2017-07-19 匠工房 フライホイール/クラッチ & HYPERCO/ピロアッパー

2017年07月26日(水)

 












本日、ご紹介するのは、



まずは、都内からお越しいただいた、スイフト ZC32S オーナーさん!



















で、作業はと言いますと・・・・・、















TMフライホイール







TMクラッチカバー & TMクラッチディスク















いや~、あのピックアップの良さと、エンブレの強さ、



気に入っていただけたら、イイなぁ~!



(というか、だんだん・・・、TM色が・・・・・笑)







































そして、こちらも、都内から



スイフト ZC32S オーナーさん に、お越しいただきました!



(現在、3号車 貸し出し中!)























でもって、作業の方は・・・・、














フロント  HYPERCO  ID65-07-0350



リア    TMサーキットスプリング 410ポンド 













TMピロアッパー







ZONE ブレーキパッド





フロント  04M - TT



リア     88R













それから・・・・、













BILLION ブレーキフルード BR5






TM-SQUARE キャンバーシム 並盛 トーイン 0°40’レス











の作業も行いました!













いや~、足回り & ブレーキを中心に、



ガッツリと、仕様変更を ありがとうございました!

























以上、夏、真っ盛りの 匠工房から、



田中ミノルがお伝えいたしました!!



























 

エンジン
2017-06-28 匠工房 デュアルコア LSD & クラッチ & マウント & HYPERCO!!

2017年07月21日(金)

 





















少々、時間がたってしまいましたが、



先月末、都内から、ZC32S オーナー様に、 



匠工房へ、お越しいただき、



駆動系を中心に、たくさんの作業をご依頼いただきました!

































TM-SQUARE デュアルコア LSD + FF730























TM-SQUARE クラッチカバー & ディスク











































TM-SQUARE エンジンマウント(2点) と、シフトカラーの SET



























HYPERCO スプリング



 (フロント ID65-07-0350) & (リア HC65-06-0400) の組み合わせ



















いや~、ホント、ガッツリといった感じですよね~!

















デュアルコアLSD 独特の曲がり と、



その曲がりを支える HYPERCO スプリング。







そして、アクセルのコントロール性を向上させることで、



LSD のロックコントロールをより、カンタンにしてくれる 



エンジンマウント といった絶妙な組み合わせなんですよね~。

















ということで!



匠工房のご利用、誠にありがとうございました!!





HYPERCO
HYPERCO   ID65 5インチ 新発売です!

2014年09月24日(水)


このたび、HYPERCO スプリングに、

ID65 5インチ (127mm) レングス のスプリングが、新設定されました!

 

 

 

 

品番           レート        プライス       在庫状況

ポンド  kgf/mm  (2本/1セット)

 

HC65-05-0400    400    7.1     \28,000(+税)     在庫あり

HC65-05-0500    500    8.9     \28,000(+税)     12月下旬入荷予定

HC65-05-0600    600   10.7      \28,000(+税)     在庫あり

HC65-05-0700    700   12.5      \28,000(+税)     在庫あり

HC65-05-0800    800   14.3      \28,000(+税)     12月下旬入荷予定

HC65-05-0900    900   16.1      \28,000(+税)     在庫あり

 

 

 

WEB サイトは、こちらから!

 

 

 

 

で、なぜ、本国(アメリカ)でも、設定されていない

この、ID65 5インチ のスプリングを

田中は欲しかったかと、申しますと・・・・・・・、

 

 

 

① PERCH を装着するため 短めの スプリング が必要!


PERCH の厚みは、約 1インチありますので、ダンパーによっては、

現行スプリング + PERCH では、長さの問題にて、装着できない場合があります。

 

 

そんなとき、現行スプリングが、8インチなら → 7インチ、 7インチなら → 6インチ

と、いった感じで、1インチ短いスプリングの設定がある場合は、問題ないのですが、

もし、現行スプリングが、6インチ の場合・・・・・・・・、

どうしても、5インチスプリングが、必要になってしまいます。

 

 

 

そうです!

 

 

6インチ スプリング  →  5インチスプリング + PERCH  のため、

5インチ スプリング が、欲しかったのであります!!

 

 

 

PERCH の詳しい説明は、こちらを!

 

 

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

よくわかる! パーチェ の解説!!  ①

よくわかる! パーチェ の解説!!  ②

よくわかる! パーチェ の解説!!  ③

よくわかる! パーチェ の解説!!  最終回

 

 

 

 

② ヘルパー & テンダースプリング を使用するために!


