M10キャップボトル4本 M10ワッシャ4枚

 

 

 

 

 

 



923-5

商品名 :キャンバーシム 大盛(トーイン 1°00’レス)

品番   : TMCS-C01902

価格   : 36,000円(税込)

素材  : スチール製 (カラー:シルバー)

付属品 : M12キャップボトル8本 M12ワッシャ8枚

M10キャップボトル4本 M10ワッシャ4枚

 


となります。









では、詳しく説明しましょう!!







TM-SQUARE リア キャンバーシム(ZC32S) は、


変更できる キャンバー値 が2種類 (並盛仕様 & 大盛り仕様)

また、変更できるトーイン値 が、2種類

(0°40’レス仕様 & 1°00’レス仕様)

の組み合わせにより、合計4アイテムをバリエーションしました。





※トーインは、左右のトーインを合算した「トータルトー」の表記となります。



ですから・・・・、


たとえば、並盛キャンバーシム(トーイン0°40’レス)を装着すると、

トーイン値 & キャンバー値の変化量は、


装着前よりキャンバーが、1°25’ネガ方向に変化し、

トーインが、0°40’レス方向に変化したアライメント値となります。






そうです、ポイントとなるのは、

装着前のアライメント値から、

上記のとおり、アライメントが変化しますので、

装着前のアライメントをしっかり把握しておくことが、

とっても重要なのであります。ハイ。











ちなみに、弊社デモカー(TM 5号車/ZC32S 2型)による

実測値(キャンバーシム装着後のアライメント)は、以下のとおりです。









※  トーションビームには、製造上の公差がありますので、

純正状態でのアライメントは、すべての車両で同一ではありません。

よって、装着後のアライメント値は、上記と同一にならない場合があります。

※ 上記の数値は、車高40mm ダウンでの計測値です。

※ 純正車高では、上記数値からトーが、0°20’ マイナスになります。

(トーインが減る方向です)










また、キャンバーシムの装着により、

リアキャンバーがネガティブ方向に変化しますので、

タイヤの上端部がフェンダー内に収まりやすくなり、

ハブセンターならびに、タイヤの下端部は、外側に張り出します。



タイヤ/ホイールの各部の位置は、下記のとおり変化します。











※ 上記の数値は、計算上の数値で、実測とは異なる場合があります。

※ +表記 → タイヤが外に出る

-表記 → タイヤが内側に入る  となります。












いかがでしょうか?

なんとな~く、キャンバーシムが、どんなパーツなのか、

わかってきましたでしょうか??






まぁ~、超簡単に、ザックリ説明すると、

ZC32S スイフトのリアに装着すれば、通常では調整/変更できない 

リアキャンバー と、リアトーイン を同時に、

変更できてしまうパーツなのであります。ハイ。








では、次回は、

リアキャンバー と、リアトーイン を変化させることに、

どんな メリット・デメリット が発生し、

そして、どのようにして、セットアップに生かすことができるかを 

じっくり解説したいと思います!!








なんだか・・・・、

解説マニアになりそうな・・・・、予感が・・・・(笑)









あと・・・・、匠の日でも、もちろん対応可能です!






工賃込みのプライス は、こちら から!

 

 

 

TM リアキャンバーシム 大盛り ZC32S スペック 絶賛販売中!!

2016年07月09日(土)


p12













イベントにて、TM製品をご装着いただいた場合、

装着後、可能な限り、みなさんのクルマに試乗させていただき、

パーツが的確に装着されているかを確認しているのですが・・・・・・、








68e0fc8b72


9c0cdf0b29


a07dac648b










こちらのパーツ (そうです! キャンバーシム大盛り ZC32S スペック!!) の

試乗では、驚きを越えて、まさに、感動でございました。











装着前に、リアトーを計測したところ

IN  0°55’ (トータルトー)  といった数値でしたので、

自信を持って、TM-SQUARE リアキャンバーシム大盛り を装着。






ちなみに、リアトーが、IN  0°55’ の場合、

TM-SQUARE リアキャンバーシム大盛り (トーイン 0°40’レス 仕様) 

を装着すると、リアトーが、IN  0°55’  →  IN  0°15’ に変化します。










で、装着後に試乗してみると・・・・・・・、

ブレーキングから、ターンインにかけて、

「すんげ~、クルマが曲がる!!」 と、

感動・・・、いや感激してしまいました!





