TM-SQUARE
オートポリス で発生した 油圧計トラブルの原因 !

2016年06月15日(水)


2016 勝手に 「道場破り」 in オートポリスにて

発生した、油圧系のトラブル・・・・・・・・・・・。





エンジンを オーバーホールして、

原因を探ってみると、2箇所、不都合がありました。






トラブル①



シリアスなレベルではありませんが、

メタル にキズが入っていました・・・・・・。






トラブル②



オイルポンプのリリーフバルブ に、引っ掛かりがありました・・・・・・。

(規定値以上に油圧が上がったときに、オイルをバイパスさせるラインが、

いつも、少し開いた状態になるトラブルです・・・・・・)


だから、油圧が、3k ぐらいまでしか、上がらなかったり、

通常の圧力まで上がったりしていたのですよね・・・・・・・・・・・。









以上のように、油圧低下の直接的な原因は、

オイルポンプのリリーフバルブ でしたので、


まぁ~、結論から言えば、「もう1日、走れたかも・・・」 となりますが、


「自走で帰ってくること」 も、道場破り には、重要なテーマですので、

今回の判断は、正しかった と思います。ハイ。




また、今回、使用したエンジンは、10万キロ以上走っているエンジンを

ベースに作っていますので、オイルポンプ ASSY (21,700円) は、

交換しておけば良かったと、いまさらながら、思います・・・・。ハイ。













でも、大問題は、メタルのキズです!



だって、オイルのライフも、油量も、シッカリと管理している状況で、

メタルにキズが入るということは・・・、走行中、オイルのデリバリーが、

途絶える瞬間があったと言うことですからね・・・・。







もちろん、今回、使用したエンジン には、

TM-SQUARE オイルパン バッフルプレート (SPEC1)  が、装着されておりますが、

オートポリスを リミット ぎりぎり の アタックモードで走ると、

それでも、不十分な状況が発生していることに、驚きました・・・・・。









ちなみに、オートポリオスと言えば、日本で一番 油圧に厳しいサーキット ・・・。


GT でも、スーパー耐久 でも、ワンメイク でも、

間違いなく、油圧の厳しさ No1 のサーキット なのであります。







その理由は、長く強烈な 「G」 + 高回転 といった図式です。


また、特に、スイフトのエンジンは、右コーナーに弱く・・・・・、

(オイルが、片寄りやすいんです・・・)