全長調整式ではない、ネジ式車高調にて、車高の自由度を広げたり、

全長調整式車高調にて、リバウンドストロークを自由に設定するために、

最近、何かと使用頻度が高い、ヘルパー & テンダースプリング。

 

 

そして、PERCH と同様に、ダンパー長の問題で、メインスプリングを短くしないと、

装着ができない場合は、やはり、現行スプリングより、レングスの短いスプリングが、

必要となります。

 

 

 

6インチ スプリング  →  5インチ + ヘルパー & テンダー のパターン!

7インチ スプリング  →  5インチ + ヘルパー & テンダー のパターン! にて、

5インチ スプリング が、欲しかったのであります!!

(86/BRZ  のリアに、 ◎ ですよ~)

 

 

 

 

テンダースプリング の詳しい説明は、こちらを!

 

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

よくわかる! HYPERCO テンダースプリング の解説!! ①

よくわかる! HYPERCO テンダースプリング の解説!! ②

よくわかる! HYPERCO テンダースプリング の解説!! ③

よくわかる! HYPERCO テンダースプリング の解説!! 最終回

 

 

 

 

③ スプリング & ダンパー が、セパレート している車両に!


スイフトのリアをはじめ、スプリング & ダンパー が、セパレートしている

(ボディと、サスペンションの間に、スプリングだけが、挟まれているパターン)

場合、車高はスプリングの 長さ & 硬さ で決まります。

 

 

スプリング のレングスが長いと、車高は上がり、

また、ハイレートにすればするほど、車高は上がる方向となりますので、

ハイレートにて、車高を低くキープするためには、

短いレングス のスプリングが必要となります。

 

 

 

ですから、同じ車高を維持するなら・・・・・、

450ポンド 6インチ  →   600ポンド 5インチ  といったように、

ハイレートにするには、レングスを短くする必要があるのです。

 

 

 

ちなみに、スイフトの場合、

600ポンド以上のハイレートには、5インチスプリングが、◎ と、なります。

(TM ダンパーをはじめ、ダンパーレングスを短く設定できる仕様にのみ適合します)

 

 

 

いや~、超マニアックで、複雑な解説となりましたが、

ご理解いただけましたでしょうか?

 

少々、③ の意味合いが強く、

「また、自分が欲しいから、作ったでしょう・・・・・・・」 と言われれば、

100% 否定はできませんが、

PERCH 装着のためにも、

そして、ヘルパー & テンダースプリング 装着のためにも、

とっても、便利なレングスだと思いますので、

みなさん、どうぞ、よろしくお願いします!!

 

 

 

 

短めのレングスに、ハイレート

そして、PERCH や、ヘルパー & テンダースプリング の組み合わせ、

きっと、これからのトレンドになると、田中は思いますね~。

 

 

 

ちなみに、このサイズ・・・・・・・・、

日本マーケットのためだけに、HYPERCO社に、巻いてもらいました!

HYPERCO社、最近は、田中のニーズにも、ずいぶん対応してくれるんですね~。

 

 

 

最初のころは、まったく相手にされませんでしたが・・・・・・・(笑)

以上、 HYPERCO  ID65  5インチ スプリング 発売のお知らせでした!

 

 

 

 

BILLION
2014 開発テスト in FSW ショート!

2014年03月24日(月)

 













いや~、みなさん、

3連休 いかが、お過ごしだったでしょうか?







田中は、健康的に、

ラティオスと、山歩き に行ってました!


















でね・・・・・、

最初は、良かったんですよ・・・・・・・。





















ところが、歩き始めて、すぐに、やな予感・・・・・・。




















そう言えば・・・・・・、

都内では、すっかり雪も融けていますが、

ここには、まだ、たんまりと・・・・・・・・・・・・・。






と、とりあえず、ラティオス・・・・、

行ける所まで、行こう・・・・・・・・。





















でも、雪は、どんどん深くなり・・・・・・・・・、



















4駆の ラティオスには、まったく、かなわない・・・・・・・。















そして、いよいよ、

2駆 の田中では、進めない 傾斜となり・・・・、

途中リタイヤ・・・・・・、となりました・・・・・・・。












でもね・・・・、素晴らしいトラクションを発揮する 

ラティオス にも、激闘の跡が・・・・・・・・・・・・・・。



















で、あんた、いったい、何をたくさん付けてるの?? 

杉の葉 コレクター??? (笑)














ということで、

最後までは、登れませんでしたが、

一人と、一匹で、健康的に、楽しんできました!






























でもって!

本日は、FSWショート にて、

3ヶ月限定デモカー 初のサーキット走行であります!
























 内容は・・・・・・、















スプリングレートの合わせ とか・・・・・、



















ブレーキパッドの適合 とか・・・・・、











そして、現在開発中の 


BILLION OILS
  FR 用 ミッションオイル
 と、

(本日は、2種類の試作品を持ち込みました!)