また、コーナリング中の抵抗感が、大幅に減少し、

とってもスムーズなのに、


コーナーの最大ロール時は、キャンバー効果により、

安定して、しっかり グリップ してくれますので、安心感が増大!





いや~、曲がって欲しい部分では、曲がり、

安定して欲しい部分では、安定する と、まさに、イイことずくめでございました。












まぁ、お値段的には、ZC31S と比べると、

ブレーキ キャリパーが、ハブではなく、

トーションビームに装着されていることから、

部品点数も増え、少々高くなってしまいますが、




やっぱり、リアトーイン が、変化する(減少する)

ONLY ワン アイテム である

TM-SQUARE リアキャンバーシム は、イイ仕事しますよね~。


(あのコーナー前半の曲がり感、たまりませんよ~!)
















ということで!

TM-SQUARE リアキャンバーシム大盛り (トーイン 0°40’レス 仕様) 

絶賛、販売中となりますので、

ZC32S 乗りのみなさん! どうぞよろしくお願いします!!






25a11c1fef


TM-SQUARE リアキャンバーシム大盛り (トーイン 0°40’レス 仕様) 

価格    ¥36,000

在庫      あり!










商品の詳細は、こちらの ブログ にて!








大盛り キャンバーシム (ZC32S) 検品中!

2016年05月25日(水)


p1












現在、佐藤さんが、絶賛検品中の 




cd9d9702db





6種類の箱には・・・・、



TM-SQUARE 大盛り キャンバーシム

ZC32S 仕様 の 構成部品が入っているのであります。ハイ。






19f596c725

0cbb466230

300f5b58a0

d51034b76d

7889550b16

253ea2f8a91







あっ!  ボルト & ワッシャ も、付属しております。






fb0e4c9a93









で、このパーツは、

TM-SQUARE として、ZC32S をはじめてサーキットにて走らせたときから、

デモカー用としては、存在していたのですが・・・、なかなか、量産が、できませんでした・・・。




理由はね・・・、

TM-SQUARE のキャンバーシムは、他社製品とは違って、

キャンバーとトーが、両方とも変化する仕様ですので、

1枚のシムを縦方向にも、横方向にも、角度を付けて削る必要があります。

(まぁ~、この部分が、田中の 「こだわり」 なのであります!)




でも・・・・・、


ZC32S の場合、

キャリパーが、トーションビームに、固定されていることから、

この部分にもシムを使用する必要があり・・・・、

シムを削ることに、すご~く、精度が求められる・・・・・。

(だって、こうしないと、ブレーキパッドが斜めに削れちゃいます)





結果、製作コストが、驚く金額になってしまうことから、

いままでリリースが、できませんでした・・・・・・。

(すんげ~、長い言い訳・・・・・・笑)








しかし!

見つけちゃったんです。

みなさんに購入いただける金額で、精度◎ のシムが作れるところを!!


(とあるお方が、すんごい、ジグを作ってくれました!

さすが! レーシングネットワークでございます!)













で、このシムの 仕様はと言いますと・・・・・・、




① キャンバー    2°30’ネガ ( 2.5°ネガ)

② トー        0°40’レス




といった感じでございます。


表記のキャンバーは、

2度30分(60進法) = 2.5度(10進法)ネガ  といった表記となります。








詳しく、説明しますと・・・・、

このキャンバーシム を装着すると、



たとえば、装着前、リアのアライメントが、



キャンバー      1°00’ネガ 

トーイン        1°00’イン   (トータルトー)  




の場合、



装着前         装着後

キャンバー      1°00’ネガ  →   3°30’ネガ

トーイン        1°00’イン  →   0°20’イン (トータルトー)




といった、アライメントに変化します。






要するに! 


