サスペンション
TM-SQUARE キャンバーシム(ZC33S) リリースです!!

2019年04月11日(木)






先日もチラッとご紹介しましたが、
リリースの準備も整い、いよいよ、ZC33S 仕様の

キャンバーシム 並盛
キャンバーシム 大盛り
トーレスシム


の3アイテムがリリースとなりました!!









ということで!
本日は、ZC33S の キャンバーシムが、
どのような仕様になったのかを 解説したいと思います!




ちなみに、キャンバーシムを装着するメリットは、
大きく分類すると、2つあります。



①  付き過ぎている トーイン量を少なくすることで、
   減速 & ターンインの区間で、よりクルマを、曲がりやすくしてくれる。

②  キャンバー(ネガティブ キャンバー)を付けることで、

   一番踏ん張って欲しい コーナーのボトム付近で、タイヤがグリップする。




となり、これらの部分を解説した広告文章は、こんな感じです!




FF特有のアンダーステアを減少させるためには、リアのトーイン調整は非常に有効な手段となります。アンダーステアが強い場合は、リアのトーインを少なくすることで、コーナリング中(特に進入部分)に、リアが回り込んでくれ、アンダーステアを抑制します。なお、このセットアップは、走行抵抗が減少することから、ストレートスピードにも、影響
を与えます。




また、トーションビーム式のサスペンションでは、ストロークによるキャンバー変化がほとんどありません。よって、クリッピングポイント近辺では、タイヤの外アタリ(タイヤの外側のみが接地している状態)が強くなりますので、コーナーにおいて、タイヤのグリップを有効活用するためにも、キャンバーが必要となります。




TM-SQUARE リア キャンバーシム は、通常トーションビーム式のサスペンションでは、調整の行えないトーイン値 & キャンバー値 の両方を変更できるよう ダブルテーパーのシム(2方向にテーパーになっているシム)を採用したセットアップアイテムです。車輌の状況や、セットアップに合わせてチョイスできるように、キャンバー値 を2種類(並盛仕様 & 大盛り仕様)バリエーションしました。

また、トーイン値のみを変化させることができる トーレスシム (1方向にテーパーになっているシム)も、設定しましたので、トーイン値のみの調整や、キャンバーシムと同時使用により、セットアップの幅が広がります。




といった感じになります!

まぁ~、ちょっと、地味なパーツではありますが、
コーナーの曲がりと踏ん張りが激変しますので、
サスペンション & コーナリング 大好きな方々には、
きっと、「いいね~!」といっていただけるのではないかと、
勝手に思っております。ハイ。







では、 ZC33S に、キャンバーシム を装着したら、
どのように、アライメント( キャンバー/トーイン )が変化するか、
ガッツリ 解説しましょう!




下記の表は、キャンバーシム or トーレスシム を装着したときの
キャンバー/トーインの変化量を明記しています。

(そうです! 変化量ですので、現行の キャンバー/トーイン  
 から、下記の数値分、アライメントが変化します)




上記、トーイン値は、左右のトーインを合算した「トータルトー」の表記となります。




ちょっと、複雑な話となりますが、ZC33S では、

純正車高 の場合、真横から見ると、トーションビームの傾斜角は、
1G 状態でほぼ水平となりますが、車高を下げると、この傾斜角が変化し、
大きく前傾している状態(トーションビームの 後端が上がっている状態)
となります。




純正車高(純正スプリング) + 1G 状態でのトーションビームの傾き





車高Down + 1G 状態でのトーションビームの傾き




ですから・・・、
このトーションビームの前傾度合、特に車高を下げて前傾度合いが大きくなると、キャンバーがトーインに影響を及ぼしてしまうのです。

要するに、トーションビームが水平なら、キャンバー/トーインは、完全にセパレートした状況で、設定ができるのですが、キャンバーが付いている状況で、トーションビームの前傾が強くなると、タイヤの位置が上方(かつ前方)に移動することから、トーインも強くなってしまうのです。




