ラティオスと、共に生きる!!

2017年11月05日(日)

 

 

じつはね・・・・・、

田中には大きな心配事がありました。

 

 

 

今年の夏に、何気なく、

田中の親愛なる相棒、ラティオス(ボーダーコリー ♂ 7歳)

のお腹を触っていると、米粒大の 「しこり」 を 発見したんです。

 

 

 

はじめは、「なんだこれ?」 というぐらいの感じで、

もし、大きくなったら、近くの動物病院に見てもらおう・・・、

と、経過観察しておりました。

 

 

でも、その部分を毎日、確認していると、

なんだか、大きくなっているようにも感じるし、

(気のせいのようにも感じましたが・・・・・・・・)

違う箇所にも、「しこり」 のようなものが、

できているようにも思いましたので、

 

9月に、近くの動物病院で、診ていただくことにしました。

で、先生に詳細をお話したところ、

「針で突いて、細胞を確認してみましょう」 ということになりました。

 

ワンちゃんによっては、暴れる子もいるらしいのですが、

性格的に、「ボォ~ッ」 としているラティオスは、

麻酔もないまま、細胞摂取に成功!

 

なにやら、「ピクリ」ともしなかったらしいです・・・。

(さすが・・・・・・、大物・・・・・・・・笑)

 

 

 

で、検査の結果は、

 

2箇所ある 「しこり」 = 腫瘍 の 

まず、一箇所の腫瘍は、

「脂肪腫」と呼ばれる良性の腫瘍でした。

なにやら、犬もオッチャンになると、「脂肪腫」が、できやすい らしいです。

 

しかし、もう一箇所の腫瘍は、どうやら、「脂肪腫」ではなく、

「悪性か、良性か判断が付かない」 という内容で、

今後、経過観察して、もし、 この腫瘍 が、大きくなるようなら、

腫瘍摘出の 手術をしましょう と、先生から説明を受けました。

 

 

で、考えること、1週間・・・・・・・。

 

 

なんだか、手術の先輩? 田中としては、

もし、ラティオスの腫瘍が悪性で、経過観察中に、大きくなって、

後で後悔するならばと思い、動物病院の先生にお願いして、紹介状を書いていただき、

ラティオスを大学病院(日本大学生物資源科学部動物病院)に、連れて行くことにしました。

 

 

 

 

 

 

でもって、S先生と、T先生 に、状況を説明し、

またまた、針で腫瘍を突いて、組織を検査いただきましたが・・・・・、

やはり、「悪性か、良性か判断が付かない」 という回答でした。

 

 

 

でも、S先生から、

「今までの経験から、悪性のような気がする」 というコメントもありましたので、

先生の直感を信じて、手術してもらうことに決めました。

 

 

 

手術日は、診察していただいた 10日後 だったのですが、

この10日間は、マジにキツかったですね・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

じつは、毎日・・・・・、

 

 

「悪性だったら、どうしよう・・・・・・」

 

「麻酔からさめなかったらどうしよう・・・・・・」

 

「手術をしなければ、あと、2~3年は生きたのに、

手術をしたことで、この期間が短くなったら・・・・・」

 

といった不安で、毎日、泣いていました・・・・・・・・。

 

 

 

 

でも同時に、いかに、ラティオスが田中のかけがえのない相棒で、

とっても重要な存在かを再認識することができました。

 

まぁ~、4年前、田中が手術して、

その後の厳しい生活も、ラティオスがいなければ、

乗り越えてこれなかったように思いますから・・・・・。

 

 

 

 

 

でもって、入院当日、大学病院に連れて行き、

いつものように、お利口なラティオスを見ているだけで、

また、涙・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

いや~、犬バカと呼ばれようが、なんと呼ばれようが、かまいません。

 

ただただ、ラティオスが元気に、

5日後に退院してくることだけを祈っていました。

 

 

 

 

そして、入院した翌日。

手術が終了し、先生から、

「腫瘍を3箇所摘出し、手術は無事、成功しましたよ」

と、連絡いただきました。

(入院前に新たな腫瘍が確認されましたので、合計3箇所でした)

 

 

 

「ホッ」 と、胸のつかえが取れて、

先生からの面会許可も出ましたので、すぐに病院に駆けつけ、

術後、約2時間後のラティオスと再開・・・。

 