装着前のキャンバー値から、 2°30’ネガ 方向に変化し、

装着前のトーイン値から、 0°40’アウト 方向に変化 するのが、

TM-SQUARE 大盛り キャンバーシム  トーイン 0°40’レス 仕様なのであります!!






で、田中が重要視しているのは、

キャンバー値が増える(ポジ方向に変化する)こと以上に、

トーイン値が、減る(ゼロに近くなる) ことが、コーナーでは、大きく効くんですね~。




そうです、このトーイン値が、適正な範囲の中で、減少することにより、

コーナーの進入の部分で、大きく U/S(アンダーステア)が、

抑制されるのであります。ハイ。




また、コーナーの中で、一番荷重がかかる部分では、

キャンバー値が、より、ネガ方向に変化していますので、

しっかりとグリップしてくれるのであります!!

(ね! なかなか、やるでしょ? キャンバーシム!)




ただ・・・・、キャンバーシムは、セットアップパーツであり、

この効果(メリット)は、適正なるセットアップにより得ることができ、

装着前に、トーインがあまり強くない車両への装着等、

美味しい領域を越えてしまうと、

不安定な(O/S方向)セットアップになる可能性もあります。





ですから、装着前の数値をしっかり計測して、

装着後の数値と、セットアップしたい方向性が、合致することが重要なのであります。








リアのトーインに関する ウンチク は、こちらの ブログ から!








そして、正式リリースは、もう少し先になりますが、


今週末の SA京都ワンダー イベント には、限定 10 set (刻印無しの仕様です)

持ち込みたいと思いますので、


まずは、リアトーを計測して、

装着後のイメージや、マッチングに関して、ガッツリと、打ち合わせを行ってから、

装着するかどうかを決定していただけますよ~。

(もちろん、装着しない! となった場合でも、リアトーの計測代金は、0円 です)








ちなみに、この キャンバーシム の お値段は、




パーツのみ        →  ¥36,000

パーツ&装着工賃   →   ¥42,480 (イベント限定プライス)




となります。









でもって、TM-SQUARE では、ZC32S 用として、

今回の キャンバーシム 大盛り & トーイン 0°40’レス 仕様 を皮切りに、

以下の4種類を 今後、バリエーションする予定です。




1)並盛  & トーイン 0°40’レス 仕様

2)並盛  & トーイン 1°00’レス 仕様

3)大盛り & トーイン 0°40’レス 仕様  →  今回、京都ワンダーに持ち込む仕様

4)大盛り & トーイン 1°00’レス 仕様




並盛   →   キャンバー  1°25’ネガ (1.4°ネガ) 仕様

大盛り  →   キャンバー  2°30’ネガ (2.5°ネガ) 仕様






いや~、これで、ZC32S のセットアップが、

大幅に、そして劇的に進む予感がするのは、田中だけでしょうか・・・・? (笑)









アライメントは、ステア特性を大きく進化させてくれる

セットアップ ファクター となりますので、


TM-SQUARE ZC32S専用 リアキャンバーシム

みなさん、どうぞよろしくお願いしま~~す!!








(正式 リリース 急ぎます!!)






TM-SQUARE
リアトーイン (セットアップ) の ウンチク!

2014年10月24日(金)


p1













昨日、アップした、


キャンバーシム 大盛り (トー少なめ)


の解説を書いて 思ったのですが、



リア トーイン に関する ウンチクは、

スイフト限定の話ではなく、どのクルマにも共通した部分ですので、

もっと、突っ込んだ 部分を・・・・・・・・、

書きたくなりました・・・・・・。






ということで!!