そこで、この変化を加味し、純正タイヤを装着した状態で、
フェンダーアーチ ⇔ 地面間 の距離が、670mm(純正状態)から、
10mmごとに、630mmまでの車高にて、変化量を表記しました。
(TM-SQUARE って、なんてマニアックなんだろう・・・・・笑)




たとえば、並盛シムを装着した場合、

670mm(純正車高)では、 0°35′(0度35分) 変化するトーインが、
630mm の車高では、 0°10′(0度10分) のみ、変化する状況になります。




そうです、車高が低くなると、 トーションビームの前傾度合いが強くなり
トーインの変化量が、キャンバーの影響を受けて、小さくなるのです。
(いや~、ZC33S のキャンバーシムは、奥が深いです・・・・・)




そこで! 車高を低く設定する場合は、ちょっと、マニアックですが、
キャンバーシム と トーレスシム を 重ねて使用するという裏技が、
あるのです!

で、同時装着時の変化量は、以下のとおりとなります。


注意①

同時装着できるのは、
キャンバーシム + トーレスシム(1セット)のみ
となりますので、ご注意下さい。








これなら、低めに設定した車高でも、
そして、セッティングアイテムとしても、有効に活用いただけると思います。




でもって、弊社、デモカー(7号車)に、
各シムを装着したとき、最終的なアライメント値は、
以下のとおりとなりましたので、ご参考にどーぞ!!








少々、複雑ですので、解説しますと、

たとえば、車高 630mm での 純正時(シムなし時)のアライメントは、

キャンバー  -0°50′   (0度50分ネガ)
トーイン   IN 0°40′ (0度40分イン)





この状態で、並盛キャンバーシムを装着すると、

キャンバー  -2°20′   (2度20分ネガ)
トーイン   IN 0°30′ (0度30分イン)


といった、アライメントに、変化するのであります。




まとめますと、

       純正状態      変化量        装着後
キャンバー  -0°50′    →   -1°30′    →   -2°20′ 
トーイン   IN 0°40′  →  0°10′ レス  →  IN 0°30′


といったアライメント変化になります。




注意②

トーションビームには、製造上の公差がありますので、純正状態でのアライメントは、すべての車両で同一ではありません。よって、装着後のアライメント値は、上記と同じになるとは限りませんので、必ず装着後はアライメントを測定し確認を行って下さい。




そして、そして、キャンバーシム装着のもうひとつのメリット、それは、リアキャンバーがネガティブ方向になることで、タイヤの上端部がフェンダー内に収まりやすくなります。

タイヤ/ホイールの各部の位置関係は、下記のとおりです。




※  上記の数値は、計算上の数値で、実測とは異なる場合があります
+表記 → タイヤが外に出る   
   -表記 → タイヤが内側に入る  という意味合いです。







そして、このキャンバーシム/トーレスシムを活用して、
セットアップを行う場合は、以下、田中ミノルが、頑張って書き綴った
解説をぜひ、参考にしていただければ、ありがたいです!







トーインに関して




キャンバーに関して







いや~、マニアックです・・・・・(笑)




そして、プライスは・・・・・!





商品名 : キャンバーシム 並盛
価格 : 35,000円(税込)








商品名 : キャンバーシム 大盛り
価格 : 36,000円(税込)







商品名 : トーレスシム
価格 : 28,000円(税込)








商品名 : トーレスシム(ボルト/ワッシャ レス)
価格 : 20,000円(税込)







以上となります。
ちなみに、トーレスシムのボルト/ワッシャレスは、
キャンバーシムと一緒に装着いただく場合に、
チョイスしていただくアイテムとなり、単独の使用はできません。







ということで!

在庫もすでにございますので、
みなさんのご注文、お待ちしております!!















以上、TM-SQUARE キャンバーシム(ZC33S) 
リリース開始のお知らせでした!!




(WEBサイトは、現在、作成中ですので、少々お待ち下さいね!)