 

 

でも・・・・・・・、

田中が見た光景は、少々ショッキングで、

そこには、驚くほど衰弱したラティオスが・・・・・・・。

 

 

 

舌をダラリと出し、焦点の合わない目で、

田中が頭をなでると、一瞬、天井を見上げましたが、

その後は、田中の存在すらわからない感じで・・・・・・、

おまけに、傷口は、田中の想像より、かなり大きく・・・・・・・。

 

 

も~、涙ボロボロで、

 

 

「よく頑張ったな」

「よく頑張った」

「頑張った」・・・・・、

って、何度も何度も、頭をなでてやりました。

 

 

 

 

そして、その後、先生から状況の説明を受けました。

 

 

今回摘出した腫瘍は、

右腹部と、右腹筋内と、左腹部 の合計3箇所。

 

 

詳しいことは、病理検査後になるが、

その中の2箇所は、脂肪腫と思われるので、まず大丈夫。

 

ただ・・・、腹筋の中にできていたのは、悪性である可能性が極めて高い、

「というか、悪性だと思います」 と説明いただきました。

また、悪性と思われる部分は、可能な限り、大きくまわりを切り取ったので、

「病理の結果 (悪性度と、広がり) をみて、今後の治療方法が決まります」

と、解説いただきました。

 

 

 

 

「正直、ショック でした・・・」

 

 

 

 

お腹の傷の大きさ、

衰弱し、モウロウとしている ラティオス・・・・

そして、一番心配していた 悪性腫瘍だったこと・・・

 

 

病院から、どうやって帰ったか、覚えていないぐらい

田中自身、混乱していました・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

そして、ラティオスが退院するまでの4日間・・・・・。

転移があった場合の治療法

抗がん剤の種類や副作用のこと

術後の生活環境

今回の手術で取りきれなかった場合のラティオスの余命 等々、

 

 

 

いろんなことを調べ、考えました。

 

 

 

しかし、いくら 調べて、考えても、

すべては、ネガティブな方向にしか行きません・・・・・。

 

 

 

 

でも、そんな中、ふと思いました。

 

ラティオスは、どう思っているのだろう?

今回の手術のことを どう考えているのだろう??  と。

 

 

 

 

もちろん、ラティオスには、

腫瘍ができたことへの自覚症状なんてありません。

 

 

手術の前も、いつもと同じように、元気に散歩へ行き、

モリモリと食事をし、グースカ と爆睡してました。

 

 

ところが、病院に連れて行かれ、

田中と一緒に帰ることができず、

いきなり、麻酔で意識がモウロウとなり、

その後、痛い目をして、

それでも、数日、檻の中に入れられたまま・・・・・。

 

 

きっと、自分は捨てられた・・・・・とか、

このまま、殺される・・・・とか、

 

 

考えているんじゃないかと、思いました。

(後で、先生に聞いた話ですが、ラティオスは、普段、下痢なんて

まったくしないのに、入院してから、ずっと、下痢だったらしいです・・・・・・)

 

もしかすると、犬にとって手術って、

ある面、「虐待」 なのかもしれないとも、思いました。

 

だって、信頼していた飼い主から、見捨てられ (見捨てられたように思う)

痛い目に合うのですから、犬にとっては、辛いことだらけです。

 

 

 

だから、ラティオスが帰ってきたら、

田中はクヨクヨと、病気のこと心配するのではなく、

(きっと、田中の心中を、ラティオスは察知しますからね・・・・)

 

ラティオスと出会えたことを神様に感謝して、

 

これから、ラティオスと一緒にいれる時間を、

もっともっと大切にしようと決めました。

 

だって、田中にとって、親愛なる相棒なんですから!

 

 

 

 

 

で、5日ぶりにラティオスは、退院!!