今夜は、リア トーインによる セットアップの お話です。

(マニア過ぎる・・・・・・・笑)









まず、トーイン & トーアウト というのは、

アライメント(タイヤがセットされる角度)の一種で、



タイヤを真上から見たとき、


前方が狭まっている 状態   →   トーイン

前方が広がっている状態   →   トーアウト  


となります。




まぁ~、語源的には、


トーイン  →   トー(つま先) が、イン側を向いている 「内股状態」

トーアウト  →   トー(つま先) が、アウト側を向いている 「ガニ股状態」


ということになります。








この トーイン値 は、角度の表記になっており、

トータルトー と呼ばれる 左右のトーを合算した数値で表記されます。





たとえば、


右  イン 0°20’(イン 20分)

左  イン 0°20’(イン 20分) 


の場合、左右を合算して イン 0°40’(イン 40分) と、表記されます。




また、1°以下の単位は、

0°60’(0度60分)  =  1°00’(1度00分) の 60進法 が採用されています。













あと・・・・、どうでもよい話ですが・・・・・、

トーイン のイメージって、とっても、地味な感じですよね~(笑)



同じ、アライメント ジャンルの中でも、

キャンバーは、見た瞬間に、「ガッツリ付いているなぁ~」 って、わかるのに、




9228dbaabf





トーインは、見ただけじゃ、「かなり攻めてるね~」 とは、わからないですもんね・・・・・。






でも・・・・・・、

セットアップ (アンダー/オーバーのバランスを取る) といった観点では、

リア トーイン は、とっても、とっても 大きな ファクターなのであります。ハイ。









そして!!

リア トーイン によって、

アンダー/オーバーのバランス を変化させるために、

理解しておかなければならない 基本中の基本は・・・・・・、


(テストに出ますよ~  笑)







① リアトーイン値 が大きいと、アンダーステア方向となる

② リアトーイン値 が小さい、または、トーアウト になるとオーバーステア方向となる








ということです。













では、具体的に説明しましょう!




FF  FR MR 4WD 等、エンジン搭載位置 & 駆動方式 は変われど、

純正車両における リアのトーイン値は、だいたい、


イン  0°30’ ~  1°30’ (イン 30分~1度30分)


アタリではないかと、推測します。

(もちろん、一部の車両では、上記以外のトーイン値の場合もあります)








たとえば、とあるクルマのトーイン値を計測したら、

イン  0°30’ だったとしましょう。






そして、このクルマは、バランス的に、

かなり、アンダーステアが強い状態なら、


イン  0°30’  →  イン  0°20’ に、

トーイン値を小さくすると、アンダーステアは、改善する方向となり、



反対に、このクルマのバランスが、オーバーステアなら、


イン  0°30’  →  イン  0°40’ に、

トーイン値を大きくすると、オーバーステアは、改善する方向となります。










ということで、田中ミノル式 トーイン有効活用方は、





1) 現在 アンダーステア バランス の場合

多過ぎるトーイン(付き過ぎているトーイン)を 

オーバーステアバランスにならない領域まで取る (ゼロに近づける)。

※ 走行抵抗が減少することから、ストレートのスピードも、UP します!




2) 現在 オーバーステア バランス の場合

少な過ぎるトーイン(ゼロに近いトーイン)を 

リアの動きが安定するまで付けていく (インの数値を大きくする)。

※ FR / MR の場合、トラクションも、強くなります! 

※ 走行抵抗が増加することから、ストレートのスピードは、DOWN します。





となるのであります!!