BILLION OILS  FR 用 LSDオイル!!


(本日は、4種類の試作品を持ち込みました!)
















ストリートで、ガッツリ開発をかけて、

いよいよ、サーキットテストが、始まったのであります!

(ね、超マジメに、開発やってるでしょ!!)














ということで、86 の詳細 (セットアップの方向性等々) は、

テストレポートをまとめて、ガッツリと、86/BRZ オーナーのみなさんに、

リークしますので、乞うご期待でございますよ~!














86をサーキットで、はじめて走らせた

(ホントは、はじめて じゃないけど・・・・・・笑)

田中のインプレッションは、




「走っていて、まったく、恐怖を感じない FR」 
でしたね~。





本当に、上手に作られた クルマだと、あらためて感じました。
















さぁ~、明日は、大阪出張だ!

BILLION
HYPERCO は、やっぱ スゴイ!(匠の日編)③

2010年05月01日(土)

GW 真っ只中ですが、

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

 

さて、本日は、

「匠の日」 に行った、車高調整のお話を!

 

 

じつは、田中は、ずっとスイフトの開発を

やってきて、クルマを見るだけで、

だいたいの車高がわかるようになってきました。

(マニア、マニア・・・)

 

 

でね、スイフトの場合、

なぜだか、多くのクルマの車高が、

フロント下がりになっているような気がするんですよ・・・。

 

 

おそらく、理由は、

「アンダーステアの抑制」 だと思うのですが、

じつは、このセットアップ、あまり有効ではありません。

 

 

なぜなら・・・・・、

みなさんもご存知のように、スイフトはFFで、

フロントヘビー・・・。

 

 

この状況で、フロント下がりにすると、

 

 

 

① コーナーの進入時に不安定になります。

 

元々、200kg ぐらいしかない、

リアのコーナーウエイトが、ブレーキングにより、

フロントに移動しますので、

リアの荷重があまりにも少なくなり、

ステアリングが少しピーキーになります。

 

この状況だと、高速道路を走っていても、

手に力が入っていないと、少々不安な感じとなります。

 

また、ブレーキングを伴うコーナーでは、

ステアリングを、自信を持って、

思い切って切れません。

 

少しステアリングを切ったら、

ステアリングが、ズッシリ重くなり、

反応が、ピーキーな感じとなるため

そこから、ステアリングを

切り足していけないようなら、まさにこの症状です。

 

 

 

② コーナーの頂点寸前でアンダーステアが出る

 

コーナーで、一番スピードが落ちる直前に、

アンダーステアが出る場合、

それは、荷重が載り過ぎて、出ている場合があります。

 

コーナーの入口で、

ピーキーな感じがするので、ステアリングを

徐々に切り足すことができず、

その後、ステアリング切っても、

思ったより曲がらないなら、

ブレーキング中の荷重配分が、

あまりにも、

フロント寄りになっている可能性が大きいです。

 

 

だから、スイフトの車高バランスは、

ちょっと後傾ぐらいが、◎ です。

 

 

 

ちょうど、「匠の日」 に、

車高調整を希望されているスイフトオーナーさんがいて、

そのクルマを見ると、まさに、前傾・・・。

 

しかし、リアには、車高調整のブラケットが

付いていませんでしたので、

フロントで合わすことにしました。

 

 

でも、フロントスプリングには、

すでに、プリロードがかかっていて・・・・・・、

 

少々迷ったのですが、

匠に、プリロードを、

「+5回転にしてください」 と指示を入れました。

 

 

普通、これぐらい、強烈なプリロードは、

乗り心地のためにも、トラクションのためにも、

あまりかけないのですが、

車高の方が、絶対に、影響が大きいと考え、

ガッツリ プリロードをかけました。

 

 

でもって、田中データと照らし合わせて、

一番美味しそうなバランスに、SET 変更を行いました。

 

 

 

 

その後、ユーザーさんと試乗に出かけましたが、

格段に乗り心地は向上し、

ステアリングを切るときの不安感も

大きく抑制されたことは、言うまでもありません。

 

 

たかが車高、されど車高です。

 

 

「匠の日」 は、こんなことまでできるところが、

田中的には、とっても気に入っています。

 

 

もちろん、このオーナーさんも、ご満悦。

 

 

ちなみに、この車輌は、某車高調メーカーの

吊るしの状態で、スプリングも、

HYPERCO 等ではありません。

 

 

「匠の日」 は、やっぱ、スゴイです。

 

なんてったって、テストによる情報量が、

圧倒的ですから・・・・・。

 

 

もし、症状のところに、ひとつでも、

気になる部分があれば、車高を疑ってみてください。

 

 

 

スイフトのBEST車高は、水平より、後傾ですよ!