本ブログにてご紹介した製品等のお問い合わせは、こちらのフォームから!!
(お送りいただいた内容は、本ブログには掲載されません)

※送信後、3営業日以内に返信が無い場合、メールアドレスの入力誤りや、送信エラー等の可能性があります。その場合は、恐れ入りますが mail@tm-square.com までご連絡をお願い致します。






サスペンション
ZC33S キャンバーシム 入荷!

2019年03月25日(月)






先日、茅ヶ崎のおじさんが、
キャンバーシムの納品に、やってきました!!















あざーす!




今回、ZC33S用として、
バリエーションしたキャンバーシムは、
並盛(コードネーム 1530) & 
大盛り (コードネーム 2540) の 2アイテム!!




それに、トーレスシム( コードネーム 0020 )を 
1アイテム 作りましたので、合計で、3アイテムでございます!!
















現在、レーザー刻印に出ておりますので、
それが仕上がれば、いよいよ、リリースでございます!




でもって、各シムの詳細は・・・・、
今度、ガッツリ行いたいと思います!!

ちなみにですが、ZC33S は、
車高による トー変化がかなり大きく、少々、複雑になりますが、

みなさんに、バッチリと、ご理解いただけるように、
現在、説明文を作っておりますので、今しばらくお待ち下さいね!!







スイフトを気持ち良く走らせるのに、
いまや、必要不可欠といっても過言ではない
リアキャンバーシムの存在。







一日も早く、リリースできるように、頑張ります!!!






本ブログにてご紹介した製品等のお問い合わせは、こちらのフォームから!!
(お送りいただいた内容は、本ブログには掲載されません)

※送信後、3営業日以内に返信が無い場合、メールアドレスの入力誤りや、送信エラー等の可能性があります。その場合は、恐れ入りますが mail@tm-square.com までご連絡をお願い致します。





サスペンション
「匠工房」 大盛況! でございます!! ③

2019年03月21日(木)






いやはや、本当に、大勢のみなさんに、
ご利用いただいております、南町田ベースの「匠工房」。




阿部ちゃんにも、開幕前のテストラッシュ
(特に、スーパーGT)の中、頑張ってもらっています。




では、本日は、第3弾をお届けしましょう!







まずは、都内からお越しいただいた 
ZC32S オーナー様には・・・・、








TMフライホイール と TM ECU を装着!
















ちなみに、同時作業にて、
レリーズベアリングを純正新品に交換したのですが、
阿部ちゃんの作業では、そのレリーズベアリングの シリンダー に、
前もって、フルードを流し込んでいました。












なんだか、愛を感じるなぁ~!







そして、お次は!




TM-SQUARE ダンパーキット(SPEC1)の装着のため
ZC32S オーナー様に、茨城からお越しいただきました!




社内にある部品をかき集めて、
最終便として製造した 5セット の SPEC1 ダンパー!
今回は、その中の 1セット でございます。
















また、今回は、
TM ピロアッパー  & TM キャンバーシム も同時装着!












そして、装着後は、阿部先生の合わせ込みタイム!!













で、調整はどんどん進み・・・・・、
(今回は、阿部ノートをちょっとだけリーク!!)
















でもって、最終的には、このようになりました!!



















装着後、試乗しましが、「やっぱ、TMダンパーですよね~!」
それ以外の言葉が見当たらないぐらい、
田中ミノル テイスト全開 の乗り味でございました!!




あっ! 動画も撮影しましたので、どーぞ!!







https://youtu.be/LbfWgYOlf3E








茨城からお越しいただいた ZC32S オーナー様
ご来店、ありがとうございました!!







それから!
ZC32S オーナー様 が、八王子からご来店!!








TM エキマニ & TM ECU を装着いただきました!








なんだか、幻想的な写真となりました!!!











また、都内から、ZC31Sオーナー様 が、
TM ECU の導入に、ご来店!!















そして、そして、今回、最後にご紹介するのは・・・、

都内からご来店いただいた、ZC32S オーナー様が、
CAEウルトラシフターを投入いただきました!
















しかし、まぁ~、シフターもイケていますが、
フロントバンパーも、アルミホイールも、カッコイイですね!(笑)















とまぁ~、以上、大盛況の「匠工房」の様子を 
田中特班員 が、お伝えいたしました!!