ただ、これらトーイン値におけるセットアップは、

その時々のクルマの バランスに合わせ込みながら

変更するものですから・・・・・・・、



アンダーステアを抑制するために、

イン  0°45’  →  イン  0°10’ といった感じに、

大きく変更したら、反対に オーバーステア になったり、



イン  0°45’  →  イン  0°00’ に、セットしても、

元々のアンダーステアが強過ぎて、

まだまだ、アンダーステアのバランスが改善できない・・・・、

なんていうことも、よくある話しなのであります。




もちろん、アンダー/オーバーのバランスを取るのは、

サスペンションセット、タイヤチョイスを含め トータルで考えるもので、

リアトーインだけで、バランスを取るものではありませんので、

そのあたりお間違いなきように、お願いしますね。












また、このブログの内容、使用した数値は、

すべて、田中ミノル の 私的な見解(思い込み)であり、

必ずしも、みなさんのクルマに、適応、適合するとは、限りません。



そして、リアトーインは、少しの変更で、

アンダー/オーバーのバランスが大きく変化する領域がありますので、

もちろん、すべての変更は、自己責任にて、

そして、その車両に詳しい方と、ご相談の上、行ってくださいね。



なお、トーイン値 の変更後は、

車両の特性が、どのように変化したかを 安全な場所で確認してから、

通常走行/スポーツ走行を行って下さい。









以上、とっても マニアな 

リアトーインにおける セットアップのお話でした!









そして、より深いお話は、こちらの サイト から!!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ちょっと、マニアな、トーイン解説 ①

ちょっと、マニアな、トーイン解説 ②









TM-SQUARE
TM キャンバーシム 大盛り (トー少なめ) 発売 のお知らせ! (ZC31S)

2014年10月23日(木)


2014年10月23日

TM キャンバーシム 大盛り (トー少なめ) 発売 のお知らせ! (ZC31S)

p11













本日は、TM-SQUARE キャンバーシム シリーズ (ZC31S) に、

新しい仲間が、加わりましたので、そのお知らせ です!







ネーミング は、

TM キャンバーシム 大盛り (トー少なめ)









35d4ea44e1










なぜだか、どんどん、牛丼・・・・・、

いや、ラーメン の注文 のような ネーミング に、

なってきたような気がしますが・・・・・・・・・(笑)







まぁ~、要するに、

キャンバーは、通常の大盛り、

トーイン は、あまり 「レス」 にならない 仕様なのであります。









まずは、キャンバーシムが、どのようなパーツか、説明しますと、




リアの  キャンバー & トーイン 値 を変更させるために、

リア ハブ (ディスクローターやハブベアリング が、装着されている部分) と、

トーションビームが、接続されている箇所に、挟み込む、

テーパー状のシム板 のことなのであります。

(ちょっと、難しいですよね・・・・・・・・・・・・・・・)











でもって、このキャンバーシムにて、

変化する キャンバー & トーイン量 を詳しく比較しますと、




e9df3c2a7b

(表記は、 1°00’ = 0°60’  の60進法です)



といった感じになり、







たとえば、装着前のリア アライメント値が、


キャンバー    ネガ   1°00’

トーイン      イン   1°00’


(上記の数値は、平均的な数値となり、車両による個体差、車高によっても異なります)



の場合、

大盛り キャンバーシム を装着すると、



652406857a




キャンバー    ネガ   3°20’

トーイン      イン   0°10’




と、変化しますが、

大盛り (トー少なめ) キャンバーシム  を装着すると、



キャンバー    ネガ   3°20’

トーイン      イン   0°30’




といった、数値になります。





そうなんです!

キャンバーの変化量は、通常の大盛りキャンバーシムと、変わらないのに、

トーインの変化量は、あまり大きくないのが、

大盛り (トー少なめ) キャンバーシム  の特徴なのであります。ハイ。












でもって、どのような状況での使用が オススメ かと申しますと・・・、





① キャンバーは、ガッツリ。 でも、トーインはあまり 「レス」 にしたくない場合

② 元々、あまりトーインが付いていない車両に使用する場合(トーアウトにしないために)