 

 

 

ちなみに、帰りのクルマでは、グッタリ・・・・・・・。

 

 

 

 

 

そして、自宅に到着しても、グッタリ・・・・・・。

 

 

(けっこう、ガッツリでしょ・・・・・)

 

 

 

 

で、一部の愛犬家のブログ等に書いてあったように、

退院当初は、少々、性格も変わり・・・・・、

 

 

 

いや~、あんなに、優しくて、愛嬌のある ラティオスが、

何かに怯えているようで、まったく、笑わない・・・・・・・。

 

おまけに、あんなに強かった 信頼関係さえも、

退院当初は感じなかったです・・・・・。

 

ラティオス やっぱり、怒っているのね・・・・・・・・・・・・・。

 

(ちなみに、ブルーの洋服は、抜糸までの間、着用していた、術後服です)

 

 

 

 

 

でも、日に日に、顔に表情が戻ってきて、

信頼関係も少しずつ回復してきて、時々、会社にも出勤!

 

 

 

だって、誰かが見張ってないと、

自分で、抜糸しちゃいますからね~(笑)

 

 

 

 

また、退院から10日後、抜糸のタイミングに、病理検査の結果が出て、

 

悪性腫瘍の悪性度は、低 (3段階で一番低い!)

腫瘍はギリギリで、全部摘出できました!

 

と報告を受けました!!

 

 

 

(ラティオス! ホント良かったね!!)

ですから、今後、抗がん剤治療や、放射線治療は無し!

再発していないかを定期的にチェックする という対処方法となりました!!

 

 

 

S先生、T先生 本当に感謝いたします!!!

4年前、田中が手術したときも感じましたが、

やっぱ、日本の医学は本当に素晴らしいですよね!!

 

 

 

ということで、今では、すっかり元気になった、ラティオスなのであります!

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだ!

そう言えば、退院した翌日に、事件がありました。

 

 

 

まだ、傷口が痛むのか、まったく元気がない ラティオスでしたが、

食欲だけは旺盛で、その日も、夕食をいっぱい食べて、

グーグー寝ておりました。

 

 

で、夜の10時ぐらいになると、なんだか、様子がおかしい・・・・・・・・。

 

 

明らかに、息が大きく、早くて、苦しそうでした。

その後も、この症状は、どんどんひどくなり、大学病院に連絡・・・・。

 

 

すると、手術を担当いただいた、T先生から折り返しお電話をいただき、

「舌は紫色ではありませんか?」  とか、

「何か動くものがあれば、目で追いますか?」  とか、

 

確認して、もし、状況が悪くなる場合の対処方法/対応方法を

教えていただき、電話を切りました。

 

 

しかし、その後も、ラティオスの息は、どんどん激しくなり、

それをずっと、見守っていた田中は、ラティオスの死を覚悟しました・・・。

 

 

 

 

 

そのときです・・・・、

 

 

 

 

 

「ポコン!」  と 

大きな音がして、ラティオスの息は、通常に戻りました。

 

 

 

なにやら、食後に、

おやつとしてもらった 「パン」 を喉につめていたようです・・・。

ラティオス・・・・・・・・・(笑)

翌日、病院に電話して、先生に謝り・・・・・、

事なきを得た ラティオスなのであります。

(いや~、お恥ずかしい・・・・・・・)

 

 

 

 

 

 

 

ということで!

二人とも (正確には、一人と一匹)、健康に気をつけて、

これからも、一緒に生きれる時間を大切に、楽しもうな!!

そして、これからも、よろしく!  相棒!!

 

 

 

 

夏はやっぱり、プール・・・と、焼き鳥!!  By ラティオス

2017年07月20日(木)

 



























なにやら、田中の休みの日が、



ラティオスには、わかっているような気がする、



今日この頃でございます。ハイ。











で、お休みの日の定番は、



まずは、プールで遊び・・・・・・・・・・、



























(そうです、買っちゃったんです!!)

























それから、一人と一匹で、



自宅の近くにある 焼き鳥を食べに行きます!!



















(ラティオス用は、塩抜きね!)

























いや~、幸せな時間だ・・・・・・・。

















ホント、ラティオスと出会えたこと、神様に感謝ですね!!





(あっ、浜松の神様じゃ、ないですよ!)







2014 開発テスト in FSW ショート!

2014年03月24日(月)

 













いや~、みなさん、

3連休 いかが、お過ごしだったでしょうか?







田中は、健康的に、

ラティオスと、山歩き に行ってました!


