「匠工房」をご利用いただきました みなさん!
本当に、ありがとうございました!!

サスペンション
ZC33S キャンバーシム 開発中! 

2018年02月13日(火)

 

 

佐藤さんが、毎日、計測ばかりやっていると聞き、

開発スペースを覗いてみると・・・、

 

 

 

 

なにやら、こんな開発品が!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや~、もう形状も決まり、

量産品の試作も出来上がってるんですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゅーことは、あとは、キャンバーの角度と、トーインの角度を

どれぐらいにセットすればよいのか・・・・・・・・、

テストで数値を決定すれば、リリースではありませんか!

 

 

 

 

 

(そうです! キャンバーの角度と、トーインの角度、2つの角度を変化させて、

不安定にならない範囲の中で、ガッツリ曲がるセットアップになるのが、

TM-SQUARE のキャンバーシムなのであります!!)

 

 

 

 

 

 

ということで、ZC33S  オーナーのみなさん

乞うご期待でございます!!

 

サスペンション
TM 6号車(ZC33S) に、キャンバーシム装着!

2017年12月04日(月)


 

 

 

 

 

いや~、佐藤さん・・・・・・、

なんで、こんなに、試作が早いの・・・・・・??(笑)

 

 

 

 

 

ということで、今度は、キャンバーシム です!

 

 

 





 

 

 

 

もしかすると、

佐藤さんが、2人・・・・、

いや、3人いるのかも知れない・・・・・・・(笑)

 

サスペンション
2017-01-26 匠工房  あのお方が、浜松から、ご来店!

2017年02月07日(火)

p1-117
















先日、あのお方が!







e4b55d4d4e2



afe122a96f3









スイフトマイスターの賞金ボードともに、

南町田ベースに登場!!!









で、コレをこうして・・・・・・、









9060c3b38e4


871edf079e5










こうなりました・・・・・。










c4aaed36516














で、試乗してみたところ、

装着前は、かなり、トーインが強かったらしいのですが、

装着後は、すご~く、よく言うことをきいてくれる 足回りになっておりました。ハイ。












ちなみに、「匠工房」では、リアトーを計測してから、

どのシムにするのか、チョイスいただくことも可能となりますので、

みなさん! どうぞよろしくお願いします!!









「匠工房」の空きスケジュールは、 こちら から!











ということで! D540さん!! 

「匠工房」のご利用、ありがとうございました!!!













サスペンション
2016-11-24 匠工房 トーションビーム & キャンバーシム!

2016年12月14日(水)


p1-19















先日の大雪の中、神奈川県から、

ZC32S オーナー様に、匠工房 に、お越しいただきました!










579626738f2











しかし、11月に、この雪とは・・・・・・、

初めての体験でございます。ハイ。














でもって、作業は・・・・!



トーションビーム(32φスタビ) に、

キャンバーシム(大盛り & トーイン 0°40’レス 仕様)


を Set いただきました!!










39966b1c663











しかし・・・・、作業を終了しても、

まだ、ナンバープレートには、雪が・・・・・・・。









df16a62ffd4















いや~、大変な天候の中、

ご来店ありがとうございました!!









(阿部ちゃんも、寒い中、ご苦労様でした!)

サスペンション
TM-SQUARE ZC32S リアキャンバーシム 正式リリースです!! ④

2016年09月30日(金)


 

 

さぁ~、今回は、キャンバーシム解説の最終回!