③ 大盛り キャンバーシムを 2セット 使用し、強烈にキャンバーを付けたい場合




といった感じです。




特に、③に関しては、現行の大盛り キャンバーシム では、

2セット 使用すると(通称 メガ盛り!)、

キャンバーは、ガッツリ付くのですが、トーイン値は、

間違いなく アウト方向となりますので、直進安定性が、損なわれていました。



でも、今回リリースとなった、大盛り (トー少なめ) では、

2セット 使用しても、現状から トーイン値が、1°00’ 「レス」 になる仕様ですので、

大きくトーアウトにならないことから、驚愕のメガ盛り! が可能となりました。


(まぁ~、ここまでキャンバーが必要なサーキットはなく、

本当に求められているかは、不明ではありますが、

ビジュアル的には、アリかと・・・・・・・・・)













ちなみに、リアにキャンバーが付けば、

リアタイヤ(上部)が、フェンダー内に納まりやすくなりますよね?

(ある面 これも、キャンバーシムの大きなメリットかも知れません・・・・・・)



そこで!

フェンダークリアランス のために、

キャンバーシムをご使用になられる方のために、

佐藤さんが、CAD で、確認したところ、






タイヤの上端部      ハブセンターの位置     タイヤの下端部



並盛            -2.2mm            +3.2mm           +5.4mm


大盛り          -8.5mm            +3.6mm           +12.1mm


大盛り(2枚セット)   -17.0mm            +7.2mm           +20.6mm




※ 上記の数値は、計算上の数値で、実測とは異なる場合があります。

※ +表記 → タイヤが外に出る   -表記  → タイヤが内側に入る  となります。

※ 大盛り (トー少なめ) と、大盛りは、同じ数値です。







いや~、マニアックです・・・・・・・(笑)





マニアック ついでにですが、

スイフトって、車高を落とし過ぎると、

リアフェンダーの前の方と、タイヤが干渉しますよね??






efb6257d86







この干渉・・・・・、


大盛り シムより、大盛り (トー少なめ) シムの方が、

少なくなるんですよね~。



だって、大盛り (トー少なめ) シム では、

トーインがあまり大きく 「レス」 にならないことから、

今までの大盛りシムより、トーインが付く(インが強くなる)わけです。


ですから、結果的に、リアタイヤ の前の部分が、イン側に入ることから

フェンダー内に 収まりやすくなるんですね~。











そして、田中が勝手に想像する

理想的な スイフトの リアトーイン値 は、下記のとおりです!!




ストリート        イン   0°20’ ~  0°30’


サーキット       イン    0°00’ ~  0°15’






また・・・・・、

どうしても、サーキットでアンダーステアが強い場合は、




サーキット       アウト    0°05’ ~  0°20’


ぐらいまでは、セットアップ としてあるように思います。





※ 上記、リアトーイン値は、田中ミノルの勝手な思い込みであり、

みなさんのクルマのバランスを保証するものではありません。


※ 適正な リアトーイン値は、サスペンションのセットアップ、使用タイヤ、

ドライビングスタイルによって、大きく異なります。












ちなみに、「匠の日」 等、弊社が行うイベントでは、


まず、現在のリアトーイン を計測して、

オーナーさん のニーズと、現状のバランスを確認後、

田中とガッツリと打ち合わせを行ってから、

どのシムを装着するかを決めれますよ~。


(もちろん、トーイン値より、シム投入の必要がない場合は、「ゼロ円」 です!)










最後に、TM キャンバーシム 大盛り (トー少なめ) の プライスは、

通常の 大盛り キャンバーシム と同じく、



ボルト & ワッシャ 付きで、¥19,000 となります。







あっそうだ!


並盛シム も、新仕様となり、





「ボルト付属」 となりましたので、価格改定を行いました。



d5623c19bf









TM-SQUARE キャンバ-シム WEB サイト









なお、製品に関するお問い合わせは、



みんカラ の コメント & メッセージ


または、ミノルインターナショナル

TEL  03-5706-1888 (月~金 9:00~19:00)  

メール mail@tm-square.com



まで、よろしくお願いします!!







