• tm-sq ボディーワーク
  • tm-sq サスペンション
  • tm-sq ブレーキパッド
  • tm-sq エンジン
  • tm-sq クーリング
  • tm-sq エキゾースト&インテーク
  • tm-sq 駆動系
  • tm-sq ホイール
サイト内検索 :

コンプリートエンジン

「クルマをコントロールしている!」という征服感のためにも、アンダーパワーは、コンパクトカーの大きな魅力?かも知れません。しかし、サーキットでの、中低速の“フワ~ッ”とした、あのトルクの無さをどうしても解消したくて、コンプリートエンジンを作りました。

もちろん、スーパーチャージャーやターボといった、選択肢もありました。しかし、過給機特有のトルクの盛り上がりを有効に使うために、コーナリングスピードより、立ち上がりを最優先に走るのでは、楽しくありません。

そこで、TM-SQUAREコンプリートエンジンは、NAのまま、排気量と圧縮比を上げて、純正ECUが対応できる範囲でチューニングを行ないました。そして、NA特有のキビキビしたコーナリングテイストをスポイルすることなく、太いトルクと、高回転域での抜けの良いパワー感を実現しました。

パワーやトルクの比較だけなら、NAチューニングより、過給機付きの方に軍配が上がるかも知れません。また、コスト的にも、NAチューニングは決して安くはありませんが、そこには大きな違いが存在します。

給機は、エンジン本体には手を加えず、現行エンジンに追加して装着するものですが、TM-SQUAREコンプリートエンジンは排気量アップや、圧縮比の変更に加え、内部の摺動部品(しゅうどうぶひん)を交換します。ここで、各部の重量合わせや、研磨、クリアランスの適正化を行ないますので、エンジンは、チューニングがされた上、完全にフレッシュな状態に戻ることができるのです。

走行距離が多いエンジンも、パワーダウン気味のエンジンも、完全にフレッシュな状態になるNAチューニングは、チューニング後も長期間ハイパワーで安心して使用ができることも大きなメリットです。

そして、このエンジンを組んでいるのは、「エンジンの匠」“芹沢さん“です。“芹沢さん”とは、ワンメイクフォーミュラ(フォーミュラトヨタをはじめとする、同じエンジンで競うフォーミュラカーレース)のエンジンチューニングで、長年TOP に君臨し続ける、RS セリザワ代表の芹沢良一さんのことです。 

数多いレーシングエンジンチューナーの中、私がTM-SQUAREのエンジンを “芹沢さん” にお願いした最大の理由は、「ワンメイク フォーミュラに卓越したエンジンチューナーである」ということです。ワンメイク フォーミュラでは、使用される部品のほとんどが純正部品ですので、的確な加工技術により各パーツの精度を向上させ、組付けを行うことで、エンジンパワーと耐久性を競います。この技術力こそが、私の求めるTM-SQUAREのエンジンチューニングと完全にリンクし、コンプリートエンジンのすべてを、“芹沢さん”にお願いしました。

競技系エンジンチューニングのノウハウを持つ、レーシングエンジンチューナーの手により、細部にまで手を加えたエンジンを所有する喜びと、レーシングテイストをどうぞ満喫ください。


コンプリートエンジン




 商品名 : コンプリートエンジン
 品番 : TMRS-F01201
 価格 : 665,000円
 ※年間20基限定の販売となります。
 ※仕様は変更される場合があります

 個数 

カゴに入れる



TM-SQUAREコンプリートエンジンチューニングメニュー


レーシングエンジンチューナー 芹沢 良一氏 プロフィール
芹沢氏の紹介記事がこちらにあります!

ご注意

ベースエンジン(現在使用中のエンジン)に、チューニングメニュー以外の箇所で不具合があった場合(クランクシャフトの曲がり、コンロッドの変形、シリンダーブロックの亀裂、シリンダーヘッドの歪み等)は、部品代および作業工賃を別途、請求いたします。
※納期、詳細はお問い合わせ下さい。
問い合わせ:TEL 04-2788-7878 株式会社ミノルインターナショナル

田中ミノルBLOG 「コンプリートエンジン ZC31S」 関連記事リスト







TM-SQUARE発信のハイエースブランドです(200系)。




「匠工房」とは、(株)ミノルインターナショナルが販売する製品を、現役レーシングメカニックが、ハイクォリティ&リーズナブルプライスにて装着してくれる、スペシャル工房です。




4月7日更新!

いままで、スイフトのみにて、テスト販売を行っておりました、......
(続きを読む...)




「勝手に道場破り」とは、全国のサーキットに、ノーマルエンジンのTM-SQUARE 2号車を持ち込み、勝手に走って、勝手に試して、そのデータを、勝手にみなさんにお伝えするという、開発とデータ取りを兼ねた、壮大なプロジェクトなのです。