でね・・・・・、

最初は、良かったんですよ・・・・・・・。





















ところが、歩き始めて、すぐに、やな予感・・・・・・。




















そう言えば・・・・・・、

都内では、すっかり雪も融けていますが、

ここには、まだ、たんまりと・・・・・・・・・・・・・。






と、とりあえず、ラティオス・・・・、

行ける所まで、行こう・・・・・・・・。





















でも、雪は、どんどん深くなり・・・・・・・・・、



















4駆の ラティオスには、まったく、かなわない・・・・・・・。















そして、いよいよ、

2駆 の田中では、進めない 傾斜となり・・・・、

途中リタイヤ・・・・・・、となりました・・・・・・・。












でもね・・・・、素晴らしいトラクションを発揮する 

ラティオス にも、激闘の跡が・・・・・・・・・・・・・・。



















で、あんた、いったい、何をたくさん付けてるの?? 

杉の葉 コレクター??? (笑)














ということで、

最後までは、登れませんでしたが、

一人と、一匹で、健康的に、楽しんできました!






























でもって!

本日は、FSWショート にて、

3ヶ月限定デモカー 初のサーキット走行であります!
























 内容は・・・・・・、















スプリングレートの合わせ とか・・・・・、



















ブレーキパッドの適合 とか・・・・・、











そして、現在開発中の 


BILLION OILS
  FR 用 ミッションオイル
 と、

(本日は、2種類の試作品を持ち込みました!)















BILLION OILS  FR 用 LSDオイル!!


(本日は、4種類の試作品を持ち込みました!)
















ストリートで、ガッツリ開発をかけて、

いよいよ、サーキットテストが、始まったのであります!

(ね、超マジメに、開発やってるでしょ!!)














ということで、86 の詳細 (セットアップの方向性等々) は、

テストレポートをまとめて、ガッツリと、86/BRZ オーナーのみなさんに、

リークしますので、乞うご期待でございますよ~!














86をサーキットで、はじめて走らせた

(ホントは、はじめて じゃないけど・・・・・・笑)

田中のインプレッションは、




「走っていて、まったく、恐怖を感じない FR」 
でしたね~。





本当に、上手に作られた クルマだと、あらためて感じました。
















さぁ~、明日は、大阪出張だ!

ラティー との夏休み!

2010年08月27日(金)

今日は、田中のプライベート、

愛犬 ラティーとの夏休みの話を。

 

 

すいません、犬馬鹿で・・・。

 

 

 

先週末、

ラティーのお父さんや、兄妹犬 と、

相模原の川に、遊びに行きました。

 

 

 

川に入ると、

ラティーは、かなりのハイテンション。

 

 

 

nakatsu-0871

nakatsu-0941

 

 

 

でも、浅瀬では、アクティブなものの、

深いところへ連れて行こうとすると・・・・・・、

 

 

 

nakatsu-1271

 

 

 

浅瀬に向かって、

どんどん、逃げていきます・・・・・。

 

 

 

こんなことでは、

いつまでたっても、泳げない・・・・・・。

 

 

だから、荒療法。

 

 

名付けて、「石の上、置き去り作戦」・・・・。

 

 

 

 

nakatsu-6251

 

 

 

 

「ラティー」 って、呼ぶと、

何度か、飛び込もうと思うけれど、

怖くて、怖くて・・・・・、

なかなか、水に入れない・・・・・・。

 

 

 

nakatsu-6371

 

 

 

仕方ないので

最後は、強制落下・・・。

 

 

 

 

 

 

そしたらね、

あんにゃろう ちゃんと泳いでました(驚)!

 

 

 

 

 

nakatsu-7211

 

nakatsu-6891

 

 

 

やれば、できんじゃ、「ラティー」 !

 

 

 

でも、その後、

ビビッた顔して、

田中に、しがみついて きましたが・・・・・。

 

 

 

 

 

nakatsu-709efbc88e38388efbc891 

 

 

 

やっぱ、情けない・・・・・。

 

 

 

(今週末の 「匠の日」 には、ラティーも出勤です!)

 

 

 

PS 今回の写真は、ラティーの兄妹犬のご父兄にいただきました。

  すっごい、上手な写真で、驚きです!

  ありがとうございました!!