以上、ZC31S 

TM キャンバーシム 大盛り (トー少なめ) 発売 のお知らせ!  でした。

(すでに在庫も、「◎」 です)











そして、そして、


キャンバーはそのままに、トーインのみ調整する場合や、

キャンバーシム装着後に、トーインの微調整を行う場合は、


こちらを どーぞ!!





TM-SQUARE トーレスシム WEB サイト


トーレスシム 発売のお知らせ! (ブログ)











しかし、まぁ~、

強烈にマニアックなブログ ですね・・・・・・。



反省します・・・・・・。









TM-SQUARE
キャンバーシム の数値について

2009年12月28日(月)


現在、大好評をいただいております、

TM-SQUARE のキャンバーシム。

 

今日は、キャンバーシムの

解説が不十分な部分と、

使用した数値に誤りがありましたので

そのことを、お詫びし、明確にしたいと思います。

 

まず、現在、WEB サイトをはじめ、

カタログ、取説等に明記しています、

トーインの数値に、誤りがありました。

 

現在表記されている数値

純正からの変化量 並盛 大盛
トーイン 0°20’レス 0°30’レス

 

正しくは、下記の数値となります。

純正からの変化量 並盛 大盛
トーイン 0°40’レス 0°50’レス

 

 

並盛、大盛とも、

トータルトーで、0°20’

今までの表記されていた数値より、

トーイン量が少なくなります。

 

原因は、弊社のトーインゲージに、

問題がありました。

 

本当に、申し訳ありません。

 

 

また、

キャンバーシムの解説に、使用している数値にも

誤りがありました。

 

現在、WEB サイト や取説では、

下記の説明がされています。

 

ZC31Sのリアサスペンションは、トーションビーム一体式となりますので、

トーイン、キャンバーの数値は、製造時の交差により、すべての車輌が

同一ではありません。

メーカーの整備書によりますと、トーインは、トータルトーで、

IN 5mm(交差±5mm)ですので、基準値は、約 0°50’INとなります。

また、キャンバーの基準値は、-1°00’で、交差±1°00’ となります。

 

とありますが、

トーインの IN 5mmという数値は、

トータルトーでは、約 0°50’IN ではなく、

約 0°25’IN となります。

 

(片側5mmのトーインなら、約 0°50’IN となりますが、

トータルトーだと、約 0°25’IN となります)

 

今後、このようなことがないように、

十分注意して、数値等を表記いたします。

本当にすいません。

 

 

 

また、 ちょっと複雑なのですが、

トーインは車高によって変化します。

 

純正車高と、約40mm車高をダウンした

状態では、車高をダウンした状態の方が、

約5mm (約 0°25’)トーインが大きくなります。

 

よって、純正車高にて、トータルトーが、

イン5mm (約 0°25’) のクルマは、

車高を下げると、インに約10mm (約 0°50’)となります。

 

要するに、トーインは、

トーションビームの公差と、

車高によって変化するのです。

 

また、整備書に記載されている

IN 5mm(交差±5mm)という数値は、

2型の途中あたりで、IN 3.8mm(交差±3.8mm) と

変更されています。

 

これは、メーカーの方で、1型~2型の初期あたりで、

付きすぎているトーインを

修正してきたものと思われます。

 

トーションビームという、

溶接により製造されるパーツの宿命となる

公差がある以上、すべての車輌の

トーイン値が、共通ではないのですが、

田中なりに、平均値を想像すると、

 

純正車高時

イン 5~8mm →   3~6mm

 

車高40mmダウン時

イン 10~13mm →   8~11mm

 

といったように、

年式によって、トータルトーは、変化しているようです。

 

もちろん、純正車高時に、

IN 5mm(交差±5mm) / IN 3.8mm(交差±3.8mm)

ということは、トーインが、0mm (0°00’)でも、

規格内ということになり、

7.6~10mm (約0°40’~ 0°50’) でも、

規格内ということになります。

 