 

 

 

p1170016

BILLION
HYPERCO は、やっぱ スゴイ!(匠の日編)②

2010年04月30日(金)

 

 

いよいよスタートですね、

ゴールデンウィーク!

 

 

 

でも、田中は、5/2~5/4までの

4連休に向けて、今日も明日も仕事なのです。

 

 

 

 

 

さてさて、今回も、

スイフト & オー〇ンズ ダンパーの

リアスプリングのお話です。

 

 

 

 

 

前回、車高 -30mm なら、

TM ストリートスプリングがお奨めと書きましたが、

 

 

 

今日は、

 

もっと車高を下げたい!

もっと高いレートにしたい!!

 

 

というニーズのお話を。

 

 

 

 

スイフトのリアサスペンション は、

セパレートタイプのため、

スプリングの長さが、とっても重要です。

 

 

 

 

 

なぜなら、ダンパー全長が長くて、

スプリングが短いと、ジャッキアップ時に、

遊びが出てしまいます。

 

 

 

 

 

そこで、車高が落ちて、

全長の長い、プログレッシブ タイプが、

使用されるケースが、多いんです。

 

 

 

 

でも、ドライブフィールは、

前回書いたように、良くありません・・・。

 

 

 

 

 

そこで、HYPERCO スプリングの

登場となるのですが、

HYPERCO スプリング は、シングルレート タイプなので、

 

 

車高を落とすには、全長の短いスプリングを

使用するしか手がありません。

 

 

 

 

そうです、シングルレート タイプの

メリットは、素晴らしい乗り味 となり、

デメリットは、スプリングが遊ばないように、

全長の長いスプリングを入れると、

車高が落ちないことなんです。

 

 

 

 

こんなとき、

リアダンパーが、全長調整タイプなら、

ダンパー短くすることができますので、

短いスプリングを装着しても、遊びが出ません。

 

 

 

 

 

でも、オー〇ンズ ダンパーのように、

全長調整ができないタイプでは、

車高のために、短いスプリングが装着できません。

 

 

 

 

そこで!

 

 

ダンパー本体には無加工で、

ショートストローク化ができる、

TM オリジナルの

ショートストローク化 アタッチメント さえあれば、

設定車高と、レートチョイスの選択肢が、

グッ、グッと増えるのです。

 

 

 

 

たとえば、HYPERCO

ID65 7インチ のチョイスなら、

 

 

 

 

レート         最低車高(純正比)

275ポンド(4.9k)     -34mm

350ポンド(6.3k)     -28mm

400ポンド(7.1k)     -24mm

450ポンド(8.0k)     -22mm

(ショートストローク化 アタッチメント 65タイプ使用時)

 

 

 

 

 

HYPERCO

ID60 6インチ のチョイスなら、

 

 

 

レート         最低車高(純正比)

350ポンド(6.3k)     -54mm

450ポンド(8.0k)     -48mm

500ポンド(8.9k)     -46mm

550ポンド(9.8k)     -44mm

600ポンド(10.7k)    -42mm

(ショートストローク化 アタッチメント 95タイプ使用時)

 

 

 

 

 

そして、

 

TMサーキットスプリング(6.3k)のチョイスなら

 

 

 

ショートストローク化 アタッチメント

65タイプ使用時で、-38mm

95タイプ使用時で、-58mm

の最低車高(純正比)となります。

 

 

 

 

 

もちろん、上記の最低車高から、

スプリングシートの位置を変更して、

車高を上げることは可能ですが、

スプリングにプリロードがかかりますので、

最低車高近辺で使用するか、

車高を上げたとしても、最低車高から、

+10mmぐらいの設定にすることを

田中は、お奨めしています。

 

 

 

 

 

p1170516_s

 

 

 

必要なパーツは、

 

 

 

スプリング 2本

ショートストローク化 アタッチメント (65または、95タイプ)

オリジナルスプリング アタッチメント

 

 

 

となります。

 

 

 

 

 

 

でね、先日の 「匠の日」 に、

田中と、ガッツリ打ち合わせを行い、

 

 

 

オー〇ンズ ダンパーに、

TMサーキットスプリング(6.3k) を

装着された方がいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

その方から、

お礼のメールをいただきましたので、

ちょこっとご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

以下、ユーザー様からのメールです。

 

 

 