930-11

 



ということで、ドラテクを交えた話を少々・・・・・。



まず、リアトーイン と、

アンダー/オーバーのバランスに関して、おさらいすると・・・・・・、




① リアトーイン値 が大きい  →  アンダーステア バランス が強い

② リアトーイン値 が小さい  →  アンダーステア バランス が弱い

③ リアトーアウト       →  オーバーステア バランス になる可能性がある



となります。






そして、このアンダー/オーバーとは、

コーナーのかなり前半部分のバランスとなります。




たとえば・・・・、

3速から、2速にシフトダウンを行って、

ヘアピンコーナーに進入するならば・・・・、


ステアリングを切り始めた瞬間から、

クリッピングポイントの手前あたりまでのバランスが、

このトーイン値の変更で、変化します。



リアトーイン値が、バッチリと、セットアップされていると、

ステアリングの切り始めから、クリップの直前までの区間にて、

リアがクルッと回り込んでくれるけど、

オーバーステアにはならないという、

絶妙なバランスになるのであります。ハイ。


(もちろん、アンダーステアが抑制されますので、

ステアリングを切る量も少なくなります)






ただ、アンダーステアを大きく抑制しようと、

あまり大幅にリアトーインを少なくすると、

ステアリングを切った瞬間に、急にリアが軽くなり、

唐突なオーバーステアとなる

とっても、危険なセットアップになりますので、

リアトーイン変更後は、必ず安全が確保できる場所にて、

バランスの変化を事前に確認してくださいね。









また、リアキャンバーに関しては、






① リアキャンバー値が大きい 

→ コーナリング中、リアのグリップが高い

→  アンダーステア バランス になりやすい



② ネガティブキャンバー値が小さい 

→ コーナリング中、リアのグリップが低い

→  オーバーステア バランス になりやすい





となりますので、

こちらも、車両のバランス、使用用途、使用タイヤ、

そして、ドライバーのニーズに合わせて、

リアキャンバーをセットアップする必要があります。






また、リアキャンバーが、

アンダーステア/オーバーステア に関与するのは、

3速から、2速にシフトダウンを行って、ヘアピンコーナーに進入する場合、

ステアリングを切り始めた瞬間から、クリッピングポイントの先まで

(場合によっては出口近くまで)

と、かなり広範囲にて、キャンバー値によりクルマのバランスが変化します。


(特に、ステアリングを切った瞬間と、

クリップ付近の最大Gがかかる部分では、キャンバー効果は大きいです)










そして、そして、TM-SQUARE のキャンバーシムは、




トーインがレスになる部分で、アンダーステアを抑制し

キャンバーがネガになる部分で、オーバーステアを抑制するという

2つの違う方向(テイスト)を同時に変更するパーツとなりますので、

バランスがとっても重要です。





ですから・・・・、

現状のアライメントを確認し、どのシムを装着すると、

どんなアライメントになるかをシッカリ想定してチョイスすること。


また、現状のバランスから、どれぐらい変化させたいのかを

シッカリ考えてチョイスすることが、何よりも重要なのであります。









ちなみに、誤解を恐れずに、

なんとな~くのシムチョイスのパターンをご紹介すると・・・・、








現行のアライメント   Fキャンバー  1°00’ネガ  

Rキャンバー     1°00’ネガ 

Rトーイン       IN 0°50’

車両バランス     アンダーステア(中)

ステージ       ストリート



チョイス  →   並盛  & トーイン 0°40’レス 仕様 









現行のアライメント   Fキャンバー  3°00’ネガ  

Rキャンバー      1°00’ネガ 

Rトーイン        IN  1°00’

車両バランス     アンダーステア(大)

ステージ       ミニサーキット



チョイス  →   並盛  & トーイン 1°00’レス 仕様 

(アンダーステアの量によっては、並盛 & トーイン 0°40’レス仕様)







現行のアライメント   Fキャンバー  3°30’ネガ  

Rキャンバー     0°30’ネガ 

Rトーイン      IN  1°00’

車両バランス     アンダーステア(小)

ステージ      ストリート/ミニサーキット



チョイス  →   大盛り & トーイン 0°40’レス 仕様 








現行のアライメント   Fキャンバー  4°30’ネガ  

Rキャンバー     1°00’ネガ 

Rトーイン      IN  1°00’

車両バランス      アンダーステア(中)

ステージ      国際レーシングコース



チョイス  →   大盛り & トーイン 1°00’レス 仕様 

(アンダーステアの量によっては、大盛り & トーイン 0°40’レス仕様)








といった感じとなります。








もし、キャンバーシムのチョイスで迷った場合は、



TEL   04-2788-7878 

メール mail@tm-square.com




まで、ご相談くださいね!