ですから、ジェットコースターから先は、油圧にとっては、

まさに地獄なのであります。



だって、ヤバイぐらいに、強い 「G」 が、ずっと続き、

おまけに、全開 & 高回転ですからね・・・。





それに、油圧系のトラブルは、ラップタイムにも、大きく左右されるのであります。



もちろん、ラップタイムが速くなればなるほど、この 「G」 は、加速度的に増加し、

エンジン回転数も、アクセルの全開率も、上がることから、エンジン(油圧)にとっては、

強烈に厳しい状況となってしまうのです。





そういった意味では、今回は、



2分15秒台のラップタイム・・・、

通常より回転リミットを引き上げたECU・・・、

高回転を多用するクロスミッション・・・



と、条件的にもかなり厳しかったと思います。






そして、まぁ~、関東圏なら、

TC2000 の最終コーナー あたりが、油圧が厳しい 名所? となりますが、

やっぱ、オートポリスのジェットコースターから先は、まさに、別格 なんですね・・・・・。

改めて今回のアタックで、思い知らされました・・・・。ハイ。








では、なぜ、


右コーナー

強烈な 「G」 が長く続く

全開 & 高回転



にて、油膜切れが発生するのか・・・・、を解説したいと思います。






それは、オイルポンプにて、エンジン各所に送られたオイルが、

「G」 により、エンジン内部の側面や、窪みに貼り付くことから、

オイルパンに戻ってくるまでの時間が、長くなり・・・・・・、



この状況で、アクセル全開 & 高回転 の状態が続けば、

オイルの吐出量は、ずっと、Max をキープしていることから、

オイルパン内の油面が下降してしまいます。




そうです、こうなると、たとえ、オイルが片寄らないように、

オイルパン内に作られた仕切り板 (オイルパンバッフルプレート) があっても、

そこに戻ってくるオイルの量が少ないことから、

オイルパン内の油面は、下がってしまうのです。




そして、油面が下がると、ストレーナ(オイルの吸い込み口)から、

エアが入り込み、一気に油圧が低下・・・・・・・・・。


結果、メタルに十分なオイルを届けることができないことから、

油膜切れにより、メタルにキズが入ってしまうのであります。ハイ。









また、スイフトが、右コーナーで、油圧系トラブルが発生しやすいのは、

オイルパンの形状と、深い関係があります。



fb2816ef61




この写真は、オイルパンの後方、正面から撮った写真なのですが、

右側は深く、左側は浅くなっていますよね??



そうです、だから、右コーナーでは、

「G」 にて、オイルは、矢印の方向に引っ張られ、

ストレーナのある、オイルパンの深い部分に、

溜まりにくくなることから、エアを吸っちゃうのであります。










そこで!

TM-SQUARE では、4号車に搭載した

あのエンジンにて、徹底的に学んだ、














オイルパン バッフルプレート SPEC2 をリリースすることにしました。


(だって、まぁ~、回転域も、「G」 も、強烈でしたので、

徹底的な油圧管理が、必要不可欠だったのであります!!)









SPEC1 から、進化した特徴は、2つ!







進化①




クランクシャフトとオイルパンの間にセットされるプレートが、

エンジンに対して水平から、地面に対して水平へと、変更されました。






4382137e3e

9a5ddadb2d






まぁ・・・、かなり細かなことですが、

スイフトのエンジンって、少し前傾した状態でクルマにセットされますので、

エンジンに対して水平にセットされたプレートと、実際の油面とは、

必ずしも同じアングルにはならないのです。


そこで、SPEC2 では、より効率よく、エンジンオイルを

オイルパン内に閉じ込めておけるよう

このプレートを、地面に対して水平になるように、セットしました。












進化②







より、エアを吸い込まないように、ストレーナの形状を変更しました。






e13696c28e




これが純正のストレーナ形状となりますが、

油面が一瞬でも、金網の中のパイプ部分まで低くなると、

そこからエアを吸ってしまいますので・・・・・、




こんなカタチに加工しました。





af035e5fe8


29c8f44a2b


137f091a2e

(左 純正品   右 TM オイルパン バッフルプレート SPEC2)








そうです、金網の上部は、金属板で覆われていますので、

オイルは、ストレーナー下部からのみ、取り込まれます。


すると・・・、「G 」や、エンジン回転で、少々、オイルパン内の油面が下っても、

エアを吸い込みにくい 構造となるのであります。ハイ。







みなさん、いかがでしょうか?

数々のレーシングエンジンを 世に送り出している

いかにも、スーパーエキスパートらしい発想ですよね~~!!







ちなみに、

TM-SQUARE オイルパン バッフルプレート SPEC2 は、

すでに、在庫も、OKだったりします!!








b920216c24



TM-SQUARE オイルパン バッフルプレート SPEC2 (ストレーナー付き)

¥45,000(税込)


(ZC31S / ZC32S  共通品)








また、匠工房でも、装着が可能となっており、

工賃込みのプライスは、

¥67,000(税込) となります。


※ オイル代 別途。

※ 作業は一日で終了します。









ということで!


「転ばぬ先の杖」 として、

そして、油圧の厳しいサーキットを安心して走るためにも、


テクノロジーがギッシリ詰まった

TM-SQUARE オイルパン バッフルプレート SPEC2



みなさん、どうぞよろしくお願いいたします!!




(と、最後は宣伝になってしまいました・・・・・・笑)










あっ!

WEB サイト も、完成しております!!