ラティーの成長日記

2010年05月28日(金)

今日は、ラティー君の話です。

 

 

ラティーが、我が家に来て、

2週間と少し。

 

 

来たときは、ビックリするぐらい、

おとなしかったのですが・・・・・、

 

最近はイタズラが、どんどんハイレベル化し、

かなり手を焼いている、毎日です。

 

 

 

体重も、ありえないスピードで上昇し、

なんと、10kg オーバー!

 

 

 

p1200175

 

 

まだ、3ヶ月なのに、

かなり末恐ろしい・・・・・。

 

 

 

そんなラティーには、

お気に入りの 「イス」 があります。

 

 

 

p1190954

 

p1200211

 

 

 

上側は、人間様が座ると

わかっているようで、ラティーは、

ひたすら下側がお気に入り。

 

 

身体もかなり大きくなってきており、

このスペースでは、上手く座れないのに、

かなり、お気に入りの ご様子・・・。

 

 

でも、座っている途中に、

ズリズリ と・・・・・。

 

 

p1190966

 

 

 

アップで見ると・・・・・、

 

 

 

p1190964

 

ラティー、首が絞まってるって!!

 

 

 

 

 

 

あと、軍手の中に、ボールを入れた、

レトロ?な、おもちゃ(作者 田中ミノル)が、大好き。

 

 

 

p1200010

 

 

 

いつも、田中に取られないように、

守ってます・・・・・(笑)。

 

 

 

ときには、大好きな 「イス」 を

自分と、軍手ボール で、挟んだりして、

遊んでいるのです・・・。

 

 

p1200197

 

 

 

イタズラしないと、可愛いんですけどね~。

 

 

 

 

p1180637

犬の気持ち

2010年05月14日(金)

新しく、我が家のメンバーに加わった、

ラティー君。

 

 

私が、自宅に帰ると・・・・・、

 

ケージの中から、こういう目をして、

静かに見つめます。

 

 

 

p1180947

 

 

 

そのまま、無視していると・・・・・、

 

こんな感じになります。

 

 

 

p1180945

 

(肉球がピンクだ!)

 

 

 

でも、まだ、シカトを続けると・・・・・、

 

 

 

p1180946

 

 

 

そのうち、喰いちぎりそうな勢いです・・・。

 

 

 

それから、目つきも、だんだん変化してきます・・・・・。

 

 

 

p1180943

 

(フロントキャンバー かなり付いてます)

 

 

 

 

で、

仕方なく、外に出すと・・・・・、

 

 

 

 

p1180875

 

 

 

可愛いヤツに、戻ります。

 

 

 

次の休日が、待ち遠しいです。

 

 

今日も、犬バカ の田中でした!

新しい家族 ラティオス君 登場

2010年05月10日(月)

今日は、プライベートなネタです。

 

じつは、先週末から、

家族が、一匹、増えました。

 

 

 

p1180497_s

 

 

 

名前は、ラティオス。

ボーダーコリーという犬種の 男の子です。

 

 

茨城のブリーダーさんから、

譲っていただきました。

 

 

 

p1180332_s

 

 

 

帰りのクルマでは・・・・・、

かなり不安げな表情・・・・・。

 

 

p1180362_s

 

 

そら~、いままで2.5ヶ月の間、

お母さんや、兄弟犬たちと、

ワイワイやってたのに、

 

いきなり、ひとりっきり(一匹っきり?)で、

長時間クルマに乗せられたのですからね・・・・・。

 

 

で、走ること、約3時間・・・。

田中の自宅に到着。

 

 

そこに待っていたのは、

ラティー (ラティオスの通称ね)専用ルーム!

 

 

 

p1180397_s

 

 

 

約 1.5畳の物置を改造した、

ラティーの新居です!!

 

 

旅の疲れもないようで、

到着してすぐに、ガツガツ ご飯を食べてました。

 

 

p1180417_s

 

 

 

その後、母さんの匂いが

染み込んだ、毛布に包まれて・・・・・・、

 

 

 

p1180489_s

 

 

 

 

グースカ 寝てしまいました・・・・・。

 

 

 

p1180498_s

 

 

 

いや~、ホント、可愛いヤツですね~。

 

なかなか、自宅でゆっくり

時間を過ごすことができない田中ですが、

また、ラティーとの生活も、

レポートしたいと思います。ハイ。

 

 

p1180412_s