(メールの場合、使用タイヤ/サイズ、フロントのキャンバー値、

現在のバランス、使用用途等も、教えてくださいね!!)











ご注意①

アンダー/オーバーのバランスは、サスペンションセット、

タイヤチョイスを含めトータルで考えるもので、

リアトーイン/リアキャンバーだけで、バランスを取る

ものではありません。

 

リアキャンバーは、バランスを取るためのひとつの要素(要因)

であることを十分にご理解いただいた上で、キャンバーシムを

ご使用下さい。また、必ず装着前のキャンバー値を計測し、

装着後のキャンバー値を確認してからご装着下さい。






ご注意②

上記の解説は、弊社デモカーによる走行DATAを元に、

開発ドライバーである田中ミノルの私的な意見として掲載しており、

車両のバランス、安全性を保障するものではございません。

 

キャンバーシム装着後は、安全が確保できる場所にて、

バランスの変化を必ず事前に確認し、もし、オーバーステアバランス

をはじめ、少しでもバランスが不安定な状況であれば、

使用を中止してください。


また、キャンバーシムの装着にて、バランスが変化したことにより

発生したトラブル等に関しましては、田中ミノル および

㈱ミノルインターナショナルは、一切責任を負いませんので、

すべて自己判断にて、チョイスを行ってください。











以上、とっても長くなってしまいましたが、

TM-SQUARE ZC32S リアキャンバーシム の解説でした!!

 

 

 

サスペンション
TM-SQUARE ZC32S リアキャンバーシム 正式リリースです!! ③

2016年09月29日(木)


 

さぁ~、今回は、リアキャンバー の解説です。

929-11


キャンバーに関しては、かなりメジャーなので、

みなさんも、よくご存知だと思いますが、

こちらも、アライメント(タイヤがセットされる角度)の一種となります。


クルマの前方、または後方からタイヤを見ると、

垂直方向に微妙に角度が付いていますよね??



この角度をキャンバー角と呼び、



左右のタイヤが、カタカナの「ハの字」になっている 状態

→ ネガティブキャンバー

 


左右のタイヤが、カタカナの「ソの字」になっている 状態

→ ポジティブキャンバー


となります。







では、そもそも、キャンバーは、なぜ必要なのでしょう?

田中は、キャンバーの必要性には、2つ要因があると考えています。







まず一つ目は、十分なネガティブキャンバーが設定されていないと、

コーナリング中、タイヤが変形する(ヨレる)ことで、

タイヤの接地面が小さくなり本来のグリップを発揮できません。



もし、サーキット等、激しいスピードでコーナリングすると、

タイヤの外側のみ磨耗が進み、外側ショルダー部分が少し

削れるようであれば、やはり、キャンバーが不足している

症状となります。


このような場合は、コーナリング中にタイヤが変形した状態でも、

十分な接地を確保するため、あらかじめネガティブキャンバーを付けて、

対応する必要があります。









そして、二つ目は、クルマがロールすることで、キャンバーが必要になります。

下の図をご覧下さい。



(より解かりやすくするために、ダブルウィッシュボーン式サスペンションにて

解説を行っていますが、トーションビーム式サスペンションでも同じ内容となります)
















直進時、「横G」は、発生しませんので、ボディは傾きません。

よって、左右のキャンバーは、設定された角度どおりとなります。






しかし、コーナリング中、「横G」が発生すると、ボディは傾きます。

(下図は、右コーナー走行中の車両を、後方から見ているイメージ図となります)