25日、匠の日にオリジナル サーキットスプリング(リア用)とオー〇ンズDFV専用

ショートストローク化アタッチメントを取り付けしてもらった〇〇です。

本日、早速、箱根まで走りに行って来たので感想を送ります。

今回、リアスプリング交換の目的はTM SQUAREのダンパーキットの発売を

待ちきれずに買ってしまったオー〇ンズDFVの不満解消の為です。

私はバイクでオー〇ンズを装着していた時の好印象があったので車でも

オー〇ンズなら満足させてくれるだろうとTMダンパーを待ちきれずに導入して

しまいました。しかし実際は全く満足出来ず駄目でした。理由はリアのスプリングが

やたらと柔らかく、加速時にフロントの接地感が全く無くなってしまい、楽しく走る事が

出来ないからです。そこで今回のハイパコとショートストロークアタッチメントと

オリジナルスプリングアタッチメントのSET導入となった訳です。

結果は私の予想以上の変化でした。勿論、良い方向への変化です。

まず感じたのはハイパコのインプレッションとしてよく見かける『フラットライド』ですね。

箱根へ向かう途中の高速道路での印象は正にフラットライドのそれで、シートから

感じるインフォメーションが今までとは大違いです。

使い古した表現ですが まるで路面を舐めるような感じです。突き上げ感も皆無ですね。

スプリングレートがオー〇ンズのノーマル4kgf/mmから倍近く高い7.3kgf/mmに

なっているとは思えないほどの乗り心地良さと安定感が際立ちます。

この安定感と乗り心地は一般道でも全く変わらず箱根の峠道でも今までの様な

加速時の接地感の無さから解放されて気持ちよく走る事が出来ました。

ただ問題なのはリアが良くなり過ぎてしまったせいか、フロントにバタバタ感を

やたらと感じてしまい、『フロントも替えたら気持ちよさ倍増だな…』とか思いながら

時間を忘れて走りに集中してしまいました。

スイフトオーナーは私のように先急いでオー〇ンズDFVを導入してしまった人が

多いと思います。そしてネジ式車高調整故のスプリング交換が ほぼ不可能という

ジレンマに苦しんでいる人は多いのではないでしょうか。

しかしTM SQUAREのオリジナル サーキットスプリングSETさえ導入すれば一気に

不満解消間違い無しです。もっとTM SQUAREで積極的に宣伝すれば、

オーリンズオーナーは幸せになれるんじゃないかな~と思いますよ。

長くなりましたが感想は以上です。

それと取り付け時に走りの匠たる実さんのアドバイス、本当に参考になりました。

HPに書いてある通り、実さんって本当にスイフトが好き…というか愛しているんだ

なって伝わってきましたよ。また取り付けして下さったメカニックの匠である望月さん、

阿部さん(漢字あっていますよね?)、丁寧な仕事をありがとう御座いました。

次回、フロントスプリングの交換の時もよろしくお願いします。

良い製品の開発、ありがとう御座いました。

 

 

 

 

 

 

 

いや~、すごい内容でしょ?

あまりに嬉しくて、田中のブログで、ご紹介しました。

 

 

 

 

 

 

スイフトのサスペンションチューニングは、

やっぱ、リアが重要ですよね。

 

 

 

 

 

 

これからも、

そのことが、徐々に解明されて、

近い将来、スイフト いや、FFの

サスペンションチューニングのトレンドに

なるように感じている、今日この頃です。ハイ。

 

 

 

 

 

 

では、次回は、車高バランスの話しを少し。

 

 

 

 

HYPERCO
HYPERCO の新アイテム追加!

2010年02月15日(月)

今日は、HYPERCO スプリングの

新設定レートのお話を。

 

 

じつは、

一部のタイムアタック層の方々から、

スーパーハイレートの要望が、以前からあり、

今回の設定は、そのニーズに対応するためなのです。

 

 

だからレートは、すんごい ハイレート!

スーパー耐久をはじめとする

レーシングカーにも使用できる領域です。

 

 

今回の、設定は、下記の4アイテム。

 

 

HC65-06-1400 (25.0kg)

HC65-06-1500 (26.8kg)

HC65-07-1400 (25.0kg)

HC65-07-1500 (26.8kg)

 

 

これで、Zや、GT-R、ポルシェ、S2000等、

スーパー ハイレート ユーザー の方々の

お役に立てればと、思っております。

 

 

また、特注ということもあり、

お値段は、現行より、少し高くなって、

¥39,900(税込 2本プライス)

となります。

 

 

みなさん、もし、まわりに、

スーパー ハイレート ユーザー  がいれば、

ぜひお奨めしておいて下さいね!

 

 

以上、HYPERCO の新アイテムの

お話でした。

 

 

p1120578