たとえば、トーインが、0mm の車輌に、

TM-SQUARE のキャンバーシムを

使用すると、トーインが減ることから、

トーアウトになってしまいます。

 

 

事実、今までに、トーアウトになったという

車輌が、3台ありました。

 

 

もちろん、大きくトーアウトになった、

アライメントですと、クルマのバランスは、

ウルトラオーバーステアになりますので、

取説等では、トーアウトになった場合は、

安全面を考慮して、使用しないようにと、明記してあります。

 

しかし、セッティングとして、

田中は、少しのトーアウトは、絶対にありだと思っています。

 

数値で言えば、0~5mm ぐらいは、

セッティングの範囲内です。

 

ちなみに、TM-SQUARE 1号車のセッティングは、

現在、アウト4mm (0°20 トーアウト)です。

 

しかし、たとえば、足廻りをはじめとする

セットアップが、弱オーバーステアで

この状態から、リアをトーアウトにセットすると

オーバーステアは、大きくなってしまいます。

 

要するに、キャンバーシムは、

セッティングアイテムだということを

正しくご理解いただきたいのです。

 

セッティングアイテムということは、

アンダーステアが強いクルマには、

すごく効果がありますが、

 

ニュートラルステアや、

オーバーステアのクルマには、

装着すると、バランス的にかなり強めの

オーバーステアとなる可能性があります。

 

(過去に、キャンバーシムを装着したら

オーバーステアが強くなったという報告は

受けていませんが、可能性としてはありうるということです)

 

そこで、可能であれば、

キャンバーシムを装着される前に、

アライメント(トーイン量)を計測し、

その数値から、上記の修正した数値(変化量)を引いて、

どのあたりのトーイン量になるかを

想定した状態で装着するのが、BEST です。

 

もし、事前にアライメント確認ができない場合は、

最低でも、クルマのバランスが、オーバーステアでないことが

装着のポイントとなります。

 

このあたり、キャンバーシムが

セッティングパーツであることを

正しく理解して、ご利用いただければ

幸いです。

 

また、弊社のキャンバーシムを装着後

クルマのバランスが、

著しくオーバーステアとなったユーザー様が、

いらっしゃれば、お手数ですが、弊社までご連絡下さい。

 

今後、このあたりのトーションビームの公差にも、

キャンバーシムで対応できるように、

バリエーションを広げた商品設定にできるよう、

考えてみたいと思います。

 

 

数値の件、本当に申し訳ありませんでした。

 

PS  WEB サイト には、本日修正を入れました。

TM-SQUARE
キャンバーシム(大盛り) 発売開始!

2009年08月03日(月)


さあ~、いよいよ、

TM-SQUARE キャンバーシム(大盛り)の

発売開始です。

 

p1040445

 

今回は、超ゴージャスに、

ゴールドアルマイト 仕様にしました。

 

装着により、キャンバー&トーインは、

 

純正からの変化量

並盛り

大盛り

トーイン

0°20′レス

0°30′レス

キャンバー

1°10′ネガ

2°20′ネガ

 

となり、

整備書の標準値どおり、

アライメントがでている車輌は、

装着後、下記のアライメントになります。

 

純正(基準値)

並盛り(基準値)

大盛り(基準値)

トーイン

0°50′IN

0°30′IN

0°20′IN

キャンバー

-1°00′

-2°10′

-3°20′

 

今回の、キャンバーシム(大盛り)は、

シムも、かなりの厚さとなりますので、

 

p10404241

 

純正のボルトでは、

長さが足りないため、

SCM 435  クロモリのキャップボルトが、

8本付属します。

 

p1040453

 

あと、ワッシャが、8枚付属して、

お値段は・・・・・、

¥18,000 です!!

 

 

並盛か、大盛りかで、悩む方への、

田中からのアドバイスは、

 

効果/効能にウエイトを置くなら、大盛り

タイヤの片減りが、気になるなら、並盛が、

よろしいかと、思います。

 

ご注文、お待ちいたしておりま~す!