外輪                                      内輪







すると、コーナーに対して、外側のタイヤ(左タイヤ)は、

キャンバーが大きくポジティブ方向に変化し、内側のタイヤ(右タイヤ)は、

キャンバーが大きくネガティブ方向に変化します。




このなると、グリップの要となる外側タイヤ(左タイヤ)は、

接地面が減ることから、本来のグリップを発揮できません。

よって、コーナリング中に、外側タイヤを的確にグリップさせるために、

キャンバーが必要になるのです。




なお、このボディの傾き(ロール)は、スプリングレートが低いほど

大きくなりますので、高レートスプリングより、低レートスプリングの方が、

より大きなネガティブキャンバーが必要となります。





そして、セットアップ的に、リアキャンバー値の基本となる考え方は、




① リアキャンバー値が大きい 

→ コーナリング中、リアのグリップが高い

→  アンダーステア バランス になりやすい



② ネガティブキャンバー値が小さい 

→ コーナリング中、リアのグリップが低い

→  オーバーステア バランス になりやすい




となります。


※ ある一定のキャンバー値までは、上記のバランスとなりますが、

あまりにも、キャンバー値が大きいと、リアのグリップが低くなることがあります。










なお、アンダー & オーバーステア バランス の

メリット/デメリットは、以下のとおりです。





アンダーステア バランス の場合


メリット   →  クルマが安定していること

デメリット  →  クルマが曲がりにくいこと




オーバーステア バランス の場合


メリット   →  クルマが曲がりやすいこと

デメリット  →  クルマが不安定なこと







以上のように、リアキャンバーによって、リアのグリップレベルが変化することから、

アンダーステア ⇔ オーバーステア と、クルマのバランスを変化させることが

可能となります。




なお、リアキャンバー値のセットアップには、

フロントのグリップレベルが大きく関与します。


フロントのグリップレベルが高く、オーバーステア バランスの車両では、

リアキャンバー値は、ネガティブ方向が強くなり、

フロントのグリップレベルが低く、アンダーステア バランスの車両では、

リアキャンバー値は、ネガティブ方向が弱くなります。




それに、サーキットレイアウトによっても、リアキャンバー値のニーズは変化します。


高速コーナーが多く、クルマの安定感を向上させたい場合は、

ネガティブ方向が強くなり、


タイトコーナーが多く、クルマが曲がることを優先する場合には、

ネガティブ方向が弱くなります。




要するに、適正なリアキャンバー値は、



現行のブリップバランス

フロントタイヤのグリップ力

サーキットレイアウト




をトータルで考えて、

バランスを取りながら合わせ込む必要があるのです。






いや~、少々複雑な話しになりましたが、

ご理解いただけましたでしょうか??







また、一番大切なことは、

トーインもキャンバーも、現在の数値をしっかり計測し、

どのキャンバーシムを装着すれば、どういったアライメント値になるのかを

事前に、シッカリと想定してから装着することが、何よりも大切なのであります。











ご注意①


アンダー/オーバーのバランスは、サスペンションセット、

タイヤチョイスを含めトータルで考えるもので、

リアキャンバーだけで、バランスを取るものではありません。


リアキャンバーは、バランスを取るためのひとつの要素(要因)であることを

十分にご理解いただいた上で、キャンバーシムをご使用下さい。

また、必ず装着前のトーイン/キャンバー値を計測し、

装着後のトーイン/キャンバー値を確認してからご装着下さい。






ご注意②


上記の解説は、弊社デモカーによる走行DATAを元に、

開発ドライバーである田中ミノルの私的な意見として掲載しており、

車両のバランス、安全性を保障するものではございませんので、

すべて自己判断にて、チョイスを行ってください。











では、次回(最終回)は、ドラテクを含めた

キャンバーシムの詳細をお届けしたいと思います!!

 

 

 

 

サスペンション
TM-SQUARE ZC32S リアキャンバーシム 正式リリースです!! ②

2016年09月28日(水)

 

 

TM-SQUARE  リアキャンバーシム のアウトラインは、

前回のブログにて、なんとなく、理解いただけたと、

勝手に思っておりますが・・・・・・・・、

 

 



928-1

 

 

 

ちょっと時間が経てしまいましたので、

おさらいされる方は、先日のブログ を!












でもって、今回は・・・・・・・・・・・、





「じゃ~、リアの トーイン や キャンバー が変化したら、

どんなセットアップになるのよ!」





といった部分をガッツリと解説したいと思います。











では、リアのトーインからはじめたいと思います。








まず、トーイン & トーアウト というのは、

アライメント(タイヤがセットされる角度)

の一種で、左右のタイヤを真上から見たとき、



前方が狭まっている 状態 → トーイン

トー(つま先)が、イン側を向いている 「内股状態」



前方が広がっている 状態 → トーアウト

トー(つま先)が、アウト側を向いている 「ガニ股状態」


となります。






また、この トーイン値 は、角度の表記となり、

1°00’(1度00分) =  0°60’(0度60分)の60進法 が採用され、

トータルトー と呼ばれる 左右のトーを合算した数値で表記されます。





たとえば、 


右(単体)  IN 0°40’(イン 40分)

左(単体)  IN 0°40’(イン 40分) の場合、

左右を合算して、トータルトー

IN 1°20’(イン 1度20分)と、表記されます。





そして、リアトーインは、セットアップ (アンダー/オーバーのバランスを取る)

といった観点では、とっても重要なファクターとなります。


通常、リアトーインは、IN 0°00’(イン 0度0分)から、

IN 1°30’(イン 1度30分) あたりにセットされており、

少しのトーイン値の変更にてクルマのバランスは、大きく変化します。





リアトーインセットの基本となる考え方は、


① リアトーイン値 が大きい  →  アンダーステア バランス が強い

② リアトーイン値 が小さい  →  アンダーステア バランス が弱い

③ リアトーアウト       →  オーバーステア バランス になる可能性がある



となります。




たとえば、とあるクルマのトーイン値を計測したら、

IN 1°00’  だったとしましょう。



そして、このクルマは、バランス的に、

かなり、アンダーステアが強い状態なら、

IN 1°00’  →  IN 0°20’ 


と、トーイン値を小さくすると、アンダーステアは、改善する方向となります。



もちろん、どれだけトーイン値を少なく設定できるかは、

使用タイヤ/セットアップ等、車両のバランスによって変化します。



また、車両のアンダーステア バランスがさほど強くない状況にて、

IN 0°30’  →  OUT 0°30’ 


といったように、大きくトーイン値を変化させてしまうと、

行き過ぎてオーバーステア バランスになることもあります。





要するに、装着前のアンダーステア バランスの強さで、

トーイン値をどれぐらい少なくできるかが決まってきますので、

付き過ぎているトーインを オーバーステア バランスに

ならない領域まで取る(適正な範囲の中で減少させる)

というのが、トーイン値のセットアップポイントとなります。







「じゃ~、どれぐらいのトーイン値に合わせればイイのよ?」

といった声が、聞こえてきそうですが・・・・・・、






このトーイン値は、


サスペンションのセットアップ状況

使用しているタイヤ銘柄&タイヤサイズ

コーナーウエイト(車重の前後バランス)

車両本体の個体差


等々によって、変化しますので、やはり・・・・・、






「必要以上に付き過ぎているトーインを

オーバーステア バランスにならない領域まで取る」



といった、セットアップが必要になると思います。

特に、トーアウトになる場合は、

オーバーステアバランスになる可能性がありますので

十分ご注意くださいね。












ご注意①


アンダー/オーバーのバランスは、サスペンションセット、

タイヤチョイスを含めトータルで考えるもので、

リアトーインだけで、バランスを取るものではありません。


リアキャンバーは、バランスを取るためのひとつの要素(要因)であることを

十分にご理解いただいた上で、キャンバーシムをご使用下さい。

また、必ず装着前のトーイン/キャンバー値を計測し、

装着後のトーイン/キャンバー値を確認してからご装着下さい。







ご注意②


上記の解説は、弊社デモカーによる走行DATAを元に、

開発ドライバーである田中ミノルの私的な意見として掲載しており、

車両のバランス、安全性を保障するものではございませんので、

すべて自己判断にて、チョイスを行ってください。










ということで!

次回は、リアキャンバーに関して、解説を行いたいと思います!!

 

 

 

928-2